佐藤浩市映画一覧

佐藤浩市が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」のネタバレあらすじ結末

ザ・ファブル 殺さない殺し屋の紹介:2021年日本映画。南勝久の同名漫画を原作とし、岡田准一(V6)の主演で実写映画化したシリーズの第2作です。裏社会で恐れられる伝説の殺し屋『ファブル』(岡田)が「1年間、誰も殺さない」というミッションを課せられ、同業者から命を狙われながらもある少女の希望を守るため奮闘する姿を描きます。
監督:江口カン 出演:岡田准一(ファブル/佐藤アキラ)、木村文乃(ヨウコ)、平手友梨奈(佐羽ヒナコ)、安藤政信(鈴木)、黒瀬純(井崎)、好井まさお(貝沼)、橋本マナミ(アイ)、宮川大輔(ジャッカル富岡)、山本美月(ミサキ)、佐藤二朗(田高田)、井之脇海(黒塩)、安田顕(海老原)、佐藤浩市(ボス)、堤真一(宇津帆)ほか

「騙し絵の牙」のネタバレあらすじ結末

騙し絵の牙の紹介:2021年日本映画。『罪の声』などを手掛けた小説家・塩田武士が大泉洋を主人公のモデルとして執筆した同名小説を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化した作品です。大泉洋自ら主演を務め、雑誌廃刊の危機に立たされた編集長が生き残りを賭けて起死回生の再建策に打って出る様を描きます。
監督:吉田大八 出演者:大泉洋(速水輝)、松岡茉優(高野恵)、宮沢氷魚(矢代聖)、池田エライザ(城島咲)、斎藤工(郡司一)、中村倫也(伊庭惟高)、坪倉由幸(柴崎真二)、和田聰宏(三村洋一)、石橋けい(中西清美)、森優作(安生充)、中野英樹(相沢徳朗)、赤間麻里子(伊庭綾子)、山本學(伊庭喜之助)、佐野史郎(宮藤和生)、リリー・フランキー(神座詠一)、塚本晋也(高野民生)、國村隼(二階堂大作)、木村佳乃(江波百合子)、小林聡美(久谷ありさ)、佐藤浩市(東松龍司)ほか

「太陽は動かない」のネタバレあらすじ結末

太陽は動かないの紹介:2020年日本映画。『怒り』『悪人』などの著者・吉田修一のスパイアクション小説『太陽は動かない』『森は知っている』を藤原竜也と竹内涼真のダブル主演で映画化したサスペンス・アクション作品です。産業スパイ組織の2人の日本人諜報員が機密情報を巡って各国の裏組織や権力者たちとの頭脳戦に挑む様を描きます。
監督:羽住英一郎 出演者:藤原竜也(鷹野一彦)、竹内涼真(田岡亮一)、ハン・ヒョジュ(AYAKO)、ピョン・ヨハン(デイビッド・キム)、市原隼人(山下竜二)、南沙良(菊池詩織)、日向亘(鷹野一彦(高校時代))、加藤清史郎(柳勇次)、横田栄司(ジミー・オハラ)、翁華栄(アンディ・黄)、醍醐虎汰朗(デイビッド・キム(少年期))、八木アリサ(小田部奈々)、勝野洋(小田部教授)、宮崎美子(河上麻子)、鶴見辰吾(河上満太郎)、佐藤浩市(風間武)ほか

「一度も撃ってません」のネタバレあらすじ結末

一度も撃ってませんの紹介:2019年日本映画。『エルネスト』などの阪本順治監督と『行きずりの街』などの脚本家・丸山昇一がタッグを組み、本作が19年ぶりの主演作となる石橋蓮司を主演に迎えたハードボイルド・コメディです。巷で噂の伝説のヒットマン。しかしその正体は売れない小説家であり、一度も人を撃ったことのない彼はハードボイルド小説を書くために本物の殺し屋と組んでいたのですが…。
監督:阪本順治 出演者:石橋蓮司(市川進/御前零児)、大楠道代(市川弥生)、岸部一徳(石田和行)、桃井かおり(玉淀ひかる)、佐藤浩市(児玉道夫)、豊川悦司(周雄)、江口洋介(守山秀平)、妻夫木聡(今西友也)、新崎人生(ポパイ/南雲雄平)、井上真央(福原歌留多)、柄本明(連城孝志)、寛一郎(五木要)、前田亜季(中道亜美)、渋川清彦(西浜雄大)、小野武彦(若山得安)、柄本佑(植田順)、濱田マリ(王陽)、堀部圭亮(鹿内雪広)、原田麻由(長谷部待子)ほか

「サイレント・トーキョー」のネタバレあらすじ結末

サイレント・トーキョーの紹介:2020年日本映画。『アンフェア』シリーズを手がけた秦建日子がジョン・レノンの名曲『Happy Xmas(War Is Over)』にインスパイアされて執筆した長編小説『And so this is Xmas』を映画化したクライムサスペンス群像劇です。クリスマスイブの日、東京に爆弾を仕掛けたとの予告が。犯人に仕立てられた主婦やテレビ局社員、事件を追う刑事、不可解な行動を取る実業家、友人が爆破に巻き込まれたOL、謎の男…それぞれの想いが渋谷のスクランブル交差点に煌めくイルミネーションの下で交差します。
監督:波多野貴文 出演者:佐藤浩市(朝比奈仁)、石田ゆり子(山口アイコ)、西島秀俊(世田志乃夫)、中村倫也(須永基樹)、広瀬アリス(高梨真奈美)、井之脇海(来栖公太)、勝地涼(泉大輝)、毎熊克哉(里中譲)、加弥乃(印南綾乃)、白石聖(若き日の山口アイコ)、庄野崎謙(若き日の朝比奈仁)、川口和空(自衛隊員の子)、金井勇太(高沢雅也)、大場泰正(鈴木学)、野間口徹(田中一郎)、財前直見(須永尚江)、鶴見辰吾(磯山毅)ほか

「顔(2000年)」のネタバレあらすじ結末

顔の紹介:2000年日本映画。『どついたるねん』『傷だらけの天使』などを手掛けた阪本順治監督が主演に藤山直美を迎えて製作した異色の犯罪ドラマです。実在した強盗殺人犯の事件をベースとし、引きこもり生活を送っていた冴えない女が罪を犯してしまったことにより外の世界に逃げ出し、様々な人々との出会いを通じて人の温かさと生きる意欲に目覚めていく過程を描きます。
監督:阪本順治 出演者:藤山直美(吉村正子)、佐藤浩市(池田彰)、豊川悦司(中上洋行)、大楠道代(中上律子)、國村準(狩山健太)、牧瀬里穂(吉村由香里)、渡辺美佐子(吉村常子)、18代目中村勘三郎(山本俊郎)、岸部一徳(花田英一)、早乙女愛(狩山咲子)、内田春菊(喫茶店の女)、中島陽典(島の警察官)ほか

「感染列島」のネタバレあらすじ結末

感染列島の紹介:2008年日本映画。フィリピンで発生した新型インフルエンザにより、日本の養鶏場で鳥インフルエンザが発生、やがてヒトへの感染が発症し死亡します。感染は一気に広がり政府は非常事態宣言を出します。1人目の感染者を見抜けなかった医師の松岡は、WHOの医師で大学時代の教師助手だった栄子と共に、感染を止めるために病院で処置に追われる日々が続きましたが、栄子の強引なやり方には病院内で反発を生む結果となり…というウィルス感染をテーマにしたパニック映画です。
監督:瀬々敬久 出演者:妻夫木聡(松岡剛)、檀れい(小林栄子)、国仲涼子(三田多佳子)、田中裕二(三田英輔)、池脇千鶴(真鍋麻美)、竹山隆範(鈴木浩介)、佐藤浩市(安藤一馬)、金田明夫(高山良三)、光石研(神倉章介)、キムラ緑子(池畑実和)、藤竜也(仁志稔)、太賀(本橋研一)ほか

「町田くんの世界」のネタバレあらすじ結末

町田くんの世界の紹介:2018年日本映画。第20回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した安藤ゆきの同名漫画を『舟を編む』などの石井裕也監督が映画化した青春ストーリーです。勉強も運動も苦手で不器用、それでも周りの人々から愛される心優しい少年の姿を描きます。共に映画初主演となる細田佳央太と関水渚がダブル主演を務め、脇を岩田剛典、高畑充希、前田敦子、仲野太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子といった豪華俳優陣が固めています。
監督:石井裕也 出演者:細田佳央太(町田一)、関水渚(猪原奈々)、岩田剛典(氷室雄)、高畑充希(高嶋さくら)、前田敦子(栄りら)、仲野太賀(西野亮太)、池松壮亮(吉高洋平)、戸田恵梨香(吉高葵)、佐藤浩市(日野)、北村有起哉(町田あゆた)、松嶋菜々子(町田百香)ほか

「Fukushima50」のネタバレあらすじ結末

Fukushima 50の紹介:2019年日本映画。2011年3月11日に起こった未曾有の大災害、東日本大震災。東京電力福島第一原子力発電所は大津波に襲われ、電源喪失、建屋の水素爆発と想定外の事態に見舞われた。この映画は、当時の吉田所長などへの取材を基に書かれた門田隆将の原作をもとに、事態の収拾のために闘った職員たちの5日間を描いている。監督は『沈まぬ太陽』『空母いぶき』の若松節朗。現場を指揮する当直長伊崎に佐藤浩市、作品中唯一実名で登場する吉田昌郎所長に渡部謙、と日本を代表するふたりの俳優が主役をつとめている。
監督: 若松節朗 キャスト:佐藤浩市(伊崎利夫)、渡辺謙(吉田昌郎)、吉岡秀隆(前田拓実)、安田成美(浅野真里)、緒形直人(野尻庄一)、火野正平(大森久夫)、平田満(平山茂)、段田安則(竹丸吾郎)、篠井英介(小野寺秀樹)、佐野史郎(内閣総理大臣)、ダンカン(福島民友新聞記者)、吉岡里帆(伊崎遥香)、富田靖子(伊崎智子)ほか

「楽園」のネタバレあらすじ結末

楽園の紹介:2019年日本映画。吉田修一の短編小説集『犯罪小説集』の中から『青田Y字路』『万屋善次郎』の2つのエピソードをひとつの映画にまとめ、綾野剛・杉咲花・佐藤浩市のトリプル主演で製作されたヒューマン・サスペンスドラマです。未解決の幼女誘拐事件が起こった限界集落で12年後に起きた2つの事件を巡り、容疑者と疑われる青年、心に傷を負った少女、周囲から孤立していく中年男性の交差していく人生を克明に綴っていきます。
監督:瀬々敬久 出演者:綾野剛(中村豪士)、杉咲花(湯川紡)、佐藤浩市(田中善次郎)、村上虹郎(野上広呂)、片岡礼子(黒塚久子)、黒沢あすか(中村洋子)、石橋静河(田中紀子)、根岸季衣(藤木朝子)、柄本明(藤木五郎)ほか

「花戦さ」のネタバレあらすじ結末

花戦さの紹介:2016年日本映画。華道発祥地、六角堂の池坊。元は仏前に備える花を工夫した物だったが、戦乱の世に花開き茶の湯と共に武家社会を彩っていった。その先駆けともなる専好の美学とは。鬼塚忠原作の著書『花いくさ』をもとに、豊臣秀吉と華道家元 池坊専好の伝説から着想を得たストーリーを描く時代劇映画。
監督:篠原哲雄 出演:野村萬斎(池坊専好)、市川猿之助(豊臣秀吉)、高橋克実(吉右衛門)、山内圭哉(池坊専伯)、和田正人(池坊専武)、森川葵(れん)、中井貴一(織田信長)、吉田栄作(石田三成)、竹下景子(浄椿尼)、佐々木蔵之介(前田利家)、佐藤浩市(千利休)、ほか

「GONIN」のネタバレあらすじ結末

GONINの紹介:1995年日本映画。バブルがはじけ、ヤクザからの借金が返せないディスコ経営者の万代は、自分に似た境遇の4人を集め、ヤクザから金を強奪しようと計画しました。金を奪って上手くいったと思った5人でしたが、やくざは殺し屋を雇い5人の命を狙い始めました…という内容のバイオレンス映画です。
監督:石井隆 出演者:佐藤浩市(万代樹木彦)、本木雅弘(三屋純一)、根津甚八(氷頭要)、竹中直人(荻原昌平)、椎名桔平(ジミー)、永島敏行(大越康正)、鶴見辰吾(久松茂)、ビートたけし(京谷一郎)、木村一八(柴田一馬)、室田日出男(式根)、横山めぐみ(ナミィー)ほか

「ヘヴンズストーリー」のネタバレあらすじ結末

ヘヴンズ ストーリーの紹介:2010年日本映画。復讐を誓う人間に憧れ続けた少女、事故により人を殺めてしまった警察官とその息子、未成年犯罪歴のある青年、殺人被害者遺族の男性、ヒステリックなギタリストなどの運命が複雑に絡み合う。21世紀の罪と罰をテーマに、『感染列島』や『64-ロクヨン-』などで知られる瀬々敬久監督が人間の復讐と人生について描いた作品。撮影期間1年、上映時間4時間38分という超大作で、映画芸術2010年日本映画ベストテンでは第1位と高く評価された。
監督:瀬々敬久 出演:寉岡萌希(サト)、長谷川朝晴(トモキ)、忍成修吾(ミツオ)、村上淳(カイジマ)、山崎ハコ(響子)、菜葉菜(タエ)、栗原堅一(ハルキ)、江口のりこ(カナ)、大島葉子(直子)、吹越満(サトの父)、片岡礼子(サトの母)、嶋田久作(弁護士)、菅田俊(鈴木)、光石研(シオヤ)、津田寛治(黒田)、根岸季衣(チホ)、渡辺真起子(美奈)、長澤奈央(女医)、本多叶奈(サト / 8歳)、佐藤浩市(波田)、柄本明(ソウイチ)、ほか

「記憶にございません!」のネタバレあらすじ結末

記憶にございません!の紹介:2019年日本映画。舞台演出を経て、いまや日本を代表するコメディ映画監督となった三谷幸喜の長編映画第8作目。史上最低の支持率を記録する、身勝手で横暴な総理大臣・黒田啓介は市民の投石が頭に命中し、記憶を失くしてしまう。首相の記憶喪失で引き起こされる、周囲の官僚、家族、そして日本国全体を巻き込んだドタバタ喜劇。実力派俳優陣のコミカルな演技に注目。
監督:三谷幸喜 出演:中井貴一(黒田啓介)、ディーン・フジオカ(井坂) 、小池栄子(番場)、石田ゆり子(黒田聡子)、斉藤由貴(寿賀)、木村佳乃(スーザン・セントジェームス・ナリカワ)、草刈正雄(鶴丸大悟)、佐藤浩市(古郡裕)、 木村佳乃(スーザン・セントジェームス・ナリカワ)、吉田羊(山西あかね)、田中圭(大関平太郎)、濱田龍臣(黒田篤彦)、ほか

「亡国のイージス」のネタバレあらすじ結末

亡国のイージスの紹介:2005年アメリカ映画。福井晴敏が1999年に発表した同名小説を映画化したサスペンス・アクション映画で、某国のテロリストに乗っ取られ、東京都民全てを人質に取られた海上自衛隊のイージス艦の乗組員たちの苦闘を描きます。
監督:阪本順治 出演者:真田広之(仙石恒史)、勝地涼(如月行)、中井貴一(ホ・ヨンファ(溝口哲也))、寺尾聰(宮津弘隆)、佐藤浩市(渥美大輔)、吉田栄作(竹中勇)、豊原功補(杉浦丈司)、真木蔵人(宗像良昭)、谷原章介(風間雄大)、斉藤陽一郎(田所祐作)、安藤政信(ドンチョル(山崎謙二))、岸部一徳(瀬戸和馬)、原田芳雄(梶本幸一郎)、光石研(若狭祥司)ほか

1 2 3 4 5

キーワードから探す

TOP↑