最新映画一覧

最新映画のネタバレあらすじ一覧です。劇場公開中の新作映画、新作レンタル作品、動画配信サービスやテレビで人気のおすすめ映画、人気ランキング上位の作品や、劇場未公開映画など、上映中の映画から今話題の映画まで、最新映画のあらすじを結末まで解説します。

「あいあい傘」のネタバレあらすじ結末

あいあい傘の紹介:2018年日本映画。俳優・演出家の宅間孝行がかつて主宰していた劇団「東京セレソンデラックス」と新ユニット「TAKUMA FESTIVAL JAPAN(タクフェス)」で上演した同名舞台劇を自らのメガホンで映画化した作品です。25年前に姿を消した父を探す娘と、その一方で新しい家族を築いていた父の再会の物語です。主題歌を竹内まりやが担当しています。
監督:宅間孝行 出演者:倉科カナ(高島さつき)、市原隼人(雨宮清太郎)、入山杏奈(松岡麻衣子)、高橋メアリージュン(福田日出子)、やべきょうすけ(竹内力也)、布川隼汰(船田知之)、永井大(雨宮虎蔵)、金田明夫(代議士)、大和田獏(製薬会社のドン)、トミーズ雅(車海老貫一)、立川談春(東雲六郎)、原田知世(松岡玉枝)ほか

「テルマ」のネタバレあらすじ結末

テルマの紹介:2017年ノルウェー,フランス,デンマーク,スウェーデン映画。『母の残像』などを手掛けたヨアキム・トリアー監督が贈る、ノルウェー発のスリラー作品です。幼い頃の記憶を封印された少女が成長とともに同性と初めての恋に落ちたことをきっかけに、これまで彼女に秘められていた“恐ろしい力”が明らかになっていく様を描いています。
監督:ヨアキム・トリアー 出演者:エイリ・ハーボー(テルマ)、カヤ・ウィルキンス(アンニャ)、ヘンリク・ラファエルソン(トロン)、エレン・ドリト・ピーターセン(ウンニ)、グレター・エルターヴォーグ(少女時代のテルマ)ほか

「ボヘミアン・ラプソディ」のネタバレあらすじ結末

ボヘミアン・ラプソディの紹介:2018年イギリス,アメリカ映画。ワンフレーズを耳にしただけで誰もが心踊り出す名曲の数々。今もなお世界を魅了し続ける伝説のバンド、クイーン。そして史上最高のエンターテイナー、リード・ボーカルのフレディ・マーキュリーを超える者は今も現れていない。まだ無名だった頃のフレディがブライアン・メイやロジャー・テイラーと出会い、次々とヒット曲を飛ばしスターダムに駆け上がる。しかし、その影で世間への反発、メンバーとの衝突、または婚約者に捨てられるなどして孤独とプレッシャーに引き裂かれていく。ついにバンドが崩壊寸前にまで追い込まれたとき、フレディはメンバーと共に20世紀最大のチャリティ音楽イベント、ライヴ・エイドに挑む。音楽総指揮はクイーンのメンバー、ブライアン・メイとロジャー・テイラー。演奏シーンではフレディ本人の歌声も使われ、ライヴ・エイドの会場は壁のはげかけたペンキから水道管のさびに至るまで完璧なまでの当時の姿が再現されている。
監督:ブライアン・シンガー 出演:ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー/ファルーク・バルサラ)、ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョー・マゼッロ(ジョン・ディーコン)、エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、トム・ホランダー(ジム・“マイアミ”・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)ほか

「search/サーチ」のネタバレあらすじ結末

search/サーチの紹介:2018年アメリカ映画。物語の全てがパソコンの画面上で進行するという異色の展開による新感覚シチュエーション・スリラーです。行方不明になった高校生の娘の行方を探す父親が、彼女が利用していたSNSなどから彼女の知られざる一面を垣間見ることになります。
監督:アニーシュ・チャガンティ 出演:ジョン・チョー(デヴィッド・キム)、ミシェル・ラー(マーゴット・キム)、デブラ・メッシング(ローズマリー・ヴィック)、サラ・ソーン(パメラ・ナム・キム)、ジョセフ・リー(ピーター・キム)、スティーヴ・マイケル・アイク(ロバート・ヴィック)、リック・サラビア(ランディ・カートフ)、ショーン・オブライエン(ラジオ番組の司会者)ほか

「走れ!T校バスケット部」のネタバレあらすじ結末

走れ!T校バスケット部の紹介:2018年日本映画。負け続きの弱小バスケットボール部に強豪校から転校生がやってくることから始まる快進撃!松崎洋のベストセラースポーツ小説を映画化した本作では、今をときめくイケメン俳優が多数集結。D-BOYSの志尊淳、EBiDAN39の佐野勇斗、劇団EXILEの佐藤寛太、ジュノン・スーパーボーイ準グランプリの鈴木勝大らがバスケットボール元日本代表半田圭史監修のもと、見事はボールさばきを見せている。また竹内涼真、千葉雄大もいいところでワンポイント出演している。
監督:古澤健 キャスト:志尊淳(田所陽一)、佐野勇斗(矢嶋俊介)、早見あかり(佐藤浩子)、戸塚純貴(川崎裕太)、佐藤寛太(牧園浩司)、鈴木勝大(川久保透)、YOU(小山先生)、椎名桔平(田所正道)、竹中直人(合宿所の管理人)、竹内涼真(佐藤準)、千葉雄大(北条一紀)、ほか

「ビリオネア・ボーイズ・クラブ」のネタバレあらすじ結末

ビリオネア・ボーイズ・クラブの紹介:2018年アメリカ映画。1980年代、ビバリーヒルズ、ロサンゼルスを舞台とした「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BBC)事件」はアメリカで多くの注目を集めました。ビリオネアとは億万長者のことですが、20代の若者たちがうまい投資話をもちかけ、資金に行き詰まり犯罪に手を染めていく事件でした。『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』は若者の栄光と没落を描き、アメリカでも簡単には金持ちになれない、金儲けには努力が必要、資産運用は慎重に、など多くの教訓を与えてくれる映画です。
監督:ジェームズ・コックス 出演:アンセル・エルゴート(ジョー・ハント)、ケヴィン・スペイシー(ロン・レヴィン)、タロン・エガートン(ディーン・カーニー)、エマ・ロバーツ(シドニー・エヴァンズ)、ジェレミー・アーヴァイン(カイル・ビルトモア)、ほか

「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」のネタバレあらすじ結末

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲の紹介:2018年イギリス,フランス,アメリカ映画。サイバー被害により多大な被害を受けたイギリス諜報機関『MI7』はベテランスパイのジョニー・イングリッシュに協力を求める。しかし最新テクノロジーの知識が全くない彼はアナログな方法で苦戦しながら立ち向かうのだった。ローワン・アトキンソンがドジなスパイを演じるジョニー・イングリッシュシリーズの第3弾。
監督:デヴィッド・カー 出演:ローワン・アトキンソン(ジョニー・イングリッシュ)、オルガ・キュリレンコ(オフィーリア)、ベン・ミラー(ボフ)、ジェイク・レイシー(ヴォルタ)、エマ・トンプソン(首相)、ほか

「嘘はフィクサーのはじまり」のネタバレあらすじ結末

嘘はフィクサーのはじまりの紹介:2016年イスラエル,アメリカ映画。ノーマンはニューヨークの自称ビジネスコンサルタント、フィクサーとしてユダヤ社会とイスラエルのために働く男です。多くの人は彼を嘘つき、詐欺師とみなしますが、人助けと世話焼きが好きで朝から夜までがんばって働く彼に好意を持つものもいます。イスラエル首相もノーマンに好意を持ちましたが、そのためトラブルに巻き込まれることになります。ノーマンは首相を助けようと悪戦苦闘、迷惑電話を繰り返し、嘘を重ねますが結果はどうなるのでしょうか?『嘘はフィクサーのはじまり』は名優リチャード・ギアがコミカルなフィクサー、ノーマンを好演しています。
監督:ヨセフ・シダー 出演:リチャード・ギア(ノーマン・オッペンハイマー)、リオル・アシュケナージ(ミカ・エシェル)、ハンク・アザリア(スルール・カッツ)、スティーヴ・ブシェミ(ラビ・ブルメンソール)、シャルロット・ゲンズブール(アレックス・グリーン)、マイケル・シーン(フィリップ)、ダン・スティーヴンス(ビル・カヴィシュ)、ほか

「華氏119」のネタバレあらすじ結末

華氏119の紹介:2018年アメリカ映画。2016年11月9日、ドナルド・トランプがアメリカ大統領の勝利宣言をした。アメリカはもちろん、世界中の人々が何かの間違いではないかと驚いた。支持率も得票数さえもヒラリー・クリントンが上回っていたのになぜ当選できたのか?ムーアの執念の突撃取材により真実が次々と暴かれていく。その一方で、カメラは銃乱射事件で生き残った高校生の銃規制強化への涙の訴えや汚染水問題を抱えた住民、教師によるストライキなどの勇気ある行動も映し出す。次回の大統領再選という未来を体当たりで阻止するために、監督生命をかけたムーアの闘いの実録でもある。
監督:マイケル・ムーア 出演:マイケル・ムーアほか

「ヴェノム」のネタバレあらすじ結末

ヴェノムの紹介:2018年アメリカ映画。売れっ子記者エディは、天才科学者にして事業家であるドレイクが立ち上げた”ライフ財団”の闇を暴こうとするが、無謀な取材でクビにされてしまう。職を失い婚約者アンと破局し自暴自棄となるエディ。そんな負け犬状態のところへライフ財団の科学者ドーラが恐るべき内部告発をする。それはライフ財団が宇宙から回収した謎の寄生生物”シンビオート”と人間を融合させるために、死の人体実験を繰り返しているということだった。真相を突き止めるべく財団に潜入したエディだったが、自分自身がシンビオートの1つに寄生されてしまう。意思と知性を持つシンビオートは、エディに語りかけ手を組もうと持ちかける。激しく動揺するエディだったが、シンビオートは一体化し、超人”ヴェノム”が誕生した。1988年、スパイダーマンのヴィラン(敵役)としてデビューした異色のヒーロー、ヴェノム。その強烈な個性と強さに瞬く間に人気キャラクターとなり、スパイダーマンの最大の敵にしてマーベルの中でも最強最悪ヴィランの1人となる。そのヴェノムの伝説を新たな視点で作りあげた作品。
監督:ルーベン・フライシャー 出演:トム・ハーディ(エディ・ブロック/ヴェノム)、ミシェル・ウイリアムズ(アン・ウェイング)、リズ・アーメッド(カールトン・ドレイク/ライオット)、スコット・ヘイズ(ローランド・トリース)、リード・スコット(ダン医師)、ジェニー・スレイト(ドーラ・スカース)ほか

「ステータス・アップデート」のネタバレあらすじ結末

ステータス・アップデートの紹介:2018年アメリカ映画。新しい環境で馴染めずにいたカイルだったが、願い事を投稿すると現実になるという魔法のアプリ『ユニバース』を使い望むもの全てを手に入れる。しかしその一方で大切なものを失った自分に気づくのだった。
監督:スコット・スピアー 出演:ロス・リンチ(カイル)、オリビア・ホルト(ダニー)、ハーベイ・ギーエン(ロニー)、コートニー・イートン(シャーロット)、グレッグ・サルキン(デレク)、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ(アン・ムーア)、ロブ・リグル(ダリル・ムーア)、ファムケ・ヤンセン(キャサリン)、ほか

「ライ麦畑で出会ったら」のネタバレあらすじ結末

ライ麦畑で出会ったらの紹介:2015年アメリカ映画。J・D・サリンジャー原作の名作『ライ麦畑でつかまえて』はアメリカだけでなく日本でも多くの若者に影響を与えました。しかし、作者のサリンジャーは山奥に暮らしマスコミの取材を拒否し、映画化や舞台化も多額の金やハリウッドの大監督が頼んでも応じません。そんな彼にある若者が舞台化を頼みますがうまくいくのでしょうか?『ライ麦畑で出会ったら』は1960年代のベトナム戦争を背景とした若者の成長、恋愛を描いた青春映画で、2016年にアメリカ、2018年10月に日本公開されました。
監督:ジェームズ・サドウィズ 出演:アレックス・ウルフ(ジェイミー・シュワルツ)、ステファニア・ラヴィー・オーウェン(ディーディー)、クリス・クーパー( J・D・サリンジャー)、ジェイコブ・ラインバック(ハンク・マーカス)、エリック・ネルセン(テッド・タイラー)、カビー・ボーダーズ(モーリーン)、ゼフィール・ベンソン(ゲリー・シュワルツ)、エイドリアン・パスダー(ミスター・ティアニー)ほか

「ザ・アウトロー」のネタバレあらすじ結末

ザ・アウトローの紹介:2018年アメリカ映画。銀行強盗の多いロサンゼルス。ニックは酒が好きで容疑者への暴行も辞さない刑事です。出所したばかりのメリーメンは大掛かりな銀行強盗を計画しますが、ニックはメリーマンを阻止しようと激しい戦いとなります。その一方でメリーメンのグループで働くドニーはニックとも知り合いになり不可解な行動を繰り返しますが、ドニーの目的は?『ザ・アウトロー』は銀行強盗と刑事の激しい銃撃戦と意外な結末が見どころのアクション映画です。
監督:クリスチャン・グーデガスト 出演:ジェラルド・バトラー(ニック・オブライエン)、カーティス・“50 Cent”・ジャクソン(エンソン・ルヴォー)、パブロ・シュレイバー(メリーメン)、オシェア・ジャクソン・Jr(ドニー・ウィルソン)、メドウ・ウィリアムズ(ホリー)、ほか

「旅猫リポート」のネタバレあらすじ結末

旅猫リポートの紹介:2018年日本映画。猫好きな青年・悟(福士蒼汰)は交通事故に遭った野良猫のナナを助けて、仲良く楽しく一緒に暮らしていました。ところがある事情でナナを飼うことができなくなり、大切に飼ってくれる人を探す旅に出かけます。旅をしながら、これまで悟と出会ってきた人たちへの優しさや友情を感じる暖かくてほのぼのとする、そして切なくなるストーリーです。有川浩のベストセラー小説『旅猫リポート』を映画化。ナナ役演じる猫の種類はセルカークレックスです。
監督:三木康一郎 出演:福士蒼汰(宮脇悟)、トム(猫のナナ)、高畑充希(ナナの声)、広瀬アリス(杉千佳子)、大野拓朗(杉修介)、山本涼介(澤田幸介)、前野朋哉(吉峯大吾 / 虎丸の声)、田口翔大(小学生の宮脇悟)、二宮慶多(小学生の澤田幸介)、中村靖日(五十嵐)、橋本じゅん(宮脇健悟)、木村多江(宮脇和子)、田中壮太郎(幸介の父)、笛木優子(幸介の母)、竹内結子(香島法子)、ほか

「教誨師(きょうかいし)」のネタバレあらすじ結末

教誨師(きょうかいし)の紹介:2018年日本映画。2018年に他界した名優・大杉漣の最後の主演作であり、最初で最後のプロデュース作品ともなったヒューマンドラマです。大杉漣演じる、死刑囚と執行前に対話する教誨師の牧師と、様々な境遇を抱えた6人の死刑囚との魂の交流を描きます。
監督:佐向大 出演者:大杉漣(佐伯保)、玉置玲央(高宮真司)、烏丸せつこ(野口今日子)、五頭岳夫(進藤正一)、小川登(小川一)、古舘寛治(鈴木貴裕)、光石研(吉田睦夫)、青木柚(佐伯健一)、藤野大輝(長谷川陽介)ほか

1 2 3 4 5 24
TOP↑