Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

佐藤浩市映画一覧

佐藤浩市が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「草原の椅子」のネタバレあらすじ結末

草原の椅子の紹介:2013年日本映画。小説家である宮本輝の新聞連載小説を映画化した作品。実際に舞台となるパキスタンのフンザでロケを敢行し、主人公の娘を演じた黒木華は日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。50歳になったことを悲しむ中年のサラリーマンが、母親から虐待を受けた子どもの世話をすることになったことで、人とのつながりや自らの過ちを振り返り、再生していくヒューマンドラマである。
監督:成島出 出演者:佐藤浩市 (遠間憲太郎)、西村雅彦 (富樫重蔵)、吉瀬美智子 (篠原貴志子)、黒木華 (遠間弥生)、小池栄子(喜多川祐未)、AKIRA (鍵山) ほか

「空母いぶき」のネタバレあらすじ結末

空母いぶきの紹介:2019年日本映画。「沈黙の艦隊」などで知られる漫画家かわぐちかいじが現在連載中の「空母いぶき」。2017年に小学館漫画賞を受賞した本作が満を持して映画化された。監督は「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」など重厚な大作に定評のある若松節朗。また企画には、「亡国のイージス」「終戦のローレライ」などで数々の受賞歴のある作家、福井晴敏が名を連ねる。空自出身<いぶき>艦長秋津は西島秀俊、海自出身の副長新波に佐々木蔵之介。防衛大同期で主席、次席の対照的な二人をリアルに演じ、映画に説得力を与えている。
監督:若松節朗 原作・監修:かわぐちかいじ キャスト: 西島秀俊(秋津竜太:<いぶき>艦長)、佐々木蔵之介(新波歳也:<いぶき>副長)、藤竜也(涌井継治:群司令)、戸次重幸(淵上晋:第92飛行群群司令)、市原隼人(迫水洋平:アルバトロス隊隊長)、玉木宏(瀬戸斉昭:<はつゆき>艦長)、高嶋政宏(滝隆信:<はやしお>艦長)、山内圭哉(浮船武彦:<いそかぜ>艦長)、佐藤浩市(垂水慶一郎:内閣総理大臣)、益岡徹(石渡俊通:官房長官)、本田翼(本多裕子:ネットニュース記者)、中井貴一(中野啓一:コンビニエンスストア店長)ほか

「これでいいのだ!!」のネタバレあらすじ結末

これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫の紹介:2010年日本映画。漫画家・赤塚不二夫に35年間連れ添った編集者・武居俊樹が著した「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」に基づいたフィクション作品。自由奔放な赤塚不二夫役に浅野忠信。そんな彼を支えた編集者役に、堀北真希が演じます。
監督:佐藤英明 出演者:
浅野忠信(赤塚不二夫)、堀北真希(武田初美)、阿部力(広瀬譲治)、木村多江(赤塚トシ子)、いしだあゆみ(赤塚ヨリ)、佐藤浩市(佐々木勝一)、ほか

「秋深き」のネタバレあらすじ結末

秋深きの紹介:2008年日本映画。一途に愛を貫く主人公の寺田と、大きな愛で彼を包んだ一代との純愛ラブストーリー。仏具店を営む両親と三人で暮らしている寺田。新地のホステス・一代に入れ込む寺田は、ある日勇気を出してプロポーズします。一途な寺田に一代が出した答えは…。
監督:池田敏春 出演者:八嶋智人(寺田悟)、佐藤江梨子(川尻一代)、赤井英和(小谷治)、渋谷天外(寺田倫太郎)、山田スミ子(寺田雅江)、和泉妃夏(小谷糸子)、鍋島浩(長渕裕次)、別府あゆみ(見合い相手の女)、要冷蔵(五十嵐)、芝本正(校長)、轟太郎(同僚教師)、橋野香菜(女教師)、海原はるか(競馬場の中年の男)、海原かなた(やくざ風の中年男)、佐藤浩市(インケツノ松)、ほか

「愛を積むひと」のネタバレあらすじ結末

愛を積むひとの紹介:2015年日本映画。エドワード・ムーニー・Jr.の小説『石を積むひと』を映画化。石塀造りを通して繋がっていく人々の絆を描いたヒューマン・ドラマ。東京の町工場を畳んで北海道に引っ越した良子は、夫の篤史に家を囲む石塀を造ってくれるよう頼む。仕方なく取り掛かった篤史は次第にやり甲斐を見出し、交流の輪も広がっていった。その矢先、良子が長年患っていた心臓病のために他界してしまう。悲しみに打ちひしがれる篤史は、良子が遺した手紙に導かれ再び人生を見つめ直していくのだった。
監督:朝原雄三 出演者:佐藤浩市(小林篤史)、樋口可南子(小林良子)、北川景子(小林聡子)、野村周平(杉本徹)、杉咲花(上田紗英)、森崎博之(平間造園の親方)、佐戸井けん太(刑事)、岡田義徳(鈴原)、吉田羊(上田美智子)、柄本明(上田熊二)、ほか

「こんな夜更けにバナナかよ」のネタバレあらすじ結末

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話の紹介:2018年日本映画。渡辺一史著「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」を映画化。幼いころから筋ジストロフィーで首と手しか動かせない鹿野さんが自ら自立して生活するためにボランティアを募る。そこで多くのボランティアと関わっていくなかで介護される側と介護する側ではなく、人間同士対等に向き合う関係になっていく。鹿野さんを通してボランティアの人達も自らの気持ちを発信することで鹿野さんとぶつかり合いながらも色々な経験をし、お互いに人間的に成長していく。笑いあり涙ありのヒューマンドキュメンタリー映画です。
監督:前田哲 出演:大泉洋(鹿野靖明)、高畑充希(安堂美咲)、三浦春馬(田中久)、萩原聖人(高村大助)、渡辺真起子(前木貴子)、宇野祥平(塚田心平)、韓英恵(泉芳恵)、宮澤秀羽(島田亘)、矢野聖人(城之内充)、大友律(大沢)、中田クルミ(加奈)、古川琴音(由美)、竜雷太(鹿野清)、綾戸智恵(鹿野光枝)、佐藤浩市(田中猛)、原田美枝子(野原博子)、ほか

「草原の椅子」のネタバレあらすじ結末

草原の椅子の紹介:2013年日本映画。あることがきっかけで「親友」になった中年の男性二人と、美女、虐待を受けていた少年の心の交流を描いた人間ドラマ。男女4人が世界最後と言われる桃源郷、パキスタン・フンザへ旅をする様子を描く。
監督:成島出 出演:佐藤浩市(遠間憲太郎)、西村雅彦(富樫重蔵)、吉瀬美智子(篠原貴志子)、小池栄子(喜多川祐未)、中村靖日(喜多川秋春)、黒木華(遠間弥生)、貞光奏風(喜多川圭輔)、ほか

「あ、春」のネタバレあらすじ結末

あ、春の紹介:1998年日本映画。妻と義母と穏やかに暮らす主人公の前に突然現れたのは死んだ父親でした。本当なのかも分からず一緒にバタバタと暮らしていくコメディですが、家族とは何か、家族の絆とは何か、改めて考えさせられる物語です。
監督:相米慎二 出演:佐藤浩市(韮崎紘)、斉藤由貴(韮崎瑞穂)、富司純子(韮崎公代)、藤村志保(水原郁子)、山崎努(浜口笹一)、余貴美子(韮崎千鶴子)、村田雄浩(沢近)、三浦友和(韮崎義明)、笑福亭鶴瓶、ほか

「友罪」のネタバレあらすじ結末

友罪の紹介:2017年日本映画。小さな町工場に就職した元雑誌記者。そこで知り合った男は世間を震撼させた少年殺人者だった…。薬丸岳の同名小説を原作とする、それぞれの周囲の人間模様も含めて〝贖罪“とは何かを問いかける人間ドラマです。
監督:瀬々敬久 出演者:生田斗真(益田純一)、瑛太(鈴木秀人/青柳健太郎)、夏帆(藤沢美代子)、山本美月(杉本清美)、富田靖子(白石弥生)、佐藤浩市(山内修司)ほか

「誰も守ってくれない」のネタバレあらすじ結末

誰も守ってくれないの紹介:2008年日本映画。伝説の人気ドラマ『踊る大捜査線』のスタッフが贈る社会派ムービーです。世間を揺るがした、未成年の少年による猟奇殺人事件。世間の容赦ないバッシングに晒される犯人の妹をただ一人だけ守ろうとする刑事の苦闘を描きます。
監督:君塚良一 出演者:佐藤浩市(勝浦卓美)、志田未来(船村沙織)、松田龍平(三島省吾)、柳葉敏郎(本庄圭介)、石田ゆり子(本庄久美子)、佐々木蔵之介(梅本孝治)ほか

「北の桜守」のネタバレあらすじ結末

北の桜守の紹介:2017年日本映画。樺太から北海道に引き揚げる江蓮家の物語。樺太から命からがら北海道に引き揚げ、そこで寒さと飢えに苦しみながらも父との約束を果たすことを夢見て一生懸命に生き抜こうとする江蓮家の話をミュージカル仕立てにした物語。
監督:滝田洋二郎 出演:吉永小百合(江蓮てつ / 母)、堺雅人(江蓮修二郎 / 次男)、篠原涼子(江蓮真理 / 修二郎の妻)、岸部一徳(山岡和夫)、高島礼子(島田光江)、永島敏行(三田医師)、笑福亭鶴瓶(居酒屋たぬきの主人)、阿部寛(江蓮徳次郎 / てつの夫)、佐藤浩市(菅原信治)、ほか

「忠臣蔵外伝 四谷怪談」のネタバレあらすじ結末

忠臣蔵外伝 四谷怪談の紹介:1994年日本映画。松竹誕生100周年を記念して、「忠臣蔵」のストーリーに「四谷怪談」を絡ませたオリジナルストーリーのホラー時代劇です。高岡早紀の大胆な濡れ場も話題となりました。
監督:深作欣二 出演者:佐藤浩市(民谷伊右衛門)、高岡早紀(お岩)、荻野目慶子(お梅)、石橋蓮司(伊藤喜兵衛)、津川雅彦(大石内蔵助)ほか

「人類資金」のネタバレあらすじ結末

人類資金の紹介:2013年日本映画。『亡国のイージス』(2005年)の映画化でもタッグを組んだ福井晴敏原作、阪本順治監督の映画です。「10兆円で世界のルールは変えられるか?」といくキャッチコピーで、戦後GHQに接収された旧日本軍の秘密資金で、数々の詐欺事件の話題となった「M資金」をめぐる人間模様を描いた社会派エコノミック・サスペンス映画です。
監督:阪本順治 原作:福井晴敏 出演:佐藤浩市(真舟雄一)、香取慎吾(“M”)、森山未來(石優樹)、観月ありさ(高遠美由紀)、石橋蓮司(北村刑事)、豊川悦司(ハリー遠藤)、寺島進(酒田忠)、三浦誠己(辻井)、
オダギリジョー(鵠沼英司)、ほか

「文学賞殺人事件 大いなる助走」のネタバレあらすじ結末

文学賞殺人事件 大いなる助走の紹介:1989年日本映画。筒井康隆の小説「大いなる助走」の映画化作品。あるサラリーマンの青年が自分が勤務する会社の内情を暴露する小説を書いたことをきっかけに文学賞の受賞レースに巻き込まれていく物語。
監督:鈴木則文 出演者:佐藤浩市(市谷京二)、蟹江敬三(保又一雄)、中島はるみ(時岡玉枝)、中丸新将(賀茂正樹)、ポール牧(多聞伝伍) ほか

「陽気なギャングが地球を回す」のネタバレあらすじ結末

陽気なギャングが地球を回すの紹介:2006年日本映画。成瀬(大沢たかお)、響野(佐藤浩市)、久遠(松田翔太)、雪子(鈴木京香)のそれぞれ特別な能力を持った陽気な4人がチームを組み銀行強盗を企てるが、別の窃盗グループに強盗した4千万を横取りされて一度はチームを解散します。しかし雪子の息子慎一が連れ去られ1億円の要求をされた成瀬は再度チームを結成し、新たな銀行強盗を実行します。成瀬と雪子の恋の行方とともに話は展開していきます。
監督:前田哲 出演:大沢たかお(成瀬)、鈴木京香(雪子)、松田翔太(久遠)、佐藤浩市(響野)、大倉孝二(地道)、加藤ローサ(祥子)、ほか

1 2 3 4
TOP↑