斎藤工映画一覧

斎藤工が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「8日で死んだ怪獣の12日の物語 劇場版」のネタバレあらすじ結末

8日で死んだ怪獣の12日の物語 -劇場版-の紹介:2020年日本映画。コロナ禍の東京で、仕事がなくなった俳優タクミが、通販で買ったカプセル怪獣を育て、その成長記録を動画で配信します。タクミとリモートで繋がる人々の怪獣を通じたふれあいを描いたファンタジー作品です。樋口真嗣監督ら5人の監督が発動した「カプセル怪獣計画」の番外編で、全編モノクロのリモート撮影作品です。
監督:岩井俊二 出演者:斎藤工(サトウタクミ)、のん(丸戸のん)、武井壮(オカモトソウ)、穂志もえか(もえかす)、樋口真嗣(樋口監督)、ほか

「糸」のネタバレあらすじ結末

糸の紹介:2020年日本映画。中島みゆきが1998年に発表した名曲『糸』をモチーフに、菅田将暉と小松菜奈のダブル主演で映画化したラブストーリーです。平成元年に生まれた男女が様々な出逢いと別れを繰り広げながら真実の愛に目覚めていく課程を描きます。
監督:瀬々敬久 主題歌:中島みゆき「糸」 出演者:菅田将暉(高橋漣)、小松菜奈(園田葵)、山本美月(高木玲子)、高杉真宙(冴島亮太)、馬場ふみか(後藤弓)、倍賞美津子(村田節子)、永島敏行(桐野昭三)、竹原ピストル(矢野清)、二階堂ふみ(山田利子)、松重豊(富田幸太郎)、田中美佐子(桐野春子)、山口紗弥加(園田真由美)、成田凌(竹原直樹)、斎藤工(水島大介)、榮倉奈々(桐野香)ほか

「ビューティフルドリーマー」のネタバレあらすじ結末

ビューティフルドリーマーの紹介:2020年日本映画。『踊る大捜査線』シリーズや『ブレイブ 群青戦記』など本広克行が、『攻殻機動隊』『機動警察パトレイバー』シリーズなどの押井守のオリジナル脚本『夢みる人』を原案として映画化した青春映画です。とある美術大学の映画研究会が自主制作映画を作る過程が描かれ、登場人物はほぼ全員が演者のあてがき形式、台詞のほとんどが演者たちのアドリブで構成される即興劇となっています。
監督:本広克行 原案:押井守 出演者:小川紗良(サラ)、藤谷理子(リコ)、神尾楓珠(カミオ)、内田倭史(ウチダ)、ヒロシエリ(シエリ)、森田甘路(モリタ)、伊織もえ(イオリモエ)、かざり(カザリ)、秋元才加(アキモトサヤカ)、池田純矢(イケダジュンヤ)、飯島寛騎(イイジマヒロキ)、福田愛依(フクダメイ)、瀧川英次(タキガワエイジ)、升毅(マスタケシ)、斎藤工(サイトウタクミ)ほか

「家族のレシピ」のネタバレあらすじ結末

家族のレシピの紹介:2018年シンガポール,日本,フランス映画。シンガポール・日本・フランス合作による、「食と家族の絆」をテーマにした国際色豊かなヒューマンドラマです。ラーメン屋の息子である主人公(斎藤工)は店主だった父の死をきっかけに、亡き母の故郷であるシンガポールを訪れ、母のルーツを辿る旅に出る過程を描きます。
監督:エリック・クー 出演者:斎藤工(山本真人)、マーク・リー(ウィー)、ジネット・アウ(メイリアン)、伊原剛志(山本和男)、別所哲也(山本明男)、ビートリス・チャン(マダム・リー)、松田聖子(美樹)ほか

「ゾッキ」のネタバレあらすじ結末

ゾッキの紹介:2020年日本映画。漫画家・大橋裕之の初期短編集の中から選りすぐられたエピソードを、俳優の竹中直人、山田孝之、斎藤工(『齊藤工』名義)がエピソードごとにメガホンを執って実写映画化したコメディ群像劇です。全てのロケを大橋裕之の出身地である愛知県蒲郡市で行い、それぞれに秘密を抱えた人々が織り成す人間模様を描いていきます。ちなみにタイトルの「ゾッキ」とは「ひとまとめ」「寄せ集め」を意味しています。
監督:竹中直人、山田孝之、齊藤工 出演者:吉岡里帆(前島りょうこ)、鈴木福(伊藤)、満島真之介(旅人)、柳ゆり菜(若い女)、南沙良(松原京子)、安藤政信(道場の師範代)、ピエール瀧(漁師の定男)、森優作(牧田)、九条ジョー(伴くん)、木竜麻生(本田さん)、倖田來未(足立の女房)、竹原ピストル(マサルの父)、潤浩(マサル)、松井玲奈(幽霊のような女)、渡辺佑太朗(二十代のマサル)、石坂浩二(りょうこの祖父)、松田龍平(藤村)、國村隼(漁師のヤスさん)、板垣李光人(コンビニ店員)ほか

「騙し絵の牙」のネタバレあらすじ結末

騙し絵の牙の紹介:2021年日本映画。『罪の声』などを手掛けた小説家・塩田武士が大泉洋を主人公のモデルとして執筆した同名小説を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化した作品です。大泉洋自ら主演を務め、雑誌廃刊の危機に立たされた編集長が生き残りを賭けて起死回生の再建策に打って出る様を描きます。
監督:吉田大八 出演者:大泉洋(速水輝)、松岡茉優(高野恵)、宮沢氷魚(矢代聖)、池田エライザ(城島咲)、斎藤工(郡司一)、中村倫也(伊庭惟高)、坪倉由幸(柴崎真二)、和田聰宏(三村洋一)、石橋けい(中西清美)、森優作(安生充)、中野英樹(相沢徳朗)、赤間麻里子(伊庭綾子)、山本學(伊庭喜之助)、佐野史郎(宮藤和生)、リリー・フランキー(神座詠一)、塚本晋也(高野民生)、國村隼(二階堂大作)、木村佳乃(江波百合子)、小林聡美(久谷ありさ)、佐藤浩市(東松龍司)ほか

「欲動」のネタバレあらすじ結末

欲動の紹介:2014年日本映画。女優や映画プロデューサーとして活動する杉野希妃の自身2作目となる長編監督作の官能ドラマです。三津谷葉子と斎藤工をダブル主演に迎え、全編インドネシア・バリ島でのロケを敢行、心臓の病を抱えて余命幾ばくもない男とその妻が男の妹の出産に立ち会うため向かったバリ島での日々を、人間の生死や男女の性愛の狭間で揺れ動く夫婦の心理を交えて描きます。
監督:杉野希妃 出演者:三津谷葉子(ユリ)、斎藤工(千紘)、杉野希妃(九美)、コーネリオ・サニー(ワヤン)、トム・メス(ルーク)、高嶋宏行(木村)、松崎颯(イキ)ほか

「明日泣く」のネタバレあらすじ結末

明日泣くの紹介:2011年日本映画。22歳の時に新人賞をとって以来鳴かず飛ばずの作家の武は、ジャズピアニストを目指していた同級生の菊子に再会します。ニューオーリンズでピアノを弾く夢を持っていた菊子は、ジャズバーの前座でピアノを弾きながら客の相手をしていました。賭けマージャンをしながら小説を書く武と、いまだにジャズピアニストの夢を追っている菊子の姿を綴った、雀聖・阿佐田哲也の小説の映画化です。
監督:内藤誠 出演者:斎藤工(武)、汐見ゆかり(定岡菊子)、武藤昭平(島田)、井端珠里(みずゑ)、奥瀬繁(吉永)、マービン・レノアー(クレイグ・ハンター)ほか

「めめめのくらげ」のネタバレあらすじ結末

めめめのくらげの紹介:2013年日本映画。世界的に活躍する現代アーティスト、村上隆の監督デビュー作となるファンタジー映画です。震災後の日本の架空の町「都雲市」を舞台に、村上隆自らデザインした不思議なキャラクター「ふれんど」と子供たちの交流を描きます。本作の続編『めめめのくらげ2 マハーシャンク』(仮)の制作も計画されていましたが、新型コロナウイルス問題などにより頓挫しています。
監督:村上隆 出演者:末岡拓人(草壁正志)、浅見姫香(天宮咲)、窪田正孝(青竜)、染谷将太(白虎)、塩澤英真(玄武)、池永亜美(朱雀)、大朏岳優(古平竜也)、根岸泰樹(相楽樹蘭)、石川新太(中川巧)、村上航(土信田)、黒沢あすか(天宮静子)、津田寛治(草壁辰男)、鶴田真由(草壁靖子)、斎藤工(幸塚直人)ほか

「ヲタクに恋は難しい」のネタバレあらすじ結末

ヲタクに恋は難しいの紹介:2020年日本映画。pixivに連載されていた漫画「ヲタクに恋は難しい」。2018年にテレビアニメ化もされたこの作品が、あの「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」の福田雄一監督によって、全く新しいミュージカルラブコメディとして生まれ変わった。W主演を務めたのは数多くのミュージカル主演経験をもつ高畑充希と、漫画実写化映画なら他の追随を許さない山﨑賢人。美声を披露する菜々緒やムロツヨシ、斉藤工のダンスも見逃せない。そして、最近の福田組には欠かせない賀来賢人の振り切った演技も大きな見どころのひとつだ。
脚本・監督:福田雄一 キャスト:高畑充希(桃瀬成海)、山﨑賢人(二藤宏嵩)、菜々緒(小柳花子)、斎藤工(樺倉太郎)、賀来賢人(坂元真司)、今田美桜(森田悠季)、若月佑美(未来)、ムロツヨシ(バーのマスター)、佐藤二朗(石山邦雄)、内田真礼(本人役)ほか

「MANRIKI」のネタバレあらすじ結末

MANRIKI(まんりき)の紹介:2019年日本映画。斎藤工、永野、金子ノブアキ、清水康彦らからなる映像制作プロジェクトチーム「チーム万力」が手掛けるブラックコメディ作品です。斎藤工と永野が企画・プロデュース、永野が脚本、金子ノブアキが音楽を手掛け、万力を使って人を小顔にする整顔師の視線を通じて人間の限りない欲望を炙り出していきます。
監督:清水康彦 出演者:斎藤工(整顔師)、永野(看護師)、金子ノブアキ(医師)、SWAY(ヒモ男)、小池樹里杏(女)、神野三鈴(年増女)ほか

「愛と誠」のネタバレあらすじ結末

愛と誠の紹介:2012年日本映画。梶原一騎の情熱的愛情を炸裂させた、漫画原作。三池崇史監督による、ミュージカル仕立ての、アクションありラブストーリー。今回は、武井咲主演の「角川・東映版」。
監督:三池崇史 出演:妻夫木聡(太賀誠)、武井咲(早乙女愛)、斎藤工(岩清水弘)、大野いと(高原由紀)、安藤サクラ(ガムコ)、前田健(先生)、加藤清史郎(太賀誠(幼少期))、一青窈(早乙女美也子)、ほか

「Diner ダイナー」のネタバレあらすじ結末

Diner ダイナーの紹介:2019年日本映画。大胆な色使いで知られる蜷川実花監督。三作めとなるこの『Diner』では、初の男性主人公、初のヴァイオレンスアクションに挑戦している。主役のボンベロを演じるのは、監督の父、演出家蜷川幸雄に見出された藤原竜也。亡きボスとして、肖像画で登場する恩師に見守られながら、藤原は超豪華でぶっ飛んだ共演者たちと死のバトルを繰り広げる。蜷川監督の次回作は、小栗旬主演の『人間失格 太宰治と3人の女たち』で、2019年9月に公開される。
監督:蜷川実花 キャスト:藤原竜也(ボンベロ)、玉城ティナ(オオバカナコ)、窪田正孝(スキン)、本郷奏多(キッド)、武田真治(ブロ)、斎藤工(カウボーイ)、佐藤江梨子(ディーディー)、金子ノブアキ(ブタ男)、小栗旬(マテバ)、土屋アンナ(マリア)、真矢ミキ(無礼図)、奥田瑛二(コフィ)、ほか

「渋谷」のネタバレあらすじ結末

渋谷の紹介:2009年日本映画。渋谷の街の日常を赤裸々に描いた作品。フリーカメラマンの水澤は、ある日渋谷の路上で言い争う少女と母親を見かけます。なぜ少女が母親につらく当たるのか、理由を知りたい水澤は少女と接触をはかりますが…。
監督:西谷真一 出演:綾野剛(水澤一成)、佐津川愛美(ユリカ)、松田美由紀(ユリカの母)、ARATA(ヘルスの店員)、大島優子(ユウ)、西村和彦(ヘルスの客)、石田えり(栗山)、斎藤工、藤井リナ、ほか

「麻雀放浪記2020」のネタバレあらすじ結末

麻雀放浪記2020の紹介:2019年日本映画。1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を、作品に惚れ込んだ主演:斎藤工と監督:白石和彌のコンビで再映画化したコメディ作品です。原作の主人公:坊や哲(斎藤工)が戦後の1945年から第三次世界大戦で東京オリンピックが中止となった2020年へとタイムスリップしてしまうという大胆なアレンジと痛烈な風刺を織り込み、全編に渡ってiPhoneで撮影されました。出演者の不祥事により一時公開が危ぶまれるも当初の予定通りノーカット完全版として公開されました。キャッチフレーズは「ボーッと生きてんじゃねえよ!ニッポン!」。
監督:白石和彌 出演者:斎藤工(坊や哲)、もも(チャラン・ポ・ランタン)(ドテ子)、ベッキー(八代ゆき/AIユキ(二役))、的場浩司(ドサ健/ミスターK(二役))、岡崎体育(ドク)、ピエール瀧(杜)、音尾琢真、杉村蝉之介、伊武雅刀、矢島健一、吉澤健、ヴァニラ(量産型AI搭載セクサロイド)、舛添要一(本人役)、堀内正美(女衒の達徳)、小松政夫(出目徳/ヤン(二役))、竹中直人(クソ丸)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑