Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

乙一原作映画一覧

乙一原作映画のネタバレあらすじ一覧です。乙一原作のおすすめ映画、人気映画から、題材として扱われた作品まで、乙一原作映画のネタバレあらすじ一覧です。

「GOTH ゴス」のネタバレあらすじ結末

GOTH ゴスの紹介:2008年日本映画。死体を見るのが好きな変わった趣味を持つ高校生の男女が、お互い魅かれあい、その時発生していた手首切断猟奇連続殺人事件を二人で調査し始めました。そして行きつけの喫茶店で犯人のものと思われる手帳を拾ってから状況が一変し始めました・・・という乙一の同名ミステリー小説を映画化したものです。
監督:高橋玄 出演者:本郷奏多(神山樹)、高梨臨(森野夜)、松尾敏伸(喫茶店の常連客)、柳生みゆ(樹の妹)、山中聡(喫茶店の常連客)、鳥肌実(喫茶店の常連客)、長塚圭史(夜が通う喫茶店の店主)、ほか

「死にぞこないの青」のネタバレあらすじ結末

死にぞこないの青の紹介:2007年日本映画。担任となった教師からいじめられるようになった少年に、ある日傷だらけの少女の姿が見えはじめます。少女は一体何者なのか、そして教師が自分をいじめる理由は何なのか。いじめの標的とされてしまった少年の孤独な闘いがスリリングに描かれていきます。
監督:安達正軌 出演者:須賀健太(マサオ)、谷村美月(アオ)、城田優(羽田先生)、入山法子(羽田の妹)、瓜生美咲(マサオの同級生)、博多華丸(マサオの父親)、坂井真紀(マサオの母親)、柏原崇、ほか

「くちびるに歌を」のネタバレあらすじ結末

くちびるに歌をの紹介:2014年日本映画。アンジェラ・アキの名曲「手紙~拝啓十五の君へ」を題材にしたテレビドキュメントをから小説を書いた中田永一の作品を映像化したものです。心に傷を負った元ピアニストの教師が、産休に入った教師の代わりの臨時職員として、生まれ故郷の中学校の合唱部の顧問として派遣され、そこで巻き起こる人との触れ合いや心の変遷を描いています。最初は心を開こうとせず、ピアノも弾こうとしない女教師に周囲も生徒も戸惑います。しかし合唱部の生徒達と触れ合っていくうちに彼女はだんだんと心を開いていきます。合唱部の生徒はそれぞれに複雑な事情を抱えている生徒が何人かいて、その難しい中学生の役どころを若い俳優さん達がとても上手く演じています。最後の合唱シーンは涙なしには見られません。
監督: 三木孝浩 出演者:新垣結衣(柏木ユリ)、木村文乃(松山ハルコ)、桐谷健太(塚本哲男)、眞島秀和(仲村祐樹)、石田ひかり(仲村静流)、木村多江(桑原照子)、角替和枝(仲村キヨ)ほか

「KIDS」のネタバレあらすじ結末

KIDS(キッズ)の紹介:2007年日本映画。心と体に傷を負った若者達が織り成すヒューマン・ドラマ。寂れた町で暮らす孤独な青年タケオは、ある日不思議な青年アサトの超能力を目撃する。物体だけではなく傷も移動させられるアサト。彼はその能力を使い、他人の傷を次々自分の体に移動させるようになっていく。原作は乙一の短編小説「傷 -KIZ/KIDS-」。
監督:荻島達也 出演者:小池徹平(アサト)、玉木宏(タケオ)、栗山千明(シホ)、泉谷しげる(神田幸助)、斉藤由貴(小野響子)ほか

「ZOO」のネタバレあらすじ結末

ZOOの紹介:2004年日本映画。人気作家乙一の同名短編小説集から5編を選出し、映画化した作品。5人の監督が多彩な演出で1編ずつを担当するコンピレーション・ムービーである。恐怖、戦慄、愛情を描くそれぞれの物語には、予想だにしないラストが待ち受ける。
監督:金田龍(「カザリとヨーコ」)、安達正軌(「SEVEN ROOMS」)、水﨑淳平(「陽だまりの詩(シ)」)、小宮雅哲(「SO-far そ・ふぁー」)、安藤尋(「ZOO」) 出演者:小林涼子(「カザリとヨーコ」ヨーコ/カザリ)、市川由衣(「SEVEN ROOMS」リミコ)、鈴木かすみ(「陽だまりの詩(シ)」私)、神木隆之介(「SO-far そ・ふぁー」ボク)、村上淳(「ZOO」男)ほか

「きみにしか聞こえない」のネタバレあらすじ結末

きみにしか聞こえないの紹介:2007年日本映画。お互いに孤独な女子高生と青年がおもちゃの電話がきっかけで会話を交わし、心を通わせるようになっていくが、その先には乗り越えなければならない悲しみがあった。乙一の短編小説を映画化。
監督:荻島達也 出演者:成海璃子(相原リョウ)、小出恵介(野崎シンヤ)、片瀬那奈(原田リョウ)、石川伸一郎(リサイクルショップ従業員・吉田)、高田延彦(山口先生)、羽田実加(保健の先生)、坂田梨香子(相原ミキ)、中野英雄(相原哲司)、古手川祐子(相原伸子)、岩城滉一(戸田)、八千草薫(野崎サチ)、ほか

「百瀬、こっちを向いて。」のネタバレあらすじ結末

百瀬、こっちを向いて。の紹介:2013年日本映画。ある日幼馴染の先輩宮崎から同級生の女子百瀬の恋人のふりをしてほしいと頼まれてしまったノボル。渋々偽装カップルを演じることになったノボルでしたが、次第に百瀬に恋心を抱き始めてしまい…。高校生達の切ない片思いが交差する青春ラブストーリー。「MARS~ただ、君を愛してる~」「暗黒女子」の耶雲哉治監督の初長編映画作品です。
監督: 耶雲哉治 出演者:早見あかり(百瀬陽)、竹内太郎(15歳/相原ノボル) 、 向井理(30歳/相原ノボル)、石橋杏奈(18歳/神林徹子)、 工藤阿須加(宮崎瞬)、中村優子(宮崎徹子)、西田尚美(相原悦子)、きたろう(吉岡先生)、ほか

TOP↑