Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

佐藤隆太映画一覧

佐藤隆太が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「人質の朗読会」のネタバレあらすじ結末

人質の朗読会の紹介:2014年日本映画。南米のある国でテロが起こり人質となった日本人が、人生の一片を語る朗読会をはじめる。その録音データは2年後、ラジオ報道局記者の手に渡ることから物語はさらに繋がっていく。小川洋子の原作を映像化した作品。
監督:谷口正晃 出演:佐藤隆太(中原誠一)、大谷直子(平澤咲子)、長谷川朝晴(堂島裕)、原日出子(高橋聡子)、阿南健治(平田良平)、三浦貴大(江藤高広)、鷲尾真知子(倉木祥子)、波瑠(平澤ひとみ)、西田尚美(堂島祥子)、ほか

「悪夢ちゃん The夢ovie」のネタバレあらすじ結末

悪夢ちゃん The夢ovieの紹介:2014年日本映画。人気ドラマ「悪夢ちゃん」の待望の映画化。夢で未来が見えてしまう古藤結衣子の担任を受け持つ武戸井彩未は、悪夢を読み解く不思議な力を持っています。そんな結衣子のクラスに、謎の転校生・渋井完司が転校してきて…。
監督:佐久間紀佳 出演者:北川景子(武戸井彩未)、GACKT(志岐貴/夢王子)、優香(平島琴葉)、木村真那月(古藤結衣子)、濱田マリ(貝原聡子)、玉井詩織(夢獣)、佐藤隆太(渋井幸介)、マリウス葉(渋井完司/少年夢王子)、六角精児(井上達彦)、本上まなみ(斉藤美保)、雛形あきこ(樋口紀子)、鈴木福(上原隆)、藤村志保(シスターマリカ)、小日向文世(古藤万之介)、ほか

「ダメジン」のネタバレあらすじ結末

ダメジンの紹介:2006年日本映画。仕事もせず、いつも3人で朝から夜まで町で遊びぶらぶらするリョウスケ、ヒラジ、カホルの3人が、猫じじいとゴールデンチャイルドからインドに行って世界を救えという言葉に魅せられ、インドに行く決心をしますが・・・という内容のコメディ映画です。
監督:三木聡 出演者:佐藤隆太(リョウスケ)、緋田康人(ヒラジ)、温水洋一(カホル)、市川実日子(チエミ)、篠井英介(ササキ)、ふせえり(カズエ)、笹野高史(猫じじい)、片桐はいり(タイアン)、謙吾(ゲシル先輩)、村松利史(インバさん)、加藤歩(サカモト)、園子温(ゴールデンチャイルド)、菅原洋一(ハーモニカ屋)、伊東美咲 (タンク)、吉岡秀隆(花沢)ほか

「いぬのえいが」のネタバレあらすじ結末

いぬのえいがの紹介:2004年日本映画。この作品は犬と人間との心の触れ合いをテーマにした11編の短編ドラマで構成されたオムニバス映画です。主な短編ドラマは「A Dog’s Life」(監督:黒田昌郎)、「うちの子No.1」(監督:祢津哲久)、「CMよ、どこへ行く」(監督:黒田秀樹)、「ポチは待っていた」(監督:犬童一心)、「恋するコロ」(監督:佐藤信介)、「犬語」(監督:永井聡)、「ねぇ、マリモ」(監督:真田敦)などです。
出演者:中村獅童(山田賢太郎)、伊東美咲(白鳥美咲)、天海祐希(美春)、小西真奈美(香織)、宮崎あおい(美香)、佐藤隆太(克彦)、乙葉(知美)、荒川良々(コロの声)、川平慈英(正夫)、佐野史郎(おじさん)、渡辺えり子(おばさん)、吉川ひなの(若奥さん)、木村多江(香織の母)、清水美那(看護婦・泰代)、松岡璃奈子(看護婦・梨香)、ほか

「鋼の錬金術師」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師の紹介:2017年日本映画。「鋼の錬金術師」は2001年から約10年間『月刊少年ガンガン』に連載された荒川弘の大人気コミック。アニメ化もされているこの作品が満を持して実写化された。監督は、「ピンポン」でもコミック実写化に成功している曽利文彦監督。錬金術は、物質を分解して新たなものに作り替える魔法のような術。物語はその錬金術が存在している19世紀ヨーロッパ風の世界が舞台。幼い兄弟が錬金術によって失った身体を取り戻すため、“賢者の石”を求めて旅をする壮大なファンタジーである。
監督:曽利文彦 キャスト:山田涼介(エド)、本田翼(ウィンリィ)、ディーン・フジオカ(マスタング大佐)、蓮佛美沙子(ホークアイ中尉)、佐藤隆太(ヒューズ中佐)、小日向文世(ハクロ将軍)、大泉洋(ショウ・タッカー)、夏菜(ロス少尉)、水石亜飛夢(アル:声)、松雪泰子(ラスト)、本郷奏多(エンヴィィ)、内山信二(グラトニー)、國村隼(ドクター・マルコー)、石丸謙二郎(コーネロ)、原田夏希(ヒューズ中佐の妻)ほか

「おにいちゃんのハナビ」のネタバレあらすじ結末

おにいちゃんのハナビの紹介:2010年日本映画。巨大花火大会“片貝まつり”で知られる新潟県小千谷市片貝町を舞台に、実話に基づいて製作されたヒューマンドラマです。白血病を患った妹の療養のため新潟県に移り住んだ兄が、妹のために一世一代の大花火を打ち上げようと奮闘します。
監督:国本雅広 出演者:高良健吾(須藤太郎)、谷村美月(須藤華)、宮崎美子(須藤登茂子)、大杉漣(須藤邦昌)、早織(岡崎佳代)ほか

「7月24日通りのクリスマス」のネタバレあらすじ結末

7月24日通りのクリスマスの紹介:2006年日本映画。吉田修一の小説「7月24日通り」の映画化作品で、長崎を舞台に恋愛に奥手な妄想好きの女性が、クリスマスを前に理想の男性である先輩と本当の恋愛を成就させようと奮闘する姿を描いています。
監督:村上正典 出演者:大沢たかお(奥田聡史)、中谷美紀(本田サユリ)、佐藤隆太(森山芳夫)、上野樹里(神林メグミ)、阿部力(本田耕治)ほか

「絶対恐怖 Booth ブース」のネタバレあらすじ結末

絶対恐怖 Booth ブースの紹介:2005年日本映画。ラジオの人気DJが曲の都合で昔DJが首つり自殺をしたいわくつきの放送室で収録することになり、番組を進行するにつれ恐ろしい現象に巻き込まれてゆくという密室ホラー映画です。
監督:中村義洋 出演者:佐藤隆太(勝又真吾)、小島聖(馬渕美保子)、池内万作(山本)、芦川誠(大河内)、浅野麻衣子(柳生典子)、三浦誠己(長谷川)、高橋真唯(岡崎さやか)ほか

「ガチ☆ボーイ」のネタバレあらすじ結末

ガチ☆ボーイの紹介:2007年日本映画。プロレスの試合を見ていた五十嵐良一はプロレス研究会を訪れた。そこはガチンコのプロレスではなく作戦プロレスだった。熱心に学び事細かにメモを取った。だが2ヶ月経っても段取りを覚えられない。初試合でめちゃくちゃの試合をした。良一は事故に遭い眠るとその日の記憶が無くなる病気になったのだ。毎朝自分の書いたノートで事故以降の出来事を知るのであった。
監督:小泉徳宏 出演:佐藤隆太(五十嵐良一/マリリン仮面)、サエコ(朝岡麻子)、向井理(奥寺千尋/レッドタイフーン)、仲里依紗(五十嵐茜)、川岡大次郎(佐田正樹/ドロップキック佐田)、ほか

「ひるなかの流星」のネタバレあらすじ結末

ひるなかの流星の紹介:2017年日本映画。映画版「ひるなかの流星」はやまもり三香の少女漫画を原作とした作品です。親の都合で東京の高校に転校してきた与謝野すずめが、担任教師の獅子尾五月と同級生で女嫌いの馬村大輝との間で揺れ動く様子を描く。
監督:新城毅彦 出演:永野芽郁(与謝野すずめ)、三浦翔平(獅子尾五月)、白濱亜嵐(馬村大輝)、山本舞香(猫田ゆゆか)、小野寺晃良(犬飼学 )、佐藤隆太(熊本諭吉)、ほか

「ツナグ」のネタバレあらすじ結末

ツナグの紹介:2012年日本映画。「ツナグ」とは死者とその縁ある者を1度だけ対面させる仲介人です。その「ツナグ」の見習いとしての歩美と師匠であり、祖母でもあるアイ子は3名からの依頼を受けます。1人目は母の死をめぐって家族との間に溝ができた男性、2人目は親友の死に対して聞きたいことがあるという女子高生、3人目は結婚の約束をした女性を探す男性です。歩美は見習いとして「ツナグ」の仕事をこなしていきますが、見習いから正式に「ツナグ」を継承する際、自分の父親の死について秘密を知ります。直木賞作家で辻村深月さんの小説を映画化した作品です。主人公に松坂桃李さん、祖母役に樹木希林さんが演じています。
監督:平川雄一朗 出演:松坂桃李(渋谷歩美)、樹木希林(渋谷アイ子)、佐藤隆太(土谷功一)、桐谷美玲(日向キラリ)、橋本愛(嵐美砂)、ほか

「ロック ~わんこの島~」のネタバレあらすじ結末

ロック ~わんこの島~の紹介:2011年日本映画。噴火の島と呼ばれる三宅島で民宿を営む野山家。ある日野山家に1匹のわんこが生まれる。名前はロック。芯はロックが生まれた時からずっとロックの世話をし育ててきた。そんなある日三宅島に噴火が起こる。島は噴火を続け全島民に避難指示が出た。ロックも災害動物救護センターに送られる事になるが、ロックはケージから逃げ出してしまうのだった。
監督:中江功 出演:佐藤隆太(野山松男)、麻生久美子(野山貴子)、土師野隆之介(野山芯 )、岡田義徳(鶴屋肇)、柏原収史(福田喜一)、ほか

「天地明察」のネタバレあらすじ結末

天地明察(てんちめいさつ)の紹介:2012年日本映画。碁打ちの安井算哲は独自の算術や天文学に興味を持つことから全国の北極出地を命じられます。北極星の位置を確認し、緯度を正確に測ることが難しい中、明察していき天職といわれるようになります。しかしその中で現在の暦がずれていることを聞かされ、このままでは日食月食の予測すら難しいといわれ、改暦を考えるようになります。実在した人物、初代天文方・渋川春海の生涯のお話です。
監督:滝田洋二郎 出演:岡田准一(安井算哲/渋川春海)、宮崎あおい(村瀬えん)、佐藤隆太(村瀬義益)、市川猿之助(関孝和)、横山裕(本因坊道策)、中井貴一(水戸光圀)、松本幸四郎(保科正之)、ほか

「漫才ギャング」のネタバレあらすじ結末

漫才ギャングの紹介:2010年日本映画。売れない漫才師が、ひょんなことから出会った不良少年とタッグを組むことで、漫才への情熱を取り戻し、活躍する姿を描いたエンターテイメント作品。笑いあい、涙ありの、人情あふれる作品となっています。
監督:品川ヒロシ 出演:佐藤隆太(黒沢飛夫)、上地雄輔(鬼塚龍平)、石原さとみ(宮崎由美子)、綾部祐二(石井保)、宮川大輔(金井)、河本準一、大島美幸、藤森慎吾、庄司智春、成宮寛貴、笹野高史ほか

「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ」のネタバレあらすじ結末

木更津キャッツアイ ワールドシリーズの紹介:2006年日本映画。人気テレビドラマ「木更津キャッツアイ」映画版の第2段です。余命宣告をされながらも前回まで元気に生きていた主人公ぶっさんですが、本作では亡くなっています。仲間たちはぶっさんとちゃんとお別れをしなかったため、「仲間とちゃんとお別れをしよう。」ということがテーマとされて、物語が進んでいきます。あいかわらず、はちゃめちゃでとんでもないストーリーですが、今回は仲間との別れが中心に描かれており、しんみりとした内容となっています。残されたものはちゃんと前を見て進んでいこうという意図がこの作品からは感じられます。
監督:金子文紀 出演:岡田准一(ぶっさん)、櫻井翔(バンビ)、岡田義徳(うっちー)、佐藤隆太(マスター)、塚本高史(アニ)、酒井若菜(モー子)ほか

1 2
TOP↑