ラッセル・クロウ映画一覧

ラッセル・クロウが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」のネタバレあらすじ結末

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャングの紹介:2019年オーストラリア,イギリス,フランス映画。アイルランド移民の貧しい家庭で育ったネッド・ケリーは幼い頃から父に代わって家族を支えていたが、父の死後、生活のため山賊に売られてしまう。10代で投獄され、出所後は家族の元に戻るも幸せは続かない。警察は難癖をつけては彼や家族を投獄しようする。貧困者への横暴や家族や仲間への理不尽な扱いに耐えられなくなったネッドは、自らの正義、家族と仲間への愛から、弟や仲間たちと共にギャンググループ『ケリー・ギャング』を結成し、国家権力に立ち向かう反逆者となっていく。
監督:ジャスティン・カーゼル 出演:ジョージ・マッケイ(ネッド・ケリー)、エシー・デイヴィス(エレン・ケリー)、ニコラス・ホルト(フィッツパトリック)、オーランド・シュワート(ネッド・ケリー少年時代)、トーマシン・マッケンジー(メアリー・ハーン)、ショーン・キーナン(ジョー・バーン)、チャーリー・ハナム(オニール巡査)、ラッセル・クロウ(ハリー・パワー)、ほか

「アオラレ」のネタバレあらすじ結末

アオラレの紹介:2020年アメリカ,イギリス映画。離婚、仕事や子育てに翻弄され、生活も苦しい美容師レイチェル。たまたまクラクションを鳴らしたトラックの男につけ狙われ、家族や友人などが次々と襲われていく。理不尽な恐怖に怯えるレイチェルだが、愛する息子カイルを守るために逆襲を決意する。日本のみならず世界中で大問題になっている、あおり運転を軸に、恐怖と興奮のノンストップ・スリラー。
監督:デリック・ボルテ 出演:ラッセル・クロウ(男)、カレン・ピストリアス(レイチェル)、ガブリエル・ベイトマン(カイル)、ジミ・シンプソン(アンディ)、オースティン・P・マッケンジー(フレッド)、ジュリエン・ジョイナー(メアリー)ほか

「プルーフ・オブ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

プルーフ・オブ・ライフの紹介:2000年アメリカ映画。反政府ゲリラに誘拐された人質を解放すべく交渉に臨む元イギリス陸軍特殊部隊SAS隊員の姿を、人質の妻との許されざる恋と共に描くサスペンス・アクション作品です。タイトルの「プルーフ・オブ・ライフ」とは生存証明を意味しています。
監督:テイラー・ハックフォード 出演:ラッセル・クロウ(テリー・ソーン)、メグ・ライアン(アリス・ボーマン)、デヴィッド・モース(ピーター・ボーマン)、デヴィッド・カルーソ(ディーノ)、パメラ・リード(ジャニス・グッドマン)、アンソニー・ヒールド(テッド・フェルナー)、ゴットフリート・ジョン(エリック・ケズラー)、アラン・アームストロング(ワイアット)、マーゴ・マーティンデイル(アイヴィ)ほか

「ある少年の告白」のネタバレあらすじ結末

ある少年の告白の紹介:2018年アメリカ映画。アメリカに現在もあるという同性愛者の矯正施設。この映画には、原作者ガラルド・コンリーが告発本を出版するに至った、ある矯正施設での実体験とそれによって生まれた人間ドラマが描かれている。主人公ジャレッドを演じるのは、20歳のときにアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたこともあるルーカス・ヘッジズ。その両親に、ともにアカデミー賞主演男優賞・女優賞をとったラッセル・クロウとニコール・キッドマン。豪華キャスト陣の繊細かつ大胆な演技が観る者を圧倒する衝撃の実話、そして深く考えさせられる内容となっている。
監督:ジョエル・エドガートン 出演:ルーカス・ヘッジズ(ジャレッド・イーモンズ)、ニコール・キッドマン(母 ナンシー・イーモンズ)、ラッセル・クロウ(父 マーシャル・イーモンズ)、ジョエル・エドガートン(ヴィクター・サイクス)、ジョー・アルウィン(ヘンリー)、グザヴィエ・ドラン(ジョン)、トロイ・シヴァン(ゲイリー)、テオドール・ペルラン(ゼイヴィア)、フリー[レッド・ホット・チリペッパーズ ベーシスト](ブランドン)、ほか

「ブロークンシティ」のネタバレあらすじ結末

ブロークンシティの紹介:2012年アメリカ映画。中々儲からずに苦労していた元警察官の私立探偵が、ニューヨーク市長から妻の浮気調査の依頼を受けました。しかし、その裏には巨大な陰謀が隠されていました。「“正義”が喰い殺されるこの街で、勝ち目0(ゼロ)の復讐が始まる!」というキャッチで、この陰謀に立ち向かう私立探偵の姿を描いた政治クライム・サスペンス映画です。
監督:アレン・ヒューズ 出演:マーク・ウォールバーグ(ビリー・タガート)、ラッセル・クロウ(ニコラス・ホステラー市長)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(キャサリン・ホステラー)、ジェフリー・ライト(コリン・フェアバンクス)、バリー・ペッパー(ジャック・ヴァリアント)、ほか

「シンデレラマン」のネタバレあらすじ結末

シンデレラマンの紹介:2005年アメリカ映画。20世紀前半、才能がありながらも世界恐慌や怪我により貧困生活を強いられた実在のボクサー、ジェームス・J・ブラドックが逆境をはねのけ、遂には世界王者に上り詰めるまでを描いた伝記ドラマです。
監督:ロン・ハワード 出演者:ラッセル・クロウ(ジェームス・J・ブラドック)、レネー・ゼルウィガー(メイ・ブラドック)、ポール・ジアマッティ(ジョー・グールド)、パディ・コンシディン(マイク・ウィルソン)、クレイグ・ビアーコ(マックス・ベア)、ブルース・マッギル(ジミー・ジョンストン)、クリント・ハワード(ハリー/レフェリー)ほか

「ナイスガイズ!」のネタバレあらすじ結末

ナイスガイズ!の紹介:2016年アメリカ映画。シングルファーザーのマーチは毎日安酒に浸りながら冴えない日々を送っている私立探偵。ある日ふとしたきっかけから、横暴な元海軍の示談屋ヒーリーと組みアメリアという女性の捜索をする。簡単にこなせるはずの仕事だったが、やがてデトロイトの闇へとつながり2人は大きな騒動に巻き込まれていく。
監督:シェーン・ブラック 出演:ラッセル・クロウ(ジャクソン・ヒーリー)、ライアン・ゴズリング(ホランド・マーチ)、アンガーリー・ライス(ホーリー・マーチ)、マット・ボマー(ジョン・ボーイ)、キース・デヴィッド(オールドガイ)、ボー・ナップ(ブルー・フェイス)、ヤヤ・ダコスタ(タリー)、マーガレット・クアリー(アメリア・カットナー)、キム・ベイシンガー(ジュディス・カットナー)ほか

「ロビン・フッド (2010年)」のネタバレあらすじ結末

ロビン・フッドの紹介:2010年アメリカ,イギリス映画。過去に幾度となく映画化されてきた中世英国の国民的英雄ロビン・フッドの半生を描いた作品の2010年バージョンです。「グラディエーター」で組んだリドリー・スコット監督とラッセル・クロウが再びタッグを組んだ作品です。
監督:リドリー・スコット 出演者:ラッセル・クロウ(ロビン・ロングストライド/ロビン・フッド)、ケイト・ブランシェット(マリアン・ロクスリー)、マーク・ストロング(ゴドフリー)、ウィリアム・ハート(ウィリアム・マーシャル)、マーク・アディ(タック修道士)ほか

「消されたヘッドライン」のネタバレあらすじ結末

消されたヘッドラインの紹介:2009年アメリカ,イギリス映画。イギリスBBCテレビの人気ドラマ『ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~』を映画化したサスペンス作品で、友人である下院議員のスキャンダルに巻き込まれた新聞記者が巨大軍事企業の利権が絡む陰謀の構図を暴くため立ち上がる姿を描いています。
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演者:ラッセル・クロウ(カル・マカフリー)、ベン・アフレック(スティーヴン・コリンズ)、レイチェル・マクアダムス(デラ・フライ)、ロビン・ライト・ペン(アン・コリンズ)、ジェイソン・ベイトマン(ドミニク・フォイ)ほか

「ノア 約束の舟」のネタバレあらすじ結末

ノア 約束の舟の紹介:2014年アメリカ映画。旧約聖書の重要なエピソードのひとつ「ノアの方舟」を壮大なスケールで映画化したスペクタクル作品です。神の啓示を受け、方舟作りに邁進するノアが、家族への愛と自らの使命との間で苦悩する姿を描いています。
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演者:ラッセル・クロウ(ノア)、ジェニファー・コネリー(ナーマ)、エマ・ワトソン(イラ)、ローガン・ラーマン(ハム)、アンソニー・ホプキンス(メトシェラ)ほか

「アメリカン・ギャングスター」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・ギャングスターの紹介:2007年アメリカ映画。1960年代終盤から70年代にかけてのニューヨークのハーレムを舞台に、ギャングの運転手から麻薬王に登り詰めた男と正義感に燃える警官との駆け引きを、警察内部の汚職などを絡めて描いた実録犯罪ドラマです。
監督:リドリー・スコット 出演者:デンゼル・ワシントン(フランク・ルーカス)、ラッセル・クロウ(リッチー・ロバーツ)、キウェテル・イジョフォー(ヒューイ・ルーカス)、ジョシュ・ブローリン(ニック・トルーポ)、コモン(ターナー・ルーカス)、T.I.(スティーヴ・ルーカス)、RZA(モーゼス・ジョーンズ)ほか

「プロヴァンスの贈りもの」のネタバレあらすじ結末

プロヴァンスの贈りものの紹介:2006年アメリカ映画。ロンドンの敏腕金融トレーダー、マックスは仕事も順調、多忙な生活を送っており休暇を取る機会もありません。ある日、幼い頃毎年夏休みを共に過ごしたヘンリーおじさんの訃報を受け、彼から相続されたフランス、プロヴァンスの住居とワイン園を売却しに現地へ向かいます。すぐ売却するつもりが、家の手入れをするうちに、優しいおじさんとの楽しかった思い出や、ワイン園を守りたい醸造職人家族との交流、そしてカフェオーナーの美しい女性、ファニーとの出会いによって徐々に彼の気持ちは変化して行きます。
監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ(マックス・スキナー)、マリオン・コティヤール(ファニー・シュナル)、フレディ・ハイモア(少年時代のマックス)、アルバート・フィニー(ヘンリーおじさん)、アビー・コーニッシュ(クリスティ・ロバーツ)、ほか

「マスター・アンド・コマンダー」のネタバレあらすじ結末

マスター・アンド・コマンダーの紹介:2003年アメリカ映画。イギリスの小説家パトリック・オブライアンの「オーブリー&マチュリン」シリーズの10作目「The Far Side of the World」を原作として製作された海洋アドベンチャー大作です。皇帝ナポレオン率いるフランス軍に果敢に立ち向かった、イギリス艦隊のフリゲート艦「サプライズ号」の艦長や若き士官候補生たちの戦いを描いています。
監督:ピーター・ウィアー 出演者:ラッセル・クロウ(ジャック・オーブリー)、ポール・ベタニー(スティーブン・マチュリン)、ジェームズ・ダーシー(トーマス・プリングス)、マックス・パーキス(ウィリアム・ブレイクニー)、マックス・ベニッツ(ピーター・カラミー)ほか

「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」のネタバレあらすじ結末

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女の紹介:2017年アメリカ映画。歴代のモンスター映画をリブートした、ダークユニバースシリーズの第一弾。本作は1932年に公開された『ミイラ誕生』をリブートした映画。古代エジプト、王位につくはずのアマネットは父親メネプトレ大王に男児が生まれたことで望み叶わず、セトに魂を売り一家を殺害。怒った神官たちはアマネットを生き埋めにしてしまう。現代のイラク、反乱軍と戦うニックと相棒のヴェイルは偶然アマネットの棺を見つける。研究のために棺を持ち帰る空輸の途中、邪悪な空気に包まれた飛行機は墜落してしまう。飛行機が大破する大事故だったにも関わらず傷一つなかったニックは、霊に取り憑かれたヴェイルから、アマネットがニックの肉体を使ってセトを蘇らせようとしていることを聞かされる…。
監督:アレックス・カーツマン 出演:トム・クルーズ(ニック・モートン)、アナベル・ウォーリス(ジェニー・ハルジー)、ソフィア・ブテラ(アマネット)、ジェイク・ジョンソン(クリス・ヴェイル)、コートニー・B・ヴァンス(グリーンウェイ大佐)、ラッセル・クロウ(ヘンリー・ジキル博士)ほか

「ワールド・オブ・ライズ」のネタバレあらすじ結末

ワールド・オブ・ライズの紹介:2008年アメリカ映画。デヴィッド・イグネイシャスの小説をレオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウの二大スターのW主演で映画化したサスペンス作品です。生き方の違う二人のCIAエージェント、ヨルダン情報局、そしてテロリストによる嘘で塗り固められた頭脳戦が展開されます。
監督:リドリー・スコット 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス)、ラッセル・クロウ(エド・ホフマン)、マーク・ストロング(ハニ・サラーム)、ゴルシフテ・ファラハニ(アイシャ)、オスカー・アイザック(バッサーム)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑