ロン・ハワード監督映画一覧

ロン・ハワード監督映画のネタバレあらすじ一覧です。ロン・ハワード監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、ロン・ハワード監督作品の一覧です。

「シンデレラマン」のネタバレあらすじ結末

シンデレラマンの紹介:2005年アメリカ映画。20世紀前半、才能がありながらも世界恐慌や怪我により貧困生活を強いられた実在のボクサー、ジェームス・J・ブラドックが逆境をはねのけ、遂には世界王者に上り詰めるまでを描いた伝記ドラマです。
監督:ロン・ハワード 出演者:ラッセル・クロウ(ジェームス・J・ブラドック)、レネー・ゼルウィガー(メイ・ブラドック)、ポール・ジアマッティ(ジョー・グールド)、パディ・コンシディン(マイク・ウィルソン)、クレイグ・ビアーコ(マックス・ベア)、ブルース・マッギル(ジミー・ジョンストン)、クリント・ハワード(ハリー/レフェリー)ほか

「コクーン」のネタバレあらすじ結末

コクーンの紹介:1985年アメリカ映画。老人ホームの住人アート、ベン、ジョーの3人組は、未知の繭(コクーン)の力で、若かりし頃の気力が蘇っていきます。第二の人生を謳歌する彼らは、重大な決断をすることになります。おとぎ話のような題材に“生と死”というテーマを綴ったSFファンダジー映画です。1988年に続編の『コクーン2/遥かなる地球』が公開されています。
監督:ロン・ハワード 出演者:ドン・アメチー(アート)、ウィルフォード・ブリムリー(ベン)、ヒューム・クローニン(ジョー)、ジェシカ・タンディ(アルマ)、ジャック・ギルフォード(バーニー)ほか

「スパイクス・ギャング」のネタバレあらすじ結末

スパイクス・ギャングの紹介:1974年アメリカ映画。『その女を殺せ』、『ミクロの決死圏』、『トラ・トラ・トラ!』等、様々なジャンルで傑作を遺したフライシャー監督による西部劇。ベテラン銀行強盗スパイクスとささやかな自由を夢見る若者たちとのつかの間の師弟関係。スパイクス役は、『北国の帝王』、『殺人者たち』等のリー・マーヴィン。今日では『アポロ13』や『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』の監督として活躍するロン・ハワードが若者の一人を演じる。
監督:リチャード・フライシャー 出演者:リー・マーヴィン(ハリー・スパイクス)、ゲイリー・グライムス(ウィル)、ロン・ハワード(レス)、チャーリー・マーティン・スミス(トッド)、アーサー・ハニカット(老アウトロー)、ノア・ビアリー・Jr.(ジャック・バセット)ほか

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの紹介:2018年アメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ第2弾は、シリーズ本編の『エピソード4/新たなる希望(1977年)』の約10年前を舞台に、駆け出しの密輸業者だった若き日のハン・ソロとチューバッカらその仲間たち、そして愛船ミレニアム・ファルコン号との出会いを描きます。
監督:ロン・ハワード 出演者:オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ)、ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)、ドナルド・グローヴァー(ランド・カルリジアン)、ウディ・ハレルソン(トバイアス・ベケット)、エミリア・クラーク(キーラ)、タンディ・ニュートン(ヴァル)、フィービー・ウォーラー=ブリッジ(L3-37)、ポール・ベタニー(ドライデン・ヴォス)、レイ・パーク(ダース・モール)ほか

「ガン・ホー」のネタバレあらすじ結末

ガン・ホー(別題:ガン・ホー/突撃!ニッポン株式会社)の紹介:1986年アメリカ映画。工場が閉鎖され、住民のほとんどが無職になってしまったアメリカのある小さな町。かつてその工場長だったハント・スティーブンソンは、日本の自動車アッサンの工場を町に誘致しようとわざわざ本社がある日本に赴く。しかし企業幹部の反応は薄く、ハントのプレゼンは失敗。次々に人が商売を辞めていく中、アッサンの工場誘致が実現したと一報を貰い…。
監督:ロン・ハワード 出演:マイケル・キートン、ゲディ・ワタナベ、ミミ・ロジャース、山村聡、ジョージ・ウェント、ジョン・タートゥーロ、クリント・ハワード、ほか

「おさるのジョージ」のネタバレあらすじ結末

おさるのジョージの紹介:2006年アメリカ映画。H・A・レイとマーグレット・レイ夫妻による絵本「ひとまねこざる」として長年親しまれてきたサルのジョージ。何にでも興味を持ち、周りの状況も考えず突っ走るジョージは、行く先々で騒動を巻き起こしますが、素直で愛くるしい姿に思わず笑って許してしまいます。今作品では、「黄色い帽子のおじさん」を博物館勤務のテッドとして主人公に据え、ジョージとの出会いから、好奇心旺盛なジョージに振り回されながらも友情を感じていく様子がコミカルに描かれています。「アポロ13」などで知られるロン・ハワードがプロデュースした3Dアニメで、企画から10年以上を経て完成されました。ジャック・ジョンソンによるアコースティックな音楽が作品の雰囲気にぴったりマッチしています。
監督:マシュー・オキャラハン 出演者:ウィル・フェレル(テッド)、ドゥルー・バリモア(マギー)、フランク・ウェルカー(ジョージ)

「スプラッシュ」のネタバレあらすじ結末

スプラッシュの紹介:1984年アメリカ映画。幼い頃、海でおぼれた時に助けてくれた人魚の少女のことが忘れられない青年。ある日、海岸で出会った謎の美女に一目ぼれするが、彼女こそ、大人になったあの人魚だった。再会して恋におちた2人だが、人魚の存在を知った科学者が執拗に追ってくる。ニューヨークを舞台に繰り広げられる、ピュアなラブ・ストーリー。監督は、本作で第一線に躍り出たロン・ハワード。若き日のトム・ハンクスとダリル・ハンナの演技が初々しい。
監督:ロン・ハワード 出演者:トム・ハンクス(アラン)、ダリル・ハンナ(マディソン)、ジョン・キャンディ(フレディ)、ユージン・レヴィ(コンブルース)、リチャード・B・シャル(ロス博士)ほか

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK」のネタバレあらすじ結末

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Yearsの紹介:2016年イギリス作品。歴史的に名を残したザ・ビートルズのツアーを記録したドキュメンタリー作品。イギリス・リバプールで結成したいわゆる「初期」から、進歩しつつあったレコーディング技術を駆使し、新しい音楽を誕生させた「中期」、初期の曲風に戻りつつも、個々の表現が光る「後期」までを当時の映像に関係者やファンのインタビューを交えながら追っていく。彼らはなぜ解散したのか、世間からの評価が変化していったのはなぜか、大切にしていた時間とは。未公開映像とバンドメンバーの証言により明らかにされる。監督のロン・ハワードは『アポロ13』、『ダ・ヴィンチ・コード』などを手掛けており、『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞最優秀賞を受賞している実力派。まるでリアルタイムでザ・ビートルズを見ているかのような臨場感あふれる構成となっている。
監督:ロン・ハワード 出演:ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、ウーピー・ゴールドバーグ

「グリンチ」のネタバレあらすじ結末

グリンチの紹介:2000年アメリカ映画。海外で著名な絵本作家、ドクター・スースが1957年に発表した「いじわるグリンチのクリスマス」が原題。アカデミー賞でメイク・アップ賞を獲得したファンタジーした作品。
監督:ロン・ハワード 出演:ジム・キャリー(グリンチ)、ジェフリー・タンバー(メイ・フー市長)、クリスティーン・バランスキー(マーサ・メイ・フーヴィエ)、モリー・シャノン(ベティ・ルー・フー)、アンソニー・ホプキンス(ナレーション)、ほか

「メイフィールドの怪人たち」のネタバレあらすじ結末

メイフィールドの怪人たちの紹介:1989年アメリカ映画。アメリカの郊外生活者の不安を描くダーク・コメディ。「グレムリン」で知られたジョー・ダンテが監督。やはり監督として知られたロン・ハワードが共同製作者を務めている。撮影はすべてスタジオのオープンセットで行われた。
監督:ジョー・ダンテ 出演:トム・ハンクス(レイ・ピーターソン)、キャリー・フィッシャー(キャロル・ピーターソン)、ブルース・ダーン、コリー・フェルドマン、リック・デュコモン、ほか

「ボルト」のネタバレあらすじ結末

ボルトの紹介:2008年アメリカ映画。ハリウッドでアクション番組に出演しているタレント犬のボルト。番組での出来事を本物だと思い込むボルトは、アクシデントが重なりニューヨークに行ってしまいます。野良猫のミトン、ハムスターのリノと大陸横断をすることで、ボルトは、本物の世界を体感し、普通の犬として自覚していきます。愛らしいボルトに思わず笑みがこぼれるディズニー作品です。
監督:クリス・ウィリアムズ、バイロン・ハワード 声の出演:ジョン・トラヴォルタ(ボルト)、マイリー・サイラス(ペニー)、スージー・エスマン(ミトンズ)、マーク・ウォルトン(ライノ)、ほか

「白鯨との闘い」のネタバレあらすじ結末

白鯨との闘いの紹介:2015年アメリカ映画。何十年も前に遭難したエセックス号には実は隠されていた事実があった。生き残りのニカーソンはようやく重い口を開き始める。ハーマン・メルヴィルの「白鯨」の裏側に迫るナサニエル・フィルブリックのノンフィクション「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」をもとにしたサバイバルドラマ。
監督:ロン・ハワード 出演:クリス・ヘムズワース(オーウェン・チェイス)、ベンジャミン・ウォーカー(ジョージ・ポラード)、キリアン・マーフィ(マシュー・ジョイ)、トム・ホランド(トーマス・ニカーソン)、ほか

「インフェルノ」のネタバレあらすじ結末

インフェルノの紹介:2016年アメリカ映画。病院で目覚めたラングドン教授は数時間の記憶を失くしていた。自分が何故そこにいるのかも分からない、さらに突然謎の人物が教授を襲撃する。教授は何者かに狙われていた。その場に居合わせた医師シエナと共に逃げる教授は失くした記憶と少ないヒントで事件の真相を探ろうとする。そこで手に入れたキーワードはダンテの地獄編だった。トム・ハンクスが主演を務めるダン・ブラウン原作小説の映画『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』に続くシリーズ第3弾。
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)、フェリシティ・ジョーンズ(シエナ・ブルックス)、イルファン・カーン(ハリー・シムズ)、オマール・シー(クリストフ・ブシャール)、ベン・フォスター(バートランド・ゾブリスト)、シセ・バベット・クヌッセン(エリザベス・シンスキー)、ほか

「バックドラフト」のネタバレあらすじ結末

バックドラフトの紹介:1991年アメリカ映画。憧れだった亡き父の職業である消防士になったものの、優秀な兄と比較され、巧くいかない新米消防士ブライアン。ブライアンは、父の意思を受け継ぎ、兄にも負けない本物の消防士になれるのか?
監督ロン・ハワード 出演:カート・ラッセル(スティーブン・マカフレイ(ブル))、ウィリアム・ボールドウィン(ブライアン・マカフレイ)、ロバート・デ・ニーロ(ドナルド・リムゲイル放火犯罪捜査官(シャドー))、スコット・グレン(ジョン・アドコックス(アックス))、ほか

「遥かなる大地へ」のネタバレあらすじ結末

遥かなる大地への紹介:1992年アメリカ映画。当時夫婦であったトム・クルーズとニコール・キッドマンが共演した映画。19世紀の混迷を極めるアイルランドからアメリカへ渡った男女が、自らの力で運命を切り開きます。シャノンの婚約者役のスティーブンは、海外ドラマ『クリミナル・マインド』のアーロン・ホッチナー役でお馴染みのトーマス・ギブソンです。
監督:ロン・ハワード 出演者:トム・クルーズ(ジョセフ・ドネリー)、ニコール・キッドマン(シャノン・クリスティ)、トーマス・ギブソン(スティーブン・チェイス)、ロバート・プロスキー(ダニエル・クリスティ)、バーバラ・バブコック(ノーラ・クリスティ)ほか

1 2
TOP↑