Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

岡田准一映画一覧

岡田准一が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ザ・ファブル」のネタバレあらすじ結末

ザ・ファブルの紹介:2019年日本映画。都市伝説にもなっているファブル。六秒で人を殺すことができるという殺人のプロ。彼はある日、ボスから1年間、一般社会に埋没して普通に生活するように言われる。妹のヨウコと大阪で普通の暮らしをするはずだったが…。普通の暮らしがよくわからず、戸惑うことばかり。そんななか、一人の男が出所してやっかいなことを始め、巻き込まれそうになる。ボスとの「人を殺してはいけない。もし殺したら、お前を殺す。」というミッションを守ることができるだろうか、ハラハラドキドキしながらのアクロバットや拳銃を交えてのハードな闘いが行われるのである。
監督:江口カン 原作:南勝久 出演:岡田准一(ファブル/佐藤明 アキラ)、木村文乃(佐藤ヨウコ)、山本美月(清水ミサキ)、福士蒼汰(フード)、柳楽優弥(小島)、向井理(砂川)、南出凌嘉(幼少期のファブル)、加藤虎ノ介(風間)、好井まさお(貝沼)、木村了(コード)、井之脇海(黒塩 / クロ)、藤森慎吾(河合ユウキ)、宮川大輔(ジャッカル富岡)、佐藤二朗(田高田)、光石研(浜田)、安田顕(海老原)、佐藤浩市(ボス)、ほか

「おと・な・り」のネタバレあらすじ結末

おと・な・りの紹介:2009年日本映画。壁の薄いアパートの隣同士に住む男女のラブロマンス。人生の岐路に立った30代の顔も知らない隣同士の二人が、壁越しの音を通して惹かれあい、周りに振り回されながらも自らの道を進んでいく。
監督:熊澤尚人 出演:岡田准一(聡)、麻生久美子(七緒)、谷村美月(茜)、岡田義徳(氷室)、池内博之(シンゴ)、ほか

「来る」のネタバレあらすじ結末

来る の紹介:2018年日本映画。人間の嫌な部分をこれでもかと見せつける鬼才が岡田准一と妻夫木聡をW主演に迎え、得体の知れないものに迫られる恐さと日常の身近な人間に潜む怖さ、二重の恐怖を突きつける。ただのホラー映画にとどまらない良質な作品を彩るのは黒木華、小松菜奈、松たか子ら女優陣の怪演。彼女たちの演技を観るだけでも一見の価値ありの作品になっている。第22回日本ホラー小説大賞に選ばれた澤村伊智原作「ぼぎわんが、来る」の映画化。選考委員絶賛のこの作品を映画化したのはあの「告白」「渇き。」の監督を務めた中島哲也。
監督:中島哲也 キャスト:岡田准一(野崎和浩)、小松菜奈(比嘉真琴)、妻夫木聡(田原秀樹)、黒木華(田原香奈)、松たか子(比嘉琴子)、青木崇高(津田大吾)、柴田理恵(逢坂セツ子)、太賀(高梨重明)ほか

「散り椿」のネタバレあらすじ結末

散り椿の紹介:2018年日本映画。葉室麟の同名時代小説を、日本を代表するキャメラマン・木村大作が自身3作目となるメガホンを執り、『雨あがる』『蜩ノ記』を監督した小泉堯史が脚本を手掛けて映画化した時代劇です。架空の藩・扇野藩を追われた剣の達人が妻の死を機に故郷に舞い戻り、自分が追われるきっかけとなった藩の不正の真実に迫っていきます。モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞しています。
監督:木村大作 出演者:岡田准一(瓜生新兵衛)、西島秀俊(榊原采女)、黒木華(坂下里美)、池松壮亮(坂下藤吾)、麻生久美子(瓜生篠)、緒形直人(篠原三右衛門)、新井浩文(宇野十蔵)、柳楽優弥(平山十五郎)、芳根京子(篠原美鈴)、駿河太郎(坂下源之進)、渡辺大(千賀谷政家)、石橋蓮司(田中屋惣兵衛)、富司純子(榊原滋野)、奥田瑛二(石田玄蕃)、豊川悦司(ナレーション)ほか

「フライ,ダディ,フライ」のネタバレあらすじ結末

フライ,ダディ,フライの紹介:2005年日本映画。金城一紀の小説「フライ、ダディ、フライ」を映画化。後にSPシリーズでタッグを組むことになる、岡田准一と堤真一が初めて本格的に共演した作品。冴えないサラリーマンが娘の為に立ち上がる。
監督:成島出 出演:岡田准一(パク・スンシン/朴舜臣)、堤真一(鈴木一)、須藤元気(石原勇輔)、星井七瀬(鈴木遥)、松尾敏伸(南方)、愛華みれ(鈴木夕子)、ほか

「関ヶ原」のネタバレあらすじ結末

関ケ原の紹介:2017年日本映画。豊臣秀吉の元へと引き取られた石田三成。誰よりも秀吉を想い、誰よりも国のことを想うあまり天下を狙う家康を酷く敵視していた。2人の因縁は次第に大きくなり、とうとう西軍、東軍に分かれての合戦が目の前へと迫ることになる。作家司馬遼太郎原作の「関ヶ原」を映画化、日本最大の歴史的合戦が豪華キャストにより現代に蘇る。
監督:原田眞人 出演:岡田准一(石田三成)、有村架純(初芽)、平岳大(島左近)、東出昌大(小早川秀秋)、北村有起哉(井伊直政)、滝藤賢一(豊臣秀吉)、松山ケンイチ(直江兼続)、役所広司(徳川家康)、ほか

「蜩ノ記(ひぐらしのき)」のネタバレあらすじ結末

蜩ノ記(ひぐらしのき)の紹介:2013年日本映画。葉室麟の同名小説の映画化作品です。江戸時代、ある事件で10年後の切腹と家譜の編纂を命じられた男が、若い侍との出会いを機に事件の真相に迫る時代劇です。
監督:小泉堯史 出演者:役所広司(戸田秋谷)、岡田准一(壇野庄三郎)、堀北真希(戸田薫)、原田美枝子(戸田織江)、寺島しのぶ(松吟院)ほか

「陰日向に咲く」のネタバレあらすじ結末

陰日向に咲く(かげひなたにさく)の紹介:2008年日本映画。パチンコ依存症で借金取りに追われるシンヤはストリップ劇場に入れられそうになっている寿子という女性を助けます。彼女は母の足跡を追っていました。一方アイドルオタクのゆうすけはみゃーこというアイドルを追いかけていますが、彼女のテレビでの扱いは良いものではありませんでした。また社会に疲れたサラリーマン・リュウタロウは自由なホームレス・モーゼに憧れます。この6人のそれぞれの話が交錯するオムニバス形式の映画で、原作は劇団ひとり。
監督:平川雄一朗 出演:岡田准一(シンヤ)、宮崎あおい(鳴子・寿子)、伊藤淳史(雷太)、平山あや(みゃーこ)、緒川たまき(ジュピター)、西田敏行(モーゼ)、塚本高史(ゆうすけ)、三浦友和(リュウタロウ)、ほか

「追憶」のネタバレあらすじ結末

追憶の紹介:2017年日本映画。監督・降旗康男、撮影・木村大作という日本映画界の巨匠が9年ぶりにタッグを組んで製作したヒューマン・サスペンス映画です。北陸を舞台に、過去に傷を持つ三人の男が、ある殺人事件に刑事・容疑者・被害者として相まみえる姿を、周囲の人間模様も絡めて描き上げています。
監督:降旗康男 出演者:岡田准一(四方篤)、小栗旬(田所啓太)、柄本佑(川端悟)、長澤まさみ(四方美那子)、木村文乃(田所真理)、安藤サクラ(仁科涼子)、吉岡秀隆(山形光男)ほか

「天地明察」のネタバレあらすじ結末

天地明察(てんちめいさつ)の紹介:2012年日本映画。碁打ちの安井算哲は独自の算術や天文学に興味を持つことから全国の北極出地を命じられます。北極星の位置を確認し、緯度を正確に測ることが難しい中、明察していき天職といわれるようになります。しかしその中で現在の暦がずれていることを聞かされ、このままでは日食月食の予測すら難しいといわれ、改暦を考えるようになります。実在した人物、初代天文方・渋川春海の生涯のお話です。
監督:滝田洋二郎 出演:岡田准一(安井算哲/渋川春海)、宮崎あおい(村瀬えん)、佐藤隆太(村瀬義益)、市川猿之助(関孝和)、横山裕(本因坊道策)、中井貴一(水戸光圀)、松本幸四郎(保科正之)、ほか

「エヴェレスト 神々の山嶺」のネタバレあらすじ結末

エヴェレスト 神々の山嶺の紹介:2016年日本映画。世界最高峰の山・エヴェレストに魅了された2人の男性と、それを待つ女性の物語を綴った夢枕獏の小説『神々の山嶺』の映画化。迫力ある映像が展開される。
監督:平山秀幸 出演者:岡田准一(深町誠)、阿部寛(羽生丈二)、尾野真千子(岸涼子)、ピエール瀧(宮川)、甲本雅裕(井上)、佐々木蔵之介(長谷渉)ほか

「SP 革命篇」のネタバレあらすじ結末

SP 革命篇の紹介:2011年日本映画。「SP 革命篇」はフジテレビ人気ドラマシリーズSPの映画完結篇です。「SP 野望篇」の続編となります。前回上司である尾形の野望を知ってしまった主人公井上が、その野望を阻止すべく戦います。国会が行われている国会議事堂が舞台となり、大掛かりなアクションが繰り広げられます。また心理戦も複雑でよく見ていないとそれぞれが思っている事、考えていることが分かりづらいです。それぞれの考え方は違っていても、尾形と井上は互いを認め合っている所があり、その辺りが見どころでもあります。
監督: 柴山努 出演者: 岡田准一(井上薫)、堤真一(尾形総一郎)、香川照之(伊達國雄)、真木よう子(笹本絵里)、松尾論(山本隆文)、神尾佑(石田光男)ほか

「海賊とよばれた男」のネタバレあらすじ結末

海賊とよばれた男の紹介:2016年日本映画。百田尚樹のベストセラー小説「海賊とよばれた男」を岡田准一主演で実写映画化。明治~昭和にかけて幾多もの困難を乗り越え、石油事業に尽力した国岡鐡造(モデルは出光興産の創業者である出光佐三)の生き様を、実話をもとに戦後復興や世界市場を牛耳る石油会社との闘いを軸にストーリーが展開する。
監督:山崎貴 原作:百田尚樹 キャスト:岡田准一(国岡鐡造)、吉岡秀隆(東雲忠司)、染谷将太(長谷部喜雄)、鈴木亮平(武知甲太郎)、ピエール瀧(藤本壮平)、綾瀬はるか(ユキ)、堤真一(盛田辰郎)、近藤正臣(木田章太郎)、國村隼(鳥川卓巳)ほか

「ゲド戦記」のネタバレあらすじ結末

ゲド戦記の紹介:2006年日本映画。スタジオジブリ作品。一国の王子であるアレンが、魔法使いのハイタカ(ゲド)と出会い旅をする。その道中、ある少女と出会うことで、闇に覆われていたアレンの心が救われていく物語。V6の岡田准一や、新人の手嶌葵らをキャストに迎え、アニメーション作家の宮崎駿を父に持つ宮崎吾郎監督の記念すべき処女作である。ゲド戦記の原作はアーシュラ・K・ル=グウィンの同名小説『ゲド戦記』。
監督・脚本:宮崎吾郎 声の出演:岡田准一(アレン)、手嶌葵(テルー)、菅原文太(ハイタカ)、香川照之(ウサギ)、風吹ジュン(テナー)、田中裕子(クモ) ほか

「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」のネタバレあらすじ結末

木更津キャッツアイ ワールドシリーズの紹介:2006年日本映画。人気テレビドラマ「木更津キャッツアイ」映画版の第2段です。余命宣告をされながらも前回まで元気に生きていた主人公ぶっさんですが、本作では亡くなっています。仲間たちはぶっさんとちゃんとお別れをしなかったため、「仲間とちゃんとお別れをしよう。」ということがテーマとされて、物語が進んでいきます。あいかわらず、はちゃめちゃでとんでもないストーリーですが、今回は仲間との別れが中心に描かれており、しんみりとした内容となっています。残されたものはちゃんと前を見て進んでいこうという意図がこの作品からは感じられます。
監督:金子文紀 出演:岡田准一(ぶっさん)、櫻井翔(バンビ)、岡田義徳(うっちー)、佐藤隆太(マスター)、塚本高史(アニ)、酒井若菜(モー子)ほか

1 2
TOP↑