ニック・ロビンソン映画一覧

ニック・ロビンソンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「フィフス・ウェイブ」のネタバレあらすじ結末

フィフス・ウェイブの紹介:2015年アメリカ映画。キャシーたち高校生の平凡な生活に、突如として現れた巨大な地球外生命体の宇宙船。電磁パルス、地殻変動、疫病、侵略、そして5番目の脅威が人類を襲う…。
監督:J・ブレイクソン 出演:クロエ・グレース・モレッツ(キャシー)、ニック・ロビンソン(ベン)、ロン・リヴィングストン(オリヴァー)、マギー・シフ(リサ)、アレックス・ロー(エヴァン)、マリア・ベロ(レズニック軍曹)、マイカ・モンロー(リンガー)、ザカリー・アーサー(サム)、リーヴ・シュレイバー(ヴォーシュ大佐)、ほか

「キングス・オブ・サマー」のネタバレあらすじ結末

キングス・オブ・サマーの紹介:2013年アメリカ映画。思春期のジョーは父フランクの干渉に嫌気をさしていました。ある日、ジョーはついに怒りが爆発して家を飛び出します。親友のパトリックも家の生活に不満を抱いていて、森の中へと逃げていきます。2人はビアジオという少年と出会い、3人の森の中での生活が始まります。
監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 出演者:ニック・ロビンソン(ジョー)、ガブリエル・バッソ(パトリック)、モイセス・アリアス(ビアジオ)、エリン・モリアーティ(ケリー)、ニック・オファーマン(フランク)、ほか

「Love, サイモン 17歳の告白」のネタバレあらすじ結末

Love, サイモン 17歳の告白の紹介:2018年アメリカ映画。サイモンは同性愛者ですが、その事を周りの人に打ち明けていません。ゲイだということに対して深く悩んでるわけではなく、素敵な家族と明るい友達に囲まれて幸せに暮らしていました。そんなある日、サイモンが通う学校に同性愛者がいるという噂が広がり、サイモンはその人物と、偽名を使って連絡を取り合うことになりますが次々と問題が起きていきます。
監督:グレッグ・バーランティ 出演:ニック・ロビンソン(サイモン)、ジェニファー・ガーナー(エミリー)、ジョシュ・デュアメル(ジャック)、キャサリン・ラングフォード(リア)、アレクサンドラ・シップ(アビー)、ほか

「エブリシング」のネタバレあらすじ結末

エブリシングの紹介:2017年アメリカ映画。免疫系の難病のため17年間一度も外に出たことがない少女が、隣に越してきた少年と恋に落ち、危険を冒して外の世界へ踏み出した結果、驚くべき真実を知る。
監督:ステラ・メギー 出演:アマンドラ・ステンバーグ(マデリン)、ニック・ロビンソン(オリー)、アナ・デ・ラ・レゲラ(カーラ)、アニカ・ノニ・ローズ(ポーリーン)、ほか

「ジュラシック・ワールド」のネタバレあらすじ結末

ジュラシックワールドの紹介:2015年アメリカ映画。ジュラシックパークシリーズ第4段となるこの作品。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。第1作・第2作の恐竜の世界をさらにパワーアップさせた作品となっています。ジュラシックワールドでは2人の兄弟が中心になって物語を進めていきます。体感型の映画であるジュラシック・ワールドは、映画の代名詞でもあるジュラシック・パークの新たな続編として公開され、興行成績の世界記録を打ち立てるなど、大ヒットを記録します。
監督:コリン・トレボロウ 出演:クリス・プラット(オーウェン)、ブライス・ダラス・ハワード(クレア)、ビンセント・ドノフリオ(ホスキンス)、タイ・シンプキンス(グレイ)、ニック・ロビンソン(ザック)ほか

「ジュラシックワールド」のネタバレあらすじ結末

ジュラシック・ワールドの紹介:2015年アメリカ映画。スティーブン・スピルバーグ監督が手掛けた大ヒット映画、ジュラシックパーク4作目『ジュラシック・ワールド』。体感型の映画でもあるジュラシックワールドは、映画の代名詞でもあるジュラシックパークシリーズの新たな続編として制作され、興行成績の世界記録を打ち立てるなど大ヒットを記録。前作のジュラシックパーク3から14年ぶりの新作で、スピルバーグは製作総指揮を担当した。2018年にはジュラシックワールド2作目のアメリカ公開が予定されている。
監督:コリン・トレボロウ 出演:クリス・プラット(オーウェン)、ブライス・ダラス・ハワード(クレア)、ビンセント・ドノフリオ(ホスキンス)、タイ・シンプキンス(グレイ)、ニック・ロビンソン(ザック)ほか

TOP↑