篠原涼子映画一覧

篠原涼子が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「今日も嫌がらせ弁当」のネタバレあらすじ結末

今日も嫌がらせ弁当の紹介:2018年日本映画。反抗期の高校生の娘をもつ母親が負けじと卒業まで作り続けた風変わりな弁当を紹介したブログを基にしたエッセイを映画化した作品です。反抗期の娘に向けたメッセージとも言える弁当が良くも悪くも胸に響いてきます。
監督:塚本連平 出演:篠原涼子(持丸かおり)、芳根京子(持丸双葉)、松井玲奈(持丸若葉)、佐藤寛太(山下達雄)、岡田義徳(持丸島次郎)、村上知子(浩実)、佐藤隆太(岡野信介)、ほか

「魍魎の匣」のネタバレあらすじ結末

魍魎の匣(もうりょうのはこ)の紹介:2007年日本映画。京極夏彦の小説シリーズ『百鬼夜行』シリーズ第2弾であり、第1弾『姑獲鳥の夏』(2005年公開)に引き続いて映画化されました。となる同名の長編推理・伝奇小説を映画化したサスペンスです。2008年にはテレビアニメ化もされており、2019年6月には橘ケンチ(EXILE、EXILE THE SECOND)の主演で舞台化も決定しています。
監督:原田眞人 出演者:堤真一(中禅寺秋彦)、椎名桔平(関口巽)、阿部寛(榎木津礼二郎)、荒川良々(安和寅吉)、田中麗奈(中禅寺敦子)、清水美砂(中禅寺千鶴子)、篠原涼子(関口雪絵)、田村泰二郎(妹尾)、原田遊人(根路銘半次郎)、秋本つばさ(神子上マチ子)、吉沢季代(美女丸梅若)、マギー(鳥口守彦)、堀部圭亮(青木文蔵)、寺島咲(柚木加菜子)、谷村美月(楠本頼子)、黒木瞳(柚木陽子)、宮迫博之(木場修太郎)、宮藤官九郎(久保竣公)、柄本明(美馬坂幸四郎)、笹野高史(今出川所長)ほか

「人魚の眠る家」のネタバレあらすじ結末

人魚の眠る家の紹介:2018年日本映画。脳死をテーマにした映画。我が子がもし事故に巻き込まれ、脳死状態になったとしたら…。心臓が動いて体の温もりを感じれば、もしかしたら意識が戻るかもしれないと期待を持ちながら介護をしていくのか、あるいは死を受け入れるのか、でも心臓が動いているのであればいつを死とするのか、母親は最新の医療技術をわずかな光として希望を持とうとするが、事故の当事者にとってはどうなのか。それは親の自己満足にすぎないのか、あるいは究極の愛情なのか。あなたならどうしたいですか?といった他人事ではない誰がいつ当事者になってもおかしくない、東野圭吾の小説を原作にしたミステリー。
監督:堤幸彦 出演:篠原涼子(播磨薫子)、西島秀俊(播磨和昌)、坂口健太郎(星野祐也)、川栄李奈(川嶋真緒)、山口紗弥加(美晴)、田中哲司(進藤)、田中泯(播磨多津朗)、松坂慶子(千鶴子)、ほか

「花田少年史」のネタバレあらすじ結末

花田少年史 幽霊と秘密のトンネルの紹介:2006年日本映画。トラックがトンネル内で女子高生の幽霊に遭遇し、その結果出口で、花田一路という少年を撥ねてしまいました。その日以来一路には幽霊が見え、幽霊と話せるようになりました・・・・という内容のオカルトファンタジー映画です。
監督:水田伸生 出演者:須賀健太(花田一路)、篠原涼子(花田寿枝)、西村雅彦(花田大路郎)、北村一輝(沢井真彦)、安藤希/幼少期:吉田里琴(香取聖子)、杉本哲太(村上猛)、もたいまさこ(吉川のばあちゃん)、中島ひろ子(村上美代子)、松田昂大(村上壮太)、小林隆(市村和夫)、大平奈津美(花田徳子)、鬼頭歌乃(市村桂)ほか

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」のネタバレあらすじ結末

SUNNY 強い気持ち・強い愛の紹介:2018年日本映画。韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』のリメイク版で舞台を日本に移して描かれる。サラリーマンの夫と高校生の娘を持つアラフォー主婦の奈美は平凡だが幸せな日々を過ごしていた。そんなある日、母が入院して病院へ。その帰りに同じ病院では高校時代に仲の良かった友人も入院していた。奈美は余命一ヶ月の友人 芹香から昔の仲間に会いたいと言われて探すことに。しかし、20年も前のことでなかなか消息がわからず、状況もずいぶん変わってしまっていた。果たして芹香が生きている間に6人の仲間全員に会わせてあげることができるのでしょうか?
監督:大根仁 キャスト:篠原涼子(奈美/現在)、小池栄子(裕子/現在)、ともさかりえ(心/現在)、渡辺直美(梅/現在)、板谷由夏(芹香/現在)、広瀬すず(奈美/90年代)、池田エライザ(奈々/90年代)、山本舞香(芹香/90年代)、野田美桜(裕子/90年代)、田辺桃子(心/90年代)、富田望生(梅/90年代)、三浦春馬(藤井渉)、リリー・フランキー(中川)、ほか

「幸福の鐘」のネタバレあらすじ結末

幸福の鐘の紹介:2002年日本映画。自分の勤める工場が閉鎖となり、途方に暮れて一人歩く五十嵐悟の身に降りかかる様々な出来事の2日間を淡々と描いたヒューマンドラマです。主役の寺島進はラストまで一言もしゃべらず物語は進みます。
監督:SABU 出演者:寺島進(五十嵐悟)、西田尚美(五十嵐愛子)、篠原涼子(池田千鶴子)ほか

「北の桜守」のネタバレあらすじ結末

北の桜守の紹介:2017年日本映画。樺太から北海道に引き揚げる江蓮家の物語。樺太から命からがら北海道に引き揚げ、そこで寒さと飢えに苦しみながらも父との約束を果たすことを夢見て一生懸命に生き抜こうとする江蓮家の話をミュージカル仕立てにした物語。
監督:滝田洋二郎 出演:吉永小百合(江蓮てつ / 母)、堺雅人(江蓮修二郎 / 次男)、篠原涼子(江蓮真理 / 修二郎の妻)、岸部一徳(山岡和夫)、高島礼子(島田光江)、永島敏行(三田医師)、笑福亭鶴瓶(居酒屋たぬきの主人)、阿部寛(江蓮徳次郎 / てつの夫)、佐藤浩市(菅原信治)、ほか

「突入せよ!「あさま山荘」事件」のネタバレあらすじ結末

突入せよ!突入せよ!「あさま山荘」事件「あさま山荘」事件の紹介:2002年日本映画。1972年2月、警察に追われた連合赤軍のメンバーがあさま山荘に侵入し、人質を取って立てこもる事件が発生しました。マイナス10度を超える極寒の中、犯人に容易に近づくことができない状態が続きます。1970年代に実際に発生した「あさま山荘事件」を題材に映画化したもので、当時の警察内部の攻防を描いています。
監督:原田眞人 原作:佐々淳行 出演:役所広司(佐々淳行)、宇崎竜童(宇田川信一)、伊武雅刀(野間長野県警本部長)、串田和美(丸山参事官)、山路和弘(石川警視正)、矢島健一(大久保第九機動隊長)、椎名桔平(白竜組社長)、天海祐希(佐々幸子)、藤田まこと(後藤田正晴警察庁長官)、ほか

「陽はまた昇る」のネタバレあらすじ結末

陽はまた昇るの紹介:2002年日本映画。赤字続きに苦しむビデオ事業部の事業部長に任命された開発技師と苦境に立たされた従業員達が一致団結し、家庭用ビデオの開発に奮闘する姿を描いた感動ドラマ。従業員たちの雇用を守るために奮闘する一人の男の熱き想いに胸を打たれる感動作となっています。VHS開発プロジェクトをもとにしており、ビクター、ソニー、松下電器産業などが登場する。
監督佐々部清 出演:西田敏行(加賀谷静男)、緒形直人(江口涼平)、篠原涼子(柏木夏佳)、真野響子(加賀谷圭子)、石橋蓮司(金沢紀之)、倍賞美津子(村上雅恵)、江守徹(寺山彰)、渡辺謙(大久保修)、仲代達矢(松下幸之助)、ほか

「アンフェア the end」のネタバレあらすじ結末

アンフェア the end(アンフェアジエンド)の紹介:2015年日本映画。秦建日子の小説を基にした劇場版アンフェアの3作目でシリーズ完結作。国家の陰で暗躍する謎の権力組織に関するデータを手にした警視庁捜査一課の雪平夏美(篠原涼子)が、激闘に身を投じていく様子を描く。検挙率ナンバーワン&バツイチ&子持ち&無駄に美人の個性的刑事・雪平夏美の物語は、常に陰謀と裏切りの先読み不能な展開で支持を得ていた作品。アンフェアは2006年にテレビドラマとしてスタートし、その後スペシャルドラマ、劇場版2作が公開され、今作の「アンフェア the end」でついに完結する。
監督:佐藤嗣麻子 出演者:篠原涼子(雪平夏見)、永山絢斗(津島直紀)、阿部サダヲ(小久保佑一)、加藤雅也(三上薫)、AKIRA / EXILE(武部将臣)、寺島進(山路哲夫)、佐藤浩市(一条道孝)、吉田鋼太郎(特捜部長)、向井地美音(雪平美央)、ほか

「アンフェア the answer」のネタバレあらすじ結末

アンフェア the answerの紹介:2011年日本映画。ネイルガン殺人事件が起こり、元旦那・佐藤を殺害した罪で容疑者となった雪平夏見刑事。事件には警察の重要機密も関係しているようで・・・。雪平は真犯人を暴くために捜査に乗り出します。
監督:佐藤嗣麻子 出演:雪平夏見(篠原涼子)、一条(佐藤浩一)、佐藤和夫(香川照之)、結城(大森南朋)、村上(山田孝之)ほか

「下妻物語」のネタバレあらすじ結末

下妻物語の紹介:2004年日本映画。嶽本野ばら原作『下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん』を中島哲也監督が映画化。孤高のロリータファッション女子高生と、時代錯誤な熱血スケバンのヘンテコだけど真っ直ぐな友情を軽妙なタッチで描く、王道ガールズ青春コメディ。カンヌJr.フェスティバルで邦画初のグランプリを得るなど、海外でも高い評価を受けている。
監督 :中島哲也 出演:深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子、樹木希林、岡田義徳、阿部サダヲ、小池栄子、荒川良々、矢沢心ほか

「THE 有頂天ホテル」のネタバレあらすじ結末

THE 有頂天ホテルの紹介:2006年日本映画。THE 有頂天ホテルは、大晦日に起こるホテルマンとそこに泊まる数多くの訳アリ客たちとのトラブル劇。年が明けるその瞬間まで宿泊支配人(役所広司)の心労は止まない。稀に見る豪華キャスト陣と演劇舞台作家三谷幸喜がメガホンをとったリアルタイムストーリー。
監督:三谷幸喜 キャスト:役所広司、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、唐沢寿明、西田敏行、篠原涼子、戸田恵子、生瀬勝久、麻生久美子、YOU、オダギリジョーほか

「ステキな金縛り」のネタバレあらすじ結末

ステキな金縛りの紹介:2010年日本映画。失敗続きの弁護士エミに最後のチャンスとしてやってきたのはある殺人事件の弁護だった。弁護する容疑者は妻殺しで逮捕された男。しかし男は断固として無罪を主張する。彼にはアリバイがあった。事件の起こった夜男はある宿に泊まっていた。そしてそこで一晩中”金縛り”にあっていたという。事件を調べるべくその宿へ行くエミの前にその渦中の人物が現れる。「有頂天ホテル」などのヒットメーカーとして人気の三谷幸喜監督映画作品。
監督・脚本:三谷幸喜 出演:深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、ほか

「下妻物語(2004年)」のネタバレあらすじ結末

下妻物語の紹介:2004年日本映画。下妻を舞台に、ロリータとヤンキーという意表をつく組み合わせの2人が、奇妙な友情で結ばれていく様子を描いた作品。ロリータ娘の桃子を演じる深田恭子とヤンキーのイチゴを演じる土屋アンナが等身大の女子高生の姿を好演し、面白くて最期にはほろっと泣ける感動の青春映画です。
監督:中島哲也 出演:深田恭子(桃子)、土屋アンナ(イチゴ)、宮迫博之(桃子の父)、篠原涼子(桃子の母)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑