大杉漣映画一覧

大杉漣が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ライフ・オン・ザ・ロングボード」のネタバレあらすじ結末

ライフ・オン・ザ・ロングボードの紹介:2005年日本映画。定年後、突然サーフィンを始めた50代の中年男性と、その家族を描いた作品。監督は、「シェアハウス」や「ヨコハマ物語」の喜多一郎。主人公の一雄を演じるのは、この作品でサーフィン初挑戦となった大杉漣。他には、小栗旬や勝野洋が出演している。
監督:喜多一郎 出演:大杉漣(米倉一雄)、大多月乃(米倉優)、小栗旬(丸山憲太)、麻宮美果(萬愛子)、小倉久寛(萬太郎)、西村知美(米倉恵)、勝野洋(飯田銀次)、ほか

「仮面学園」のネタバレあらすじ結末

仮面学園の紹介:2000年日本映画。原作は宗田理の小説。監督は小松隆志、主演は藤原竜也と黒須摩耶。仮面をつけることがブームになった高校で起こる、数々の奇妙な事件を描いた青春ミステリー映画。ある日、それまで不登校だった生徒が突然仮面をつけて登校してきて…。
監督:小松隆志 出演:藤原竜也(堂島暁 / TOSHI)、黒須麻耶(川村有季)、石垣佑磨(芦原貢)、栗山千明(堂島レイカ)、大杉漣(城之内)ほか

「かぐらめ」のネタバレあらすじ結末

かぐらめの紹介:2015年日本映画。日本の伝統芸能・獅子神楽を軸に、伝承の大切さや家族の在り方を描いた人間ドラマ。舞台となるのは、山梨県の都留市。主人公の秋音が小学生の時、最愛の母が亡くなってしまいます。その時、母を看取ることなく神楽を舞っていた父。父との間に深い溝ができてから、5年ぶりに実家に戻った秋音は…。
監督:奥秋泰男 出演:武田梨奈(菊地秋音)、大杉漣(菊地恭次郎)、筒井真理子(菊地百合子・陽子)、黒川芽以(相原咲良)、森岡龍(田村翔)、大河内奈々子(居酒屋の女将)、白須慶子(小林妙子)、ほか

「おかえり、はやぶさ」のネタバレあらすじ結末

おかえり、はやぶさの紹介:2012年日本映画。世界初となる、地球から3億キロも離れた小惑星“イトカワ”の微粒子を採取して帰還した小惑星探査機はやぶさ。そのプロジェクトに携わった人々の感動のドラマを映画化した作品。監督は「ゲゲゲの鬼太郎」「鴨川ホルモー」などを手掛けた本木克英。
監督:本木克英 出演:藤原竜也(大橋健人)、杏(野村奈緒子)、三浦友和(大橋伊佐夫)、前田旺志郎(岩松風也)、森口瑤子(岩松多美)、田中直樹(岩松大吾)、カンニング竹山(天野克也)、豊原功補(山田幸一)、宮崎美子(大橋小夜子)、大杉漣(江本智彦)、中村梅雀(増沢公孝)、ほか

「返還交渉人 いつか沖縄を取り戻す」のネタバレあらすじ結末

返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻すの紹介:2018年日本映画。民主党政権下の時代に、沖縄返還に関する機密資料が公開され、沖縄返還に尽力した外務省の千葉一夫という職員の存在がわかりました。この作品は千葉一夫が、沖縄返還の為、アメリカとの交渉に粘り強く挑み、日本の要求をほぼのませた姿をリアルに再現したドラマです。元々NHKで放映されたものですが、新たな映像を加え、劇場用に再編集された映画です。
監督:柳川強 出演者:井浦新(千葉一夫)、戸田菜穂 (千葉惠子)、尾美としのり(石野文男)、中島歩(倉持昌幸)、佐野史郎(西條公彦)、大杉漣(植田啓三)、石橋蓮司(屋良朝苗)ほか

「POSTMAN BLUES ポストマンブルース」のネタバレあらすじ結末

POSTMAN BLUES ポストマン・ブルースの紹介:1997年日本映画。仕事に疲れた郵便配達員の沢木が、覚せい剤の取締りで張り込みをされていた同級生の野口の部屋に配達に行って上がり込んだため、覚せい剤の売人と決め付けられ、しまいには凶悪殺人犯として指名手配されるという、何事も悪い方向へいってしまう内容のコメディ映画です。ラストは少し切なくなります。
監督:サブ 出演者:堤真一(沢木龍一)、遠山景織子(小夜子)、大杉漣(殺し屋ジョー)、堀部圭亮(野口修二)、清水宏(土門泰三)ほか

「Back Street Girls ゴクドルズ」のネタバレあらすじ結末

Back Street Girls -ゴクドルズ-の紹介:2019年日本映画。犬金組の若手ヤクザ3人は組の為、親分の為に敵対する小黒田組の組長を殺そうとしますが失敗して暴行を受け帰されました。怒ったアイドル好きの犬金組長は、お前ら3人はアイドルになれ!とタイへ送って性転換手術をさせました。3人はゴクドルズと名付けられデビューをはたしますがという内容のコメディ映画です。
監督:原桂之介 出演者:白洲迅(山本健太郎)、柾木玲弥(杉原和彦)、花沢将人(立花リョウ)、岡本夏美(アイリ)、松田るか(マリ)、坂ノ上茜(チカ)、小沢仁志(小黒田)、岩城滉一(犬金鬼万次郎)ほか

「CURE キュア」のネタバレあらすじ結末

CURE キュアの紹介:1997年日本映画。同じ残忍な方法で殺される殺人事件が連続して起こりました。刑事の高部は犯人は違うのに殺し方が同じだという事は催眠術で誰かが殺されているのでは…と考え、精神科医の佐久間と共に、催眠術をかける犯人の追及を始めました…というサスペンスホラー映画で、1997年日本インターネット映画大賞日本映画作品賞受賞作です。
監督:黒沢清 出演者:役所広司(高部賢一)、萩原聖人(間宮邦彦)、うじきつよし(佐久間真)、中川安奈(高部文江)、螢雪次朗(桑野一郎)、洞口依子(宮島明子 / 女医)、でんでん(大井田 / 警官)、大杉漣(藤本本部長)、戸田昌宏(花岡徹)、大鷹明良(安川)、河東燈士(精神科医)、春木みさよ(花岡とも子)、ほか

「お受験」のネタバレあらすじ結末

お受験の紹介:1999年日本映画。会社の陸上部に所属し、マラソン大会に出ることが生きがいの富樫の家庭では、6歳の娘の真結美がお受験を控えていました。妻の利恵にまかせっきりでしたが、富樫が子会社の役員になってから、生活は徐々に変わり始めました・・・というロックシンガー矢沢永吉主演のヒューマンドラマです。
監督:滝田洋二郎 出演者:矢沢永吉(富樫真澄)、田中裕子(富樫利恵)、大平奈津美(富樫真結美)、西村雅彦(橘要塾長)、大杉漣(吉本監督)、余貴美子(千秋みどり)、鈴木一真(中村橋夫)ほか

「スペーストラベラーズ」のネタバレあらすじ結末

スペーストラベラーズの紹介:2000年日本映画。「踊る大捜査線」の本広克行監督が人気お笑いグループジョビジョバの舞台を映画化したのが本作です。銀行強盗に入った3人組がちょっとした手違いで人質も巻き込んだ大きな事件に発展させていくコメディタッチのストーリーです。
監督:本広克行 出演:金城武(西山保)、深津絵里(相田みどり)、安藤政信(藤本誠)、池内博之(高村功)、濱田雅功(野々村清)、渡辺謙(坂巻隼人)、筧利夫(深浦巧一)、鈴木砂羽(深浦公子)、甲本雅裕(清水考広)、武野功雄(倉沢慎太郎)、中山仁(須藤正義)、ガッツ石松(庄田義政)、大杉漣(常田宣一)、ほか

「Dear Friends ディア フレンズ」のネタバレあらすじ結末

Dear Friends ディア フレンズの紹介:2007年日本映画。「友達は利用するもの」と豪語する女子高生リナと、同級生のマキとの友情青春物語。容姿端麗で周りからちやほやされて生きてきたリナ。ある日、突然病魔に侵されてしまいます。そんなリナの前に、小学校からの同級生・マキがあらわれるのですが…。
監督:両沢和幸 出演:北川景子(高橋リナ)、本仮屋ユイカ(遠藤マキ)、黄川田将也(洋介)、大杉漣(幸三)、久保田悠来(クラブの常連客)、通山愛里(ヒロコ)、佐々木麻緒(カナエ)、松嶋初音(エミ)、ほか

「アンラッキー・モンキー」のネタバレあらすじ結末

アンラッキー・モンキーの紹介:1997年日本映画。自称高学歴詐欺師の山崎が、相棒と一緒に銀行強盗をしようとした時、はずみで通りがかりの美紀という女性を刺殺してしまいました。その頃、弱小ヤクザの村田組組員3人が、大組織の誠竜会の若頭をはずみで殺してします。はずみで殺人を犯した山崎と村田組組員のその後を時系列で追い、やがて接点を持つという内容のブラックコメディスリラーです。
監督:SABU 出演者:堤真一(山崎)、清水宏(村田組組員・釜田)、山本亨(村田組組員・松田)、鈴木一功(村田組組員・金田)、吉野公佳(吉田美紀)、寺島進(誠竜会組員・新田)、六平直政(ラーメン屋・町内会長)、田口トモロヲ(殺し屋・宮田)、大杉漣(誠竜会若頭・立花)ほか

「BOX 袴田事件 命とは」のネタバレあらすじ結末

BOX 袴田事件 命とはの紹介:2010年日本映画。静岡で実際に起きた袴田事件をもとに、強盗放火殺人犯とされた元プロボクサーと、事件を裁く主任判事を描いた社会派ドラマ。命の重みと、人を裁くことの難しさを描く。冤罪を訴え続ける袴田。警察の捜査や取り調べを疑う判事の熊本は…。
監督:高橋伴明 出演:萩原聖人(熊本典道)、新井浩文(袴田巌)、葉月里緒奈(熊本京子)、村野武範(石井判事)、保阪尚希(高見判事)、ダンカン(松本刑事)、須賀貴匡(白岩孝祐)、中村優子(袴田日出子)、雛形あきこ(橋口ちず子)、志村東吾(大久保検事)、吉村実子(袴田きぬ)、テイ龍進(黒柳刑事)、迫英雄(住吉刑事)、法福法彦(春田刑事)、上田耕一(所長判事・藤原)、掛田誠(酒店店主・雨宮)、三上寛(小学校教師)、浜田晃(国会議員・菊川)、大杉漣(検察官・吉川)、國村隼(死刑囚)、岸部一徳(横井教授)、塩見三省(土肥弁護人)、石橋凌(立松警部)、ほか

「蟹工船」のネタバレあらすじ結末

蟹工船の紹介:2009年日本映画。小林多喜二の同名小説を映画化。蟹工船で働く労働者と、権力者たちの対立を描いた作品。劣悪な環境の蟹工船で、一日中労働を強いられ、地獄のような日々を過ごす労働者たち。そんなある日、脱走した労働者の一人・新庄がロシア船に助けられたことにより、大きく運命を変えることとなり…。
監督:SABU 出演:松田龍平(漁夫・新庄)、西島秀俊(浅川監督)、高良健吾(雑夫・根本)、新井浩文(漁夫・塩田)、柄本時生(雑夫・清水)、木下隆行(雑夫・久米)、木本武宏(雑夫・八木)、三浦誠己(雑夫・小堀)、竹財輝之助(雑夫・畑中)、利重剛(漁夫・石場)、清水優(漁夫・木田)、滝藤賢一(雑夫・河津)、大杉漣(清水の父親)、ほか

「泣いたらアカンで通天閣」のネタバレあらすじ結末

泣いたらアカンで通天閣の紹介:2013年日本映画。坂井希久子の同名小説が原作の第5回沖縄国際映画祭Peace部門出品作品です。「うっとおしいって、幸せやな」と、大阪・新世界の商店街を舞台に、しっかり者の娘と人情もろい父親が織りなす親子愛を、笑いと涙を交えて描いた浪速の人情喜劇です。2013年テレビドラマ番組優秀賞受賞作の映画版です。
監督:位部将人 出演:木南晴夏(三好千子)、大杉漣(三好賢悟)、鈴木亮平(亀谷雅人・カメヤ)、山口美也子(亀谷典子)、綾田俊樹(亀谷保)、茅島成美(三好辰代)、唐渡亮(ツレコミ)、大路恵美(佐藤美加)、長谷川朝晴(細野)、長谷川稀世(亀谷正子)、野村修一(ヒロキ)、東風万智子(三好芙由子)、あいはら友子(哲代)、田中圭(ラーメン評論家)、ほか

1 2 3 4 5

キーワードから探す

TOP↑