ピエール瀧映画一覧

ピエール瀧が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「宮本から君へ」のネタバレあらすじ結末

宮本から君への紹介:2019年日本映画。人一倍正義感が強いが愚直で暑苦しい営業マン・宮本が自立した女と恋に落ちるが、二人を試練が待ち受けていた。1990年に連載開始した原作漫画の作者・新井英樹も宮本の父の役で出演。『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也が、全12話のテレビドラマ「宮本から君へ」に続いて監督を務めた。主演の池松壮亮にとって22歳で原作に出会って以来強い思い入れのある企画。マンション8階の外に張り出した非常階段で撮影された生々しい決闘シーンは必見。
監督:真利子哲也 出演者:池松壮亮(宮本浩)、蒼井優(中野靖子)、井浦新(風間裕二)、一ノ瀬ワタル(馬淵拓馬)、古舘寛治(岡崎部長)、ピエール瀧(馬淵敬三)、佐藤二朗(大野平八郎)、松山ケンイチ(神保和男)ほか

「引っ越し大名!」のネタバレあらすじ結末

引っ越し大名!の紹介:2019年日本映画。大名のお引越しは国の一大事?!引き籠り藩士が知恵を凝らし、一大事業に着手する、引っ越しエンターテインメント。何度も引っ越しをさせられたという実在の大名・松平直矩の話をもとに、遠方への莫大な費用がかかる引っ越しを、知恵や工夫で何とか乗り切ろうとする姫路藩士たちの奮闘する様子を描く。
監督:犬童一心 出演:星野源(片桐春之介)、高橋一生(鷹村源右衛門)、高畑充希(於蘭)、飯尾和樹(高橋四郎)、和田聰宏(田中衆三郎)、岡山天音(和泉屋新吉)、向井理(柳沢吉保)、小澤征悦(山里一郎太)、濱田岳(中西監物)、西村まさ彦(藤原修蔵)、松重豊(本村三右衛門)、及川光博(松平直矩)、ほか

「ワルボロ」のネタバレあらすじ結末

ワルボロの紹介:2007年日本映画。ゲッツ板谷の小説「ワルボロ」を映画化。1980年代の東京立川市が舞台。松田翔太演じる優等生だった中学生が、突然不良に転身し喧嘩に明け暮れます。仲間との友情や不良同士の抗争を描いた、青春コメディ。
監督:隅田靖 出演:松田翔太(コーちゃん)、新垣結衣(山田)、福士誠治(ヤッコ)、木村了(キャーム)、城田優(小佐野)、古畑勝隆(ヒデチャン)、途中慎吾(カッチン)、ピエール瀧、仲村トオル、ほか

「ぱいかじ南海作戦」のネタバレあらすじ結末

ぱいかじ南海作戦の紹介:2012年日本映画。椎名誠の同名小説を2012年に映画化した作品で、阿部サダヲが主演を務めています。会社が倒産し、離婚を機に南の島で生活することにした主人公が、さまざまな人との出会いやハプニングを乗り越えていくコメディ作品となっています。
監督:細川徹 出演:阿部サダヲ(佐々木)、永山絢斗(オッコチ)、貫地谷しほり(アパ)、佐々木希(ミキ)、ピエール瀧(マンボさん)、斉木しげる(ギタさん)、浅野和之(先生)、大水洋介(ヨシオ)、ほか

「麻雀放浪記2020」のネタバレあらすじ結末

麻雀放浪記2020の紹介:2019年日本映画。1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を、作品に惚れ込んだ主演:斎藤工と監督:白石和彌のコンビで再映画化したコメディ作品です。原作の主人公:坊や哲(斎藤工)が戦後の1945年から第三次世界大戦で東京オリンピックが中止となった2020年へとタイムスリップしてしまうという大胆なアレンジと痛烈な風刺を織り込み、全編に渡ってiPhoneで撮影されました。出演者の不祥事により一時公開が危ぶまれるも当初の予定通りノーカット完全版として公開されました。キャッチフレーズは「ボーッと生きてんじゃねえよ!ニッポン!」。
監督:白石和彌 出演者:斎藤工(坊や哲)、もも(チャラン・ポ・ランタン)(ドテ子)、ベッキー(八代ゆき/AIユキ(二役))、的場浩司(ドサ健/ミスターK(二役))、岡崎体育(ドク)、ピエール瀧(杜)、音尾琢真、杉村蝉之介、伊武雅刀、矢島健一、吉澤健、ヴァニラ(量産型AI搭載セクサロイド)、舛添要一(本人役)、堀内正美(女衒の達徳)、小松政夫(出目徳/ヤン(二役))、竹中直人(クソ丸)ほか

「の・ようなもの のようなもの」のネタバレあらすじ結末

の・ようなもの のようなものの紹介:2015年日本映画。東京の下町の落語家・出船亭一門に入門した志ん田。師匠の家に住み込みで働き、師匠の一人娘・夕美に恋をしています。そんなある日、一門に在籍していた志ん魚を探し出すよう命じられる志ん田。なかなか見つからない志ん魚をやっと見つけ出したのですが…。
監督:杉山泰一 出演者:松山ケンイチ(出船亭志ん田)、北川景子(夕美)、伊藤克信(出船亭志ん魚)、尾藤イサオ(出船亭志ん米)、ピエール瀧(渡辺孝太郎)、鈴木亮平(蕎麦屋の出前)、鈴木京香(都せんべい女主人)、佐々木蔵之介(みやげ物屋の店主)、塚地武雅(銭湯の男)、笹野高史(床屋の主人)、宮川一朗太(弁当屋のオジちゃん)、仲村トオル(居酒屋の主人)、三田佳子(斉藤女会長)、ほか

「珍遊記」のネタバレあらすじ結末

珍遊記の紹介:2016年日本映画。珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-という漫☆画太郎によるギャグ漫画の実写映画化作品です。西遊記をモチーフにした作品で、狂暴な男山田太郎をまともな人間にしようとする女和尚の玄じょうと太郎の珍道中の物語です。
監督:山口雄大 出演者:松山ケンイチ(山田太郎)、ピエール瀧(変身前の山田太郎)、倉科カナ(玄じょう)、田山涼成(じじい)、笹野高史(ばばあ)、溝端淳平(龍翔)、藤本泉(奈落)、ほか

「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」のネタバレあらすじ結末

アナと雪の女王/エルサのサプライズの紹介:2015年アメリカ映画。アナの誕生日の様子を描いた、大ヒット映画「アナと雪の女王」のスピンオフ短編映画。アナの誕生日パーティーを準備するエルサ。けれど身体の調子が悪そうで・・。オラフなどお馴染みのキャラクターに加え、新しいキャラクターとしてエルサがクシャミをすると飛び出す小さな雪だるま達、スノーギーズがでてきます。本作はディズニー映画「シンデレラ」と同時上映されました。
監督:ジェニファー・リークリス・バック 声優: クリステン・ベル / 神田沙也加(アナ)、イディナ・メンゼル / 松たか子(エルサ)、ジョシュ・ギャッド / ピエール瀧(オラフ)、ジョナサン・グロフ / 原慎一郎(クリストフ)、ほか

「サニー/32」のネタバレあらすじ結末

サニー/32の紹介:2017年日本映画。2018年にNGT48を卒業した北原里英の主演によるサスペンス・スリラーです。2004年に長崎県佐世保市で実際に発生した事件をモチーフに、仕事も私生活も冴えない女性教師が、14年前の殺人事件の加害者を信奉する狂信者集団に拉致されたことから始まる恐怖、そして事件の真相を描いていきます。
監督:白石和彌 出演者:北原里英(藤井赤理)、ピエール瀧(柏原勲)、門脇麦(二人目のサニー)、リリー・フランキー(小田武)、駿河太郎(田辺康博)、音尾琢真(春樹先輩)、山崎銀之丞(寺脇壮一)、カトウシンスケ(上島ひろみ)、奥村佳恵(杉崎静香)ほか

「孤狼の血」のネタバレあらすじ結末

孤狼の血の紹介:2017年日本映画。孤狼の血の紹介:柚月裕子の同名小説を「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が映画化。昭和の広島を舞台に、ヤクザ撲滅に命を燃やすベテラン刑事、大上と新人の日岡の奮闘が描かれる。
監督:白石和彌 原作:柚月裕子 出演:役所広司(大上章吾)、松坂桃李(日岡秀一)、真木よう子(高木里佳子)、音尾琢真(吉田滋)、駿河太郎(上早稲二郎)、中村倫也(永川恭二)、阿部純子(岡田桃子)、滝藤賢一(嵯峨大輔)、伊吹吾郎(尾谷憲次)、MEGUMI(上早稲潤子)、中村獅童(高坂隆文)、竹野内豊(野崎康介)、ピエール瀧(瀧井銀次)、石橋蓮司(五十子正平)、江口洋介(一之瀬守孝)ほか

「恋するマドリ」のネタバレあらすじ結末

恋するマドリの紹介:2007年日本映画。一人暮らしを始めた大学生の結が様々な人との出会いや淡い恋を経験しながら、少しずつ成長していく様子を描いた青春映画です。新垣結衣の初主演映画として話題を呼びました。
監督:大九明子 出演者:新垣結衣(青木結)、菊地凛子(順田温子)、松田龍平(大野隆)、内海桂子(野田きつこ)、ピエール瀧(田中)、ほか

「月の砂漠」のネタバレあらすじ結末

月の砂漠の紹介:2001年日本映画。大学時代に起業し、ITバブルによって急成長した会社の若き社長の、社内の葛藤と、置き去りにして失ってしまった家族のきずなを、男娼のキーチという男性を通して取り戻してゆく内容の、ヒューマンドラマです。
監督:青山真治 出演者: 三上博史(永井恭二)、とよた真帆(アキラ)、 柏原収史(キーチ)、 國村隼(野々宮)、 碇由貴子(カアイ)、 細山田隆人(ツヨシ)、生瀬勝久(市山)、ピエール瀧(榊)ほか

「アウトレイジ最終章」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジ 最終章の紹介:2017年日本映画。アウトレイジシリーズ3作目。前作『アウトレイジ ビヨンド』で関東の山王会VS関西の花菱会の巨大抗争のあと、大友は韓国へ渡り日韓を牛耳る大物フィクサー張会長の下にいた。韓国の歓楽街を仕切っていた大友のもとへ、花菱会の花田よりクレームの電話が入る。これが元となり花田は大友の手下を殺してしまい、国際的フィクサー張グループを敵に回す形になった花菱会。また時同じくして、花菱会では会長の後釜に元証券マンで娘婿の野村が会長となったことで内紛が勃発していた。裏社会を生きる男たちの裏切りと抗争を描いた大ヒットシリーズが3作目にして最終章となる。キャッチコピーは『全員暴走』。過去の清算の機会を狙う大友の暴走と、花菱会のトップを狙う暴走を軸に、暴力や傲慢の裏で背負った苦悩や悲哀を重厚に描いた本作。第74回ヴェネツィア国際映画祭でクロージング上映され話題を呼んだ。
監督:北野武 出演:ビートたけし(大友 / 元大友組組長)、西田敏行(西野 / 花菱会若頭)、塩見三省(中田 / 花菱会若頭補佐)大森南朋(市川 / 大友の腹心)、ピエール瀧(花田 / 花菱会幹部)、大杉漣(野村 / 花菱会新会長)、松重豊(繁田刑事)、金田時男(張 / 張グループ会長)、白竜(李 / 張の側近)、原田泰造(丸山 / 花田の手下)、池内博之(吉岡 / 木村組組長)ほか

「犬と私の10の約束」のネタバレあらすじ結末

犬と私の10の約束の紹介:2008年日本映画。足が靴下を履いているように白いのでソックスと名付けられた子犬のゴールデンレトリバーは、飼い主のあかりと共に一日を生きていく。「犬の十戒」をモチーフにしている。
監督:本木克英 出演:田中麗奈(斉藤あかり)、加瀬亮(星進)、福田麻由子(斉藤あかり(子ども時代))、池脇千鶴(井上ゆうこ )、高島礼子(斉藤芙美子)、豊川悦司(斉藤祐市)、ほか

「グミ・チョコレート・パイン」のネタバレあらすじ結末

グミ・チョコレート・パインの紹介:2007年日本映画。大槻ケンヂの同名小説を盟友ケラリーノ・サンドロヴィッチが映画化した作品です。冴えない高校生がアンダーグラウンドなロックや憧れの同級生との出会いなどを経験していくストーリーです。
監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演者:石田卓也(大橋賢三)、黒川芽以(山口美甘子)、森岡龍(川本良也(カワボン))、金井勇太(小久保多久夫(タクオ))、大森南朋(現在の大橋賢三)ほか

1 2 3
TOP↑