岡田将生映画一覧

岡田将生が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「聖地X」のネタバレあらすじ結末

聖地Xの紹介:2021年日本映画。『太陽』『散歩する侵略者』を手がけた前川知大が主宰する劇団「イキウメ」の同名ホラー舞台を『SR サイタマノラッパー』の入江悠がメガホンを執り映画化した作品です。韓国を舞台に、入った者は謎の怪奇現象に見舞われるという謎の物件での恐怖を描いていきます。
監督:入江悠 出演者:岡田将生(山田輝夫)、川口春奈(東要)、渋川清彦(島忠)、山田真歩(島京子)、薬丸翔(東滋)、パク・イヒョン(イン・スヨン)、パク・ソユン(キム)、キム・テヒョン(ムーダン)、真木よう子(星野)、緒形直人(江口)ほか

「CUBE 一度入ったら、最後」のネタバレあらすじ結末

CUBE 一度入ったら、最後の紹介:2021年日本映画。密室サスペンスの先駆けとなったカナダ映画の「CUBE」を日本版のキャストでリメイクした作品。CUBEの監督のヴィンチェンゾ・ナタリが監修したことも話題になりました。菅田将暉や斎藤工、杏等の豪華キャストが演じています。
監督:清水康彦 出演:菅田将暉(後藤裕一)、杏(甲斐麻子)、岡田将生(越智真司)、田代輝(宇野千陽)、斎藤工(井手寛)、吉田鋼太郎(安東和正)、山時聡真、ほか

「ドライブ・マイ・カー」のネタバレあらすじ結末

ドライブ・マイ・カーの紹介:2021年日本映画。村上春樹の短編小説「女のいない男たち」の中の1編、「ドライブ・マイ・カー」。愛する妻を失った男が人との関わりを通して自らと向き合い、生きる希望を取り戻していくこの物語を映画化したのは、世界三大映画祭でも評価の高い濱口竜介。自ら手掛けた脚本は、2021年度カンヌ国際映画祭で日本映画初の脚本賞を受賞した。主演は『劇場版きのう何食べた?』『シン・ウルトラマン』など話題作目白押しの西島秀俊。その西島が忘れられない演技だったという、若い俳優役に岡田将生。ふたりはそのシーンについて、すごいこと、すさまじいことが起きていると感じたと語っている。
監督: 濱口竜介 原作:「ドライブ・マイ・カー」村上春樹〈「女のいない男たち」収録(文藝春秋)〉 キャスト:西島秀俊(家福悠介)、三浦透子(渡利みさき)、岡田将生(高槻耕史)、霧島れいか(家福音)ほか

「星の子」のネタバレあらすじ結末

星の子の紹介:2020年日本映画。「むらさきのスカートの女」で芥川賞を受賞した作家・今村夏子の同名小説を「MOTHER マザー」「日日是好日」などの大森立嗣監督が映画化したヒューマンドラマです。主演に芦田愛菜を迎え、病弱な我が子を救いたいあまり新興宗教に入信した一家の顛末を娘の視点から描きます。
監督:大森立嗣 出演者:芦田愛菜(林ちひろ)、永瀬正敏(ちひろの父)、原田知世(ちひろの母)、岡田将生(南先生)、大友康平(雄三おじさん)、高良健吾(海路さん)、黒木華(昇子さん)、蒔田彩珠(まーちゃん)、新音(なべちゃん)、田村飛呂人(新村くん)、池内万作(落合さん)、大谷麻衣(麻美先生)ほか

「さんかく窓の外側は夜」のネタバレあらすじ結末

さんかく窓の外側は夜の紹介:2020年日本映画。ヤマシタトモコ原作の同名漫画を実写映画化したホラー・サスペンス映画です。岡田将生と志尊淳がダブル主演を務め、霊が見える特異体質を持つ青年と除霊師の男が手を組んで様々な依頼をこなしていく過程を描きます。
監督:森ガキ侑大 出演者:岡田将生(冷川理人)、志尊淳(三角康介)、平手友梨奈(非浦英莉可)、マキタスポーツ(非浦松男)、新納慎也(逆木一臣)、桜井ユキ(半澤冴子)、和久井映見(三角則子)、筒井道隆(石黒哲哉)、滝藤賢一(半澤日路輝)、北川景子(石井慶子)ほか

「家族のはなし」のネタバレあらすじ結末

家族のはなしの紹介:2018年日本映画。お笑い芸人の鉄拳が2013年に発表した同名パラパラ漫画を実写化したのが本作です。自分の進むべき道を見つけられない主人公拓也が、様々な挫折を経験し改めて支えてくれていた家族の大切さを知り、成長していくストーリーです。
監督:山本剛義 原作:鉄拳 出演:岡田将生(小林拓也)、成海璃子(明日香)、金子大地(柴田)、財前直見(小林愛子)、時任三郎(小林徹)、ほか

「そらのレストラン」のネタバレあらすじ結末

そらのレストランの紹介:2018年日本映画。大泉洋やTEAM NACSらを擁する北海道の芸能事務所「クリエイティブオフィスキュー」の企画・プロデュースによる“北海道映画シリーズ”の第3作であり、『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に引き続いて大泉洋が主演するヒューマンドラマです。本作は北海道せたな町で循環型農業を営む農家ユニット「やまの会」の全面協力のもと、チーズ作りに情熱を燃やす酪農家が仲間たちと力を合わせて1日限りのレストランを開くまでの奮闘を描きます。
監督:深川栄洋 出演者:大泉洋(設楽亘理)、本上まなみ(設楽こと絵)、岡田将生(神戸陽太郎)、マキタスポーツ(石村甲介)、高橋努(富永芳樹)、石崎ひゅーい(野添隆史)、眞島秀和(朝田一行)、安藤玉恵(石村美智)、庄野凛(設楽潮莉)、鈴井貴之(稲熊)、風吹ジュン(大谷佐弥子)、小日向文世(大谷雄二)ほか

「銀魂2 掟は破るためにこそある」のネタバレあらすじ結末

銀魂2 掟は破るためにこそある の紹介:2018年日本映画。空知英秋による人気コミック「銀魂」を福田雄一監督が映画化したヒット作の第2弾。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーが展開される。家賃も払えないほど追い詰められた万次屋の3人はアルバイトする事になるが、国をも揺るがすような大事態へと発展していく。主役の銀時を前作に引き続き小栗旬が演じる。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、三浦春馬(伊東鴨太郎)、窪田正孝(河上万斉)、吉沢亮(沖田総悟)、勝地涼(徳川茂茂)、夏菜(猿飛あやめ)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、ムロツヨシ(平賀源外)、キムラ緑子(お登勢)、佐藤二朗(キャバクラ店長)、堤真一(松平片栗虎)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

「瞬 またたき」のネタバレあらすじ結末

瞬 またたきの紹介:2010年日本映画。河原れんの同名小説を映画化したラブストーリーです。恋人を交通事故で失い、心に深い傷を負った主人公の女性が、事故の真相を知るため失われた記憶を辿っていくうちに、恋人との愛の日々を思い出していきます。
監督:磯村一路 出演者:北川景子(園田泉美)、岡田将生(河野淳一)、大塚寧々(桐野真希子)、史朗(園田登)、深水元基(園田ツカサ)、清水美沙(堀川早紀)、永島暎子(河野沙恵子)、千崎若菜(桐野涼子)、田口トモロヲ(小木啓介)ほか

「ストレイヤーズ・クロニクル」のネタバレあらすじ結末

ストレイヤーズ・クロニクルの紹介:2015年日本映画。本多孝好の同名ベストセラー小説を実写映画化したアクション作品です。極秘実験により生み出された、常人よりも非常に短い寿命と引き換えに超人的な身体能力を持った青年たちが、視力・聴力・筋力などが常人よりも発達した青年たちが、未来の微かな希望を信じるグループと絶望したグループに分かれて生き残りを賭けた熾烈な闘いに挑んでいきます。
監督:瀬々敬久 出演者:岡田将生(荏碕昴)、染谷将太(学)、成海璃子(沙耶)、松岡茉優(モモ)、白石隼也(亘)、高月彩良(静)、清水尋也(良介)、鈴木伸之(壮)、柳俊太郎(ヒデ)、瀬戸利樹(隆二)、黒島結菜(碧)、豊原功補(井坂)、石橋蓮司(大曾根誠)、伊原剛志(渡瀬浩一郎)ほか

「オー!ファーザー」のネタバレあらすじ結末

オー!ファーザーの紹介:2013年日本映画。伊坂幸太郎の同名小説を映画化したサスペンス・コメディです。四股をかけていた母のせいで“4人の父親”と奇妙な同居生活を送る主人公の高校生が事件に巻き込まれ、年齢も性格もてんでバラバラな4人の父親が主人公を救うために一致団結して奮闘します。
監督:藤井道人 出演者:岡田将生(由紀夫)、佐野史郎(悟)、河原雅彦(鷹)、宮川大輔(勲)、村上淳(葵)、忽那汐里(多恵子)ほか

「伊藤くんAtoE」のネタバレあらすじ結末

伊藤くん A to Eの紹介:2018年日本映画。原作は直木賞作家候補の柚木麻子のミステリー小説で、2013年MBS-TBSのドラマイズムにて木村文乃主演でドラマ化された。これが注目、きっかけとなり、木村文乃、岡田将生主演で映画版「伊藤くんAtoE」が制作されたものです。男女の恋模様から出た心の毒を描いた新感覚恋愛ミステリー。
監督:廣木隆一 出演:岡田将生(伊藤誠二郎)、木村文乃(矢崎莉桜)、佐々木希(島原智美)、志田未来(野瀬修子)、池田エライザ(相田聡子)、夏帆(神保実希)、中村倫也(久住健太郎)、田中圭(田村伸也)、ほか

「雷桜」のネタバレあらすじ結末

雷桜の紹介:2010年日本映画。「雷桜」は日本版「ロミオとジュリエット」として、身分違いの恋模様をテーマにした時代劇です。音楽と景色は素晴らしく、映像の美しさがあります。ロミオ役が岡田将生で、ジュリエット役が蒼井優です。2人ともみずみずしい演義で、作品を盛り上げています。男性の方が徳川家斉の息子で、女性は人里離れた村で暮らす娘です。最初は愛のない寂しい心を持った男性が、純粋な女性に出会うことで心を開き、愛や恋に目覚める過程が美しく描かれています。
監督:廣木隆一 出演:岡田将生(清水斉道)、蒼井優(雷/遊)、小出恵介(瀬田助次郎)、宮崎美子(たえ)、和田聰宏(瀬田助太郎)、須藤理彩(お初)、高良健吾(友蔵)、ほか

「ST赤と白の捜査ファイル」のネタバレあらすじ結末

映画 ST赤と白の捜査ファイルの紹介:2014年日本映画。2014年にテレビドラマ化された今野敏の小説「ST 警視庁科学特捜班」の劇場版です。エリート集団の警視庁科学捜査班“ST”のメンバーが事件の容疑を着せられ、チーム解散の危機のなか真相を突き止めるため駆け回ります。映画版のST赤と白の捜査ファイルは、ドラマ版と並行して撮影され、ドラマ版の後の話となっています。
監督:佐藤東弥 出演者:藤原竜也(赤城左門)、岡田将生(百合根友久)、志田未来(青山翔)、芦名星(結城翠)、ユースケ・サンタマリア(鏑木徹)、窪田正孝(黒崎勇治)、ほか

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」のネタバレあらすじ結末

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章の紹介:2017年日本映画。杜王町という平和な街へと越して来た広瀬康一。しかし平穏な生活はある青年東方仗助との出会いで無くなってしまう。街に身を潜む殺人犯、猟奇的な殺人事件。広瀬康一と彼の友人となる東方仗助は謎の青年の策略に飲まれていく。日本で大人気のコミックシリーズ「ジョジョの奇妙な冒険」の実写化。主演は数多くの実写化作品で人気を誇る山崎賢人。
監督:三池崇史 出演:山﨑賢人(東方仗助)、神木隆之介(広瀬康一)、小松菜奈(山岸由花子)、岡田将生(虹村形兆)、新田真剣佑(虹村億泰)、観月ありさ(東方朋子)、國村隼(東方良平)、山田孝之(片桐安十郎)、伊勢谷友介(空条承太郎)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑