ノルウェー映画一覧

ノルウェー映画のネタバレあらすじ一覧です。おすすめノルウェー映画から、最新映画まで様々なジャンルのノルウェー映画を紹介しています。

「スノー・ロワイヤル」のネタバレあらすじ結末

スノー・ロワイヤルの紹介:2019年アメリカ映画。壮絶な全くかみ合わない戦いが始まるーーー。2014年公開のノルウェー映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』を、同作のメガホンを執ったハンス・ペテル・モランド監督自らリメイクした作品で、息子を麻薬密売組織に殺された父親が始めた復讐劇はやがて二大犯罪組織の全面抗争へと発展していきます。
監督:ハンス・ペテル・モランド 出演:リーアム・ニーソン(ネルソン・“ネルズ”・コックスマン)、ローラ・ダーン(グレース・コックスマン)、エミー・ロッサム(キンバリー・ダッシュ刑事)、トム・ベイトマン(トレヴァー・“ヴァイキング”・カルコート)、ウィリアム・フォーサイス(ブロック・“ウィングマン”・コックスマン)、ジュリア・ジョーンズ(アヤ)、ドメニク・ランバルドッツィ(マスタング)、ラオール・トゥルヒージョ(ソープ)、ベンジャミン・ホリングスワース(デクスター)、ジョン・ドーマン(ギップ)、アレクス・ポーノヴィッチ(オスガルド刑事)、クリストファー・ローガン(シヴ)、ナサニエル・アルカン(スモーク)、ベン・コットン(ウィンデックス)、トム・ジャクソン(ホワイト・ブル)ほか

「トロール・ハンター」のネタバレあらすじ結末

トロール・ハンターの紹介:2010年ノルウェー映画。ノルウェーの山林でクマの密猟が横行している事について取材をしていた大学生3人が、トロールハンターと言われる男と遭遇し、実際に伝説の妖精トロールを見て撮影してしまいました。トロールの存在を認めない政府の役人に追われる中、新たなトロールを探して車を走らせますが…という内容のノルウェーの疑似ドキュメンタリー映画です。伝説の妖精トロールを怪獣に見立てた作品です。
監督:アンドレ・ウーヴレダル 出演者:オットー・イェスパーセン(ハンス/トロール・ハンター)、グレン・エルランド・トスタード(トマス)、ヨハンナ・モールク(ヨハンナ)、トマス・アルフ・ラーセン(カッレ)、ハンス・モーテン・ハンセン(フィン・ハウガン)、トルン・ルーデメル・ストッケラン(ヒルデ)、ウルミラ・ベルク=ドマース(マリカ) ほか

「ウトヤ島、7月22日」のネタバレあらすじ結末

ウトヤ島、7月22日の紹介:2018年ノルウェー映画。2011年7月22日に、ノルウェーのウトヤ島で実際に起きた銃乱射テロ事件を元に作られた実録ドラマ。たった一人の犯人が77人もの生命を奪ったノルウェーの大事件を72分間ワンカット映像で描く。監督は「ユナイテッド93」など、実録ドラマに定評のあるポール・グリーングラスです。
監督:ポール・グリーングラス 出演:ヨナス・ストラン・グラブリ(ビリヤル)、アンデルシュ・ダニエルセン・リー(ブレイビク)、オラ・G・フッルセット(首相)、マリア・ボック(クリスティン)、セダ・ウィット(ララ)ほか

「チャイルドコール 呼声」のネタバレあらすじ結末

チャイルドコール 呼声の紹介:2011年ノルウェー,ドイツ,スウェーデン映画。幼い息子を守るため奔走し、現実と妄想の区別がつかなくなっていく母親を描いたサスペンス・ホラー。元夫の暴力から逃げたアナは、息子アンデシュに対し病的なほど過保護になっていた。1人で寝起きさせることも不安なアナは、チャイルドコールを購入してアンデシュの部屋に置く。するとある夜、チャイルドコールから男の子の叫び声が聞こえた。慌ててアンデシュの部屋に走るが、声の主は息子ではない。アナは同じアパート内で行われている虐待が、混線によって聞こえたのではないかと考え調べ始めるのだが。
監督:ポール・シュレットアウネ 出演者:ノオミ・ラパス(アナ)、クリストッフェル・ヨーネル(ヘルゲ)、ベトレ・オーベンニル・バリング(アンデシュ)、スティーグ・R・アンダム(オーレ)、マリア・ボック(グレーテ)ほか

「卵の番人」のネタバレあらすじ結末

卵の番人の紹介:1995年ノルウェー映画。老いた兄弟の淡々とした日常と変化を描くドラマ作品。ファーとモーは昔から一緒に暮らしている兄弟。代わり映えの無い日々を長年送っていたが、ファーの息子コンラードがやって来たことで生活は一変する。
監督:ベント・ハーメル 出演者:スヴェレ・ハンセン(モー)、ヒエル・ストルモーン(ファー)、レーフ・アンドレ(コンラード)、ユーニ・ダール・ブロンダルほか

「ハロルドが笑うその日まで」のネタバレあらすじ結末

ハロルドが笑う その日までの紹介:2014年ノルウェー映画。大手家具チェーンIKEAの進出により人生を狂わされた小さな家具店の店主ハロルド。IKEAへの憎しみを募らせるハロルドは創業者カンプラードの誘拐を思いつくのですが…。孤独な老人が巻き起こす誘拐騒動がユーモラスに描かれたノルウェー発のヒューマンドラマです。
監督:グンナル・ヴィケネ 出演者:ビョルン・スンクェスト(ハロルド)、ビヨーン・グラナート(イングヴァル・カンプラード)、ファンニ・ケッテル(エバ)、ヴィダル・マグヌッセン(ヤン)、グレテ・セリウス(エバの母)、ほか

「テルマ」のネタバレあらすじ結末

テルマの紹介:2017年ノルウェー,フランス,デンマーク,スウェーデン映画。『母の残像』などを手掛けたヨアキム・トリアー監督が贈る、ノルウェー発のスリラー作品です。幼い頃の記憶を封印された少女が成長とともに同性と初めての恋に落ちたことをきっかけに、これまで彼女に秘められていた“恐ろしい力”が明らかになっていく様を描いています。
監督:ヨアキム・トリアー 出演者:エイリ・ハーボー(テルマ)、カヤ・ウィルキンス(アンニャ)、ヘンリク・ラファエルソン(トロン)、エレン・ドリト・ピーターセン(ウンニ)、グレター・エルターヴォーグ(少女時代のテルマ)ほか

「クラッシュ・ゾーン」のネタバレあらすじ結末

クラッシュ・ゾーンの紹介:2016年ノルウェー映画。世界各国の名車たちが2,000キロ以上にもわたる公道で違法レースを繰り広げる様を描き、本国ノルウェーで大ヒットした痛快カーアクション「キャノンレース」(2014年)の続編です。前作のスタッフとキャストが再結集、前作で違法レースから足を洗った主人公は娘が恋人と共にレースに参戦すると聞きつけ、再び無謀で過酷な公道レースに舞い戻る姿をド迫力のカーバトルと共に描きます。
監督:ハルヴァルド・ブレイン 出演者:アンドレス・バースモ・クリスティアンセン(ロイ・グンダーセン)、ジョナス・ホフ・オフテブロ(チャーリー)、オットー・イェスパーセン(ニーバッケン)、ヴェガール・ホール(カイザー)、イーダ・ヒューソイ(ニーナ)ほか

「歌え!フィッシャーマン」のネタバレあらすじ結末

歌え!フィッシャーマンの紹介:2001年ノルウェー映画。ノルウェー北限の町の男性合唱団の個性豊かな面々。メンバーたちのエピソードを織り交ぜながら、ロシアでのコンサートまでを追う。
監督:クヌート・エーリク・イェンセン 出演者:ベルレヴォーグ男声合唱団

「パイロマニアック 炎の中の獣」のネタバレあらすじ結末

パイロマニアック ~炎の中の獣~の紹介:2016年ノルウェー映画。ノルウェーで実際に起こった、衝撃の事件を映像化した作品。小さな村で発生した、恐ろしい連続放火事件。村人達の尊敬を集める消防隊長インゲマンの息子であるダグは、火災と闘う勇敢な父親を誇りに思い、自らも消火活動に携わっている。しかしその一方、ダグは誰にも言えない秘密を抱えていた。母親のアルマは、息子のある行動に不信感を抱く。ノルウェーの鬼才エーリク・ショルビャルグが、淡々と、そして衝撃的に描くサスペンス・ドラマ。
監督:エーリク・ショルビャルグ 出演者:トロン・ニルセン(ダグ)、リヴ・ベルンホフト・オーサ(アルマ)、オドゲール・トゥーン(アルフレッド)、ベール・フリッシュ(インゲマン)、アグネス・キッテルセン(エルサ)ほか

「処刑山 デッド・スノウ」のネタバレあらすじ結末

処刑山 デッド・スノウの紹介:2007年ノルウェー映画。雪山にバカンスを楽しみに来た医学生の男女7人が、かつてナチスの残党が隠していた財宝を見つけたため、ナチスの残党がゾンビとして蘇り若者たちを襲うと言うノルウェーのゾンビ映画です。血まみれの作品ですがコメディタッチで話は進みます。
監督:トミー・ウィルコラ 出演者:ヴェガール・ホール(マルティン)、ラッシー・ヴァルダル(ベガード)、ヤップ・ベック・ラウセン(アーランド)、スティッグ・フローデ・ヘンリクセン(ロイ)、ヤニ・スカヴラン(クリス)、シャーロット・フログナー(ハナ)、エヴィー・カセス・レステン(リブ)ほか

「バレエボーイズ」のネタバレあらすじ結末

バレエボーイズの紹介:2014年ノルウェー映画。ノルウェーでバレエダンサーを夢見る3人の少年の姿を追ったドキュメンタリー。12歳から16歳までの3人の成長と共に大きくなる夢や葛藤、そして厳しい現実。そんな成長記録と躍動感溢れるバレエの映像が織りなすストーリーは共感や刺激……色んなことを感じさせてくれます。
監督:ケネス・エルヴェバック 出演:ルーカス・ビヨンボー・ブレンツロド、シーヴェルト・ロレンツ・ガルシア、トルゲール・ルンド、ほか

「おやすみなさいを言いたくて」のネタバレあらすじ結末

おやすみなさいを言いたくての紹介:2013年ノルウェー,アイルランド,スウェーデン映画。危険な紛争地域で取材を続ける報道写真家の女性が、夫や娘たちとの愛を大切に思う気持ちと、抑えきれない強い正義感からくる使命との間で葛藤する姿を描く。
監督:エリック・ポッペ 出演:ジュリエット・ビノシュ(レベッカ)、ニコライ・コスター=ワルドー(マーカス)、ローリン・キャニー(ステフ)、アドリアンナ・クラマー・カーティス(リサ)、マリア・ドイル・ケネディ(テレサ)、ラリー・マレン・Jr(トム)、ほか

「誰でもない女」のネタバレあらすじ結末

誰でもない女の紹介:2012年ドイツ,ノルウェー映画。ナチスの生命の泉計画は秘密警察が隠そうと工作されていました。その隠ぺいに関わったせいで悲しい結末を迎えた二人の女性の物語です。
監督:ゲオルク・マース 出演:ユリアーネ・ケーラー(カトリーネ)、リヴ・ウルマン(オーヴ)、ケン・デュケン(スヴェン)、スヴェーン・ノルディン(ビャルテ)、ライナー・ボック(フーゴ)、ほか

「1001グラム ハカリしれない愛のこと」のネタバレあらすじ結末

1001グラム ハカリしれない愛のことの紹介:2014年ノルウェー,ドイツ,フランス映画。ノルウェー国立計量研究所に勤めるマリエはあらゆる計測に通じていますが、私生活では夫と離婚協議中です。測量研究の大先輩でもあるマリエの父が病で倒れたため、彼女が代理でキログラム原器(キログラムの質量をもつ標準分銅)を携えてパリでの国際セミナーに出席します。 あまり馴染みの薄い“キログラム原器”という重さの基準をテーマに、理系女子マリエが悩み葛藤しながらも、自由な心を取り戻す姿を繊細にかつ丁寧に描いています。
監督:ベント・ハーメル 出演者:アーネ・ダール・トルプ(マリエ)、ロラン・ストッケル(パイ)、スタイン・ヴィンゲ(アーンスト・アーンスト)、ヒルデグン・リーセ(ヴェンケ)、ピーター・ハドソン(ウィンクラー)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑