Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソフィア・コッポラ映画一覧

ソフィア・コッポラ映画のネタバレあらすじ一覧です。ソフィア・コッポラ監督作品や出演のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、ソフィア・コッポラ作品の一覧です。

「SOMEWHERE」のネタバレあらすじ結末

SOMEWHEREの紹介:2010年アメリカ映画。ハリウッドスターという名誉を手にしながら空虚な毎日を送る男と、離婚した妻と暮らしている娘との短い間だけど、徐々に交流を深めていく様子を描いたドラマ映画です。
監督:ソフィア・コッポラ 出演者:スティーヴン・ドーフ(ジョニー・マルコ)、エル・ファニング(クレオ)、クリス・ポンティアス(サミー)、ララ・スロートマン(レイラ)、ベニチオ・デル・トロ(セレブ)、ミシェル・モナハン(レベッカ)、ほか

「ビガイルド 欲望のめざめ」のネタバレあらすじ結末

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめの紹介:2017年アメリカ映画。1864年のバージニア州。南北戦争の砲弾から逃れるために隔離された女子寄宿学園に暮らす美しい7人の女性たち。ある日、女生徒の1人エミリーは森で敵軍の負傷兵ジョン・マクバニーを見つけ宿舎で手当し、回復するまでかくまうことになった。男子禁制の学園にワイルドでハンサムなジョンが現れたことによって、秩序ある学園内が一気に嫉妬と欲望に渦巻いていく。原作はトーマス・カリナンの小説「The Beguiled」。ソフィア・コッポラの長編6作目の作品として、カンヌ国際映画では監督賞を獲得するなど高い評価を得た。クリント・イーストウッド主演の『白い肌の異常な夜』のリメイク版。
監督:ソフィア・コッポラ 出演:コリン・ファレル(ジョン・マクバニー伍長)、ニコール・キッドマン(マーサ・ファーンズワース)、キルスティン・ダンスト(エドウィナ・ダブニー)、エル・ファニング(アリシア)、ウーナ・ローレンス(エイミー)、アンガーリー・ライス(ジェーン)、アディソン・リーケ(マリー)ほか

「ヴァージン・スーサイズ」のネタバレあらすじ結末

ヴァージン・スーサイズの紹介:1999年アメリカ映画。1970年代のミシガン州を舞台に、リスボン家の美人5人姉妹が次々に自殺してしまう事件を描いた儚く、秘密めいた作品。フランシス・フォード・コッポラの娘、ソフィア・コッポラが初監督した作品でも話題となり、ガールズ・カルチャーを見事に表現した作品です。原作は1993年発表の「ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹」。
監督:ソフィア・コッポラ 出演: キルステン・ダンスト(ラックス・リスボン)、チェルシー・スウェイン(ボニー・リスボン)、ハンナ・ホール(セシリア・リスボン)、ジェームズ・ウッズ(ロナルド・リスボン)、キャスリーン・ターナー(リスボン夫人)、ジョナサン・タッカー(ティム・ウェイナー)、ジョシュ・ハートネット(トリップ・フォンテーン)、ロバート・シュワルツマン(ポール)、ヘイデン・クリステンセン(ジェイク)、ほか

「ゴッドファーザーPART III」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーPART IIIの紹介:1990年アメリカ映画。伝説のシリーズ、ゴッドファーザー3作目で最終章。前作から何と16年の時を経て発表されたファン待望作。伝説のマフィア、ドン・マイケル・コルレオーネの最期までを描く。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:アル・パチーノ(ドン・マイケル・コルレオーネ)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス)、アンディ・ガルシア(ビンセント)、タリア・シャイア(コニー)、ソフィア・コッポラ(メアリー・コルレオーネ)、ほか

「ゴッドファーザーPART II」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーPART IIの紹介:1974年アメリカ映画。名作と名高いゴッドファーザーシリーズの第2弾。第1弾で主役であったドン・コルレオーネの幼少期、彼がドンと呼ばれる様になるまで、そして彼の息子マイケルについて描いた一作。1作目に続きアカデミー賞を受賞した作品。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:アル・パチーノ(ドン・マイケル・コルレオーネ)、ロバート・デュヴァル(トム・ヘイゲン)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス・コルレオーネ)、ロバート・デ・ニーロ(若き日のドン・ヴィトー・コルレオーネ)、ジョン・カザール(フレデリコ・“フレド”・コルレオーネ)、ほか

「ゴッドファーザー」のネタバレあらすじ結末

ゴッドファーザーの紹介:1972年アメリカ映画。第二次世界大戦後、ニューヨークを牛耳るマフィアの繁栄と衰退をドンの世代交代により浮き彫りにするマフィア映画の決定作!マリオ・プーゾの同名小説「ゴッドファーザー」をフランシス・コッポラが映画化。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:マーロン・ブランド(ドン・ヴィトー・コルレオーネ)、アル・パチーノ(マイケル・コルレオーネ)、ジェームズ・カーン(サンティノ・“ソニー”・コルレオーネ)、ジョン・カザール(フレデリコ・“フレド”・コルレオーネ)、ダイアン・キートン(ケイ・アダムス・コルレオーネ)、ほか

「ブリングリング」のネタバレあらすじ結末

ブリングリングの紹介:2013年アメリカ,フランス,イギリス,日本,ドイツ映画。実際におきたセレブ専門窃盗団の事件を映画化した作品。被害総額3億円にものぼるセレブ専門の窃盗団の犯人は全員10代だった。セレブリティの生活に憧れるレベッカは、高校の同級生のマークや遊び仲間を誘い、パリス・ヒルトンやオーランド・ブルームなど誰もが知っているセレブの豪邸を狙い、洋服やバッグ、ネックレスなどを盗む。日本でも人気の高いソフィア・コッポラ監督が、若い世代ならではの過ちを描いた作品。
監督:ソフィア・コッポラ 出演: エマ・ワトソン(ニッキー)、ケイティ・チャン(レベッカ)、タイッサ・ファーミガ(サム)、イズラエル・ブルサード(マーク)、クレア・ジュリアン(クロエ)ほか

「マリーアントワネット」のネタバレあらすじ結末

マリー・アントワネットの紹介:2006年アメリカ映画。フランス王妃マリーアントワネットの生涯を描いた伝記映画。ソフィア・コッポラが監督を務め、女性監督ならでの目線で、一人の女性としてのマリーアントワネットの生涯が描かれています。劇中に使われている華やかなファッションも見どころの一つです。
監督:ソフィア・コッポラ 出演者:キルスティン・ダンスト(マリー・アントワネット)、ジェイソン・シュワルツマン(ルイ16世)、ダニー・ヒューストン(ヨーゼフ2世)、ジュディ・ディヴィス(ノアイユ伯爵夫人)、アーシア・アルジェント(デュ・バリー夫人)ほか

「スターウォーズ エピソード1/ファントムメナス」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード1/ファントムメナスの紹介:1999年アメリカ映画。ジョージ・ルーカス原作のSFスペースオペラの金字塔「スターウォーズ」シリーズの第4作にして全ての物語の第1話となるアナキン三部作の第1弾です。後にダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーの少年時代を、銀河共和国の衰退とシス暗黒卿の暗躍と共に描きます。
監督:ジョージ・ルーカス 出演者:ジェイク・ロイド(アナキン・スカイウォーカー)、ユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)、リーアム・ニーソン(クワイ=ガン・ジン)、ナタリー・ポートマン(パドメ・アミダラ)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、サミュエル・L・ジャクソン(メイス・ウィンドゥ)、フランク・オズ(ヨーダ)、レイ・パーク(ダース・モール)、イアン・マクダーミド(シーヴ・パルパティーン/ダース・シディアス)、ほか

「ロスト・イン・トランスレーション」のネタバレあらすじ結末

ロスト・イン・トランスレーションの紹介:2003年アメリカ・日本映画。ソフィア・コッポラ監督自身の東京での経験をもとに描いたコメディドラマ。“トーキョー”で偶然出会ったハリウッド俳優と若いアメリカ人の人妻の、心の空洞を抱えたひとときの恋心。ソフィア・コッポラ監督から“トーキョー”へのラブレターです。
監督:ソフィア・コッポラ 製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ 出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョヴァンニ・リビシ、アンナ・ファリス、マシュー南、田所豊、林文浩ほか

TOP↑