Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新映画一覧

最新映画のネタバレあらすじ一覧です。劇場公開中の新作映画、新作レンタル作品、動画配信サービスやテレビで人気のおすすめ映画、人気ランキング上位の作品や、劇場未公開映画など、上映中の映画から今話題の映画まで、最新映画のあらすじを結末まで解説します。

「君は月夜に光り輝く」のネタバレあらすじ結末

君は月夜に光り輝くの紹介:2019年日本映画。まみず(永野芽郁)は二十歳まで生きられない発光病という不治の病になり、医者からは余命1年と言われていました。ついに余命0となり、生きるのを諦めるために作ったリストを同じクラスメイトの卓也(北村匠海)に代行してもらうことになりました。病室を出られないまみずの代わりに卓也が遊園地に行ったり、買い物やカラオケに行ったりする様々なミッションを一つ一つクリアして感想を報告するという代行をしていたのですが、2人に残された時間は迫っていました…。とても切なく苦しくてでもピュアな高校生ならではの儚くも美しい青春のラブストーリーです。第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の小説を原作とするラブストーリー作品です。
監督:月川翔 出演:永野芽郁(渡良瀬まみず)、北村匠海(岡田卓也)、甲斐翔真(香山彰)、松本穂香(岡田鳴子)、今田美桜(平林リコ)、優香(岡崎)、生田智子(渡良瀬律)、長谷川京子(岡田恭子)、及川光博(深見真)、ほか

「キャプテン・マーベル」のネタバレあらすじ結末

キャプテン・マーベルの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・スタジオが贈る初の女性ヒーロー単独主役映画。物語はアベンジャーズ誕生以前の1990年代にさかのぼる。宇宙帝国クリーの特殊部隊スターフォースに所属する女性戦士ヴァースは事故で過去を失い、クリーの軍人として生きていたが、任務中に地球に落下。断片的に残された記憶から自分が地球人キャロルであったことを知る。地球では姿を自由に変える異星人スクラルが暗躍し、キャロルは若き日のニック・フューリーと共に戦いに立ち向かっていく。「より高く、より遠く、より速くー」マーベル・ヒーローの中でも最強と言われる超人的なパワーだけでなく、困難に立ち向かっていく心の強さを持つヒーロー。
監督:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック 出演:ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)、ベン・メンデルソーン(タロス/ケラー)、ジャイモン・フンスー(コラス)、リー・ペイス(ロナン・ジ・アキューザー)、ラッシャーナ・リンチ(マリア・ランボー)、ジェンマ・チャン(ミン・エルヴァ)、アネット・ベニング(ウェンディ・ローソン/スプリーム・インテリジェンス)、クラーク・グレッグ(フィル・コールソン)、ジュード・ロウ(ヨン・ロッグ)ほか

「サッドヒルを掘り返せ」のネタバレあらすじ結末

サッドヒルを掘り返せの紹介:2017年スペイン映画。映画史に残るマカロニウェスタンの傑作『続・夕陽のガンマン』。「サッドヒル墓地の三角決闘」はその有名なクライマックスシーンだ。制作から50年以上経ったいま、忘れ去られたそのロケ地を復元させようと動き始めた人たちがいた。スペインの若き映画監督ギレルモ・デ・オリベイラはYouTubeにアップするつもりで取材を開始したが、やがてプロジェクトは大きくなり、『続・夕陽のガンマン』の制作に関わった人たちへのインタビューを加え、初の長編第一作として本作を完成させた。
監督:ギレルモ・デ・オリベイラ キャスト:【サッドヒル文化連盟】メンバー ダヴィッド・アルバ、ディエゴ・モンテロ、セルジオ・ガルシア、ヨセバ・デル・ヴァレ エンニオ・モリコーネ[作曲家]、クリント・イーストウッド[俳優]、ジェイムズ・ヘットフィールド[ミュージシャン]、ジョー・ダンテ[映画監督]、クリストファー・フレイリング[映画研究者]、アレックス・デ・ラ・イグレシア[映画監督]、カルロ・レバ[美術助手]、エウヘニオ・アラビソ[編集]、セルジオ・サルヴァティ[撮影助手]、ジュディッタ・シーミ[美術監督の遺族]

「スパイダーマン:スパイダーバース」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:スパイダーバースの紹介:2018年アメリカ映画。マーベル・コミックを代表する人気ヒーロー“スパイダーマン”の映画版第7作にしてシリーズ初となる3DCGアニメ作品です。本作では原作にも登場する2代目スパイダーマンことマイルス・モラレスが主人公となり、無数の並行世界から現れた複数のスパイダーマンたちと手を組んで巨悪に立ち向かう姿を描きます。第91回アカデミー賞の長編アニメーション部門を受賞しています。
監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン 声の出演:シャメイク・ムーア(マイルス・モラレス/スパイダーマン)、ジェイク・ジョンソン(ピーター・B・パーカー/スパイダーマン)、ヘイリー・スタインフェルド(グウェン・ステイシー/スパイダーグウェン)、ニコラス・ケイジ(ピーター・パーカー/スパイダーマン・ノワール)、マハーシャラ・アリ(アーロン・デイヴィス/プラウラー)、ゾーイ・クラヴィッツ(メリー・ジェーン・“MJ”・ワトソン)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ジェファーソン・デイヴィス)、リリー・トムリン(メイ・パーカー)、ルナ・ローレン・ベレス(リオ・モラレス)、ジョン・ムレイニー(ピーター・ポーカー/スパイダー・ハム)、キミコ・グレン(ペニー・パーカー)、リーヴ・シュレイバー(ウィルソン・フィスク/キングピン)ほか

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のネタバレあらすじ結末

ふたりの女王 メアリーとエリザベスの紹介:2018年イギリス映画。エリザベス1世(在位1558−1603年)はスペイン無敵艦隊の撃破などの功績を世界史で習ったことを覚えている人も多いと思います。その彼女にはスコットランド女王メアリー(在位1542−1567年)というライバルがいました。カトリックで美しいメアリーに対し、プロテスタントで天然痘の後遺症の容貌に悩んだエリザベスはメアリーと対立します。今日までその栄光が歴史に残るエリザベスに対し、メアリーは悲劇の女王として記憶されます。『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は1560年代当時は独立国家であったイングランドとスコットランドでの二人の女王とその側近たちの政治的対立と人間愛を描いた映画です。日本人に馴染みのない英国史ということもあり難解な部分もありますが、世界史を学習した人やイギリスに興味ある人にはおすすめの映画です。
監督:ジョーシー・ルーク 出演:シアーシャ・ローナン(メアリー・スチュアート / スコットランド女王)、マーゴット・ロビー(エリザベスI世 / イングランド女王)、ジャック・ロウデン(ヘンリー・スチュアート / ダーンリー卿)、ジョー・アルウィン(ロバート・ダドリー / レスター伯)、ジェンマ・チャン(ベス・オブ・ハードウィック)、マーティン・コムストン(ジェームズ・ヘップバーン / ボスウェル伯)、イスマエル・クルス・コルドバ(デビッド・リッチオ)、ブレンダン・コイル(マチュー・スチュアート)、イアン・ハート(メイトランド卿)、エイドリアン・レスター(ランドルフ卿)、ジェームズ・マッカードル(ジェームズ/スチュアート / マリ伯)、デヴィッド・テナント(ジョン・ノックス)、ガイ・ピアース(ウィリアム・セシル / バーリー男爵)、

「マイ・ブックショップ」のネタバレあらすじ結末

マイ・ブックショップの紹介:2018年スペイン,イギリス,ドイツ映画。イギリスの小さな港町。戦争で夫を亡くしたフローレンスは、この町に長年の夢だった本屋を開いた。クリスティーンという賢い少女と配達係ウォーリー少年の力を借りて、少しずつではあるものの、経営は軌道に乗り始めていた。しかし、ここは保守的な地方の町。フローレンスの挑戦を快く思わないガマート夫人は様々な手段で妨害し、彼女を追い込んでいく。人嫌いで40年も屋敷に引きこもっている読書好きの老紳士ブランディッシュ氏はフローレンスのために尽力を尽くして、助けようと試みるが事態はさらに悪くなっていく。原作は英ブッカー賞受賞作家ペネロピ・フィッツジェラルドの小説『ブックショップ』。様々な障害に凛と立ち向かい闘うフローレンスと、社会の無常や理不尽さを静かに込め描かれている。2018年のスペイン・ゴヤ賞では作品賞・監督賞・脚色賞を受賞した。
監督:イザベル・コイシュ 出演:エミリー・モーティマー(フローレンス・グリーン)、ビル・ナイ(エドモンド・ブランディッシュ)、ハンター・トレメイン(キーブル氏)、オナー・ニーフシー(クリスティーン)、フランシス・バーバー(ジェシー・ウォルフォード)、ジェームズ・ランス(ミロ・ノース)、パトリシア・クラークソン(ガマート夫人)ほか

「シンプル・フェイバー」のネタバレあらすじ結末

シンプル・フェイバーの紹介:2018年アメリカ,カナダ映画。忙しいママ友で親友のエミリーに代わり彼女の息子ニッキーを学校へ迎えに行く“シンプル・フェイバー”を快く受けていたシングルマザーのステファニーだったが、エミリーが数日経ってもニッキーを迎えに来ず謎の失踪を遂げたことにより事件へと巻き込まれて行く。
監督:ポール・フェイグ 出演:アナ・ケンドリック(ステファニー)、ブレイク・ライヴリー(エミリー)、ヘンリー・ゴールディング(ショーン)、アンドリュー・ラネルズ(ダーレン)、リンダ・カーデリーニ(ダイアナ)、ジーン・スマート(マーガレット)、ルパート・フレンド(デニス)、ほか

「運び屋」のネタバレあらすじ結末

運び屋の紹介:2018年アメリカ映画。長年家族をないがしろにして仕事を優先して来た90歳の老人アール・ストーンはメキシコの麻薬組織カルテルの伝説の運び屋となり、その正体の意外さから麻薬取締局の監視の目をすり抜けていた。「The New York Times Magazine」に掲載された実話を基にしたドラマ。
監督:クリント・イーストウッド 出演:クリント・イーストウッド(アール・ストーン)、ブラッドリー・クーパー(コリン・ベイツ)、アリソン・イーストウッド(メアリー)、アンディ・ガルシア(レイトン)、ローレンス・フィッシュバーン、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィースト、タイッサ・ファーミガ、ほか

「マスカレードホテル」のネタバレあらすじ結末

マスカレード・ホテルの紹介:2018年日本映画。今や知らない人はいないと言っても過言ではない有名作家 東野圭吾の「マスカレード」シリーズ第1弾の実写映画化作品。連続殺人事件の新たな殺人現場になると断定されたホテル・コルテシア東京で、エリート刑事とホテル従業員が犯人を追いつめていく。刑事初挑戦の木村拓哉と長澤まさみがW主演を演じて話題になりました。二転三転する展開に驚きを隠せないでしょう。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(新田浩介)、長澤まさみ(山岸尚美)、小日向文世(能瀬)、梶原善(本宮)、泉澤祐希(関根)、東根作寿英(久我)、石川恋(川本)、濱田岳(宿泊客)、前田敦子(宿泊客)、笹野高史(宿泊客)、高嶋政宏(宿泊客)、菜々緒(宿泊客)、生瀬勝久(宿泊客)、宇梶剛士(宿泊客)、橋本マナミ(宿泊客)、田口浩正(宿泊客)、勝地涼(宿泊客)、松たか子(宿泊客)、鶴見辰吾(田倉)、篠井英介(尾崎)、石橋凌(藤木)、渡部篤郎(稲垣)、ほか

「ブラック・クランズマン」のネタバレあらすじ結末

ブラック・クランズマンの紹介:2018年アメリカ映画。KKKとはアメリカ南北戦争(1861年−1865年)以後に発足した白人至上主義を唱え黒人やユダヤ系を差別し敵視する団体で、そのメンバーはクランズマンと呼ばれます。KKKの全国組織は1920年代に崩壊し、その後は各地で小さな組織が活動を続けています。『ブラック・クランズマン』は1970年代のアメリカで黒人警官がKKK系団体の調査のため、白人になりすまし、その組織の悪と爆弾テロと戦う物語です。実在のロン・ストールワースの原作をもとに、見ごたえのあるストーリーになっています。また、アメリカを代表する黒人監督スパイク・リーの、現代アメリカに残る人種差別主義への批判も込められた映画です。
監督:スパイク・リー 出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン(ロン・ストールワース)、アダム・ドライヴァー(フリップ・ジマーマン)、ローラ・ハリアー(パトリス・ダマス)、トファー・グレイス(デビッド・デューク)、コーリー・ホーキンズ(クワメ・トゥーレ)、ライアン・エッゴールド(ウォルター・ブリーチウェイ)、ヤスペル・ペーコネン(フェリックス)、アシュリー・アトキンス(コニー)ほか

「グリーンブック」のネタバレあらすじ結末

グリーンブックの紹介:2018年アメリカ映画。1962年、アメリカではまだ黒人差別が根強く残っていた時代。特に差別が色濃い南部へコンサートツアーを決行することになった黒人天才ピアニストのドクター・シャーリーは、イタリア系白人で用心棒兼運転手のトニーを雇う。お互いに多くの時間を過ごすうちに、2人は次第に人種を超えた友情を築いていく。グリーンブックとは、1950~60年代に人種差別の激しかったアメリカ南部を旅する黒人のために製作された施設利用ガイドブックのことです。
監督:ピーター・ファレリー 出演:ヴィゴ・モーテンセン(トニー・“リップ”・バレロンガ)、マハーシャラ・アリ(ドクター・ドナルド・シャーリー)、リンダ・カーデリーニ(ドロレス・バレロンガ)、ディミテル・D・マリノフ(オレグ)、マイク・ハットン、イクバル・テバ、セバスティアン・マニスカルコ、P・J・バーン、トム・ヴァーチュー、ドン・スターク、ランダル・ゴンザレス、ほか

「移動都市 モータルエンジン」のネタバレあらすじ結末

移動都市/モータル・エンジンの紹介:2018年アメリカ映画。60分戦争と呼ばれる最終戦争から数百年後の現在、残された人類は地上に移動型の都市を作り他の小さな都市を捕食しながら生活していた。ヴァレンタインが率いる巨大移動都市、ロンドンによりこの弱肉強食の地は支配されようとしていた。そこへヴァレンタインに恨みを持つ1人の少女へスターが現れ、ロンドンを阻止するため立ち上がる。
監督:クリスチャン・リバース 出演:ヒューゴ・ウィーヴィング(サディアス・ヴァレンタイン)、ヘラ・ヒルマー(ヘスター・ショウ)、ロバート・シーアン(トム・ナッツワーシー)、ジヘ(アナ・ファン)、ローナン・ラフテリー(ベヴィス・ポッド)、レイラ・ジョージ(キャサリン・ヴァレンタイン)、パトリック・マラハイド(マグナス・クローム)、カレン・ピストリアス(パンドラ・ショウ)、スティーヴン・ラング(シュライク)ほか

「翔んで埼玉」のネタバレあらすじ結末

翔んで埼玉の紹介:2018年日本映画。埼玉をディスるがなんといっても埼玉を愛してやまない郷土愛を感じる物語。東京都民に憧れ、埼玉県民ということにコンプレックスを持ちつつも千葉を敵対視して、常に競いあい、埼玉を活性化させ上昇させていくという埼玉愛にあふれたユーモラスな映画です。「パタリロ!」の作者・魔夜峰央の人気マンガを実写映画化。
監督:武内英樹 キャスト:二階堂ふみ(壇ノ浦百美)、GACKT(麻実麗)、伊勢谷友介(阿久津翔)、ブラザートム(菅原好海)、麻生久美子(菅原真紀)、島崎遥香(菅原愛海)、成田凌(五十嵐春翔)、中尾彬(壇ノ浦建造)、間宮祥太朗(埼玉県人の青年)、加藤諒(下川信男)、益若つばさ(おかよ)、武田久美子(壇ノ浦恵子)、麿赤兒(西園寺宗十郎)、竹中直人(神奈川県知事)、京本政樹(埼玉デューク)、ほか

「凜 りん」のネタバレあらすじ結末

凜-りん-の紹介:2018年日本映画。又吉直樹が芥川賞を受賞した『火花』より前のに書いた初長編、それが『凛』。2007年に舞台化され、又吉の文才がファンの間で話題になった幻の作品が待望の映画化。物語は長野県の小さな村を舞台に、神隠しの伝説さながらに起こった子どもたちの失踪事件を追う男子高校生たちの日々が描かれる。7人組ボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバーとしても活躍する佐野勇斗と、漫画原作の実写化作品に多く出演する本郷奏多がW主演を果たし、7歳の年の差を感じさせない同級生ぶりを演じている。
監督:池田克彦 脚本:又吉直樹 キャスト:佐野勇斗(野田耕太)、本郷奏多(天童義男)、須賀健太(石倉優太[大仏])、亀田侑樹(折田竜二)、櫻井圭佑(真島泰輔)ほか

「ビールストリートの恋人たち」のネタバレあらすじ結末

ビール・ストリートの恋人たちの紹介:2018年アメリカ映画。1970年代、ニューヨーク。19歳のティッシュと22歳のファニーは幼い頃から共に育ち、自然と愛を育んだ若き黒人のカップル。そんな2人に子供ができ、幸せの頂点にいるはずだったが、ファニーは無実の罪で留置所にいた。身に覚えのない強姦罪の疑惑を晴らすために、家族と友人たちはファニーを助け出そうと奔走するがさまざまな壁が立ちはだかる。当時の黒人が強いられていた過酷な環境を、かけがえのない愛と希望で満たす物語。美しい映像と音楽も必見。ブラッド・ピットが製作総指揮に名を連ねる作品。
監督:バリー・ジェンキンス 出演:キキ・レイン(ティッシュ・リヴァーズ)、ステファン・ジェームス("ファニー"アロンゾ・ハント)、レジーナ・キング(シャロン・リヴァーズ)、パリス・テヨナ(アーネスティン・リヴァーズ)、コールマン・ドミンゴ(ジョーゼフ・リヴァーズ)、エボニー・オブシディアン(エイドリアン・ハント)、アーンジャニュー・エリス(ハント夫人)、ディエゴ・ルナ(ペドロシート)、エミリー・リオス(ヴィクトリア・ロジャース)、エド・スクライン(ベル巡査)、フィン・ウィットロック(ヘイワード弁護士)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ダニエル・カーティ)、デイヴ・フランコ(レヴィー)、ペドロ・パスカル(ピエトロ・アルバレス)ほか

1 2 3 4 5 22
TOP↑