小栗旬映画一覧

小栗旬が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「新解釈・三國志」のネタバレあらすじ結末

新解釈・三國志の紹介:2020年日本映画。『銀魂』『勇者ヨシヒコ』『今日から俺は!!』などの福田雄一が、幾度となく映像化されてきた歴史書『三國志』を自らの解釈を加え、自ら監督と脚本を務めて映画化した完全オリジナルの痛快エンタテインメント作品です。主演に今回が初タッグとなる大泉洋を迎え、脇を福田作品の常連で固めました。主題歌は福山雅治が手掛けています。
監督:福田雄一 出演者:大泉洋(劉備)、賀来賢人(周瑜)、橋本環奈(黄夫人)、山本美月(小喬)、岡田健史(孫権)、橋本さとし(関羽)、高橋努(張飛)、岩田剛典(趙雲)、渡辺直美(貂蝉)、磯村勇斗(荀彧)、矢本悠馬(黄蓋)、阿部進之介(夏侯惇)、半海一晃(魯粛)、ムロツヨシ(孔明)、山田孝之(黄巾)、城田優(呂布)、佐藤二朗(董卓)、小栗旬(曹操)、西田敏行(蘇我宗光/ナレーション)ほか

「シュアリー・サムデイ」のネタバレあらすじ結末

シュアリー・サムデイの紹介:2010年日本映画。人気実力派俳優小栗旬が初めてメガホンを取った作品。退屈な日々を過ごしていた高校生達がその退屈を解消すべく行った出来事がとんでもない事件を引き起こし泥沼に引き込まれてしまいます。ドン底から這い上がろうともがく少年達の青春ストーリー。
監督:小栗旬 出演:小出恵介(喜志巧)、勝地涼(真鍋京平)、綾野剛(岩崎秀人)、鈴木亮平(後藤和生)、ムロツヨシ(北村雄喜)、小西真奈美(葉月美沙)、モト冬樹(北村雄一郎)、原日出子(北村美和子)、遠藤憲一(飯島)、山口祥行(五味)、高橋光臣(須賀)、須賀貴匡(坂口)、高橋努(体育教師)、笹野高史(教頭)、井上真央(後藤翔子)、阿部力(若杉)、大竹しのぶ(弁当屋の店長)、妻夫木聡(警官A)、小栗旬(警官B)、上戸彩(上戸彩)、横田栄司(宮城祐)、竹中直人(喜志建夫)、岡村隆史(やっさん)、吉田鋼太郎(亀頭)、ほか

「罪の声」のネタバレあらすじ結末

罪の声の紹介:2020年日本映画。本作は実際にあった事件グリコ・森永事件を題材にしたフィクションで、塩田武士の同名小説を映画化。過去の事件の真相を追う主人公・阿久津が徐々に真相にたどり着いていく過程がリアルで、かつスリリングに描かれています。小栗旬と星野源の共演も話題を呼びました。
監督:土井裕泰 出演:小栗旬(阿久津英士)、星野源(曽根俊也)、松重豊(水島洋介)、古舘寛治(鳥居雅夫)、市川実日子(曽根亜美)、火野正平(河村和信)、宇崎竜童(曽根達雄)、梶芽衣子(曽根真由美)、宇野祥平(生島聡一郎)、篠原ゆき子(生島千代子)、原菜乃華(生島望)、阿部亮平(生島秀樹)、尾上寛之(曽根光雄)、川口覚(若き日の達雄)、阿部純子(若き日の真由美)、ほか

「ライフ・オン・ザ・ロングボード」のネタバレあらすじ結末

ライフ・オン・ザ・ロングボードの紹介:2005年日本映画。定年後、突然サーフィンを始めた50代の中年男性と、その家族を描いた作品。監督は、「シェアハウス」や「ヨコハマ物語」の喜多一郎。主人公の一雄を演じるのは、この作品でサーフィン初挑戦となった大杉漣。他には、小栗旬や勝野洋が出演している。
監督:喜多一郎 出演:大杉漣(米倉一雄)、大多月乃(米倉優)、小栗旬(丸山憲太)、麻宮美果(萬愛子)、小倉久寛(萬太郎)、西村知美(米倉恵)、勝野洋(飯田銀次)、ほか

「ドラえもん のび太と奇跡の島」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~の紹介:2012年日本映画。2020年に連載開始50周年・映画化40周年を迎える『ドラえもん』映画シリーズの第32作、第2期としては第7作です。本作は原作のエピソードのひとつ「モアよ、ドードーよ、永遠に」を基に書き下ろされました。ひょんなことから過去から現在は絶滅している動物を連れてきてしまったドラえもんと仲間たちが新たな冒険に巻き込まれていき、その過程でのび太は衝撃の事実を知ることとなります…。主題歌は福山雅治が提供しています。
監督:楠葉宏三 声優:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか/クラージョ)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、千秋(ドラミ)、萩野志保子(出木杉)、松本保典(のび太の父)、三石琴乃(のび太の母)、野沢雅子(ダッケ/のび太の父(少年時代))、伊藤美紀(のび太の祖母)、水樹奈々(コロン)、田中敦子(ケリー博士)、龍田直樹(ゴンスケ)、藤本譲(オーロ)、鈴木福(フーク)、島香裕(ロック)、二又一成(スネイク)、愛河里花子(スカイ)、小栗旬(甘栗旬)、山寺宏一(シャーマン)ほか

「人間失格 太宰治と3人の女たち」のネタバレあらすじ結末

人間失格 太宰治と3人の女たちの紹介:2019年日本映画。2019年7月に『Diner』が公開されたばかりの蜷川実花監督。その『Diner』にも出演していた小栗旬を主役に迎え、『斜陽』『人間失格』を執筆し入水心中に至るまでの太宰治と彼を取り巻く女たちの愛憎を描いた新作が『人間失格 太宰治と3人の女たち』だ。太宰の正妻美知子に宮沢りえ、『斜陽』のモデルで太宰の愛人静子に沢尻エリカ、太宰最後の愛人でともに心中した富栄に二階堂ふみ。三者三様の愛で太宰を癒やし、追い詰める様を、蜷川監督らしい花いっぱいの映像で艶やかに紡ぎ上げる。
監督:蜷川実花 出演:小栗旬(太宰治)、宮沢りえ(津島美知子)、沢尻エリカ(太田静子)、二階堂ふみ(山崎富栄)、成田凌(佐倉潤一)、千葉雄大(太田薫)、瀬戸康史(伊馬春部)、高良健吾(三島由紀夫)、藤原竜也(坂口安吾)、ほか

「天気の子」のネタバレあらすじ結末

天気の子の紹介:2019年日本映画。『君の名は。』の歴史的大ヒットから3年、新海誠監督が満を持して送り出した長編アニメーション作品。島を飛び出し、雨の降り続く東京へやって来た帆高。彼が知り合った陽菜は天気を操ることができる晴れ女だった? 本作も『君の名は。』から引き続きロックグループ「RADWIMPS」が音楽を手掛け、雨の止まない異常気象に見舞われた近未来の東京を舞台に、100%の晴れ女といわれる不思議な力を秘めた少女と、家出少年との交流を現代社会の闇も交えて新海作品ならではの映像美で描きあげていきます。なお、本作は『君の名は。』と世界観を共有しており、同作の登場人物もカメオ出演しています。
監督:新海誠 声の出演:醍醐虎汰朗(森嶋帆高)、森七菜(天野陽菜)、小栗旬(須賀圭介)、本田翼(夏美)、吉柳咲良(天野凪)、平泉成(安井刑事)、梶裕貴(高井刑事)、倍賞千恵子(立花冨美)、花澤香菜(カナ)、佐倉綾音(花澤綾音)、市ノ瀬加那(佐々木)、木村良平(キムラ)、野沢雅子(占い師)、上白石萌音(宮水三葉(特別出演))、神木隆之介(立花瀧(特別出演))ほか

「Diner ダイナー」のネタバレあらすじ結末

Diner ダイナーの紹介:2019年日本映画。大胆な色使いで知られる蜷川実花監督。三作めとなるこの『Diner』では、初の男性主人公、初のヴァイオレンスアクションに挑戦している。主役のボンベロを演じるのは、監督の父、演出家蜷川幸雄に見出された藤原竜也。亡きボスとして、肖像画で登場する恩師に見守られながら、藤原は超豪華でぶっ飛んだ共演者たちと死のバトルを繰り広げる。蜷川監督の次回作は、小栗旬主演の『人間失格 太宰治と3人の女たち』で、2019年9月に公開される。
監督:蜷川実花 キャスト:藤原竜也(ボンベロ)、玉城ティナ(オオバカナコ)、窪田正孝(スキン)、本郷奏多(キッド)、武田真治(ブロ)、斎藤工(カウボーイ)、佐藤江梨子(ディーディー)、金子ノブアキ(ブタ男)、小栗旬(マテバ)、土屋アンナ(マリア)、真矢ミキ(無礼図)、奥田瑛二(コフィ)、ほか

「妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」のネタバレあらすじ結末

妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDSの紹介:2018年日本映画。ゲームおよびテレビアニメシリーズ『妖怪ウォッチ』の映画版第5作です。本作は舞台を今から約60年前の1960年代とし、“妖怪ウォッチ”を手にした少年少女たちの友情と闘い、そして人気キャラクター“エンマ大王”の誕生に迫るストーリーとなっています。
監督:高橋滋春 声の出演:種﨑敦美(下町シン)、木村良平(高城イツキ/エンマ大王/夜叉エンマ)、東山奈央(有星タエ)、小桜エツコ(猫又)、関智一(執事・臼田さん)、子安武人(ぬらりひょん)、小栗旬(紫炎)、ブルゾンちえみ(玉藻前)ほか

「荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIEの紹介:2011年日本映画。『聖☆おにいさん』などのヒット作を生み出している大人気漫画家、中村光によるもう一つの代表作。実写化不可能だと思われていた今作が、超豪華キャスト陣によってスクリーンに!
監督:飯塚健 出演:林遣都(市ノ宮行 / リク)、桐谷美玲(ニノ)、小栗旬(村長)、山田孝之(星)、城田優(シスター)、片瀬那奈(マリア)、安倍なつみ(P子)、徳永えり(ステラ)、有坂来瞳(ジャクリーン)、駿河太郎(ラストサムライ)、平沼紀久(ビリー)、末岡拓人(鉄雄(兄))、益子雷翔(鉄郎(弟))、手塚とおる(シロ)、ほか

「響 HIBIKI」のネタバレあらすじ結末

響 HIBIKIの紹介:2018年日本映画。ビックコミックスペリオール連載中の「響〜小説家になる方法〜」。「マンガ大賞2017」を受賞した作品待望の映画化。原作者柳本光晴をして「実写化するなら響役は平手友梨奈しかいない」と言わしめたほど、欅坂46平手友梨奈が響役にハマっている。監督は「君の膵臓をたべたい」(2017)や「センセイ君主」(2018)などの月川翔。撮影中は平手と十分なディスカッションを重ね、響ならこうする、と平手のアドリブも取り入れていったという。また“キミスイ”の北川景子、小栗旬らも迫真の演技を見せている。
監督:月川翔 キャスト: 平手友梨奈(鮎喰響)、北川景子(花井ふみ)、アヤカ・ウィルソン(祖父江凜夏)、高嶋政伸(神田正則)、柳楽優弥(田中康平)、北村有起哉(鬼島仁)、野間口徹(矢野浩明)、小松和重(藤野弘)、黒田大輔(大坪正人)、板垣瑞生(椿涼太郎)、吉田栄作(祖父江秋人)、小栗旬(山本春平)ほか

「銀魂2 掟は破るためにこそある」のネタバレあらすじ結末

銀魂2 掟は破るためにこそある の紹介:2018年日本映画。空知英秋による人気コミック「銀魂」を福田雄一監督が映画化したヒット作の第2弾。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーが展開される。家賃も払えないほど追い詰められた万次屋の3人はアルバイトする事になるが、国をも揺るがすような大事態へと発展していく。主役の銀時を前作に引き続き小栗旬が演じる。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、三浦春馬(伊東鴨太郎)、窪田正孝(河上万斉)、吉沢亮(沖田総悟)、勝地涼(徳川茂茂)、夏菜(猿飛あやめ)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、ムロツヨシ(平賀源外)、キムラ緑子(お登勢)、佐藤二朗(キャバクラ店長)、堤真一(松平片栗虎)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

「キャプテンハーロック」のネタバレあらすじ結末

キャプテンハーロックの紹介:2013年日本映画。松本零士原作の『宇宙海賊キャプテンハーロック』を巨額の製作費と豪華出演者で3DCGアニメーションとしてリブートした作品です。人類が宇宙に進出し、地球は聖域とされ立入禁止になった時代を舞台に、不死身の体を持つ伝説の宇宙海賊キャプテンハーロックとその暗殺のため送り込まれた青年の戦いを描きます。
監督:荒牧伸志 声の出演者:小栗旬(キャプテンハーロック)、三浦春馬(ヤマ)、蒼井優(ミーメ)、古田新太(ヤッタラン)、沢城みゆき(ケイ)ほか

「オトシモノ」のネタバレあらすじ結末

オトシモノの紹介:2006年日本映画。駅で拾った落とし物から行方不明になったり、発狂して自殺したりする事件が起こっていました。定期を拾った妹が行方不明の奈々と、電車を運転中線路を這う女を見たと言う職員の久我が、この事件の真相を突き止めるというジャパニーズホラー映画です。現実と幻覚が交錯するストーリーで沢尻エリカと小栗旬のコンビの作品です。
監督:古澤健 出演者:沢尻エリカ(木村奈々)、若槻千夏(藤田香苗)、小栗旬(久我俊一)、杉本彩(黒服の女性)、板尾創路(川村)、浅田美代子(木村靖子)ほか

「クローズZERO II」のネタバレあらすじ結末

クローズZERO IIの紹介:2009年日本映画。高橋ヒロシ原作コミック「クローズ」を三池崇史監督が実写映画化、『クローズZERO』の続編。鈴蘭と打倒鈴蘭に燃える鳳仙の死闘を描いた映画。鈴蘭では滝谷源治が率いるGPSと芹沢軍団で対立しています。滝谷源治は芹沢軍団に勝ちましたが鈴蘭を一つにまとめて頂点に立つことができていません。ある日滝谷源治は鳳仙と喧嘩をしてしまいます。過去に鈴蘭と鳳仙は対立しています。争いが激しくなったことで鈴蘭と鳳仙は休戦協定を結んでいました。鈴蘭の頭、滝谷源治と鳳仙がもめたために協定が破られてしまいました。そして鈴蘭と鳳仙はまた争いをすることになります。
監督:三池崇史 出演:小栗旬(滝谷源治)、やべきょうすけ(片桐拳)、黒木メイサ(逢沢ルカ)、高岡蒼甫(伊崎瞬)、桐谷健太(辰川時生)、 綾野剛(漆原凌)、三浦春馬(美藤竜也)、山田孝之(芹沢多摩雄)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑