Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新映画一覧

最新映画のネタバレあらすじ一覧です。劇場公開中の新作映画、新作レンタル作品、動画配信サービスやテレビで人気のおすすめ映画、人気ランキング上位の作品や、劇場未公開映画など、上映中の映画から今話題の映画まで、最新映画のあらすじを結末まで解説します。

「僕たちのラストステージ」のネタバレあらすじ結末

僕たちのラストステージの紹介:2018年イギリス,カナダ,アメリカ映画。1930年代に人気を博した実在にして伝説のコメディアン・デュオ「ローレル&ハーディ」の晩年期にあたる1953年のイギリス・アイルランド巡業を中心に、二人のこれまで明かされてこなかった秘話と友情を描いた伝記映画です。
監督:ジョン・S・ベアード 出演者:スティーヴ・クーガン(スタン・ローレル)、ジョン・C・ライリー(オリヴァー・ハーディ)、ニーナ・アリアンダ(イーダ・ローレル)、シャーリー・ヘンダーソン(ルシル・ハーディ)、ダニー・ヒューストン(ハル・ローチ)、ルーファス・ジョーンズ(バーナード・デルフォント)、スージー・ケイン(シンシア・クラーク)ほか

「ベン・イズ・バック」のネタバレあらすじ結末

ベン・イズ・バックの紹介:2018年アメリカ映画。麻薬中毒に陥りながらも治療施設を出て実家に舞い戻った息子とその母親との葛藤を、ジュリア・ロバーツと本作の監督・脚本を務めたピーター・ヘッジズの息子であるルーカス・ヘッジズのダブル主演で描いた人間ドラマです。
監督:ピーター・ヘッジズ 出演者:ジュリア・ロバーツ(ホリー・バーンズ)、ルーカス・ヘッジズ(ベン・バーンズ)、コートニー・B・ヴァンス(ニール・バーンズ)、キャスリン・ニュートン(アイヴィー・バーンズ)、デイヴィッド・ザルディバー(スペンサー・ウェブ(スパイダー))、アレクサンドラ・パーク(カーラ)、レイチェル・ベイ・ジョーンズ(ベス)、マイケル・エスパー(クレイトン)ほか

「居眠り磐音」のネタバレあらすじ結末

居眠り磐音(いねむりいわね)の紹介:2019年日本映画。累計2000万部を超える佐伯泰英の人気時代小説シリーズ『居眠り磐音』を、「超高速!参勤交代」などで知られる本木克英監督が初の映画化。主演は、本作が時代劇初主演となる松坂桃李。賑やかな場面でもどこか影のあるその演技は、本木監督に「この映画は松坂桃李ありきの磐音」と言わしめる。また、日本の時代劇を支える京都のスタッフたちに、時代劇を引っ張っていける新しい主役として認められた松坂は、「もっと時代劇を盛り上げたい」と語っている。
監督:本木克英 キャスト:松坂桃李(坂崎磐音)、木村文乃(おこん)、芳根京子(小林奈緒)、柄本佑(小林琴平)、杉野遥亮(河出慎之輔)、佐々木蔵之介(佐々木玲圓)、奥田瑛二(宍戸文六)、谷原章介(吉右衛門)、中村梅雀(金兵衛)、柄本明(有楽斎)、比留間由哲(毘沙門の統五郎)、和田聰宏(東源之丞)、高橋努(竹村武佐衛門)、荒井敦史(品川柳次郎)、南沙良(坂崎伊代)、桜木健一(川合久敬)、水澤紳吾(蔵持十三)、阿部亮平(黒岩十三郎)、宮下かな子(河出舞)、菅原大吉(日村綱道)、陣内孝則(庄右衛門)、橋本じゅん(甚兵衛)、早乙女太一(邦右衛門)、中村ゆり(高尾太夫)、波岡一喜(天童赤児)、石丸謙二郎(坂崎正睦)、財前直見(坂崎照埜)、西村まさ彦(田沼意次)、ほか

「アメリカン・アニマルズ」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・アニマルズの紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。学生生活に嫌気がさしていたスペンサーとウォーレンは何か大きな事をしたいと考え、通っているトランシルバニア大学の図書館に貯蔵されている時価1200万ドルの本を盗み出す計画を立てる。2004年にアメリカ・ケンタッキー州トランシルヴァニア大学で大学生たちが起こした強盗事件、この実話をもとに映画化した作品です。
監督:バート・レイトン 出演:エヴァン・ピーターズ(ウォーレン・リプカ)、バリー・キオガン(スペンサー・ラインハード)、ブレイク・ジェナー(チャズ / チャールズ・T・アレン2世)、ジャレッド・アブラハムソン(エリック・ボーサク)、ウド・キア、アン・ダウド(ミス・グーチ)、ほか

「コレット」のネタバレあらすじ結末

コレットの紹介:2018年イギリス,アメリカ映画。シドニー=ガブリエル・コレット(1873年−1954年)は20世紀を代表するフランスの小説家。女性差別が激しかった時代に小説家として自立して成功し、ノーベル文学賞にもノミネートされました。私生活では、彼女自身に多くの男性そして女性とも恋愛関係にありました。本作『コレット』は彼女の10代後半から30代後半に焦点をあて、田舎の少女から結婚して夫の傲慢さに耐えながら、女性、小説家として自立するまでが描かれています。映画での言語はフランス語でなく英語、主に英国系俳優、女優により演じられています。
監督:ウォッシュ・ウェストモアランド 出演:キーラ・ナイトレイ(コレット)、ドミニク・ウェスト(ウィリー)、デニース・ゴフ(ミッシー)、エレノア・トムリンソン(ジョージー・ラオール=デュヴァル)、フィオナ・ショウ(シド)、ロバート・ピュー(ジュール)、レイ・パンサキ(ヴェベール)、ほか

「ガルヴェストン」のネタバレあらすじ結末

ガルヴェストンの紹介:2018年アメリカ映画。殺し屋のロイはボスに切り捨てられ殺されそうになった所を逃げ切るが、病気であとが短いと宣告され絶望を感じていた。自分がボスにはめられた場所で捕まっていた売春婦ロッキーを助け、2人は一緒に逃走する事になる。
監督:メラニー・ロラン 出演:エル・ファニング(ロッキー)、ベン・フォスター(ロイ)、ボー・ブリッジス(スタン)、リリ・ラインハート、アデペロ・オデュイエ、ロバート・アラマヨ、マリア・バルベルデ、ほか

「レプリカズ REPLICAS」のネタバレあらすじ結末

レプリカズ REPLICASの紹介:2018年アメリカ映画。死んだ人間の脳の意識をデータ化してロボットに移植する技術を研究する科学者、死んだ家族を蘇らせるため同僚のクローン技術研究者の力を借りて家族のクローンを作り、脳に意識のデータを送り込みます。しかし、蘇った家族は異変を感じ、この技術を悪用しようとする大企業が科学者を追います。『レプリカズ』はキアヌ・リーブス主演で、アメリカの映画レビューサイト”Rotten Tomatoes” では支持率10%と低迷していますが、21世紀に大きな進歩を遂げるクローン、ロボットなどのテクノロジーについて考えさせられる映画です。
監督:ジェフリー・ナックマノフ 出演:キアヌ・リーブス(ウィリアム・フォスター)、アリス・イヴ(モナ・フォスター)、トーマス・ミドルディッチ(エド・ホイットル)、ジョン・オーティス(ジョーンズ)、エムジェイ・アンソニー(マット・フォスター)、エミリー・アリン・リンド(ソフィー・フォスター)、アリア・リリック・リーブ(ゾーイ・フォスター)、ナシャ・ハテンディ(スコット)、ほか

「RBG 最強の85才」のネタバレあらすじ結末

RBG 最強の85才の紹介:2018年アメリカ映画。80歳を過ぎても男女平等のために戦う女性最高裁判事ギンズバーグは、2010年代に高齢化社会を迎え、多様な人種の共存、女性の権利の拡大を発展させるアメリカの新しいアイコン(社会的象徴)になりました。『RBG 最強の85才』はギンズバーグの功績だけでなく、夫や家族、同僚との知られざるエピソードが紹介されています。アメリカ政治、女性差別問題に興味のある人におすすめの映画、高齢化社会の日本でも多くの方に勇気を与えてくれる映画です。
監督:ベッツィ・ウェスト、ジュリー・コーエン 出演:ルース・ベイダー・ギンズバーグ、マーティン・ギンズバーグ、ビル・クリントン、バラク・オバマ、ほか

「ラ・ヨローナ ~泣く女~」のネタバレあらすじ結末

ラ・ヨローナ ~泣く女~の紹介:2019年アメリカ映画。自分を捨てたパートナーへの嫉妬から子供たちを自らの手で溺死させてしまった女性、ラ・ヨローラはその後悔から自殺をする。死んだラ・ヨローナは水のあるところへ出現すると、他人の子供たちをも溺死させていく。ジェームズ・ワンが製作に携った、中南米に伝わる怪談を実写映画化したホラー作品。
監督:マイケル・チャベス 出演:リンダ・カーデリニ(アンナ)、マデリーン・マックグロウ(エイプリル)、ローマン・クリストウ(クリス)、レイモンド・クルツ(ラファエル)、トニー・アメンドーラ(ペレズ神父)、ほか

「オーヴァーロード」のネタバレあらすじ結末

オーヴァーロードの紹介:2018年アメリカ映画。第二次世界大戦中の1944年、ノルマンディー上陸作戦前に数名の米軍兵士はドイツ軍の施設を破壊する任務を与えられます。ドイツ軍に攻撃されながら向かった施設ではドイツ人医師による狂気の人体実験、アンデッド(不死身の兵士)開発計画が行われていました。若い兵士は地元のフランス人女性の助けを借りながら任務を遂行しますが、ドイツ軍による恐怖のモンスターとの戦いが待っています。本作『オーヴァーロード』は戦争を舞台としたアクション・ホラー映画、批評家からも好意的に受け止められました。J・J・エイブラムスが製作を務めています。タイトルにもなっている『オーヴァーロード』とは連合国軍によるドイツ占領国への侵攻作戦名のことです。
監督:ジュリアス・エイヴァリー 出演:ジョヴァン・アデポ(ボイス)、ワイアット・ラッセル(フォード)、マチルド・オリヴィエ(クロエ)、ピルー・アスベック(ワフナー)、ジョン・マガロ(ティベット)、イアン・デ・カーステッカー(チェイス)、ジェイコブ・アンダーソン(ドーソン)、ドミニク・アップルホワイト(ローゼンフェルド)、ジャニー・トーファー(ポール)、ジョセフ・クイン(グルナウアー)、ボキーム・ウッドバイン(レンシン)、エリック・レッドマン(Dr.シュミット)、ほか

「麻雀放浪記2020」のネタバレあらすじ結末

麻雀放浪記2020の紹介:2019年日本映画。1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を、作品に惚れ込んだ主演:斎藤工と監督:白石和彌のコンビで再映画化したコメディ作品です。原作の主人公:坊や哲(斎藤工)が戦後の1945年から第三次世界大戦で東京オリンピックが中止となった2020年へとタイムスリップしてしまうという大胆なアレンジと痛烈な風刺を織り込み、全編に渡ってiPhoneで撮影されました。出演者の不祥事により一時公開が危ぶまれるも当初の予定通りノーカット完全版として公開されました。キャッチフレーズは「ボーッと生きてんじゃねえよ!ニッポン!」。
監督:白石和彌 出演者:斎藤工(坊や哲)、もも(チャラン・ポ・ランタン)(ドテ子)、ベッキー(八代ゆき/AIユキ(二役))、的場浩司(ドサ健/ミスターK(二役))、岡崎体育(ドク)、ピエール瀧(杜)、音尾琢真、杉村蝉之介、伊武雅刀、矢島健一、吉澤健、ヴァニラ(量産型AI搭載セクサロイド)、舛添要一(本人役)、堀内正美(女衒の達徳)、小松政夫(出目徳/ヤン(二役))、竹中直人(クソ丸)ほか

「アガサ・クリスティー ねじれた家」のネタバレあらすじ結末

アガサ・クリスティー ねじれた家の紹介:2017年イギリス映画。『名探偵ポワロ』などで知られる“ミステリーの女王”ことアガサ・クリスティーが1949年に発表、自ら“最高傑作”と語った小説『ねじれた家』を豪華キャストで初映画化したミステリー作品です。大富豪暗殺事件の謎を追う私立探偵は、やがてその華麗なる一族の抱える深い闇に気付くことになります。
監督:ジル・パケ=ブレネール 出演:グレン・クローズ(イーディス・デ・ハヴィランド)、マックス・アイアンズ(チャールズ・ヘイワード)、ステファニー・マティーニ(ソフィア・レオニデス)、テレンス・スタンプ(タヴァナー主任警部)、クリスティーナ・ヘンドリックス(ブレンダ・レオニデス)、ジリアン・アンダーソン(マグダ・レオニデス)、アマンダ・アビントン(クレメンシー・レオニデス)、オナー・ニーフシー(ジョセフィーン・レオニデス)、ジュリアン・サンズ(フィリップ・レオニデス)、クリスチャン・マッケイ(ロジャー・レオニデス)、プレストン・ナイマン(ユースティス・レオニデス)、ジョン・ヘファーナン(ローレンス・ブラウン)、ジェニー・ギャロウェイ(乳母)ほか

「ドント・ウォーリー」のネタバレあらすじ結末

ドント・ウォーリーの紹介:2018年アメリカ映画。酒におぼれ交通事故で半身不随になった青年は絶望的な精神になります。再び酒びたりの生活を送りますが、幸いにも右手が動く彼は、漫画を書くという仕事を持ち、友達から励まされながら過去の贖罪をはじめ、人間的に成長していきます。『ドント・ウォーリー』は新聞にユーモアあふれる漫画を書いたジョン・キャラハンのストーリー、酒を絶ちたい、人生に生きがいを見つけたい、過去の反省をして人間的に成長したい人にはおすすめの映画です。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ホアキン・フェニックス(ジョン・キャラハン)、ジョナ・ヒル(ドニー)、ルーニー・マーラ(アヌー)、ジャック・ブラック(デクスター)、ほか

「アベンジャーズ4/エンドゲーム」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エンドゲームの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気スーパーヒーローたちが一堂に集結した一大英雄巨編『アベンジャーズ』シリーズ第4作にして完結編であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ第22作目であるSFアクション超大作です。本作品は2019年公開の全ての映画作品の中でも最重要作品であり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUシリーズの集大成にしてグランドフィナーレを飾るに相応しい作品に仕上がっています。なお、本作は『アイアンマン』シリーズおよび初代『キャプテン・アメリカ』シリーズの完結編ともなっています。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、ブリー・ラーソン(キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル)、ブラッドリー・クーパー(ロケットの声)、カレン・ギラン(ネビュラ)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「キングダム」のネタバレあらすじ結末

キングダムの紹介:2019年日本映画。紀元前の中国を舞台に、天下の大将軍を夢見る少年と若き王が、困難に立ち向かいながら中華統一を目指す壮大な物語。原泰久原作の漫画は単行本54巻(映画公開日現在)にもおよぶ超人気シリーズで「実写化は不可能」といわれていた。今回原作者が脚本に全面協力、アクションを得意とする佐藤信介監督がメガホンをとり、ファンを納得させる映画が完成した。驚くべきは俳優陣の再現度の高さだ。主演の山﨑賢人はもちろん、肉体改造した大沢たかおや二役に挑んだ吉沢亮など、見ないと損するレベルの作品に仕上がっている。
監督:佐藤信介 キャスト: 山﨑賢人(信)、吉沢亮(漂/嬴政:二役)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂=てん)、本郷奏多(成蟜)、石橋蓮司(竭氏)、加藤雅也(肆氏)、宇梶剛士(魏興)、高島政宏(昌文君)、満島真之介(壁)、要潤(騰)、大沢たかお(王騎)、ほか

1 2 3 4 5 25
TOP↑