野村周平映画一覧

野村周平が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「愛を積むひと」のネタバレあらすじ結末

愛を積むひとの紹介:2015年日本映画。エドワード・ムーニー・Jr.の小説『石を積むひと』を映画化。石塀造りを通して繋がっていく人々の絆を描いたヒューマン・ドラマ。東京の町工場を畳んで北海道に引っ越した良子は、夫の篤史に家を囲む石塀を造ってくれるよう頼む。仕方なく取り掛かった篤史は次第にやり甲斐を見出し、交流の輪も広がっていった。その矢先、良子が長年患っていた心臓病のために他界してしまう。悲しみに打ちひしがれる篤史は、良子が遺した手紙に導かれ再び人生を見つめ直していくのだった。
監督:朝原雄三 出演者:佐藤浩市(小林篤史)、樋口可南子(小林良子)、北川景子(小林聡子)、野村周平(杉本徹)、杉咲花(上田紗英)、森崎博之(平間造園の親方)、佐戸井けん太(刑事)、岡田義徳(鈴原)、吉田羊(上田美智子)、柄本明(上田熊二)、ほか

「天国からのエール」のネタバレあらすじ結末

天国からのエールの紹介:2011年日本映画。沖縄を舞台に、ガンで余命宣告された中年男が、高校生たちの為に私財でスタジオを作り、高校生たちにバンド活動を通じて人としての教育をしていくという感動のドラマです。実際に沖縄県本部町にある無料の音楽スタジオ「あじさい音楽村」を作った仲宗根陽氏の実話をベースにした作品です。
監督:熊澤誓人 出演者:阿部寛(大城陽)、ミムラ(大城美智子)、桜庭ななみ(比嘉アヤ)、矢野聖人(真喜志ユウヤ)、森崎ウィン(伊野波カイ)、野村周平(仲村キヨシ)ほか

「ビブリア古書堂の事件手帖」のネタバレあらすじ結末

ビブリア古書堂の事件手帖の紹介:2018年日本映画。過去にテレビドラマ化されたこともある三上延の同名ライトノベルを映画化したミステリー作品です。鎌倉の片隅にある古書店「ビブリア古書堂」を舞台に、若き女性店主と本の読めないアルバイトの店員が協力しあい、書籍に関わる様々なミステリーに挑みます。主題歌はサザンオールスターズが担当しています。
監督:三島有紀子 出演者:黒木華(篠川栞子)、野村周平(五浦大輔)、成田凌(稲垣)、夏帆(五浦絹子(過去))、東出昌大(田中嘉雄)ほか

「純平、考え直せ」のネタバレあらすじ結末

純平、考え直せの紹介:2018年日本映画。「未来なんて、クソくらえ!」直木賞作家・奥田英朗の同名小説を、SNS全盛の流れも織り込んで映画化した異色の青春ドラマです。新宿・歌舞伎町を舞台に、ヤクザから鉄砲玉を命じられた若きチンピラと退屈を持て余すOLがひょんなことから出逢い、3日間の青春を過ごすことになります。
監督:森岡利行 出演者:野村周平(坂本純平)、柳ゆり菜(山本加奈)、毎熊克哉(北島)、岡山天音、佐野岳、戸塚純平、佐藤祐基、森田涼花、下條アトム、藤原季節、日向寺雅人、木下愛華、やしろ優、二階堂智、片岡礼子ほか

「ちはやふる 繋ぐ」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる 繋ぐの紹介:2018年日本映画。末次由紀の同名漫画を広瀬すず主演で映画化した『ちはやふる』シリーズのスピンオフとなるネット配信ドラマです。全5話で構成されており、映画第2作『下の句』と第3作『結び』の間に起こった知られざるエピソードを描いています。
監督:小泉徳宏 出演者:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、新田真剣佑(綿谷新)、上白石萌音(大江奏)、松岡茉優(若宮詩暢)、賀来賢人(周防久志)ほか

「ラブ×ドック」のネタバレあらすじ結末

ラブ×ドックの紹介:2017年日本映画。30過ぎてからは女として生きるにしてもかわいいだけじゃダメ。仕事や恋にと色々傷つくことも多くなり頭打ちに。それでも諦めずに頑張るパティシエの剛田飛鳥は、ある日ネットで不思議な恋愛クリニック「ラブドック」を見つける。そこには遺伝子レベルでその人の恋愛傾向や恋愛体質を調べて危険な恋愛を阻止できる注射があるという。若いときとは違う恋愛でちょっとカッコ悪かったり、あせったり、疑ったり、期待したりしながらそれでも全力で幸せになろうとするラブコメディ。
監督:鈴木おさむ 出演:吉田羊(剛田飛鳥)、野村周平(花田星矢)、大久保佳代子(細谷千種)、篠原篤(権田健一)、唐田えりか(上田美咲)、川畑要(卓球バーの店長)、山田純大(飛鳥の元カレ)、音尾琢真(飛鳥の元同僚)、大鶴義丹(熱帯魚屋の店長)、成田凌(桜木美木)、広末涼子(冬木玲子)、吉田鋼太郎(淡井淳治)、玉木宏(野村俊介)、ほか

「江ノ島プリズム」のネタバレあらすじ結末

江ノ島プリズムの紹介:2013年日本映画。江の島を舞台に、10代の男女の恋と友情を描いた青春映画。親友が亡くなったのは自分のせいだと責任を感じ、何度も過去に戻り未来を変えようと奔走する主人公の修太。タイムトラベラーとなった彼が変えた未来とは?キャッチフレーズは「過去なんて、変えてやる…」で、亡くした親友の命を救うために過去を変えようと奔走する姿をみずみずしく、ハートフルに描いています。青春時代の無邪気さ、戸惑い、友情、そして淡い恋心などを映し出したSF青春ドラマです。
監督:吉田康弘 出演:福士蒼汰(城ヶ崎修太)、野村周平(木島朔)、本田翼(安藤ミチル)、未来穂香(今日子)、 大津尋葵、長部努、吉田羊、赤間麻里子、西田尚美、ほか

「ちはやふる 結び」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる 結びの紹介:2017年日本映画。末次由紀の大ヒットコミックを実写化した青春映画の金字塔「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」の続編でシリーズ完結作。前作から2年後、瑞沢高校競技かるた部は全国大会優勝を目指すべく動き出す。そんな中、綾瀬千早は幼馴染の錦谷新に告白される。しかしもう1人の幼馴染、真島太一も千早に想いを寄せていた。恋もかるたま負けられない。最後の青春が幕を開ける。出演は前作に引き続き広瀬すず、野村周平、新田真剣佑。
監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、新田真剣佑(錦谷新)、上白石萌音(大江奏)、矢本悠馬(西田優征)、森永悠希(駒野勉)、優希美青(花野菫)、佐野勇斗(筑波秋博)、清原果耶(我妻伊織)、松岡茉優(若宮詩暢)、賀来賢人(周防久志)、國村隼(原田秀雄)、ほか

「サクラダリセット後篇」のネタバレあらすじ結末

サクラダリセット 後篇の紹介:2017年日本映画。河野裕原作の同名ライトノベルを二部作として実写映画化したSF青春ファンタジーの後編です。前作で死んだ同級生を復活させた能力者の主人公たちは、咲良田の街から能力を消し去ろうとする人物と対峙することになります。
監督:深川栄洋 出演者:野村周平(浅井ケイ)、黒島結菜(春埼美空)、平祐奈(相麻菫)、健太郎(中野智樹)、玉城ティナ(村瀬陽香)、恒松祐里(岡絵里)ほか

「サクラダリセット前篇」のネタバレあらすじ結末

サクラダリセット 前篇の紹介:2017年日本映画。河野裕原作の同名ライトノベルを二部作として実写映画化したSF青春ファンタジーの前編です。特殊な能力を持つ人間が多く住む街“咲良田”を舞台に、死んだ同級生を生き返えらせようとする能力者の高校生たちを描きます。
監督:深川栄洋 出演者:野村周平(浅井ケイ)、黒島結菜(春埼美空)、平祐奈(相麻菫)、健太郎(中野智樹)、玉城ティナ(村瀬陽香)、恒松祐里(岡絵里)ほか

「帝一の國」のネタバレあらすじ結末

帝一の國(ていいちのくに)の紹介:2017年日本映画。映画「帝一の國」は、古屋兎丸のマンガを原作とした実写映画化作品。国内屈指の名門校と言われる海帝高校で、将来の入閣が約束されるという生徒会長の座をめぐって勃発する激しいバトルをコメディ満載で描く。菅田将暉主演で、イケメン俳優6人を揃えた話題作。菅田将暉がネジの外れた情熱的な男子生徒・赤場帝一を演じます。「帝一の國」は映画公開に合わせてスピンオフドラマの『帝一の國~学生街の喫茶店~』が放送されました。
監督:永井聡 出演:菅田将暉(赤場帝一)、野村周平(東郷菊馬)、竹内涼真(大鷹弾)、間宮祥太朗(氷室ローランド)、志尊淳(榊原光明)、千葉雄大(森園億人)、永野芽郁(白鳥美美子)、ほか

「22年目の告白 私が殺人犯です」のネタバレあらすじ結末

22年目の告白-私が殺人犯です-の紹介:2017年日本映画。韓国で大ヒットを飛ばした映画「殺人の告白」を藤原竜也と伊藤英明のW主演で入江悠監督がリメイク。「22年目の告白」のキャッチコピーは「すべての国民が、この男に狂わされる。」。2017年のある日、日本全国民が震撼する。その日、会見に現れたのは一人の男(藤原竜也)。彼は一冊の本を手に衝撃的な言葉を口にした。「22年前に起きた5人の連続殺人、その犯人だ」と。男の名前は曾根崎雅人、いつまでたっても警察が捕まえず時効を迎えたため自ら公の場に姿を現し、22年目の告白を行った。そしてその日から全国民が彼に惑わされることになる。衝撃のラストまで目が離せない。
監督:入江悠 キャスト:藤原竜也(曾根崎雅人)、伊藤英明(牧村航)、夏帆(岸美晴)、野村周平(小野寺拓巳)、石橋杏奈(牧村里香)、竜星涼(春日部信司)、早乙女太一(戸田丈)、仲村トオル(仙堂俊雄)、岩松了(山縣明寛)、岩城滉一(橘大祐)ほか

「パズル」のネタバレあらすじ結末

パズルの紹介:2014年日本映画。とある郊外の高校の屋上から一人の少女が飛び降りた。その一ヶ月後、同じ高校で奇妙なマスクをつけた集団による事件が発生する。山田悠介原作小説を映画化。
監督:内藤瑛亮 出演:夏帆(中村梓)、野村周平(湯浅茂央)、高橋和也(三留刑事)、八木さおり(湯浅ママ)、佐々木心音(安田先生)、ほか

「ミュージアム」のネタバレあらすじ結末

ミュージアムの紹介:2016年日本映画。スリラー漫画「ミュージアム」の実写化映画。ある雨の日、犬に食い殺されるという猟奇的殺人事件が発生する。捜査を担当する刑事の沢村はその現場を見て驚愕する。しかし事件はそれだけでは終わらなかった。最初の事件から数日後別の場所で殺人事件が発生する。二つの事件の鍵となるのはそれぞれの現場で見つかった紙と被害者の接点。その後見つかった事実から沢村の妻遥の身に危険が迫っていることが分かった。
監督:大友啓史 出演:小栗旬(沢村久志)、尾野真千子(沢村遥)、野村周平(西野純一)、丸山智己(菅原剛)、田畑智子(秋山佳代)、松重豊(関端浩三)、妻夫木聡(カエル男)、ほか

「森山中教習所」のネタバレあらすじ結末

森山中教習所の紹介:2016年日本映画。夏休み。ノーテンキな大学生・清高と、ネクラなヤクザの組員・轟木は高校の同級生。ある日とんでもない再会をし、同じ教習所に通うこととなります。清高は教官・サキ(麻生久美子)に恋心を抱き始め、美しくて甘酸っぱい夏休みが平穏に過ぎていくと思っていましたが・・・!?少年のようにフリーダムな清高と、高校を中退しヤクザの道へ足を踏み入れた轟木。たった一度の短い夏休みがふたりの人生を変えるのか!?変えないのか!?ノーテンキな大学生とネクラなヤクザが起こすひと夏の化学反応!ちょっと“キケン”な青春映画。

1 2
TOP↑