大倉忠義映画一覧

大倉忠義が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「窮鼠はチーズの夢を見る」のネタバレあらすじ結末

窮鼠はチーズの夢を見る(きゅうそはチーズのゆめをみる)の紹介:2019年日本映画。「失恋ショコラティエ」などで知られる水城せとな原作のBLマンガ<窮鼠>シリーズの2作(「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」)を映画化。監督は「リバーズ・エッジ」や「ナラタージュ」などで知られる行定勲で、2020年は「劇場」に続き2本めの公開作となる。まわりに流されやすい広告代理店のサラリーマン大伴を演じるのは、関ジャニ∞の大倉忠義。その大伴をずっと想い続けてきた後輩の今ヶ瀬を成田凌が繊細に演じ、その視線や佇まいで人を愛することの苦しさを見事に表現している。
監督:行定勲 出演:大倉忠義(大伴恭一)、成田凌(今ヶ瀬渉)、吉田志織(岡村たまき)、さとうほなみ(夏生)、咲妃みゆ(大伴知佳子)、小原徳子(井出瑠璃子)、ほか

「エイトレンジャー2」のネタバレあらすじ結末

エイトレンジャー2の紹介:2014年日本映画。エイトレンジャーとダーククルセイドとの闘いから5年が経った2040年、大鶴市長が進める「ゼロ・プロジェクト」によって犯罪発生率は0%という記録を達成し、エイトレンジャー達は街の救世主として祭り上げられ、裕福な生活をするようになっていました。しかしその中には渋沢(レッド)の姿はなく、犯罪発生率0%の陰で行方不明事件が多発していました。前作「エイトレンジャー」の続編でヒロインは前田敦子さんが担当しています。
監督:堤幸彦 出演:渋谷すばる(渋沢薫・レッド)、横山裕(横峯誠・ブラック)、村上信五(村岡雄貴・ナス)、丸山隆平(丸之内正悟・オレンジ)、安田章大(安原俊・ブルー)、錦戸亮(錦野徹朗(イエロー)、大倉忠義(大川良介・グリーン)、前田敦子(西郷純)、ベッキー(鬼頭桃子)、ほか

「エイトレンジャー」のネタバレあらすじ結末

エイトレンジャーの紹介:2012年日本映画。2035年、近未来の日本では経済が衰退し、治安は悪化、超少子高齢化社会となっていました。そんな中、ヒーロー協会にスカウトされた横峯は頼りない他のメンバーと一緒に正義の味方として悪に立ち向かうことになります。関ジャニ∞総出演で、悪役にベッキーさん、東山紀之さんが演じています。
監督:堤幸彦 出演:横山裕(横山誠/ブラック)、渋谷すばる(渋沢薫/レッド)、村上信五(村岡雄貴/ナス)、丸山隆平(丸之内正悟/オレンジ)、安田章大(安原俊/ブルー)、錦戸亮(錦野徹朗/イエロー)、大倉忠義(大川良介/グリーン)、ベッキー(鬼頭桃子)、ほか

「クローバー」のネタバレあらすじ結末

クローバーの紹介:2014年日本映画。ホテル勤務の沙耶は、中学生の時に初恋の相手ハルキと駆け落ちしたことがあり、今もそれを引きずっていましたが、ある日、上司の柘植に交際を申し込まれます。2人は惹かれ合っていきますが、ハルキや社長の妹、栞の存在など、様々な障害が2人の間に立ちふさがります。
監督:古澤健 出演:武井咲(鈴木沙耶)、大倉忠義(柘植暁)、永山絢斗(樋野ハルキ)、夏菜(筒井栞)、上地雄輔(筒井義道)、ほか

「100回泣くこと」のネタバレあらすじ結末

100回泣くことの紹介:2013年日本映画。この作品は、中村航の恋愛小説を原作に、恋愛映画の名手とも呼ばれ、『余命1ヶ月の花嫁』などの廣木隆一の監督映画。キャッチコピーは「ずっと、ずっと、好きと誓った…」で、主人公がバイク事故に遭い、その事故以前の1年間の記憶を失ってしまい、自分の恋人だった佳美のことも忘れてしまうというオリジナル設定となり、涙を誘う純愛ストーリー映画となっています。
監督:廣木隆一 出演:大倉忠義(藤井秀一)、桐谷美玲(沢村佳美)、ともさかりえ(中村夏子)、忍成修吾(ムース/武藤圭介)、波瑠(バッハ/小川恵子)、ほか

「疾風ロンド」のネタバレあらすじ結末

疾風ロンドの紹介:2016年日本映画。2013年に発表され、あっという間に100万部を超える大ヒットとなった作品。主人公の主任研究員が働く医科学研究所で開発されてしまった、危険な違法生物兵器「K-55」が同研究所から盗みだされてしまう。それを4日間で探し出すことができるだろうか。ドキドキがとまらないスリル満点?!とコメディが交じり合う「笑撃?!サスベンス」 原作は、数多くのミステリー作品を書かれている作家・東野圭吾の長編小説「疾風ロンド」。主人公の泰鵬医科学研究所主任「栗林和幸」を演じるのは「テルマエ・ロマエ」など数々の作品に出演し個性的で存在感大な俳優、阿部寛、舞台となるスキー場でパトロール隊員・根津昇平には、関ジャニ∞の大倉忠義。その根津と共に栗林をサポートするのがスノーボード選手、瀬利千晶を元AKB48の大島優子が演じる。
監督:吉田照幸 原作:東野圭吾 出演:阿部寛(栗林和幸)、大倉忠義(根津昇平)、大島優子(瀬利千晶)、ムロツヨシ(ワダハルオ)、堀内敬子(折口真奈美)、戸次重幸(葛原克也)、濱田龍臣(栗林秀人)、志尊淳(高野誠也)ほか

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦の紹介:2011年日本映画。クレヨンしんちゃん劇場版の第19作目の作品です。いつも通りクレヨンしんちゃんの特徴でもあるちょっとお下劣なコメディーを織り交ぜて、大切なテーマを伝えています。「親はいつも正しいことを言っているとは限らない。時には自分で判断するときも子供にはある。」という深いテーマが隠されています。そんなとき親はどうやって子供の意見に耳を傾けて見守っていくかが大事であることに気づかされます。アイドルの関ジャニ∞が主題歌を担当し、声優にも参加しています。
監督:増井壮一 出演:矢野晶子(野原しんのすけ)、ならはしみき(野原みさえ)、藤原啓治(野原ひろし)、こおろぎさとみ(野原ひまわり)、シロ(風間トオル、真柴摩利)、愛河里花子(レモン)、村上信五(ジャガー)、大倉忠義(マッシュ)、ほか

「大奥<男女逆転>」のネタバレあらすじ結末

大奥の紹介:2010年日本映画。男女逆転の大奥という設定で大ヒットしたよしながふみの漫画を映画化したものです。今回は徳川吉宗の時代をピックアップして、嵐の二宮和成を主演に迎え、徳川吉宗を柴崎コウが演じています。質素倹約を信条に賢く政治を進めた吉宗の大奥での采配を描いています。
監督:英勉 出演:二宮和成(水野祐之進)、柴崎コウ(徳川吉宗)、堀北真希(お信)、大倉忠義(鶴岡)、玉木宏(松嶋)、佐々木蔵之助(藤波)、中村蒼(垣添)ほか

キーワードから探す

TOP↑