Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

斎藤工映画一覧

斎藤工が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「Diner ダイナー」のネタバレあらすじ結末

Diner ダイナーの紹介:2019年日本映画。大胆な色使いで知られる蜷川実花監督。三作めとなるこの『Diner』では、初の男性主人公、初のヴァイオレンスアクションに挑戦している。主役のボンベロを演じるのは、監督の父、演出家蜷川幸雄に見出された藤原竜也。亡きボスとして、肖像画で登場する恩師に見守られながら、藤原は超豪華でぶっ飛んだ共演者たちと死のバトルを繰り広げる。蜷川監督の次回作は、小栗旬主演の『人間失格 太宰治と3人の女たち』で、2019年9月に公開される。
監督:蜷川実花 キャスト:藤原竜也(ボンベロ)、玉城ティナ(オオバカナコ)、窪田正孝(スキン)、本郷奏多(キッド)、武田真治(ブロ)、斎藤工(カウボーイ)、佐藤江梨子(ディーディー)、金子ノブアキ(ブタ男)、小栗旬(マテバ)、土屋アンナ(マリア)、真矢ミキ(無礼図)、奥田瑛二(コフィ)、ほか

「渋谷」のネタバレあらすじ結末

渋谷の紹介:2009年日本映画。渋谷の街の日常を赤裸々に描いた作品。フリーカメラマンの水澤は、ある日渋谷の路上で言い争う少女と母親を見かけます。なぜ少女が母親につらく当たるのか、理由を知りたい水澤は少女と接触をはかりますが…。
監督:西谷真一 出演:綾野剛(水澤一成)、佐津川愛美(ユリカ)、松田美由紀(ユリカの母)、ARATA(ヘルスの店員)、大島優子(ユウ)、西村和彦(ヘルスの客)、石田えり(栗山)、斎藤工、藤井リナ、ほか

「麻雀放浪記2020」のネタバレあらすじ結末

麻雀放浪記2020の紹介:2019年日本映画。1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を、作品に惚れ込んだ主演:斎藤工と監督:白石和彌のコンビで再映画化したコメディ作品です。原作の主人公:坊や哲(斎藤工)が戦後の1945年から第三次世界大戦で東京オリンピックが中止となった2020年へとタイムスリップしてしまうという大胆なアレンジと痛烈な風刺を織り込み、全編に渡ってiPhoneで撮影されました。出演者の不祥事により一時公開が危ぶまれるも当初の予定通りノーカット完全版として公開されました。キャッチフレーズは「ボーッと生きてんじゃねえよ!ニッポン!」。
監督:白石和彌 出演者:斎藤工(坊や哲)、もも(チャラン・ポ・ランタン)(ドテ子)、ベッキー(八代ゆき/AIユキ(二役))、的場浩司(ドサ健/ミスターK(二役))、岡崎体育(ドク)、ピエール瀧(杜)、音尾琢真、杉村蝉之介、伊武雅刀、矢島健一、吉澤健、ヴァニラ(量産型AI搭載セクサロイド)、舛添要一(本人役)、堀内正美(女衒の達徳)、小松政夫(出目徳/ヤン(二役))、竹中直人(クソ丸)ほか

「blank13」のネタバレあらすじ結末

blank13(ブランク13)の紹介:2017年日本映画。放送作家・はしもとこうじの実体験に基づくエピソードを俳優・斎藤工が“齊藤工”名義で自身初の長編作品として監督を務めたヒューマンドラマです。多額の借金を抱え、まだ幼い兄弟と母を残して失踪した父。13年後に再会した時には父は既に病魔に蝕まれており・・・。
監督:齊藤工 出演者:高橋一生(松田コウジ)、斎藤工(松田ヨシユキ)、神野三鈴(松田洋子)、松岡茉優(西田サオリ)、佐藤二朗(岡宗太郎)、村上淳(多田マサシ)、リリー・フランキー(松田雅人)ほか

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」のネタバレあらすじ結末

裁判長!ここは懲役4年でどうすかの紹介:2010年日本映画。女性映画プロデューサーから裁判の映画の脚本を書いてくれと頼まれたライターが、取材のため裁判所を毎日訪れるうち、傍聴マニアのメンバーと仲良くなり、裁判の世界にのめり込んでいくという内容の日本映画です。
監督:豊島圭介 出演者:設楽統(南波タモツ)、片瀬那奈(長谷部真理検事)、螢雪次朗(西村)、村上航(谷川)、尾上寛之(永田)、鈴木砂羽(須藤光子)、木村了、堀部圭亮、斎藤工、日村勇紀、ほか

「種まく旅人 夢のつぎ木」のネタバレあらすじ結末

種まく旅人 ~夢のつぎ木~の紹介:2016年日本映画。岡山県赤磐市を舞台に、亡くなった兄の遺志を継ぎ、女優の夢をあきらめて桃の栽培に励む若い女性と、日々の仕事に追われ夢を見失いかけている農林水産省の若い職員が出会い、少しずつ距離を縮めていきます。種まく旅人シリーズの第3弾です。
監督:佐々部清 出演:高梨臨(片岡彩音)、斎藤工(木村治)、池内博之(片岡悠斗)、津田寛治(岩渕源太郎)、海老瀬はな(片岡美咲)、安倍萌生(片岡知紗)、井上順(高橋浩一)、辻伊吹(高橋直輝)、吉沢悠(森川卓司)、田中麗奈(森川みのり)、ほか

「のみとり侍」のネタバレあらすじ結末

のみとり侍(蚤とり侍)の紹介:2018年日本映画。徳川家治、老中田沼意次の時代に賄賂が横行し、お金になることは何でも許されていた。そんなある日、長岡藩のエリート侍小林は歌の会に出ていたのだが藩主牧野忠精の作品が盗作であると正直に言ってしまう。みんなのいる前で恥をかかされた忠精は逆ギレして「猫の蚤とりになって無様に暮らせ。」と左遷されてしまう。生真面目な小林は猫の蚤取りをするものと思って蚤取りの親分甚兵衛とその妻お鈴に会いに下町に行くと何か勘違いされて貧乏長屋を紹介されてそこで暮らすようになる。猫の蚤取りとは名ばかりで実際はセフレの仕事だった。
監督:鶴橋康夫 出演:阿部寛(小林寛之進)、寺島しのぶ(おみね/千鶴)、豊川悦司(清兵衛)、斎藤工(佐伯友之介)、風間杜夫(甚兵衛)、大竹しのぶ(お鈴)、前田敦子(おちえ)、松重豊(牧野備前守忠精)、桂文枝(田沼意次)、ほか

「吸血少女対少女フランケン」のネタバレあらすじ結末

吸血少女対少女フランケンの紹介:2009年日本映画。吸血鬼の女子高生が転校してきたことにより、巻き起こる変な高校の珍事をおかしくも残虐に描いたジャパニーズスプラッター映画です。過度なゴスロリやガングロスタイル、そしてリストカットまで笑いのネタにしてしまう過激な内容です。
監督:友松直之 出演者:川村ゆきえ(有角もなみ)、斎藤工(水島樹権)、乙黒えり(富良野けい子)、津田寛治(富良野ケン児)、しいなえいひ(もなみの母親 )ほか

「RE:BORN リボーン」のネタバレあらすじ結末

RE:BORN リボーンの紹介:2017年日本映画。特殊部隊に所属していた敏郎が、訓練で部隊を全滅させてしまった事から、後に命を狙われ、元同僚たちと闘うという、和製アクションスプラッター映画です。武器をもっての格闘シーンは、目を見張るものがあり日本映画ではトップクラスのアクションシーンが見どころです。
監督:下村勇二 出演者:坂口拓(黒田敏郎)、近藤結良(サチ)、斎藤工(真壁健二)、長谷部瞳(松本静香)、稲川義貴(アビス)、 篠田麻里子(ニュート)、大塚明夫(ファントム)、いしだ壱成(ロック)、望月オーソン(マックス)、賢太(マサル)ほか

「去年の冬、きみと別れ」のネタバレあらすじ結末

去年の冬、きみと別れの紹介:2018年日本映画。芥川賞作家、中村文則の同名サスペンス小説を映画化。不可解な焼死事件を調べるフリーライター耶雲恭介は、容疑者の奇才写真家、木原坂雄大と接触ていくうちに、衝撃の事実へと辿り着いていく。主演は「HiGH&LOW」シリーズ、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」等で注目を集める三代目J Soul Brothersの岩田剛典が務める。
監督:瀧本智行 出演:岩田剛典(耶雲恭介)、山本美月(松田百合子)、斎藤工(木原坂雄大)、浅見れいな(木原坂朱里)、土村芳(吉岡亜希子)、北村一輝(小林良樹)、ほか

「赤んぼ少女」のネタバレあらすじ結末

赤んぼ少女の紹介:2007年日本映画。15年前の戦時中に生き別れになった南条家の両親の元に行った葉子はそこでタマミという妹の存在を知ることになります。しかしタマミは成長しない赤ん坊のままの姿で、地下室で暮らしていました。しかし葉子の存在によりタマミは狂暴な少女に変貌してゆきます…という話です。楳図かずおの怪奇漫画の映画化です。
監督:山口雄大 出演:水沢奈子(南条葉子)、野口五郎(南条敬三)、斎藤工(吉村高也)、板尾創路(運転手)、堀部圭亮(吉村誠也)、生田悦子(紀伊スエ)、浅野温子(南条夕子)ほか

「雷桜」のネタバレあらすじ結末

雷桜の紹介:2010年日本映画。「雷桜」は日本版「ロミオとジュリエット」として、身分違いの恋模様をテーマにした時代劇です。音楽と景色は素晴らしく、映像の美しさがあります。ロミオ役が岡田将生で、ジュリエット役が蒼井優です。2人ともみずみずしい演義で、作品を盛り上げています。男性の方が徳川家斉の息子で、女性は人里離れた村で暮らす娘です。最初は愛のない寂しい心を持った男性が、純粋な女性に出会うことで心を開き、愛や恋に目覚める過程が美しく描かれています。
監督:廣木隆一 出演:岡田将生(清水斉道)、蒼井優(雷/遊)、小出恵介(瀬田助次郎)、宮崎美子(たえ)、和田聰宏(瀬田助太郎)、須藤理彩(お初)、高良健吾(友蔵)、ほか

「虎影」のネタバレあらすじ結末

虎影の紹介:2015年日本映画。三重県伊賀市で開催された「伊賀の國 忍者映画祭」の記念作品として製作された映画で、引退していた伝説の最強忍者夫婦が息子を人質に取られ、財宝の在り処が示されているという二つの巻物を巡って争奪戦を繰り広げるコミカルな奇想天外忍者アクションムービーです。
監督:西村喜廣 出演者:斎藤工(虎影)、芳賀優里亜(月影)、しいなえいひ(東雲幻斎)、石川樹(孤月)、津田寛治(リクリ)ほか

「団地」のネタバレあらすじ結末

団地の紹介:2015年日本映画。一人息子を交通事故で亡くし、店も畳んで団地に引っ越した中年夫婦が、団地で不思議な現象に遭遇する様を描いたSFコメディ作品です。主演の藤山直美は、この作品で上海国際映画祭の金爵賞最優秀女優賞を受賞しています。
監督:阪本順治 出演者:藤山直美(山下ヒナ子)、岸部一徳(山下清治)、大楠道代(行徳君子)、石橋蓮司(行徳正三)、斎藤工(真城)ほか

「逆転裁判」のネタバレあらすじ結末

逆転裁判の紹介:2011年日本映画。その日ナルホド君は事務所で上司である綾里千尋の死体を発見する。すぐに容疑者として捕まったのは彼女の妹綾里真宵。目撃者の証言と綾里千尋の残したダイイングメッセージが決め手となった。しかし疑問を感じた新米弁護士ナルホド君は真宵の弁護を担当することに、そして進む裁判の中で裏にさらなる事件が潜んでいることを知る。人気ゲーム「逆転裁判」を成宮寛貴主演で実写映画化。監督は「クローズZERO」の三池崇史。
監督:三池崇史 出演:成宮寛貴(成歩堂龍一)、斎藤工(御剣怜侍)、桐谷美玲(綾里真宵)、中尾明慶(矢張政志)、大東駿介(糸鋸圭介)、ほか

1 2
TOP↑