志尊淳映画一覧

志尊淳が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ」のネタバレあらすじ結末

獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よの紹介:2013年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』と第36作『特命戦隊ゴーバスターズ』がコラボレーションした作品です。本作は更に第16作『恐竜戦隊ジュウレンジャー』と第27作『爆竜戦隊アバレンジャー』といった歴代恐竜系戦隊、そしてテレビ放映開始に先駆けて第38作『烈車戦隊トッキュウジャー』が登場するという計5戦隊が参戦した豪華作となりました。

「行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号」のネタバレあらすじ結末

行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号の紹介:2015年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第38作『烈車戦隊トッキュウジャー』の最終回後を描いたスピンオフ作品です。最終決戦から10年後の2025年と2年後の2017年のふたつの時代を舞台に、成長したトッキュウジャーが過去の自分たちと手を組んで新たな強敵に挑んでいく姿を描きます。監督はスーパー戦隊シリーズの助監督を務め、本作が長編監督デビューとなる荒川史絵(『ドゲンジャーズ』など)が務めています。
監督:荒川史絵 出演者:志尊淳(ライト/トッキュウ1号)、平牧仁(トカッチ/トッキュウ2号)、小島梨里杏(ミオ/トッキュウ3号)、横浜流星(ヒカリ/トッキュウ4号)、森高愛(カグラ/トッキュウ5号)、長濱慎(虹野明/トッキュウ6号/ザラム)、関根勤(元車掌/トッキュウ7号)、山口勝平(チケット)、堀江由衣(ワゴン)、日髙のり子(グリッタ嬢)、福山潤(ネロ男爵)、久川綾(ノア夫人)、壤晴彦(シュバルツ将軍)、鈴木れい子(モルク侯爵)、馬渕誉(鈴樹来斗/こどもトッキュウ1号)、永瀬圭志朗(渡嘉敷晴/こどもトッキュウ2号)、石井薫子(夏目美緒/こどもトッキュウ3号)、山崎光(野々村洸/こどもトッキュウ4号)、清水らら(泉神楽/こどもトッキュウ5号)、押川善文(トッキュウ1号/先生)、浪川大輔(保線員/タンクトップシャドー)、安元洋貴(ヘイ大公)ほか

「劇場版 ドルメンX」のネタバレあらすじ結末

劇場版 ドルメンXの紹介:2018年日本映画。高木ユーナの同名漫画を原作とし、2018年3月に実写ドラマとして放映された作品を、テレビ版のキャスト続投で映画化したコメディ作品です。地球を侵略しようとやってきた宇宙人が手段のひとつとしてアイドルグループを結成することにするのですが…。
監督:小室直子 出演者:志尊淳(隊長)、浅香航大(イチイ)、小越勇輝(ニイ)、堀井新太(サイ)、玉城ティナ(ヨイ)、桐山漣(実光修吾)、白洲迅(MANABU)、横山由依(記者)、青木さやか(舞園先生)、徳井義実(羽多野社長)ほか

「一度死んでみた」のネタバレあらすじ結末

一度死んでみたの紹介:2019年日本映画。広瀬すずがデスメタルバンドのボーカルを演じる話題の映画『一度死んでみた』。共演の吉沢亮とともに、期待以上のコメディセンスを披露している。監督は、au「三太郎」シリーズや「日野の2トン」で知られるCMディレクターの浜崎慎治。脚本はソフトバンクの「白戸家」などを手掛けるCMプランナー&クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光。この強力布陣のためか多くの有名俳優がチョイ役で出演しており、それを見つけていくのも楽しみのひとつとなっている。
監督:浜崎慎治 脚本:澤本嘉光 音楽:ヒャダイン キャスト:広瀬すず(野畑七瀬)、吉沢亮(松岡卓)、堤真一(野畑計)、リリー・フランキー(火野)、城田優(警備員)、原日出子(掃除のおばさん)、佐藤健(ボーイ)、池田エライザ(あかね)、志尊淳(野畑製薬社員)、古田新太(計の元同僚)、大友康平(ジェームス布袋)、竹中直人(坊主)、妻夫木聡(クラウンホテル支配人)、木村多江(野畑百合子)、松田翔太(藤井さん)、ほか

「HiGH&LOW THE WORST」のネタバレあらすじ結末

HiGH&LOW THE WORSTの紹介:2019年日本映画。EXILEのリーダーHIROが総合プロデュースを手掛けるクロスオーバー・バトルアクションシリーズ『HiGH&LOW』の劇場版第6作は高橋ヒロシ原作の大ヒット不良漫画『WORST』とのまさかのコラボレーションとなりました。本作では高橋ヒロシ自ら自身初となる映画脚本を手がけ、『HiGH&LOW』の舞台である“S.W.O.R.D.地区”の一角である鬼邪高校と『WORST』の一角である鳳仙学園の大激突を豪華キャストで描きあげます。
監督:久保茂昭 出演者:川村壱馬(花岡楓士雄)、志尊淳(上田佐智雄)、山田裕貴(村山良樹)、前田公輝(轟洋介)、吉野北人(高城司)、佐藤流司(西川泰志)、神尾楓珠(中越大)、福山康平(ジャム男)、龍(芝マン)、鈴木昂秀(辻)、うえきやサトシ(横山清史)、中島健(中岡昌平)、塩野瑛久(小田島有剣)、葵揚(沢村正次)、小柳心(仁川英明)、荒井敦史(志田建三)、坂口涼太郎(サバカン)、白洲迅(桐原誠司)、中務裕太(尾々地真也)、小森隼(尾々地正也)、富田望生(石井マドカ)、矢野聖人(前川新太)、鈴木貴之(古屋英人)、一ノ瀬ワタル(関虎太郎)、清原翔(中林)、青木健(中茎)、陳内将(中園)、市川知宏(金平優斗)、落合モトキ(金平秀斗)、前田瑞貴(南)、高野光希(大橋)、箭内夢菜(上田唯)、佐藤大樹(チハル)、佐藤寛太(テッツ)、塚本高史(パルコ(春山孝一))、小沢仁志(関雅虎)ほか

「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」のネタバレあらすじ結末

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~の紹介:2019年日本映画。2018年TVシリーズで世間の話題をさらった「おっさんずラブ」。大ヒットドラマの後日譚が満を持して映画化された。女性にはモテないが、職場の男性陣から想いを寄せられる主人公春田に、この作品で大ブレイクした田中圭。その春田と晴れてカップルとなる後輩牧に林遣都。そして、春田に恋して離婚までしてしまう上司の黒澤に吉田鋼太郎。おなじみの三人に、今度は沢村一樹と志尊淳が加わり、スケールアップしたラブ・バトルロワイヤルが繰り広げられる。
監督:瑠東東一郎 キャスト:田中圭(春田創一)、林遣都(牧凌太)、吉田鋼太郎(黒澤武蔵)、沢村一樹(狸穴迅)、志尊淳(山田正義<ジャスティス>)、眞島秀和(武川政宗)、金子大地(栗林歌麻呂)、大塚寧々(西園寺蝶子)、伊藤修子(瀬川舞香)、児嶋一哉(荒井鉄平)、内田理央(荒井ちず)ほか

「フォルトゥナの瞳」のネタバレあらすじ結末

フォルトゥナの瞳の紹介:2018年日本映画。死を間近にした人間が透けて見える能力である「フォルトゥナの瞳を」持っていることに気づいた青年が最愛の女性のため奮闘する。神木隆之介主演で、ヒロインを有村架純が演じる。「フォルトゥナの瞳」は、作家 百田尚樹の同名恋愛小説を映画化した作品。
監督:三木孝浩 原作:百田尚樹 出演:神木隆之介(木山慎一郎)、有村架純(桐生葵)、志尊淳(金田大輝)、DAIGO(宇津井和幸)、松井愛莉(植松真理子)、北村有起哉(黒川武雄)、斉藤由貴(遠藤美津子)、時任三郎(遠藤哲也)、ほか

「走れ!T校バスケット部」のネタバレあらすじ結末

走れ!T校バスケット部の紹介:2018年日本映画。負け続きの弱小バスケットボール部に強豪校から転校生がやってくることから始まる快進撃!松崎洋のベストセラースポーツ小説を映画化した本作では、今をときめくイケメン俳優が多数集結。D-BOYSの志尊淳、EBiDAN39の佐野勇斗、劇団EXILEの佐藤寛太、ジュノン・スーパーボーイ準グランプリの鈴木勝大らがバスケットボール元日本代表半田圭史監修のもと、見事はボールさばきを見せている。また竹内涼真、千葉雄大もいいところでワンポイント出演している。
監督:古澤健 キャスト:志尊淳(田所陽一)、佐野勇斗(矢嶋俊介)、早見あかり(佐藤浩子)、戸塚純貴(川崎裕太)、佐藤寛太(牧園浩司)、鈴木勝大(川久保透)、YOU(小山先生)、椎名桔平(田所正道)、竹中直人(合宿所の管理人)、竹内涼真(佐藤準)、千葉雄大(北条一紀)、ほか

「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー」のネタバレあらすじ結末

烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIEの紹介:2015年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第38作の『烈車戦隊トッキュウジャー』と第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』が共演する作品です。キョウリュウジャーの宿敵・デーボス軍の創造主デビウスがトッキュウジャーの宿敵・シャドーラインと手を組み、両戦隊に襲い掛かります。第39作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』も放送開始に先駆けてゲスト参戦しています。
監督:渡辺勝也 出演者:志尊淳(ライト/トッキュウ1号)、竜星涼(桐生ダイゴ/キング/キョウリュウレッド)、平牧仁(トカッチ/トッキュウ2号)、小島梨里杏(ミオ/トッキュウ3号)、横浜流星(ヒカリ/トッキュウ4号)、森高愛(カグラ/トッキュウ5号)、長濱慎(虹野明/トッキュウ6号)、斉藤秀翼(イアン・ヨークランド/キョウリュウブラック)、金城大和(有働ノブハル/ノッさん/キョウリュウブルー)、塩野瑛久(立風館ソウジ/キョウリュウグリーン)、今野鮎莉(アミィ結月/キョウリュウピンク)ほか

「烈車戦隊トッキュウジャー ギャラクシーラインSOS」のネタバレあらすじ結末

烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOSの紹介:2014年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第38作にして“鉄道”をモチーフとする『烈車戦隊トッキュウジャー』の劇場版です。25年に一度、地球に飛来するといわれる伝説の“烈車”を巡り、トッキュウジャーと悪の帝国シャドーラインが火花を散らします。
監督:竹本昇 出演者:志尊淳(ライト/トッキュウ1号(声))、平牧仁(トカッチ/トッキュウ2号(声))、小島梨里杏(ミオ/トッキュウ3号(声))、横浜流星(ヒカリ/トッキュウ4号(声))、森高愛(カグラ/トッキュウ5号(声))、長濱慎(虹野明/トッキュウ6号(声))、大口兼悟(闇の皇帝ゼット)、福原遥(レディ)、関根勤(車掌)ほか

「探偵はBARにいる3」のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいる3の紹介:2017年日本映画。東直己の『ススキノ探偵シリーズ』を原作とする人気ハードボイルド・サスペンスシリーズ第3作です。北海道最大の歓楽街ススキノを舞台に、大泉洋と松田龍平扮する探偵コンビが、女子大生の失踪を発端とする大事件に巻き込まれていきます。
監督:吉田照幸 出演者:大泉洋(探偵)、松田龍平(高田)、北川景子(岬マリ)、前田敦子(諏訪麗子)、鈴木砂羽(モンロー)、リリー・フランキー(北城仁也)、志尊淳(波留)ほか

「覆面系ノイズ」のネタバレあらすじ結末

覆面系ノイズの紹介:2017年日本映画。福山リョウコ原作の同名少女漫画を実写映画化した青春ロックムービーで、音楽に情熱を燃やす若者たちの姿が描かれています。出演者らによる劇中バンド「in NO hurry to shout;」は実際にメジャーデビューも果たしています。
監督:三木康一郎 出演者:中条あやみ(有栖川仁乃/ニノ)、志尊淳(杠花奏/ユズ)、小関裕太(榊桃/モモ)、真野恵里菜(珠久里深桜/ミオウ)、杉野遥亮(悠埜佳斗/ハルヨシ)、磯村勇斗(黒瀬歩/クロ)、ほか

「携帯彼女+(プラス)」のネタバレあらすじ結末

携帯彼女+(プラス)の紹介:2012年日本映画。高校生の和也と同級生の杏子は友人から送られてきた『アイドルプラス』というアプリをダウンロードしたためケームの中のアイドルから命を狙われるハメになりました。正反対の性格の二人が『アイドルプラス』から脱出するために協力していくおたくホラーです。
監督:月川翔 出演者:逢沢りな(杏子)、志尊淳(和也)、荻野可鈴(アカネ)、三上枝織、、白州迅ほか

「帝一の國」のネタバレあらすじ結末

帝一の國(ていいちのくに)の紹介:2017年日本映画。映画「帝一の國」は、古屋兎丸のマンガを原作とした実写映画化作品。国内屈指の名門校と言われる海帝高校で、将来の入閣が約束されるという生徒会長の座をめぐって勃発する激しいバトルをコメディ満載で描く。菅田将暉主演で、イケメン俳優6人を揃えた話題作。菅田将暉がネジの外れた情熱的な男子生徒・赤場帝一を演じます。「帝一の國」は映画公開に合わせてスピンオフドラマの『帝一の國~学生街の喫茶店~』が放送されました。
監督:永井聡 出演:菅田将暉(赤場帝一)、野村周平(東郷菊馬)、竹内涼真(大鷹弾)、間宮祥太朗(氷室ローランド)、志尊淳(榊原光明)、千葉雄大(森園億人)、永野芽郁(白鳥美美子)、ほか

「全員、片想い」のネタバレあらすじ結末

全員、片想いの紹介:2016年日本映画。ラジオパーソナリティの三崎遥は7週連続切ない片思いの特集をすることになった。第1週幼馴染との片思い。第2週上司への片思い。第3週耳の聴こえない少女の片思い。毎週毎週片思いをラジオで伝える中、三崎自身も同じラジオ局の由衣が気になって行く。それぞれの愛おしく切ない片思いと、三崎と由衣の恋の行方は。
出演:加藤雅也(三崎遥)、芳賀優里亜(由依)、伊藤沙莉(ノムラ)、中川大志(サタケ)、広瀬アリス、斎藤工、志尊淳、千葉雄大、清水富美加、橋本マナミ、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑