レネー・ゼルウィガー映画一覧

レネー・ゼルウィガーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「アパルーサの決闘」のネタバレあらすじ結末

アパルーサの決闘の紹介:2008年アメリカ映画。ロバート・B・パーカーの同名小説をエド・ハリスの主演・監督・脚本で映画化した西部劇です。無法者の牛耳る町に保安官として雇われた凄腕のガンマンとその相棒。しかし、この町に美貌の未亡人が流れ着いたことから状況は一変していきます…。
監督:エド・ハリス 出演者:エド・ハリス(ヴァージル・コール)、ヴィゴ・モーテンセン(エヴェレット・ヒッチ)、レネー・ゼルウィガー(アリソン・フレンチ)、ジェレミー・アイアンズ(ランダル・ブラッグ)、ランス・ヘンリクセン(リング・シェルトン)ほか

「たった一人のあなたのために」のネタバレあらすじ結末

たった一人のあなたのためにの紹介:2009年アメリカ映画。俳優ジョージ・ハミルトンの少年時代の体験をベースに、親子の絆をユニークなタッチで描くヒューマン・ドラマ。ジャズミュージシャンの夫の度重なる浮気に耐えきれず、2人の息子をつれて衝動的に家を飛び出したアン。息子達のために新しい父親を見つけようと、行く先々でさまざまな男性との出会いと別れを繰り返すが…。主演はレネー・ゼルウィガー、その夫役にはケヴィン・ベーコン。
監督:リチャード・ロンクレイン 出演者:レネー・ゼルウィガ―(アン・デヴロー)、ケヴィン・ベーコン(ダン・デヴロー)、ローガン・ラーマン(ジョージ・デヴロー)、マーク・レンドール(ロビー・デヴロー)、クリス・ノース(ハ―ラン・ウィリアムス)、ニック・スタール(バド)、モリ―・C・クイン(ポーラ)、デヴィッド・ケックナー(ビリー・マッセイ)ほか

「ミス・ポター」のネタバレあらすじ結末

ミス・ポターの紹介:2006年イギリス,アメリカ映画。ピーターラビットのキャラクターの作家として世界的に有名な、児童文学作家・画家であるビアトリクス・ポターの伝記映画。何不自由ないロンドンの良家の子女であるポターは童話作家を目指し、服を着たウサギが主人公の作品を出版者に持ち込んでは断られていた。ある日、彼女の本が採用されて出版することになります。出版後は人気が高く、彼女の名声も高まります。両親の反対を押し切り童話作家として当時珍しかった職業婦人となります。そして、彼女も恋をしますが身分違いを反対され、交際に期間を開ける条件をつけられます。二人の愛は硬く結ばれていましたが悲劇が運命を変えます。
監督:クリス・ヌーナン 出演:レニー・ゼルウィガー(ビアトリクス・ポター)、ユアン・マクレガー(ノーマン・ウォーン)、エミリー・ワトソン(ミリー・ウォーン)、ビル・パターソン(ルパート・ポター)、バーバラ・フリン(ヘレン・ポター)、ほか

「シャーク・テイル」のネタバレあらすじ結末

シャーク・テイルの紹介:2004年アメリカ映画。会社に多額の借金があるオスカーはアンジーから大きな真珠をもらい一攫千金を狙い馬券にしてしまう。賭けに負けクラゲに捕まるオスカー。そこで優しいベジタリアンのサメレニーと出会う。逃げろと言うが兄弟サメのフランキーに襲われるがフランキーが事故に遭い亡くなってしまう。オスカーは自分がサメを倒したと嘘をつきスターになるのだったが…。
声優:ウィル・スミス(オスカー)、ジャック・ブラック(レニー)、ロバート・デ・ニーロ(ドン・リノ)、レネー・ゼルウィガー(アンジー)、アンジェリーナ・ジョリー(ローラ)、マーティン・スコセッシ(サイクス)、ジギー・マーリー(アーニー)、ダグ・E・ダグ(バーニー)、ほか

「ケース39」のネタバレあらすじ結末

ケース39の紹介:2009年アメリカ映画。「ブリジットジョーンズの日記」でお馴染みのレニー・ゼルウィガーが児童福祉司の難役に挑む。「サイレントヒル」「ローズインタイドランド」で有名なキュートでダークなジョデル・フェルランドがエミリーを困らせる「いわくつきの」子どもを巧みに演じているのも魅力だ。
監督:クリスチャン・アルバート 出演者:レニー・ゼルウィガー(エミリー・ジェンキンス)、ジョデル・フェルランド(リリス・サリヴァン)、イアン・マクシェーン(マイク・バーノン刑事)、ブラッドレイ・クーパー(ダグラス・J・エームズ)、ケリー・オマリー(リリスの母、マーガレット・サリヴァン)カラム・キース・レニー(リリスの父、エドワード・サリヴァン)

「ブリジット・ジョーンズの日記2 きれそうなわたしの12か月」のネタバレあらすじ結末

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月の紹介:2004年アメリカ映画。イギリス人作家ヘレン・フィールディングによる同名作品の映画化作品「ブリジット・ジョーンズの日記」の続編。ぽっちゃり独身アラサーのダメダメな主人公、ブリジット・ジョーンズを取り巻くラブコメディ。
監督:ビーバン・キドロン 出演:レニー・ゼルウィガー(ブリジット・ジョーンズ)、コリン・ファース(マーク・ダーシー)、ヒュー・グラント(ダニエル・クリーバー)、ジム・ブロードベント(ブリジットの父親)、ジェマ・ジョーンズ(ブリジットの母親)、ほか

「恋は邪魔者」のネタバレあらすじ結末

恋は邪魔者の紹介:2003年アメリカ映画。ニューヨークへやってきた作家のバーバラは、女性の自由を求める「恋は邪魔者」という本を出版します。恋愛は不要とする彼女の本はベストセラーとなりますが、人気雑誌の作家キャッチャー・ブロックは彼女の暴露記事を書こうと彼女に近づきます。
監督:ペイトン・リード 出演者:レニー・ゼルウィガー(バーバラ・ノヴァク)、ユアン・マクレガー(キャッチャー・ブロック)、デヴィッド・ハイド・ピアース(ピーター・マクマナス)、サラ・ポールソン(ヴィッキー・ヒラー)ほか

「ザ・エージェント」のネタバレあらすじ結末

ザ・エージェントの紹介:1996年アメリカ映画。腕スポーツ・エージェントであるジェリーは、利益追求体質の業界に疑問を抱き、会社に提案書を提出します。クビとなったジェリーは己の信念に従い、たった一人となった落ち目のアメフト選手ロッドのために最善を尽くします。第69回アカデミー賞/助演男優賞をキューバ・グッディング・ジュニア受賞 第54回ゴールデン・グローブ賞/主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)をトム・クルーズが受賞など数々の受賞およびノミネートをしています。
監督:キャメロン・クロウ 出演者:トム・クルーズ(ジェリー・マグワイア)、キューバ・グッディング・ジュニア(ロッド)、レニー・ゼルウィガー(ドロシー)、ケリー・プレストン(エヴリー)、ジェイ・モーア(ボブ)ほか

「コールドマウンテン」のネタバレあらすじ結末

コールドマウンテンの紹介:2003年アメリカ映画。アメリカ合衆国軍として派遣されたノースカロライナ州コールドマウンテンの出身のインマンは、最愛の恋人であるエイダと派遣前の僅かな時間しか過ごすことができませんでした。戦場で戦いをやめ逃げることを決意したインマンは一人コールドマウンテンを目指します。
監督:アンソニー・ミンゲラ 出演者:ジュード・ロウ(インマン)、ニコール・キッドマン(エイダ・モンロー)、レネー・ゼルウィガー(ルビー・シューズ)ほか

「ブリジット・ジョーンズの日記3 ダメな私の最後のモテ期」のネタバレあらすじ結末

ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期の紹介:2016年イギリス,フランス,アメリカ映画。仕事ではテレビ局のプロデューサーとして充実しているがプライベートでは一人身のブリジット、ある日ジャックと運命的な出会いをするが同じ頃にマークとも再会する。二人と同時に関係を持っていたブリジットだがしばらくして妊娠していることが発覚し、二人の父親候補の間で揺れ動く。2001年の映画ブリジットジョーンズの日記シリーズ3作目。
監督:シャロン・マグワイア 出演:レニー・ゼルウィガー(ブリジット)、コリン・ファース(マーク)、パトリック・デンプシー(ジャック)ほか

「ビー・ムービー」のネタバレあらすじ結末

ビー・ムービーの紹介:2007年アメリカ映画。ドリームワークス制作。大学を卒業しいよいよ念願のハチミツ工場に勤める事になったバリー。しかし一度決めた仕事を今後一生変えることが出来ないと知ったバリーは受粉レンジャーとなり外の世界へ飛び立つことに。そして人間の住むその世界である人物と出会い彼の運命は大きく変わっていく。
監督:スティーヴ・ヒックナー サイモン・J・スミス 声の出演:バリー(ジェリー・サインフェルド) ヴァネッサ(レネー・ゼルウィガー) アダム(マシュー・ブロデリック)ほか

「ホワイト・オランダー」のネタバレあらすじ結末

ホワイト・オランダーの紹介:2002年アメリカ映画。敬愛する母親が殺人を犯したために里親のもとを転々とする娘が、母親が中心だった世界から自立をするまでの葛藤を描いたヒューマンドラマ。
監督:ピーター・コズミンスキー 出演:アリソン・ローマン(アストリッド・マグヌセン)、ミシェル・ファイファー(イングリッド・マグヌセン)、レニー・ゼルウィガー(クレア・リチャーズ)、ロビン・ライト・ペン(スター)、ほか

「シカゴ」のネタバレあらすじ結末

Chicago シカゴの紹介:2002年アメリカ映画。映画シカゴは、ブロードウェイの同名ミュージカルを斬新な映像表現を用いて見事に映画化した作品。第75回アカデミー賞、60回ゴールデングローブ賞の作品賞を受賞している。製作陣による印象的な画面作りもさることながら、豪華キャスト陣が自ら演じたミュージカルシーンにおけるダンスや歌の迫力も公開当時話題となった。
監督 :ロブ・マーシャル 原作:ボブ・フォッシー、フレッド・エッブ 出演:レニー・ゼルウィガー(ロキシー・ハート)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(ヴェルマ・ケリー)、リチャード・ギア(ビリー・フリン)、クイーン・ラティファ(ママ・モートン)ほか

「ブリジット・ジョーンズの日記(2001年)」のネタバレあらすじ結末

ブリジット・ジョーンズの日記の紹介:2001年アメリカ/イギリス映画。ブリジットは32歳、独身女性。仕事も恋も失敗続きでちょっぴり落ち込む事もあるけれど、前向きで行動的な彼女は、全世界の女性の共感を得られるはず。
監督:シャロン・マグワイア 出演:レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース、ジェンマ・ジョーンズ、ジム・ブロードベント、シャーリー・ヘンダーソンほか

「ブリジットジョーンズの日記」のネタバレあらすじ結末

ブリジットジョーンズの日記の紹介:2001年イギリス映画。全世界でベストセラーとなったヘレン・フィールディングの同名小説を映画化したラブコメディ。ブリジット・ジョーンズは出版社勤務の32歳の独身のOL。新年に彼女はひとつの決意をする。「日記をつけ、タバコとお酒を控えめにし、体重を減らして、恋人を見つける!」そして、「ハンサムな上司ダニエルには気をつける」彼女の誓いは無事達成されるのか?
監督:シャロン・マグワイア 出演:レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース、ジェマ・ジョーンズほか

TOP↑