Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小栗旬映画一覧

小栗旬が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「天気の子」のネタバレあらすじ結末

天気の子の紹介:2019年日本映画。『君の名は。』の歴史的大ヒットから3年、新海誠監督が満を持して送り出した長編アニメーション作品です。本作も『君の名は。』から引き続きロックグループ「RADWIMPS」が音楽を手掛け、雨の止まない異常気象に見舞われた近未来の東京を舞台に“100%の晴れ女”といわれる不思議な力を秘めた少女と家出少年との合流を現代社会の“闇”も交えて新海作品ならではの映像美で描きあげていきます。なお、本作は『君の名は。』と世界観を共有しており、同作の登場人物もカメオ出演しています。
監督:新海誠 声の出演:醍醐虎汰朗(森嶋帆高)、森七菜(天野陽菜)、小栗旬(須賀圭介)、本田翼(夏美)、吉柳咲良(天野凪)、平泉成(安井刑事)、梶裕貴(高井刑事)、倍賞千恵子(立花冨美)、花澤香菜(カナ)、佐倉綾音(花澤綾音)、市ノ瀬加那(佐々木)、木村良平(キムラ)、野沢雅子(占い師)、上白石萌音(宮水三葉(特別出演))、神木隆之介(立花瀧(特別出演))ほか

「Diner ダイナー」のネタバレあらすじ結末

Diner ダイナーの紹介:2019年日本映画。大胆な色使いで知られる蜷川実花監督。三作めとなるこの『Diner』では、初の男性主人公、初のヴァイオレンスアクションに挑戦している。主役のボンベロを演じるのは、監督の父、演出家蜷川幸雄に見出された藤原竜也。亡きボスとして、肖像画で登場する恩師に見守られながら、藤原は超豪華でぶっ飛んだ共演者たちと死のバトルを繰り広げる。蜷川監督の次回作は、小栗旬主演の『人間失格 太宰治と3人の女たち』で、2019年9月に公開される。
監督:蜷川実花 キャスト:藤原竜也(ボンベロ)、玉城ティナ(オオバカナコ)、窪田正孝(スキン)、本郷奏多(キッド)、武田真治(ブロ)、斎藤工(カウボーイ)、佐藤江梨子(ディーディー)、金子ノブアキ(ブタ男)、小栗旬(マテバ)、土屋アンナ(マリア)、真矢ミキ(無礼図)、奥田瑛二(コフィ)、ほか

「妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」のネタバレあらすじ結末

妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDSの紹介:2018年日本映画。ゲームおよびテレビアニメシリーズ『妖怪ウォッチ』の映画版第5作です。本作は舞台を今から約60年前の1960年代とし、“妖怪ウォッチ”を手にした少年少女たちの友情と闘い、そして人気キャラクター“エンマ大王”の誕生に迫るストーリーとなっています。
監督:高橋滋春 声の出演:種﨑敦美(下町シン)、木村良平(高城イツキ/エンマ大王/夜叉エンマ)、東山奈央(有星タエ)、小桜エツコ(猫又)、関智一(執事・臼田さん)、子安武人(ぬらりひょん)、小栗旬(紫炎)、ブルゾンちえみ(玉藻前)ほか

「荒川アンダーザブリッジ THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIEの紹介:2011年日本映画。『聖☆おにいさん』などのヒット作を生み出している大人気漫画家、中村光によるもう一つの代表作。実写化不可能だと思われていた今作が、超豪華キャスト陣によってスクリーンに!
監督:飯塚健 出演:林遣都(市ノ宮行 / リク)、桐谷美玲(ニノ)、小栗旬(村長)、山田孝之(星)、城田優(シスター)、片瀬那奈(マリア)、安倍なつみ(P子)、徳永えり(ステラ)、有坂来瞳(ジャクリーン)、駿河太郎(ラストサムライ)、平沼紀久(ビリー)、末岡拓人(鉄雄(兄))、益子雷翔(鉄郎(弟))、手塚とおる(シロ)、ほか

「響 HIBIKI」のネタバレあらすじ結末

響 HIBIKIの紹介:2018年日本映画。ビックコミックスペリオール連載中の「響〜小説家になる方法〜」。「マンガ大賞2017」を受賞した作品待望の映画化。原作者柳本光晴をして「実写化するなら響役は平手友梨奈しかいない」と言わしめたほど、欅坂46平手友梨奈が響役にハマっている。監督は「君の膵臓をたべたい」(2017)や「センセイ君主」(2018)などの月川翔。撮影中は平手と十分なディスカッションを重ね、響ならこうする、と平手のアドリブも取り入れていったという。また“キミスイ”の北川景子、小栗旬らも迫真の演技を見せている。
監督:月川翔 キャスト: 平手友梨奈(鮎喰響)、北川景子(花井ふみ)、アヤカ・ウィルソン(祖父江凜夏)、高嶋政伸(神田正則)、柳楽優弥(田中康平)、北村有起哉(鬼島仁)、野間口徹(矢野浩明)、小松和重(藤野弘)、黒田大輔(大坪正人)、板垣瑞生(椿涼太郎)、吉田栄作(祖父江秋人)、小栗旬(山本春平)ほか

「銀魂2 掟は破るためにこそある」のネタバレあらすじ結末

銀魂2 掟は破るためにこそある の紹介:2018年日本映画。空知英秋による人気コミック「銀魂」を福田雄一監督が映画化したヒット作の第2弾。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーが展開される。家賃も払えないほど追い詰められた万次屋の3人はアルバイトする事になるが、国をも揺るがすような大事態へと発展していく。主役の銀時を前作に引き続き小栗旬が演じる。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、三浦春馬(伊東鴨太郎)、窪田正孝(河上万斉)、吉沢亮(沖田総悟)、勝地涼(徳川茂茂)、夏菜(猿飛あやめ)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、ムロツヨシ(平賀源外)、キムラ緑子(お登勢)、佐藤二朗(キャバクラ店長)、堤真一(松平片栗虎)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

「キャプテンハーロック」のネタバレあらすじ結末

キャプテンハーロックの紹介:2013年日本映画。松本零士原作の『宇宙海賊キャプテンハーロック』を巨額の製作費と豪華出演者で3DCGアニメーションとしてリブートした作品です。人類が宇宙に進出し、地球は聖域とされ立入禁止になった時代を舞台に、不死身の体を持つ伝説の宇宙海賊キャプテンハーロックとその暗殺のため送り込まれた青年の戦いを描きます。
監督:荒牧伸志 声の出演者:小栗旬(キャプテンハーロック)、三浦春馬(ヤマ)、蒼井優(ミーメ)、古田新太(ヤッタラン)、沢城みゆき(ケイ)ほか

「オトシモノ」のネタバレあらすじ結末

オトシモノの紹介:2006年日本映画。駅で拾った落とし物から行方不明になったり、発狂して自殺したりする事件が起こっていました。定期を拾った妹が行方不明の奈々と、電車を運転中線路を這う女を見たと言う職員の久我が、この事件の真相を突き止めるというジャパニーズホラー映画です。現実と幻覚が交錯するストーリーで沢尻エリカと小栗旬のコンビの作品です。
監督:古澤健 出演者:沢尻エリカ(木村奈々)、若槻千夏(藤田香苗)、小栗旬(久我俊一)、杉本彩(黒服の女性)、板尾創路(川村)、浅田美代子(木村靖子)ほか

「クローズZERO II」のネタバレあらすじ結末

クローズZERO IIの紹介:2009年日本映画。高橋ヒロシ原作コミック「クローズ」を三池崇史監督が実写映画化、『クローズZERO』の続編。鈴蘭と打倒鈴蘭に燃える鳳仙の死闘を描いた映画。鈴蘭では滝谷源治が率いるGPSと芹沢軍団で対立しています。滝谷源治は芹沢軍団に勝ちましたが鈴蘭を一つにまとめて頂点に立つことができていません。ある日滝谷源治は鳳仙と喧嘩をしてしまいます。過去に鈴蘭と鳳仙は対立しています。争いが激しくなったことで鈴蘭と鳳仙は休戦協定を結んでいました。鈴蘭の頭、滝谷源治と鳳仙がもめたために協定が破られてしまいました。そして鈴蘭と鳳仙はまた争いをすることになります。
監督:三池崇史 出演:小栗旬(滝谷源治)、やべきょうすけ(片桐拳)、黒木メイサ(逢沢ルカ)、高岡蒼甫(伊崎瞬)、桐谷健太(辰川時生)、 綾野剛(漆原凌)、三浦春馬(美藤竜也)、山田孝之(芹沢多摩雄)、ほか

「蛇にピアス」のネタバレあらすじ結末

蛇にピアスの紹介:2008年日本映画。金原ひとみの芥川賞受賞作を映画化した作品です。龍の入れ墨と蛇のようなスプリット・タンを持つ男と出会った少女が自らも入れ墨などの肉体改造にのめり込んでいく姿を描いています。主演・吉高由里子の大胆なヌードや過激な濡れ場が話題となりました。
監督:蜷川幸雄 出演者:吉高由里子(ルイ)、高良健吾(アマ)、ARATA(シバ)、あびる優(マキ)、ソニン(ユリ)ほか

「隣人13号」のネタバレあらすじ結末

隣人13号の紹介:2004年日本映画。小学生時代に赤井という同級生にいじめられた十三が大人になり、多重人格者となり別の人格が赤井に復讐するという内容です。ラストはタイムスリップのように小学生時代に戻り、夢落ちか妄想かとも取れる結末になっています。
監督:井上靖雄 出演者:中村獅童(13号)、小栗旬(村崎十三)、新井浩文(赤井トール)、吉村由美(赤井のぞみ)、石井智也(関肇)、松本実(死神)、三池崇史(金田)ほか

「君の膵臓をたべたい」のネタバレあらすじ結末

君の膵臓をたべたい(キミスイ)の紹介:2017年日本映画。住野よる原作のベストセラー「君の膵臓をたべたい」を実写映画化した切ない青春ドラマ映画。高校教師生活6年目を迎えた志賀春樹こと【僕】は教師を辞めることを考えながらぼんやりとした日々を過ごす。ふと【僕】はかつて唯一の「友達」だった山内桜良の事を思い出す。クラスの人気者だった桜良は誰にも言えない「秘密」を抱えていて、【僕】がその秘密を知ったことで桜良との関係を築いていく。あまりにも儚い2人の過去と現在。そして、誰にでも起こりうる日常の生と死を描く。「君の膵臓をたべたい」この意味を知った時、あなたはきっと涙するだろう。若手人気俳優の北村匠海と浜辺美波が主演を務めた話題作。
監督:月川翔 出演:浜辺美波(山内桜良)、北村匠海(僕 / 志賀春樹)、大友花恋(恭子)、矢本悠馬(ガム君 / 宮田一晴)、桜田通(委員長)、森下大地(栗山)、上地雄輔(宮田一晴)、北川景子(12年後の恭子)、小栗旬(12年後の僕)、ほか

「輪廻」のネタバレあらすじ結末

輪廻の紹介:2005年日本映画。転生をテーマにした泣けるホラー映画だ。あまりに壮絶で生々しく、心が締め付けられる。優香が期待の新人女優を演じるが、悍ましい事件と被害者の霊魂の無念の舞台が幕を開けた。
監督:清水崇 出演者:優香(杉浦渚)、椎名桔平(映画監督、松村郁夫)、杉本哲太(渚のマネージャー、村田忠司)、香里奈(木下弥生)、小栗旬(尾西和也)、松本まりか(女優の卵、森田由香)、佐々木麻緒(子役)(大森千里)、ほか

「少年H」のネタバレあらすじ結末

少年Hの紹介:2012年日本映画。グラフィックデザイナーで舞台美術家、エッセイストでもある妹尾河童の自伝的小説が原作。洋服の仕立て屋の父を中心に、家族4人が戦争を生き抜く姿が描かれます。
監督:降旗康男 出演:水谷豊(妹尾盛夫)、伊藤蘭(妹尾敏子)、吉岡竜輝(妹尾肇(H))、花田優里音(妹尾好子)、小栗旬(うどん屋の兄ちゃん)、早乙女太一(オトコ姉ちゃん)、ほか

「銀魂」のネタバレあらすじ結末

銀魂(ぎんたま)の紹介:2017年日本映画。週刊少年ジャンプの大人気漫画「銀魂」初の実写映画化。カブト狩りから戻った銀時達を待っていたのは桂の連れであるエリザベス。彼(?)が言うには桂が突如姿を消してしまったということだった。その時同時に銀時宛てにある依頼が入る。刀鍛冶の村田からの依頼であり盗まれた妖刀「紅桜」を取り戻してほしいとのこと。その頃街には辻斬りが横行しておりかぶき町によからぬ風が吹き荒れていた。監督は「勇者ヨシヒコ」でお馴染みの福田雄一が務め、笑って泣ける最高のエンターテインメントが誕生する。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、新井浩文(岡田似蔵)、吉沢亮(沖田総悟)、早見あかり(村田鉄子)、ムロツヨシ(平賀源外)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、山田孝之(エリザベス)、山寺宏一(吉田松陽)、佐藤二朗(武市変平太)、菜々緒(来島また子)、安田顕(村田鉄矢)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

1 2 3
TOP↑