オダギリジョー映画一覧

オダギリジョーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ルームロンダリング」のネタバレあらすじ結末

ルームロンダリングの紹介:2017年日本映画。TSUTAYA CREATORʼS PROGRAM FILM2015で準グランプリFilmarks賞を受賞した企画の映画化作品。自殺や殺人のあった部屋、いわゆる“事故物件”に住み込んで、無かったことにする“ルームロンダリング”。それを仕事にしている人づきあいが苦手な女子、御子(みこ)が出会う幽霊たちとの面倒くさくも心暖まるストーリー。主演はモデルとしてデビューし近年は女優として活躍する池田エライザ。小さい頃に父を亡くした片桐監督の思いを反映させたこじらせキャラをキュートに演じています。
監督:片桐健滋 脚本:片桐健滋、梅本竜矢 キャスト: 池田エライザ(八雲御子)、渋川清彦(春日公比古)、健太郎(虹川亜樹人)、光宗薫(千夏本悠希)、木下隆行(警官・野口)、つみきみほ(御子の母)、渡辺えり(御子の祖母)、オダギリジョー(御子の叔父・雷士悟郎)ほか

「イン・ザ・プール」のネタバレあらすじ結末

イン・ザ・プールの紹介:2005年日本映画。奥田英朗による人気シリーズ、『精神科医伊良部』がとうとう映画化。一風変わった伊良部精神科には、毎日変わった病気に悩まされる患者が訪れる。可笑しくも他人事ではない、不思議な症状の数々をご覧あれ。
監督:三木聡 出演:松尾スズキ(伊良部一郎)、オダギリジョー(田口哲也)、市川実和子(岩村涼美)、田辺誠一(大森和雄)、MAIKO(マユミちゃん)、森本レオ(佐俣教授)、岩松了(前西室長)、ふせえり(編集長)、きたろう(吉沢部長)、三谷昇(姫乃木医師)、ほか

「アカルイミライ」のネタバレあらすじ結末

アカルイミライの紹介:2002年日本映画。漠然とした不安を抱える孤独な青年が、唯一の親友から譲り受けたアカクラゲと一緒に暮らすうちに、人を殺して自らも命を絶った親友の父親との奇妙な共同生活を送るという異色の青春ドラマです。
監督:黒沢清 出演者:オダギリジョー(仁村雄二)、浅野忠信(有田守)、藤竜也(有田真一郎)、笹野高史(藤原耕太)、白石マル美(藤原冴子)ほか

「南瓜とマヨネーズ」のネタバレあらすじ結末

南瓜とマヨネーズの紹介:2017年日本映画。魚喃キリコの同名コミックを実写映画化した青春恋愛ドラマです。ミュージシャンを夢見る今の恋人と、偶然再会した奔放で女たらしの元恋人との間で揺れるキャバクラ嬢の女心を描きます。
監督:冨永昌敬 出演者:臼田あさ美(ツチダ)、太賀(せいいち)、オダギリジョー(ハギオ)、光石研(安原)、浅香航大(田中)ほか

「転々」のネタバレあらすじ結末

転々の紹介:2007年日本映画。借金返済の当てがない竹下文哉は、借金取りに「自分の散歩に付き合ってくれたら、借金をチャラにしてもいい」と持ちかけられます。他に方法もない彼はそれを受け入れ、二人の東京散歩がはじまるのでした。
監督:三木聡 出演者:オダギリジョー(竹村文哉)、小泉今日子(麻紀子)、吉高由里子(ふふみ)、岩松了(国松)、ふせえり(仙台)、松重豊(友部)、広田レオナ(鏑木)、津村鷹志(時計屋の主人)、宮田早苗(福原の妻)、三浦友和(福原愛一郎)、ほか

「合葬」のネタバレあらすじ結末

合葬の紹介:2015年日本映画。江戸風俗研究家でもある杉浦日向子の同名漫画を映画化した時代劇ドラマです。幕末を舞台に、時代の波に翻弄される彰義隊の若き隊士たちの儚い青春の日々を描いています。
監督:小林達夫 出演者:柳楽優弥(秋津極)、瀬戸康史(吉森柾之助)、岡山天音(福原悌二郎)、門脇麦(福原砂世)、オダギリジョー(森篤之進)ほか

「人類資金」のネタバレあらすじ結末

人類資金の紹介:2013年日本映画。『亡国のイージス』(2005年)の映画化でもタッグを組んだ福井晴敏原作、阪本順治監督の映画です。「10兆円で世界のルールは変えられるか?」といくキャッチコピーで、戦後GHQに接収された旧日本軍の秘密資金で、数々の詐欺事件の話題となった「M資金」をめぐる人間模様を描いた社会派エコノミック・サスペンス映画です。
監督:阪本順治 原作:福井晴敏 出演:佐藤浩市(真舟雄一)、香取慎吾(“M”)、森山未來(石優樹)、観月ありさ(高遠美由紀)、石橋蓮司(北村刑事)、豊川悦司(ハリー遠藤)、寺島進(酒田忠)、三浦誠己(辻井)、
オダギリジョー(鵠沼英司)、ほか

「あずみ」のネタバレあらすじ結末

あずみの紹介:2003年日本映画。原作は、小山ゆうの同名漫画。2005年には、続編「あずみ2 Death or Love」が公開されました。時は戦国時代。秀吉亡き後、家康が勢力を拡大。天下取りの障害となっているのは、豊臣家の存続を図ろうとする、浅野長政や加藤清正らです。小幡月斎に育てられた孤児達の暗殺集団が、彼らの首を獲るべく密かに動き出します。
監督:北村龍平 出演者:上戸彩(あずみ)、小橋賢児(ひゅうが)、成宮寛貴(うきは)、金子貴俊(あまぎ)、石垣佑磨(ながら)、オダギリジョー(最上美女丸)、岡本綾(やえ)、北村一輝(井上勘兵衛)、竹中直人(加藤清正)、原田芳雄(小幡月斎)

「空気人形」のネタバレあらすじ結末

空気人形の紹介:2009年日本映画。空気人形の紹介:業田良家の心を持った人形を描く漫画「ゴーダ哲学堂 空気人形」を実写映画化。第62回カンヌ国際映画祭のある視点部門で上映されました。監督は「そして父になる」や「海街diary」の是枝裕和。
監督:是枝裕和 出演:ペ・ドゥナ(空気人形)、ARATA(レンタルビデオ屋の従業員・純一)、板尾創路(空気人形の持ち主、ファミレス従業員・秀雄)、高橋昌也(元高校国語教師・敬一)、余貴美子(受付嬢)、岩松了(レンタルビデオ屋の店長・鮫洲)、オダギリジョー(人形師)、富司純子(未亡人)、ほか

「オーバー・フェンス」のネタバレあらすじ結末

オーバー・フェンスの紹介:2016年日本映画。佐藤泰志の小説「黄金の服」に収録された短編の映画化。今作は、「海炭市叙景」(2010)、「そこのみにて光輝く」(2014)に続く「函館3部作」の最終章となる。函館の港町。人生につまずいた中年男と、愛を渇望する風変りな若い女が出会う。惹かれ合いながらも、互いの心を傷つけることでしか解り合えない。そんなやるせない関係を描いたラブストーリー。佐藤の実体験をもとに書かれたとも言われている。
監督:山下敦弘 出演者:オダギリジョー(白岩義男)、蒼井優(田村聡)、松田翔太(代島和久)、満島真之介(森由人)、北村有起哉(原浩一郎)、優香(尾形洋子)ほか

「湯を沸かすほどの熱い愛」のネタバレあらすじ結末

湯を沸かすほどの熱い愛の紹介:2016年日本映画。銭湯「幸の湯」を営む幸野双葉は夫が蒸発し、1人娘の安澄を育てながらパートで働く主婦です。しかしある日、体調不良で仕事中に倒れてしまい病院で診察を受けるとステージ4の末期がんであることがわかり、余命2ヶ月という宣告を受けてしまいます。治療の施しようもない中、双葉は残された時間でやっておくべきことをやると決めて動き出します。「湯を沸かすほどの熱い愛」は、日本アカデミー賞で、宮沢りえが最優秀主演女優賞、杉咲花が最優秀助演女優賞を受賞しています。
監督:中野量太 出演:宮沢りえ(幸野双葉)、杉咲花(幸野安澄)、篠原ゆき子(酒巻君江)、駿河太郎(滝本)、伊東蒼(片瀬鮎子)、松坂桃李(向井拓海)、オダギリジョー(幸野一浩)、ほか

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のネタバレあらすじ結末

東京タワー オカンとボクと、時々、オトンの紹介:2007年日本映画。母と子、母と父、父と子というどこにでもある関係を、作者のリリーフランキーの実体験に乗せて、お互いが持ち続けてた真っすぐな愛を描いた感動ドラマ。リリー・フランキーが亡き母への思いを綴り200万部以上の大ベストセラーとなった自伝小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の映画化作品。
監督:松岡錠司 出演:オダギリジョー(ボク)、樹木希林(オカン)、内田也哉子(若い頃のオカン)、松たか子(ミズエ)、小林薫(オトン)、冨浦智嗣(中学、高校時代のボク)、田中祥平(小学校時代のボク)、谷端奏人(幼少時代のボク)、ほか

「ゆれる」のネタバレあらすじ結末

ゆれるの紹介:2006年日本映画。この作品は、西川美監督・原案・脚本の映画で、キャチコピーは「あの橋を渡るまでは、兄弟でした」、キャッチフレーズは「兄と僕は、どこかでつながっている、思っていました、これまでは。」という旧知の女性の転落死から裁判になる兄弟の姿を描いたヒューマン・サスペンスドラマです。第28回ヨコハマ映画祭作品賞、第49回朝日ベストテン映画祭日本映画1位、第61回毎日映画コンクール日本映画大賞など、数多くの賞を受賞した作品です。この作品で主演のオダギリジョーは、第30回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を、香川照之は優秀助演男優賞を受賞しました。
監督:西川美和 出演:オダギリジョー(早川 猛)、香川照之(早川 稔)、伊武雅刀(早川 勇)、新井浩文(岡島洋平)、真木よう子(川端智恵子)、ほか

「続・深夜食堂」のネタバレあらすじ結末

続・深夜食堂の紹介:2016年日本映画。今回の映画は「続」ということで「深夜食堂」の映画として2作目。安倍夜郎のマンガを映画化。「深夜食堂」で、食はオマケ。むしろ、ゲストキャラクターにドラマがあり、マスターは、それを見守り、料理をふるまうだけ、そんな、どこにでもあるような日常を切り取った話です。焼き肉定食、焼うどん、豚汁定食といったありふれた食事が今回もテーマになっている。
監督:松岡錠司 出演:小林薫(マスター)、河井青葉(赤塚範子)、池松壮亮(高木清太)、キムラ緑子(高木聖子)、小島聖(木村さおり)、佐藤浩市(石田)、オダギリジョー(小暮)、松重豊(竜)ほか

「たみおのしあわせ」のネタバレあらすじ結末

たみおのしあわせの紹介:2007年日本映画。「時効警察」になどに出演している岩松了監督の作品。演技力のある俳優さんばかりが出ているので、見ている方は誰かの日常を覗き見ているような気恥かしさを感じます。内容は題名とは違って結構どろどろしています。また哲学的でもあります。女性の怖さ、その怖さに対してどうすることもできない男性の弱さを描き、男女が根本的に違うという部分を私たちに見せてくれます。いろいろとありますが、父親と息子の絆の深さを描いているとも言えます。話は地味にどろどろと進んでいきますが、ラストシーンはそれらをふっとばすような勢いがある展開です。ラストシーンを演じるオダギリジョーと原田芳雄の演技力には感服します。
監督:岩松了  出演者: オダギリジョー(神埼民男)、麻生久美子(三枝瞳)、原田芳雄(神埼伸男)、大竹しのぶ(宮地雪江)、小林薫(神埼透)、忌野清志郎(変な男)、石田えり(宗形)、ほか

1 2
TOP↑