ポール・ニューマン映画一覧

ポール・ニューマンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ロード・トゥ・パーディション」のネタバレあらすじ結末

ロード・トゥ・パーディションの紹介:2002年アメリカ映画。マフィアの大ボス・ルーニーの下で働くマイクは、ルーニーの息子コナーと一緒に殺しをしたところを、自分の息子マイケルに見られてしまいました。このことでコナーによって妻アナと息子ピーターが殺されたことから、マイクは長男のマイケルを連れ、逃亡しながら復讐をすることに…という内容のギャング映画です。
監督:サム・メンデス 出演者:トム・ハンクス(マイケル・サリヴァン/マイク)、ポール・ニューマン(ジョン・ルーニー)、タイラー・ホークリン(マイケル・サリヴァン・Jr/マイケル)、ジュード・ロウ(マグワイア)、ダニエル・クレイグ(コナー・ルーニー)、ジェニファー・ジェイソン・リー(アニー・サリヴァン)、ダグ・スピヌッザ(カルビーノ)ほか

「逆転」のネタバレあらすじ結末

逆転の紹介:1963年アメリカ映画。ノーベル賞授賞式の裏で進行する陰謀に立ち向かうはめになる文学賞受賞作家をポール・ニューマンが演じる。冷戦たけなわの1963年に製作されたスピーディーな展開のスパイ映画だが、ニューマンとエルケ・ソマーの会話やノーベル賞受賞者たちのいざこざも楽しい。『北北西に進路を取れ』のアーネスト・レーマンの脚本。
監督:マーク・ロブソン 出演者:ポール・ニューマン(アンドリュー・クレイグ)、エドワード・G・ロビンソン(マックス・ストラトマン)、エルケ・ソマー(インガー・リサ・アンダーソン)、ダイアン・ベイカー(エミリー・ストラトマン)、ミシュリーヌ・プレール(デニーズ・マルソー)、セルジオ・ファントーニ(カルロ・ファレーリ)、ケヴィン・マッカーシー(ジョン・ギャレット)その他

「マッキントッシュの男」のネタバレあらすじ結末

マッキントッシュの男の紹介:1972年アメリカ映画。1971年に発表されたデズモンド・バグリイの小説「The Freedom Trap」を映画化したスパイサスペンスです。ロンドンを舞台に、国家機密がかかったスパイ戦に利用され翻弄される、名優ポール・ニューマン演じる諜報部員の苦闘をどんでん返しの展開をもって描きます。
監督:ジョン・ヒューストン 出演者:ポール・ニューマン(ジョセフ・リアデン)、ドミニク・サンダ(スミス)、ジェームズ・メイソン(ジョージ・ウィーラー卿)、ハリー・アンドリュース(マッキントッシュ)、イアン・バネン(スレード)、マイケル・ホーダーン(ブラウン)、ナイジェル・パトリック(ソームズ・トラヴェリアン)、ピーター・ヴォーン(ブランスキル警部)ほか

「傷だらけの栄光」のネタバレあらすじ結末

傷だらけの栄光の紹介:1956年アメリカ映画。アメリカの元ボクシング世界ミドル級チャンピオンのロッキー・グラジアノの半生を描いた伝記映画です。監督は『ウエスト・サイド物語』(1961)、『サウンド・オブ・ミュージック』(1965)のロバート・ワイズで、メリハリの効いた演出でロッキーの生涯をスピーディかつ丁寧に描いています。ポール・ニューマンが撮影直前に交通事故で他界したジェームズ・ディーンに代わって主演を好演し、その存在感は抜群です。第29回アカデミー賞撮影賞と美術賞(共に白黒部門)の2部門を受賞した傑作で、スティーブ・マックイーンの映画デビュー作でもあります。
監督:ロバート・ワイズ 出演:ポール・ニューマン(ロッキー・グラジアノ)、ピア・アンジェリ(ノーマ・グラジアノ)、サル・ミネオ(ロモロ)、アイリーン・ヘッカート(バーベラ夫人)、ハロルド・J・ストーン(ニック・バーベラ)、エヴェレット・スローン(アーヴィング・コーエン)、ロバート・ロジア(フランキー・ペッポ)、スティーヴ・マックィーン(ファイデル)、ほか

「暴行」のネタバレあらすじ結末

暴行の紹介:1963年アメリカ映画。黒澤明監督の「羅生門」をハリウッドでリメイクした作品。オリジナルでの三船敏郎の多襄丸役を演じるのは、メーキャップでメキシコ人に扮したポール・ニューマン。また、千秋実の僧に当たる牧師役は、のちにスタートレックで有名になるウィリアム・シャトナー。
監督:マーティン・リット 出演:ポール・ニューマン(フアン・カラスコ)、ローレンス・ハーヴェイ(ウェイクフィールド大佐)、クレア・ブルーム(ニナ・ウェイクフィールド)、エドワード・G・ロビンソン(詐欺師)、ウィリアム・シャトナー(牧師)、ハワード・ダ・シルバ(探鉱者)、ほか

「ミーアキャット」のネタバレあらすじ結末

ミーアキャットの紹介:2008年イギリス映画。過酷な環境で生きるミーアキャットの姿に迫るドキュメンタリー。アフリカのカラハリ砂漠は酷い干ばつに見舞われていた。生まれたばかりのミーアキャットの子ども「コロ」は、危険に満ちた砂漠の世界で生き残ることが出来るのか。名優ポール・ニューマンがナレーションを務めたことでも話題になった作品。
監督:ジェームズ・ハニーボーン 出演者:ポール・ニューマン(ナレーション)

「左きゝの拳銃」のネタバレあらすじ結末

左きゝの拳銃の紹介:1958年アメリカ映画。西部史に名高いビリー・ザ・キッドの復讐劇を描くウェスタン。仕事も無く飢えに喘いでいたビリーは、牧場主タンストールに雇われる。しかしタンストールは勝手な理屈で殺害されてしまった。タンストールから受けた恩を返すため、ビリーは銃を手に敵討ちを決行。しかしそれはビリーにとっても破滅の道だった。
監督:アーサー・ペン 出演者:ポール・ニューマン(ビリー・ザ・キッド)、リタ・ミラン(セルサ)、ジョン・デナー(パット・ギャレット)、ハード・ハットフィールド(モールトリー)、コリン・キース=ジョンストン(タンストール)ほか

「メッセージ・イン・ア・ボトル」のネタバレあらすじ結末

メッセージ・イン・ア・ボトルの紹介:1999年アメリカ映画。全米で170万部のベストセラーとなったニコラス・スパークスの同名小説を原作としたラブストーリーです。浜辺に打ち上げられたメッセージ入りの瓶をある女性が拾ったことをきっかけに、出逢うはずのなかった二人の恋が始まりますが…。
監督:ルイス・マンドーキ 出演者:ケビン・コスナー(ギャレット・ブレイク)、ロビン・ライト・ペン(テリーサ・オズボーン)、ポール・ニューマン(ドッジ・ブレイク)、ジョン・サヴェージ(ジョニー・ランド)、イリーナ・ダグラス(リーナ・ポール)ほか

「カーズ3/クロスロード」のネタバレあらすじ結末

カーズ/クロスロードの紹介:2017年アメリカ映画。大人気シリーズ、カーズ3作目。絶対王者だった人気レーサーのライトニングだったが、ライバルのストームに負かされるレースが続きさらにはクラッシュまで起こしてしまい引退も囁かれていた。そんな中もう一度トップレーサーになるため、ライトニングは新しいチャレンジに挑戦してみることを決意するのだった。
監督:ブライアン・フィー 声優: オーウェン・ウィルソン(ライトニング・マックィーン)、クリステラ・アロンゾ(クルーズ・ラミレス)、アーミー・ハマー(ジャクソン・ストーム)、クリス・クーパー(スモーキー)、ネイサン・フィリオン(スターリング)、ラリー・ザ・ケイブル・ガイ(メーター)、ボニー・ハント(サリー)、ほか

「タワーリング・インフェルノ」のネタバレあらすじ結末

タワーリング・インフェルノの紹介:1974年アメリカ映画。138階建てのグラス・タワーで火災が発生する。災はビルを次々と燃やし尽くし、着々と最上階のパーティ会場に近づく。設計者ダグと消防隊長のオハラハンは、パーティ会場に残された生存者を救出できるのか?
監督:ジョン・ギラーミン 出演者:スティーブ・マックイーン(マイケル・オハラハン)、ポール・ニューマン(ダグ・ロバーツ)、ウィリアム・ホールデン(ジャームズ・ダンカン)、フェイ・ダナウェイ(スーザン・フランクリン)、フレッド・アステア(ハーリー・クレイボーン)ほか

「暴力脱獄」のネタバレあらすじ結末

暴力脱獄の紹介:1967年アメリカ映画。プリズンものの傑作。宗教的要素も含んだ物語で、アメリカでは公開当時から高い評価を獲得、ポール・ニューマンの代表作と見なされている。ジョージ・ケネディがアカデミー助演男優賞を受賞。
監督:スチュアート・ローゼンバーグ 出演:ポール・ニューマン(ルーク・ジャクソン)、ジョージ・ケネディ(ドラグライン)、モーガン・ウッドワード(ゴッドフリー)、J・D・キャノン(ソサエティ・レッド)、ストローザー・マーティン(刑務所所長)

「渇いた太陽」のネタバレあらすじ結末

渇いた太陽の紹介:1962年アメリカ映画。テネシー・ウィリアムズの戯曲「青春の甘き小鳥」をリチャード・ブルックスが脚色・演出した作品。ブロードウェイ初演で主役を務めたポール・ニューマンが同じ役を演じている。エド・ベグリーがアカデミー賞の助演男優賞を受賞。
監督:リチャード・ブルックス 出演:ポール・ニューマン(チャンス・ウェイン)、ジェラルディン・ペイジ(アレクサンドラ・デル・ラーゴ)、シャーリー・ナイト(ヘブンリー・フィンレー)、エド・ベグリー(フィンレー)

「明日に向って撃て!」のネタバレあらすじ結末

明日に向って撃て!の紹介:1969年アメリカ映画。ジョージ・ロイ・ヒル監督がウィリアム・ゴールドマンのオリジナル脚本を見事な演出で映像化した傑作。アカデミー賞ではオリジナル脚本賞、撮影賞、作曲賞、主題歌賞(「雨にぬれても」)を受賞した。
監督:ジョージ・ロイ・ヒル 出演:ポール・ニューマン(ブッチ・キャシディ)、ロバート・レッドフォード(サンダンス・キッド)、キャサリン・ロス(エッタ・プレイス)、クロリス・リーチマン(アグネス)ほか

「ハッド」のネタバレあらすじ結末

ハッドの紹介:1962年アメリカ映画。「ラスト・ショー」や「愛と追憶の日々」と同じラリー・マクマートリーの原作を元に、テキサスで牧場を経営する家族の確執を描いたドラマ。アカデミー賞では主演女優賞、助演男優賞、撮影賞を受賞した。
監督:マーティン・リット 出演:ポール・ニューマン(ハッド)、パトリシア・ニール(アルマ)、メルヴィン・ダグラス、ブランドン・デ・ワイルド、ウィット・ビセル、ほか

「スラップ・ショット」のネタバレあらすじ結末

スラップ・ショットの紹介:1977年アメリカ映画。アイスホッケーを題材にした傑作コメディ。その暴力描写と下品な表現が当時話題となった。ジョージ・ロイ・ヒル監督が、「明日に向って撃て!」と「スティング」以降、唯一ポール・ニューマンと組んだ作品。
監督:ジョージ・ロイ・ヒル 出演:ポール・ニューマン(レジ)、マイケル・オントキーン(ネッド)、ジェニファー・ウォーレン、メリンダ・ディロン、ストローザー・マーティン、ほか

1 2
TOP↑