西島秀俊映画一覧

西島秀俊が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「さよならみどりちゃん」のネタバレあらすじ結末

さよならみどりちゃんの紹介:2004年日本映画。南Q太の同名漫画を実写映画化したラブストーリーです。昼は平凡なOL、夜はスナックで働く女性が恋人のいる男と恋に落ちるなかで揺れ動く心理を描いていきます。本作が映画初主演となる星野真里はオールヌードを披露、濡れ場などの体当たりの演技に挑んでいます。
監督:古厩智之 出演者:星野真里(ゆうこ)、西島秀俊(ユタカ)、松尾敏伸(太郎)、岩佐真悠子(真希)、佐々木すみ江(スナックのママ)、小山田サユリ(ミドリ)、佐藤二朗(スナックの常連客)、諏訪太朗(スナックの常連客)、おかやまはじめ(スナックの常連客)、千葉哲也(スナックの客)、中村愛美(りか)、にわつとむ(加藤)ほか

「東南角部屋二階の女」のネタバレあらすじ結末

東南角部屋二階の女の紹介:2008年日本映画。死んだ父親の借金を背負い、古いアパートが建つ祖父の土地を売ろうとする主人公の野上孝。そのアパートに吸い寄せられたように集まった男女三人が、不安と焦りを抱えながらも、次第に自分の生きる道を考え見つけていく作品。
監督:池田千尋 出演:西島秀俊(野上孝)、加瀬亮(三崎哲)、竹花梓(豊島涼子)、塩見三省(石山清六)、高橋昌也(野上友次郎)、香川京子(夏見藤子)、ほか

「風の電話」のネタバレあらすじ結末

風の電話の紹介:2020年日本映画。東日本大震災後に岩手県大槌町に実際に設置された、今は亡き大切な人と思いを繋ぐ電話「風の電話」をモチーフとしたヒューマンドラマです。震災から8年後、家族を失い、広島に移り住んだ少女が旅をしながら様々な人々と触れ合い、人生を再生していく姿を描きます。世界3大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭で特別表彰を受けています。
監督:諏訪敦彦 出演者:モトーラ世理奈(ハル)、西島秀俊(森尾)、西田敏行(今田)、三浦友和(公平)、渡辺真起子(広子)ほか

「任侠学園」のネタバレあらすじ結末

任侠学園の紹介:2019年日本映画。『隠蔽捜査』『奏者水滸伝』などを手掛けて来た今野敏の小説『任侠』シリーズの第2作を西島秀俊と西田敏行のダブル主演で映画化した人情コメディ映画です。義理人情に厚いヤクザたちが経営不振に陥った学校を立て直していく様を描きます。
監督:木村ひさし 出演者:西島秀俊(日村誠司)、西田敏行(阿岐本重里)、伊藤淳史(二之宮稔)、葵わかな(沢田ちひろ)、葉山奨之(黒谷佑樹)、池田鉄洋(三橋健一)、佐野和真(志村真吉)、前田航基(市村徹)、高木ブー(高木組組長)、佐藤蛾次郎(西潟源太)、桜井日奈子(小日向美咲)、白竜(唐沢隼人)、光石研(小日向泰造)、中尾彬(永神健太郎)、生瀬勝久(綾小路重里)ほか

「空母いぶき」のネタバレあらすじ結末

空母いぶきの紹介:2019年日本映画。「沈黙の艦隊」などで知られる漫画家かわぐちかいじが現在連載中の「空母いぶき」。2017年に小学館漫画賞を受賞した本作が満を持して映画化された。監督は「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」など重厚な大作に定評のある若松節朗。また企画には、「亡国のイージス」「終戦のローレライ」などで数々の受賞歴のある作家、福井晴敏が名を連ねる。空自出身<いぶき>艦長秋津は西島秀俊、海自出身の副長新波に佐々木蔵之介。防衛大同期で主席、次席の対照的な二人をリアルに演じ、映画に説得力を与えている。
監督:若松節朗 原作・監修:かわぐちかいじ キャスト: 西島秀俊(秋津竜太:<いぶき>艦長)、佐々木蔵之介(新波歳也:<いぶき>副長)、藤竜也(涌井継治:群司令)、戸次重幸(淵上晋:第92飛行群群司令)、市原隼人(迫水洋平:アルバトロス隊隊長)、玉木宏(瀬戸斉昭:<はつゆき>艦長)、高嶋政宏(滝隆信:<はやしお>艦長)、山内圭哉(浮船武彦:<いそかぜ>艦長)、佐藤浩市(垂水慶一郎:内閣総理大臣)、益岡徹(石渡俊通:官房長官)、本田翼(本多裕子:ネットニュース記者)、中井貴一(中野啓一:コンビニエンスストア店長)ほか

「ハーメルン」のネタバレあらすじ結末

ハーメルンの紹介:2013年日本映画。2008年に撮影が開始され、幾度の撮影中止の危機を乗り越えて、5年の歳月を経て完成。小さな村で生きる人々と、豊かな自然とを静かに美しく描くヒューマンドラマ。廃校に一人で暮らしている元校長。しかし春には解体されることが決まっており、そこへ卒業生の野田がやって来るのですが…。
監督:坪川拓史 出演者:西島秀俊(野田)、倍賞千恵子(リツコ)、坂本長利(校長先生)、ほか

「蟹工船」のネタバレあらすじ結末

蟹工船の紹介:2009年日本映画。小林多喜二の同名小説を映画化。蟹工船で働く労働者と、権力者たちの対立を描いた作品。劣悪な環境の蟹工船で、一日中労働を強いられ、地獄のような日々を過ごす労働者たち。そんなある日、脱走した労働者の一人・新庄がロシア船に助けられたことにより、大きく運命を変えることとなり…。
監督:SABU 出演:松田龍平(漁夫・新庄)、西島秀俊(浅川監督)、高良健吾(雑夫・根本)、新井浩文(漁夫・塩田)、柄本時生(雑夫・清水)、木下隆行(雑夫・久米)、木本武宏(雑夫・八木)、三浦誠己(雑夫・小堀)、竹財輝之助(雑夫・畑中)、利重剛(漁夫・石場)、清水優(漁夫・木田)、滝藤賢一(雑夫・河津)、大杉漣(清水の父親)、ほか

「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」のネタバレあらすじ結末

オズランド 笑顔の魔法おしえます。の紹介:2018年日本映画。『海猿』シリーズの生みの親である小森陽一の小説『オズの世界』を原作に、実在の遊園地『グリーンランド』(熊本県荒尾市)を舞台に田舎の遊園地を盛り上げる人々の姿を女性新人社員の視点から描いた作品です。主演は原作主人公のモデルとなった波瑠が務め、撮影は実際のグリーンランドで行われています。
監督:波多野貴文 出演者:波瑠(波平久瑠美)、西島秀俊(小塚慶彦)、岡山天音(古村豪太郎)、深水元基(上園龍)、中村倫也(小西俊郎)、濱田マリ(南原カツヨ)、橋本愛(玉地弥生)、柄本明ほか

「雨よりせつなく」のネタバレあらすじ結末

雨よりせつなくの紹介:2004年日本映画。主演はファッションモデルの田波涼子と今や人気俳優となった西島秀俊のラブストーリー。30歳目前の女性の心情を繊細に映し出す。映画初出演とは思えない田波涼子の演技に注目。
監督:当摩寿史 出演: 田波涼子(水野綾美) 西島秀俊(倉沢彰彦) 黒坂真美(笠井妙子) 深浦加奈子(石井可南子)

「人魚の眠る家」のネタバレあらすじ結末

人魚の眠る家の紹介:2018年日本映画。脳死をテーマにした映画。我が子がもし事故に巻き込まれ、脳死状態になったとしたら…。心臓が動いて体の温もりを感じれば、もしかしたら意識が戻るかもしれないと期待を持ちながら介護をしていくのか、あるいは死を受け入れるのか、でも心臓が動いているのであればいつを死とするのか、母親は最新の医療技術をわずかな光として希望を持とうとするが、事故の当事者にとってはどうなのか。それは親の自己満足にすぎないのか、あるいは究極の愛情なのか。あなたならどうしたいですか?といった他人事ではない誰がいつ当事者になってもおかしくない、東野圭吾の小説を原作にしたミステリー。
監督:堤幸彦 出演:篠原涼子(播磨薫子)、西島秀俊(播磨和昌)、坂口健太郎(星野祐也)、川栄李奈(川嶋真緒)、山口紗弥加(美晴)、田中哲司(進藤)、田中泯(播磨多津朗)、松坂慶子(千鶴子)、ほか

「LOFT ロフト」のネタバレあらすじ結末

LOFT ロフトの紹介:2005年日本映画。スランプで小説が書けなくなり、せき込んで体調不良に陥った礼子が、気分転換に引っ越した家の前にある、大学の研修室でミイラの研究をする吉岡と知り合った事から、霊を見るようになり、引っ越し先の家であった謎を知るうちに・・・というミステリーホラー映画です。
監督:黒沢清 出演者:中谷美紀(春名礼子)、豊川悦司(吉岡誠)、西島秀俊(木島幸一)、安達祐実(亜矢)、鈴木砂羽(野々村めぐみ)、加藤晴彦(村上)、大杉漣(日野)ほか

「ペンギン・ハイウェイ」のネタバレあらすじ結末

ペンギン・ハイウェイの紹介:2018年日本映画。第31回日本SF大賞を受賞した森見登美彦の小説を映画化した長編アニメーション・ファンタジー作品です。とある街に突如現れたペンギンの群れを巡る、小学4年生の少年と謎多き女性のひと夏の不思議な体験を描きます。主題歌を宇多田ヒカルが手掛けています。
監督:石田祐康 声優:北香那(アオヤマ君)、蒼井優(お姉さん)、釘宮理恵(ウチダ君)、潘めぐみ(ハマモトさん)、福井美樹(スズキ君)、能登麻美子(アオヤマ君の母)、久野美咲(アオヤマ君の妹)、西島秀俊(アオヤマ君の父)、竹中直人(ハマモトさんの父)ほか

「散り椿」のネタバレあらすじ結末

散り椿の紹介:2018年日本映画。葉室麟の同名時代小説を、日本を代表するキャメラマン・木村大作が自身3作目となるメガホンを執り、『雨あがる』『蜩ノ記』を監督した小泉堯史が脚本を手掛けて映画化した時代劇です。架空の藩・扇野藩を追われた剣の達人が妻の死を機に故郷に舞い戻り、自分が追われるきっかけとなった藩の不正の真実に迫っていきます。モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞しています。
監督:木村大作 出演者:岡田准一(瓜生新兵衛)、西島秀俊(榊原采女)、黒木華(坂下里美)、池松壮亮(坂下藤吾)、麻生久美子(瓜生篠)、緒形直人(篠原三右衛門)、新井浩文(宇野十蔵)、柳楽優弥(平山十五郎)、芳根京子(篠原美鈴)、駿河太郎(坂下源之進)、渡辺大(千賀谷政家)、石橋蓮司(田中屋惣兵衛)、富司純子(榊原滋野)、奥田瑛二(石田玄蕃)、豊川悦司(ナレーション)ほか

「カナリア」のネタバレあらすじ結末

カナリアの紹介:2004年日本映画。元カルト教信者の少年が偶然出会った少女と共に旅をするロードムービー。オウム真理教事件から10年の節目になる2005年に公開された作品。
監督:塩田明彦 出演:石田法嗣(岩瀬光一)、谷村美月(新名由希)、西島秀俊(伊沢彰)、りょう(咲樹)、つぐみ(梢)、甲田益也子(岩瀬道子)、水橋研二(ジュナーナ)、戸田昌宏(吉岡)、品川徹(光一の祖父)、井上雪子(老婆)、ほか

「ニンゲン合格」のネタバレあらすじ結末

ニンゲン合格の紹介:1999年日本映画。「心温まる、現代の寓話。」というキャッチコピーで、10年間昏睡状態だった青年が奇跡的に目覚めたことで、崩壊していた家族が新たな展開を見せる情景をリアルに描写した人間ドラマです。映画初主演の西島秀俊は、この作品で第9回日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞しました。
監督:黒沢清 出演者:西島秀俊(吉井豊)、役所広司(藤森岩雄)、菅田俊(吉井真一郎)、りりィ(岩谷幸子)、麻生久美子(吉井千鶴)、哀川翔(加崎)、大杉漣(室田)、洞口依子(ミキ)、鈴木ヒロミツ(久留米)、豊原功補(医師)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑