Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新映画一覧

最新映画のネタバレあらすじ一覧です。劇場公開中の新作映画、新作レンタル作品、動画配信サービスやテレビで人気のおすすめ映画、人気ランキング上位の作品や、劇場未公開映画など、上映中の映画から今話題の映画まで、最新映画のあらすじを結末まで解説します。

「コンフィデンスマンJP」のネタバレあらすじ結末

コンフィデンスマンJP ロマンス編の紹介:2019年日本映画。2018年にテレビドラマとして放送されて人気を博した作品が劇場版として帰ってきました。信用詐欺師のダー子達が再び大物から大金をせしめるために暴れまわります。隅々まで伏線が張り巡らされていて予想不可能な展開が面白い作品です。
監督:田中亮 出演:長澤まさみ(ダー子)、東出昌大(ボクちゃん)、小手伸也(五十嵐)、小日向文世(リチャード)、竹内結子(ラン・リウ)、三浦春馬(ジェシー)、江口洋介(赤星栄介)、織田梨沙(モナコ)、瀧川英次(ちょび髭)、マイケル・キダ(バトラー)、ほか

「マーウェン」のネタバレあらすじ結末

マーウェンの紹介:2018年アメリカ映画。マーク・ホーガンキャンプは第2次世界大戦中のベルギーの空想世界の村「マーウェン」のミニチュア模型を作り、そこでホーギー大尉と女性軍のフィギュア人形がナチスドイツと戦う写真を撮り人気を集めます。マークはなぜ、ホーギーと女性軍の空想世界の写真をとることになったのでしょうか?その理由はマーク自身の過去の回想と彼を支える女性たちが映画の中で明らかにしていきます。『マーウェン』は暴行され記憶を失ったマーク・ホーガンキャンプが、友人たちとともに悲しみと障害を乗り越え成長し、生きがいを見出していくストーリーです。映画はマークを主人公とする現実世界と、ホーギーを主人公とする空想世界のマーウェンが交互に描かれます。
監督:ロバート・ゼメキス 出演:スティーヴ・カレル(マーク・ホーガンキャンプ<ホーギー大尉>)、レスリー・マン(ニコル)、ダイアン・クルーガー(デジャ・ソリス)、メリット・ウェヴァー(ロバータ)、ジャネール・モネイ(ジュリー<G.I.ジュリー>)、エイザ・ゴンザレス(カラーラ)、グウェンドリン・クリスティー(アナ)、レスリー・ゼメキス(シュゼット)、ニール・ジャクソン(カート<SS将官クルト・マイヤー>)、ほか

「エリカ38」のネタバレあらすじ結末

エリカ38の紹介:2019年日本映画。「女の本性ってなんですか?」実際に起こった詐欺事件をモチーフに、2018年に他界した樹木希林が盟友・浅田美代子の45年ぶりの主演作となる本作を彼女の代表作とすべく自ら企画した渾身のサスペンス作品です。実年齢を20歳以上も詐称し、欲望の赴くままに犯罪を重ねていき数億円を巻き上げたひとりの女の壮絶な人生を描きます。
監督:日比遊一 出演者:浅田美代子(渡部聡子/エリカ)、樹木希林(渡部薫)、平岳大(平澤育男)、窪塚俊介(橋本弘)、山崎一(玉木亮介)、山崎静代(小島まさえ)、小籔千豊(工藤周平)、WORAPHOP KLAISANG(ポルシェ)、佐伯日菜子(玉木香代子)、真瀬樹里(中井亜紀)、小松政夫(田中収三郎)、古谷一行(竹田正道)、木内みどり(伊藤信子)ほか

「ゴールデン・リバー」のネタバレあらすじ結末

ゴールデン・リバーの紹介:2018年フランス,スペイン,ルーマニア,ベルギー,アメリカ映画。ブッカー賞を受賞したパトリック・デウィットの『シスターズ・ブラザーズ』を映画化した西部劇です。19世紀半ば、ゴールドラッシュに沸いた時代を舞台に、雇い主から所有物を奪った者を殺すよう依頼された殺し屋兄弟が標的を探しに度に出る様を描いています。
監督:ジャック・オーディアール 出演者:ジョン・C・ライリー(イーライ・シスターズ)、ホアキン・フェニックス(チャーリー・シスターズ)、ジェイク・ギレンホール(ジョン・モリス)、リズ・アーメッド(ハーマン・カーミット・ワーム)、ルトガー・ハウアー(コモドア)、キャロル・ケイン(ミセス・シスターズ)ほか

「シンクオアスイム イチかバチか俺たちの夢」のネタバレあらすじ結末

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢の紹介:2018年フランス映画。くせのある中年男性たちが男子シンクロで世界を目指す?家族や従業員を巻き込んで猛特訓の日々が幕を開ける。中年男たちの再起を懸けたアーティスティックスイミングに挑む姿を描くスポ根コメディ。
監督:ジル・ルルーシュ 出演者:マチュー・アマルリック(ベルトラン)、ギヨーム・カネ(ロラン)、ブノワ・ポールヴールド(マルキュス)、ジャン=ユーグ・アングラード(シモン)、ヴィルジニー・エフィラ(ディルフィーヌ)、レイラ・ベクティ(アマンダ)、マリナ・フォイス(クレール)、フィリップ・カトリーヌ(ティエリー)、ほか

「メン・イン・ブラック:インターナショナル」のネタバレあらすじ結末

メン・イン・ブラック:インターナショナルの紹介:2019年アメリカ映画。ウィル・スミス主演で人気を博した人気シリーズ第4弾で、キャストを一新して新しいMIB(メン・イン・ブラック)として描いています。敏腕エージェントだがいいかげんなHと、エリート新人のエージェントMの2人が、地球に迫る危機に挑む。「マイティソー バトルロイヤル」で共演したクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンが再びタッグを組んでいます。
監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:クリス・ヘムズワース(エージェントH)、テッサ・トンプソン(エージェントM)、エマ・トンプソン(エージェントO)、リーアム・ニーソン(ハイT)、レベッカ・ファーガソン(リザ)、レイフ・スポール(エージェントC)、ほか

「存在のない子供たち」のネタバレあらすじ結末

存在のない子供たちの紹介:2018年レバノン,フランス映画。中東のある国での裁判所。裁判官に名前を呼ばれ前に出たのはわずか12歳の少年ゼインだった。訴えた相手は自分の両親。強いまなざしで裁判官に言った。「自分を生んだ罪で訴える」と。貧困窟に生まれたゼインは法的には社会に存在すらしておらず、自分の誕生日も知らない。唯一心の支えだった大切な妹はわずか11歳で強制結婚させられ、怒りに任せたまま家を飛び出したゼイン。しかし待っていたのは予想もしていなかった過酷な現実だった。今回が2作目の作品となるラバキー監督が、貧困地域、拘置所、少年刑務所など3年間のリサーチを経て、リアリティを突き詰めながらもドキュメンタリーとは異なる物語の強さを表現した。弁護士に扮したラバキー監督以外はほとんど現地で出会った素人をキャスティングし、主人公の少年ゼインや、エチオピア移民ラヒルを演じたヨルダノスも、役柄とよくにた境遇の人々が選ばれた。すべての子供たちが当たり前のように持っているはずの≪愛される権利≫を求めて経験した旅路に胸が締め付けられる思いをしながらも、わずかな希望の光を見出すこともできる。カンヌ国際映画祭やトロント国際映画祭で賞を受賞し、絶賛の波を起こした作品。
監督:ナディーン・ラバキー 出演:ゼイン・アル=ラフィーア(ゼイン)、ヨルダノス・シフェラウ(ラヒル)、ボルワティフ・トレジャー・バンンコレ(ヨナス)、カウサル・アル=ハッダード(スアード)、ファーディ・カーメル・ユーセフ(セリーム)、シドラ・イザーム(サハル)、アラーア・シュシュニーヤ(アスプロ)、ナディーン・ラバキー(ラディーン)ほか

「アポロ11 完全版」のネタバレあらすじ結末

アポロ11 完全版の紹介:2019年アメリカ映画。1969年7月20日は人類が初めて月に着陸した日として知られ、50周年となる2019年は世界中でこの偉業を称えるニュースが流れ、多くのイベントが開かれています。このドキュメンタリー映画『アポロ11 完全版』もその一つ、3人の宇宙飛行士が月に向け出発し無事に地球に帰還し英雄となる過程が描かれています。宇宙飛行士と地球の管制塔とのコミュニケーション、宇宙飛行士の率直な地球や月に対する感想は興味深く、また、50年前のスマホもインターネットも無い時代に人々が大きなカメラを使い写真を撮り、当時のかなり大きな最新コンピューターを使う映像など、当時の人々の生活を知ることのできる貴重な映像が見られます。
監督:トッド・ダグラス・ミラー 出演:ニール・アームストロング(船長)、バズ・オルドリン(月着陸船操縦士)、マイケル・コリンズ(司令船操縦士)、ジョアン・H・モーガン(NASA初の女性エンジニア)、ユージン・F・ジーン・クランツ(飛行指揮官)、チャーリー・M・ディユーク・ジュニア(交信担当官)ほか

「チャイルド・プレイ(2019年)」のネタバレあらすじ結末

チャイルド・プレイの紹介:2019年アメリカ映画。ホラーの名作に登場した殺人人形であるチャッキーの恐怖が再び描かれる。引っ越したばかりの少年に誕生日プレゼントとして母から贈られた、バディ人形チャッキー。そんなチャッキーと友人になるアンディだったが、異常な行動を起こすチャッキーに恐怖を感じるようになっていく。一線を越えたチャッキーを廃棄するも、彼はアンディの元に帰ってくる。ホームネットワーク制御機能などのAIを搭載したハイテクなバディ人形チャッキーは、殺害の手法をホラー映画から学ぶなど、狂気を帯びていく。
監督:ラース・クレブバーグ 出演:オーブリー・プラザ(カレン)、ガブリエル・ベイトマン(アンディ)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(マイク・ノリス刑事)、マーク・ハミル(チャッキー)、ビアトリス・キットソス(ファリン)、タイ・コンシーリョ(パグ)、デヴィッド・ルイス(シェーン)、カーリース・バーク(ドリーン)、マーロン・カザーディ(オマール)、ほか

「ゴーストランドの惨劇」のネタバレあらすじ結末

ゴーストランドの惨劇の紹介:2018年フランス,カナダ映画。今は亡き祖母の家に、母と姉のヴェラと共に向かったベスは、引っ越しの後、二人の男に襲われました。16年後、ベスはホラー小説家で成功し、家族と幸せに暮らしていました。一方母と暮らすヴェラから帰って来て!と電話をもらったベスは、気になって家に帰りました。母に会い、姉のヴェラに会った頃から、16年前の惨劇が再び始まりました…という内容のフランス発の過激ホラー映画です。現実と妄想がミックスされて不思議な世界観を持つストーリーで、トーチャーポルノと呼ばれる監禁拷問ものでフランスならではの作品となっています。
監督:パスカル・ロジェ 出演者:クリスタル・リード(ベス)、アナスタシア・フィリップス(ヴェラ)、エミリア・ジョーンズ(10代のベス)、テイラー・ヒックソン(10代のヴェラ)、ミレーヌ・ファルメール(母親ポリーン)ほか

「誰もがそれを知っている」のネタバレあらすじ結末

誰もがそれを知っているの紹介:2018年スペイン,フランス,イタリア映画。『別離』『セールスマン』で二度のアカデミー賞に輝くイランの巨匠アスガー・ファルハディ監督が手掛けたヒューマン・サスペンス作品です。スペインのとある小さな村で起こった誘拐事件をきっかけに、これまで隠し通していたはずの被害者家族の秘密と嘘が明らかになっていきます。
監督:アスガー・ファルハディ 出演:ペネロペ・クルス(ラウラ)、ハビエル・バルデム(パコ)、リカルド・ダリン(アレハンドロ)、エドゥアルド・フェルナンデス(フェルナンド)、バルバラ・レニー(ベア)、インマ・クエスタ(アナ)、エルビラ・ミンゲス(マリアナ)、ラモン・バレア(アントニオ)、カルラ・カンプラ(イレーネ)、サラ・サラモ(ロシオ)、ロジェール・カサマジョール(ホアン)、ホセ・アンヘル・エヒド(ホルヘ)ほか

「パラレルワールド・ラブストーリー」のネタバレあらすじ結末

パラレルワールド・ラブストーリーの紹介:2018年日本映画。恋人同士の崇史と麻由子が幸せな日々を過ごす世界と、麻由子が崇史の親友・智彦と交際している世界が並行するパラレルワールドの世界を描く。見るものを惹き付ける今や誰もが知る有名作家である東野圭吾の同名小説を原作に、映像化不可能と言われていた作品を見事に映像化しました。どちらが現実なのか全く分からない見せ方に、後に分かる衝撃的な結末に驚かされてしまうでしょう。
監督:森義隆 出演:玉森裕太(敦賀崇史)、吉岡里帆(津野麻由子)、染谷将太(三輪智彦)、筒井道隆(小山内護)、美村里江(桐山景子)、清水尋也(篠崎伍郎)、水間ロン(柳瀬礼央)、石田ニコル(岡田夏江)、田口トモロヲ(須藤隆明)、ほか

「アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」のネタバレあらすじ結末

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲の紹介:2019年フィンランド,ドイツ映画。前作「アイアン・スカイ」から7年ぶりの続編。2047年、2018年のナチスとの戦いに勝利した人類は、壊滅した地球からかつてナチスが創り上げた月面基地で生活していた。月でのエネルギーが尽き果てようとしていた時、地球の深部「ロスト・ワールド」に新しいエネルギーがある事を知った人類はそれを求めてロスト・ワールドへと向かう。
監督:ティモ・ヴオレンソラ 出演:ララ・ロッシ(オビ)、ウラジミール・ブルラコフ(サーシャ)、キット・デイル(マルコム)、ユリア・ディーツェ(レナーテ・リヒター)、トム・グリーン(ドナルド)、ウド・キア(ウォルフガング・コーツフライシュ/アドルフ・ヒトラー)、ほか

「トイ・ストーリー4」のネタバレあらすじ結末

トイ・ストーリー4の紹介:2019年アメリカ映画。ウッディたちは新しい持ち主のボニーと幸せな日々を過ごしていたが、ウッディは徐々に彼女に遊ばれなくなっていく。そんなある日、幼稚園でボニーが自分で作ったおもちゃ「フォーキー」が家にやってくる。フォーキーとウッディたちの冒険が始まる。トイ・ストーリー3の完璧な結末を経て、おもちゃ達のさらなる物語が描かれる。
監督:ジョシュ・クーリー キャスト:トム・ハンクス(ウッディ)、ティム・アレン(バズ・ライトイヤー)、アニー・ポッツ(ボー・ピープ)、トニー・ヘイル(フォーキー)、キーガン=マイケル・キー(ダッキー)、マデリーン・マックグロウ(ボニー)、クリスティナ・ヘンドリックス(ギャビー・ギャビー)、ジョーダン・ピール(バニー)、キアヌ・リーヴス(デューク・カブーン)、アリー・マキ(ギグル・マクディンプルズ)、ジェイ・ヘルナンデス(ボニーの父)、ジョーン・キューザック(ジェシー)、ブレイク・クラーク(スリンキー・ドッグ)、ウォーレス・ショーン(レックス)、ドン・リックルズ(ミスター・ポテトヘッド)、ジェフ・ガーリン(バターカップ)、エステル・ハリス(ミセス・ポテトヘッド)、ジョン・モリス(アンディ)、ほか

「ハッピー・デス・デイ 2U」のネタバレあらすじ結末

ハッピー・デス・デイ 2Uの紹介:2019年アメリカ映画。2019年(日本公開)に大ヒットした映画『ハッピー・デス・デイ』の続編です。前作では主人公ツリーの18日の誕生日が繰り返され、ベビー・マスクの男に殺されるデス(死)の日になるというものでした。ツリーは続編でもループ地獄が繰り返されますが、今回は2つの次元の選択に悩むツリーの姿がコメディタッチで描かれます。続編ということもあり、前作の登場人物のエピソードが多数紹介されるので、前作を見ていない人は『ハッピー・デス・デイ』のあらすじと登場人物のキャラクターを理解してから見ると良いと思います。
監督:クリストファー・ランドン 出演:ジェシカ・ローテ(テレサ・”ツリー”・ゲルプマン)、イズラエル・ブルザード(カーター)、ルビー・モディーン(ロリ)、レイチェル・マシューズ(ダニエル)、フィー・ヴ(ライアン)、スティーブ・ジシズ(ブロンソン)、スラージ・シャルマ(サマール)、サラ・ヤーキン(ドレ)、ほか

1 2 3 4 5 28
TOP↑