Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大杉漣映画一覧

大杉漣が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「BOX 袴田事件 命とは」のネタバレあらすじ結末

BOX 袴田事件 命とはの紹介:2010年日本映画。静岡で実際に起きた袴田事件をもとに、強盗放火殺人犯とされた元プロボクサーと、事件を裁く主任判事を描いた社会派ドラマ。命の重みと、人を裁くことの難しさを描く。冤罪を訴え続ける袴田。警察の捜査や取り調べを疑う判事の熊本は…。
監督:高橋伴明 出演:萩原聖人(熊本典道)、新井浩文(袴田巌)、葉月里緒奈(熊本京子)、村野武範(石井判事)、保阪尚希(高見判事)、ダンカン(松本刑事)、須賀貴匡(白岩孝祐)、中村優子(袴田日出子)、雛形あきこ(橋口ちず子)、志村東吾(大久保検事)、吉村実子(袴田きぬ)、テイ龍進(黒柳刑事)、迫英雄(住吉刑事)、法福法彦(春田刑事)、上田耕一(所長判事・藤原)、掛田誠(酒店店主・雨宮)、三上寛(小学校教師)、浜田晃(国会議員・菊川)、大杉漣(検察官・吉川)、國村隼(死刑囚)、岸部一徳(横井教授)、塩見三省(土肥弁護人)、石橋凌(立松警部)、ほか

「蟹工船」のネタバレあらすじ結末

蟹工船の紹介:2009年日本映画。小林多喜二の同名小説を映画化。蟹工船で働く労働者と、権力者たちの対立を描いた作品。劣悪な環境の蟹工船で、一日中労働を強いられ、地獄のような日々を過ごす労働者たち。そんなある日、脱走した労働者の一人・新庄がロシア船に助けられたことにより、大きく運命を変えることとなり…。
監督:SABU 出演:松田龍平(漁夫・新庄)、西島秀俊(浅川監督)、高良健吾(雑夫・根本)、新井浩文(漁夫・塩田)、柄本時生(雑夫・清水)、木下隆行(雑夫・久米)、木本武宏(雑夫・八木)、三浦誠己(雑夫・小堀)、竹財輝之助(雑夫・畑中)、利重剛(漁夫・石場)、清水優(漁夫・木田)、滝藤賢一(雑夫・河津)、大杉漣(清水の父親)、ほか

「泣いたらアカンで通天閣」のネタバレあらすじ結末

泣いたらアカンで通天閣の紹介:2013年日本映画。坂井希久子の同名小説が原作の第5回沖縄国際映画祭Peace部門出品作品です。「うっとおしいって、幸せやな」と、大阪・新世界の商店街を舞台に、しっかり者の娘と人情もろい父親が織りなす親子愛を、笑いと涙を交えて描いた浪速の人情喜劇です。2013年テレビドラマ番組優秀賞受賞作の映画版です。
監督:位部将人 出演:木南晴夏(三好千子)、大杉漣(三好賢悟)、鈴木亮平(亀谷雅人・カメヤ)、山口美也子(亀谷典子)、綾田俊樹(亀谷保)、茅島成美(三好辰代)、唐渡亮(ツレコミ)、大路恵美(佐藤美加)、長谷川朝晴(細野)、長谷川稀世(亀谷正子)、野村修一(ヒロキ)、東風万智子(三好芙由子)、あいはら友子(哲代)、田中圭(ラーメン評論家)、ほか

「恋のしずく」のネタバレあらすじ結末

恋のしずくの紹介:2018年日本映画。日本三大酒処と呼ばれる広島県東広島市西条を舞台に、日本酒の魅力に目覚めた女子大生が酒蔵の息子にほのかな恋心を抱きながらも酒造りに奮闘する姿を描いた青春ドラマです。主人公の女子大生を自身初の主演となる元AKB48の川栄李奈が、酒蔵の息子を『仮面ライダーエグゼイド』でブレイクした小野塚勇人が演じ、2018年に急逝した大杉漣の最後の出演映画公開作品ともなりました。
監督:瀬木直貴 出演者:川栄李奈(橘詩織)、小野塚勇人(乃神完爾)、宮地真緒(高宮美咲)、中村優一(有重一紀)、蕨野友也(朝比奈昇)、西田篤史(美咲の父)、東ちづる(美咲の母)、津田寛治(鷹野橋洋一)、小市慢太郎(坪島泰淳)、大杉漣(乃神輝義)ほか

「おかあさんの木」のネタバレあらすじ結末

おかあさんの木の紹介:2015年日本映画。戦時中の日本、息子を次々と兵隊に取られた母ミツは子供達の無事を願い、庭に桐の苗木を植え始めます。激動の時代の中で母と息子達が辿る過酷な運命を通して戦争がもたらす哀しみを切々と描き出した人間ドラマです。
監督: 磯村一路 出演者:鈴木京香(田村ミツ)、志田未来(少女期の坂井サユリ)、平岳大(田村謙次郎)、三浦貴大(田村二郎)、田辺誠一(坂井昌平)、大杉漣(校長)、松金よね子(村山ヨネ)、奈良岡朋子(老齢期の坂井サユリ)、ほか

「死国」のネタバレあらすじ結末

死国の紹介:1999年日本映画。高知県の北西部が故郷の莎代里が大人になって帰郷しました。小学生時代に仲良しの文也と莎代里と3人で遊んだ思い出がいっぱいありました。しかし莎代里の死を知り、莎代里の幽霊を見たことから、文也から真相を聞き出します・・・という内容の四国88カ所巡りを題材にしたホラー映画です。
監督:長崎俊一 出演者:夏川結衣(明神比奈子)、筒井道隆 (秋沢文也)、栗山千明 (日浦莎代里)、根岸季衣(日浦照子)、大杉漣(日浦康鷹)、佐藤允(仙頭直朗)、大寶智子(浅川ゆかり)ほか

「LOFT ロフト」のネタバレあらすじ結末

LOFT ロフトの紹介:2005年日本映画。スランプで小説が書けなくなり、せき込んで体調不良に陥った礼子が、気分転換に引っ越した家の前にある、大学の研修室でミイラの研究をする吉岡と知り合った事から、霊を見るようになり、引っ越し先の家であった謎を知るうちに・・・というミステリーホラー映画です。
監督:黒沢清 出演者:中谷美紀(春名礼子)、豊川悦司(吉岡誠)、西島秀俊(木島幸一)、安達祐実(亜矢)、鈴木砂羽(野々村めぐみ)、加藤晴彦(村上)、大杉漣(日野)ほか

「教誨師(きょうかいし)」のネタバレあらすじ結末

教誨師(きょうかいし)の紹介:2018年日本映画。2018年に他界した名優・大杉漣の最後の主演作であり、最初で最後のプロデュース作品ともなったヒューマンドラマです。大杉漣演じる、死刑囚と執行前に対話する教誨師の牧師と、様々な境遇を抱えた6人の死刑囚との魂の交流を描きます。
監督:佐向大 出演者:大杉漣(佐伯保)、玉置玲央(高宮真司)、烏丸せつこ(野口今日子)、五頭岳夫(進藤正一)、小川登(小川一)、古舘寛治(鈴木貴裕)、光石研(吉田睦夫)、青木柚(佐伯健一)、藤野大輝(長谷川陽介)ほか

「スマグラー おまえの未来を運べ」のネタバレあらすじ結末

スマグラー おまえの未来を運べの紹介:2011年日本映画。漫画原作を実写映画化した作品。公開初日の2日間で興行収入約5000万円を記録、映画観客動員ランキング初登場7位を記録した。「ラスト38分の衝撃 それに続く圧倒的な爽快感を体験せよ!」などのキャッチコピーも話題を牽引した。
監督:石井克人 出演:妻夫木聡(砧涼介)、永瀬正敏(ジョー / 花園丈)、松雪泰子(山岡有紀)、満島ひかり(田沼ちはる)、安藤政信(背骨 / 李銀亭 リ・インティン)、津田寛治(アロハ男)、森下能幸(コンビニ店員)、寺島進(漁師)、松田翔太(警官A)、大杉漣(警官B)、阿部力(張福儀 / チャン・フイ)、小日向文世(西尾健治)、ほか

「ネコナデ」のネタバレあらすじ結末

ネコナデの紹介:2008年日本映画。亀井亨の人気動物TVドラマ『ネコナデ』を再構成した作品で、会社人間の男が一匹の子猫との出会いから次第に変わっていく姿をコミカルに描いたハートフルドラマです。「こんな子ねこにであったら、人生がちょっとだけ変わるかも。」というキャッチコピーで、主演は「300の顔を持つ男」と呼ばれ2018年急逝した名脇役・大杉漣です。
監督:大森美香 出演:大杉漣(鬼塚太郎)、青山倫子(君島凛子)、黒川芽以(田中亜里沙)、入山法子(久我珠代)、立花彩野(長島道子)、桜井聖(鈴木一郎)、海東健(西条康文)、小林且弥(山下カズキ)、EMI(益田トモヨ)、六角精児(大野恵輔)、ほか

「厄災仔寵 死神たちの罠」のネタバレあらすじ結末

厄災仔寵(やくさいこちよう) 死神たちの罠の紹介:1997年日本映画。平安大学の下に眠っていた悪霊たちが目を覚まし、悪霊を退治するために賀茂教授と仔寵が結界と繋ぐ人物として選んだのが新入学生の裏野耕作でした。ここから裏野耕作とそのまわりでドタバタの悪霊退治が始まる・・というホラー映画です。アニメ『厄災仔寵』の実写映画化作品です。
監督:金澤克次 出演者:宮内知美(仔寵)、田中優樹(裏野耕作)、今村雅美(仔蘭)、島崎和歌子(さなえ)、岸本一汰、光本行信、木下ほうか、吉田瑞穂、城後光義、大杉漣(学長)、上田耕一(賀茂太一)ほか

「13階段」のネタバレあらすじ結末

13階段の紹介:2003年日本映画。江戸川乱歩賞を受賞した高野和明の同名小説を映画化したサスペンス作品です。それぞれ過去に深い傷を持つ仮釈放中の青年と定年間近の刑務官が、冤罪の死刑囚を救うために10年前の殺人事件の真相に迫っていきます。
監督:長澤雅彦 出演者:反町隆史(三上純一)、山崎努(南郷正二)、木内晶子(木下友里)、笑福亭鶴瓶(杉浦弁護士)、田中麗奈(南郷杏子)、井川比佐志(佐村光男)、大杉漣(安藤紀夫)、大滝秀治(久保)、石橋蓮司(阿部所長)、別所哲也(中森検事)、寺島進(岡崎刑務官)、宮藤官九郎(樹原亮)ほか

「ニンゲン合格」のネタバレあらすじ結末

ニンゲン合格の紹介:1999年日本映画。「心温まる、現代の寓話。」というキャッチコピーで、10年間昏睡状態だった青年が奇跡的に目覚めたことで、崩壊していた家族が新たな展開を見せる情景をリアルに描写した人間ドラマです。映画初主演の西島秀俊は、この作品で第9回日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞しました。
監督:黒沢清 出演者:西島秀俊(吉井豊)、役所広司(藤森岩雄)、菅田俊(吉井真一郎)、りりィ(岩谷幸子)、麻生久美子(吉井千鶴)、哀川翔(加崎)、大杉漣(室田)、洞口依子(ミキ)、鈴木ヒロミツ(久留米)、豊原功補(医師)、ほか

「ドルフィン・スルー」のネタバレあらすじ結末

Dolphin Through ドルフィン・スルーの紹介:1998年日本映画。かつて不良グループのリーダーとしてならした悟は、今は引退し古着屋の店主となっていました。親友であった隼人が、違法な薬物の密売に手を出し、自分の弟が痛めつけられたことを発端に悟は立ち上がりました・・・という話の真木蔵人原作で東京を舞台にした不良グループの抗争をテーマにした青春ドラマです。
監督:伊藤秀裕 出演者:真木蔵人(悟)、柏谷享助(誠)、山田真早志(純平)、遠山景織子(安奈)、高橋春奈(時子)、丸橋聡(隼人)、大杉漣(和泉)、瑠川あつこ(美咲)ほか

「仮面ライダー1号」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダー1号の紹介:2016年日本映画。石ノ森章太郎の代表作にして最大のヒット作である『仮面ライダー』シリーズの誕生45周年を記念して、初代・仮面ライダー1号の藤岡弘、を単独主演に迎えて製作された記念作品です。平成仮面ライダーシリーズ第17作目の『仮面ライダーゴースト』の登場人物も登場、1号こと本郷猛の宿敵である秘密結社ショッカーから枝分かれした新たなる強敵との死闘を描きます。
監督:金田治 出演者:藤岡弘、(本郷猛/仮面ライダー1号:声)、西銘駿(天空寺タケル/仮面ライダーゴースト:声)、岡本夏美(立花麻由)、柳喬之(山之内御成)、阿部力(ウルガ)、長澤奈央(イーグラ)、武田幸三(バッファル)、山本涼介(深海マコト/仮面ライダースペクター:声)、大杉漣(地獄大使)ほか

1 2 3 4
TOP↑