特撮映画一覧

特撮映画のネタバレあらすじ一覧です。ゴジラなどの怪獣映画や、戦隊ヒーローや仮面ライダーなどの映画のおすすめ映画を紹介しています。

「仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーエターナル」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダーW(ダブル)RETURNS 仮面ライダーエターナルの紹介:2011年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第11作『仮面ライダーW(ダブル)』のスピンオフ第2弾です。本作は映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場した最強の敵・仮面ライダーエターナルこと大道克己を主人公とし、彼がなぜ悪のライダーとなったのかを描いていきます。ロックバンド「SOPHIA」の松岡充が再び大道克己を演じ、主題歌もSOPHIAが担当しています。ゲストヒロインに『侍戦隊シンケンジャー』の高梨臨を迎え、歴代『スーパー戦隊シリーズ』出演者たちがゲスト出演しています。
監督:坂本浩一 出演者:松岡充(大道克己/仮面ライダーエターナル)、高梨臨(ミーナ)、須藤元気(泉京水)、八代みなせ(羽原レイカ)、出合正幸(芦原賢)、中村浩二(堂本剛三)、コン・テユ(加頭順/エターナル・レッドフレア/ユートピア・ドーパント)、竹岡常吉(田端)、富田翔(ロイド)、人見早苗(シオン)、袴田裕幸(リキ)、大月秀幸(チョウさん)、緑川静香(ノンコ)、春田純一(ドクター・プロスペクト/アイズ・ドーパント)、杉本彩(プロフェッサー・マリア)、山本ひかる(照井亜樹子)、桐山漣(左翔太郎/仮面ライダーW)、菅田将暉(フィリップ/仮面ライダーW/大道克己(少年時代))ほか

「仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーアクセル」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダーW(ダブル)RETURNS 仮面ライダーアクセルの紹介:2011年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第11作『仮面ライダーW(ダブル)』のスピンオフ第1弾です。テレビシリーズ最終回および『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』(2010年)の後の“風都”を舞台に、『W』の“2号ライダー”である仮面ライダーアクセルこと照井竜がスリ常習犯の女が絡んだ事件に巻き込まれていく過程を描きます。ゲストヒロインに『仮面ライダービルド』『ウルトラマンギンガS』の滝裕可里、ゲスト悪役に本作が遺作となった田中実を迎えています。
監督:坂本浩一 出演者:木ノ本嶺浩(照井竜/仮面ライダーアクセル)、山本ひかる(照井亜樹子)、滝裕可里(葛木葵)、俊藤光利(大野幸弘)、中川真吾(真倉俊)、長澤奈央(リリィ白銀)、山野史人(フランク白銀)、山本康平(マサル)、野口雅弘(先生)、諏訪太朗(葵の父)、下園愛弓(女用心棒)、なだぎ武(刃野幹夫)、田中実(相模広志/コマンダー・ドーパント)、桐山漣(左翔太郎/仮面ライダーW)、菅田将暉(フィリップ/仮面ライダーW)ほか

「宇宙戦隊キュウレンジャー ゲースインダベーの逆襲」のネタバレあらすじ結末

宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲の紹介:2017年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第41作『宇宙戦隊キュウレンジャー』の劇場版です。宿敵“宇宙幕府ジャークマター”の独立部隊を率いる最強の敵との“宇宙の破壊神ケルベロス”争奪戦に臨むキュウレンジャーの戦いを描きます。本作にはゲスト悪役として田村亮(ロンドンブーツ1号2号)とお笑いコンビ「レイザーラモン」が出演、随所に『スター・ウォーズ』シリーズのオマージュも散りばめられています。

「ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー」のネタバレあらすじ結末

ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャーの紹介:2019年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第42作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』と第41作『宇宙戦隊キュウレンジャー』がコラボレーションした作品です。キュウレンジャーの宿敵・宇宙幕府ジャークマターの残党が“ルパパト”共通の敵であるギャングラー怪人と手を組み、三大スーパー戦隊に牙をむきます。時系列は『ルパパト』テレビ最終回の直前、『キュウレンジャー』はテレビ最終回の1年後以内、『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』(2018年)の約3年前となります。ゲストとして第40作『動物戦隊ジュウオウジャー』でジュウオウザワールドを演じた國島直希が同役で出演しています。

「ニンニンジャーVSトッキュウジャー忍者インワンダーランド」のネタバレあらすじ結末

手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランドの紹介:2016年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』の第39作・シリーズ40周年記念作の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』と第38作『烈車戦隊トッキュウジャー』の劇場作品であり、『スーパー戦隊祭』の一環として製作された作品です。トッキュウジャーの宿敵シャドーラインの残党の陰謀に巻き込まれたアカニンジャーを救うべく、ニンニンジャーとトッキュウジャーが手を組んで巨悪に立ち向かいます。ゲスト悪役としてお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太が出演、第40作『動物戦隊ジュウオウジャー』がテレビ本編開始に先駆けて登場しています。

「ジュウオウジャーVSニンニンジャー未来からのメッセージ」のネタバレあらすじ結末

劇場版 動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージ from スーパー戦隊の紹介:2017年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第40作『動物戦隊ジュウオウジャー』と第39作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のコラボレーション作品で、『スーパー戦隊祭』の一環として製作された作品です。本作は『ジュウオウジャー』が通算40作記念、『ニンニンジャー』がシリーズ40周年記念作品であることからシリーズの記念作品として製作され、ゲストとして第12作『超獣戦隊ライブマン』でレッドファルコンを演じた嶋大輔が『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』(2001年)以来約15年ぶりに同役の声を演じ、第41作『宇宙戦隊キュウレンジャー』がテレビ本編開始に先駆けて登場しています。

「獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ恐竜大決戦!」のネタバレあらすじ結末

獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よの紹介:2013年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』と第36作『特命戦隊ゴーバスターズ』がコラボレーションした作品です。本作は更に第16作『恐竜戦隊ジュウレンジャー』と第27作『爆竜戦隊アバレンジャー』といった歴代恐竜系戦隊、そしてテレビ放映開始に先駆けて第38作『烈車戦隊トッキュウジャー』が登場するという計5戦隊が参戦した豪華作となりました。

「真・仮面ライダー 序章」のネタバレあらすじ結末

真・仮面ライダー 序章(プロローグ)の紹介:1992年日本映画。石ノ森章太郎の代表作『仮面ライダー』シリーズの『昭和仮面ライダーシリーズ』と『平成仮面ライダーシリーズ』との間をつなぐ『ネオライダー』シリーズ三部作の第1弾として製作された特撮作品であり、仮面ライダーシリーズ生誕20周年記念作品です。本作は原点回帰を図って旧来のテレビシリーズよりもハードでシリアスな大人向けのストーリー展開となり、遺伝子操作による軍事目的の改造人間の実験の被験者となった孤独な戦士・仮面ライダーシンの誕生と戦いを描きます。
監督:辻理 出演者:石川真(風祭真/仮面ライダーシン(声))、野村裕美(明日香愛)、片岡弘貴(鬼塚義一/改造兵士レベル3)、石濱朗(風祭大門)、塚田きよみ(セーラ・深町)、安藤麗二(豪島/改造兵士レベル2)、岡元次郎(仮面ライダーシン/改造兵士レベル3)、小野寺丈(スポーツクラブのコーチ)、てらそままさき(ラジオのアナウンサーの声/企業幹部の一人)、石ノ森章太郎(盗聴器を仕掛ける男)、高嶋政伸(結城卓也)、原田大二郎(氷室巌)ほか

「仮面ライダーZO」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダーZOの紹介:1992年日本映画。石ノ森章太郎の代表作『仮面ライダー』シリーズの『昭和仮面ライダーシリーズ』と『平成仮面ライダーシリーズ』をつなぐ『ネオライダー』シリーズ三部作の第2作です。遺伝子工学の権威である博士の助手が改造人間・仮面ライダーZOとなり、同じ博士が生み出した“ネオ生命体”との戦いに突入していく様を描きます。
監督:雨宮慶太 出演者:土門廣(麻生勝/仮面ライダーZO(声))、森永奈緒美(玲子)、大葉健二(黒田)、山下優(西村)、榊原伊織(宮崎)、柴田翔平(望月宏)、佐々木功(望月博士)、犬塚弘(望月清吉)ほか

「仮面ライダーJ」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダーJの紹介:1994年日本映画。石ノ森章太郎の代表作『仮面ライダー』シリーズの『昭和仮面ライダーシリーズ』と『平成仮面ライダーシリーズ』をつなぐ『ネオライダー』シリーズ三部作の第3作であり、歴代ライダー史上初めて巨大化する能力を持つライダーとなった仮面ライダーJの戦いを描きます。本作は石ノ森章太郎が生前に製作に携わった最後の作品であり、製作・公開時期は平成ながらも『昭和ライダー』最終作と位置付けられています。主演はスーパー戦隊シリーズ『恐竜戦隊ジュウレンジャー』で主人公・ティラノレンジャーを演じた望月祐多が務めています。
監督:雨宮慶太 出演者:望月祐多(瀬川耕司/仮面ライダーJ(声))、野村佑香(木村加那)、神威杏次(ガライ)、栗原敏(アギト)、万里洋子(ズー)、愛河里花子(ベリー(声))、佳山真梨穂(フォッグ・マザー(声))、飯塚昭三(ナレーション)ほか

「手裏剣戦隊ニンニンジャー 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!」のネタバレあらすじ結末

手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!の紹介:2015年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第39作にして40周年記念作品『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の他作品へのゲスト出演を除いて初となる単独劇場版です。ゲストにお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史を迎え、彦根城(滋賀県彦根市)のほか伊賀・甲賀・上田・小田原など忍者にゆかりのある土地でロケが行われました。
監督:中澤祥次郎 出演者:西川俊介(伊賀崎天晴/アカニンジャー)、松本岳(加藤・クラウド・八雲/アオニンジャー)、中村嘉惟人(松尾凪/キニンジャー)、矢野優花(伊賀崎風花/シロニンジャー)、山谷花純(百地霞/モモニンジャー)、多和田任益(キンジ・タキガワ/スターニンジャー)、潘めぐみ(十六夜九衛門)、東地宏樹(弓張重三)、矢柴俊博(伊賀崎旋風)、笹野高史(伊賀崎好天)、藤本敏史(八角辰之助/恐竜殿さま)ほか

「帰ってきた特命戦隊ゴーバスターズVS動物戦隊ゴーバスターズ」のネタバレあらすじ結末

帰ってきた特命戦隊ゴーバスターズVS動物戦隊ゴーバスターズの紹介:2013年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第36作『特命戦隊ゴーバスターズ』のスピンオフ作品であり、テレビシリーズ本編の44話と45話の間にあたる大晦日に起きたエピソードが描かれる特別編です。テレビ本編内での重要な事件である「13年前の転送研究センターで起きたメサイアの暴走事件」が発生しなかった世界=パラレルワールドを舞台に、その世界で戦うもうひとつのゴーバスターズ「動物戦隊ゴーバスターズ」の活躍を描き、惜しくも2020年に他界した藤原啓治氏演じるチダ・ニックが最重要キャラクターとして活躍します。
監督:加藤弘之 出演者:鈴木勝大(桜田ヒロム/レッドバスター/レッドチーター)、馬場良馬(岩崎リュウジ/ブルーバスター/ブルーゴリラ)、小宮有紗(宇佐見ヨーコ/イエローバスター/イエローラビット)、松本寛也(陣マサト/ビートバスター/ゴールドビートル)、藤原啓治(チダ・ニック/バックパッカー)、玄田哲章(ゴリサキ・バナナ/先生)、鈴木達央(ウサダ・レタス/道明寺アツシ/グリーンヒポポタマス)、中村悠一(ビート・J・スタッグ/スタッグバスター/シルバースタッグ)、榊英雄(黒木タケシ/ブラックピューマ)、吉木りさ(桜田リカ/ピンクキャット)、西平風香(仲村ミホ)、高橋直人(森下トオル)、高木達也(ショベルローダー)、陳内将(神様)、水崎綾女(キカイ女帝トランジー・スター)、桐本琢也(大魔王アザゼル)ほか

「行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号」のネタバレあらすじ結末

行って帰ってきた烈車戦隊トッキュウジャー 夢の超トッキュウ7号の紹介:2015年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第38作『烈車戦隊トッキュウジャー』の最終回後を描いたスピンオフ作品です。最終決戦から10年後の2025年と2年後の2017年のふたつの時代を舞台に、成長したトッキュウジャーが過去の自分たちと手を組んで新たな強敵に挑んでいく姿を描きます。監督はスーパー戦隊シリーズの助監督を務め、本作が長編監督デビューとなる荒川史絵(『ドゲンジャーズ』など)が務めています。
監督:荒川史絵 出演者:志尊淳(ライト/トッキュウ1号)、平牧仁(トカッチ/トッキュウ2号)、小島梨里杏(ミオ/トッキュウ3号)、横浜流星(ヒカリ/トッキュウ4号)、森高愛(カグラ/トッキュウ5号)、長濱慎(虹野明/トッキュウ6号/ザラム)、関根勤(元車掌/トッキュウ7号)、山口勝平(チケット)、堀江由衣(ワゴン)、日髙のり子(グリッタ嬢)、福山潤(ネロ男爵)、久川綾(ノア夫人)、壤晴彦(シュバルツ将軍)、鈴木れい子(モルク侯爵)、馬渕誉(鈴樹来斗/こどもトッキュウ1号)、永瀬圭志朗(渡嘉敷晴/こどもトッキュウ2号)、石井薫子(夏目美緒/こどもトッキュウ3号)、山崎光(野々村洸/こどもトッキュウ4号)、清水らら(泉神楽/こどもトッキュウ5号)、押川善文(トッキュウ1号/先生)、浪川大輔(保線員/タンクトップシャドー)、安元洋貴(ヘイ大公)ほか

「仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事(デカ)の紹介:2008年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第8作の『仮面ライダー電王』と第9作『仮面ライダーキバ』がコラボレーションした作品です。本作はゲストに後に平成ライダー第10作『仮面ライダーディケイド』でディケイド版仮面ライダークウガこと小野寺ユウスケを演じることになる村井良大、第5作『仮面ライダー剣(ブレイド)』で仮面ライダーカリスこと相川始を演じた森本亮治を迎え、新たなる強敵“ネガタロス”に立ち向かう電王やキバたちの活躍を描きます。今回は同時上映された短編作品『モモタロスのキバっていくぜ!』(監督:柴﨑貴行)のあらすじ・ネタバレも併せてご紹介します。
監督:金田治 出演者:佐藤健(野上良太郎)、関俊彦(モモタロス/仮面ライダー電王ソードフォーム/仮面ライダー電王クライマックスフォーム)、中村優一(桜井侑斗/仮面ライダーゼロノス・アルタイルフォーム)、瀬戸康史(紅渡/仮面ライダーキバ)、秋山莉奈(ナオミ)、松本若菜(野上愛理)、石丸謙二郎(オーナー)、松元環季(コハナ)、武田航平(紅音也)、小池里奈(野村静香)、村井良大(鈴木一哉)、森本亮治(鈴木一馬)、遊佐浩二(ウラタロス/仮面ライダー電王ロッドフォーム)、てらそままさき(キンタロス/仮面ライダー電王アックスフォーム)、鈴村健一(リュウタロス/仮面ライダー電王ガンフォーム)、大塚芳忠(デネブ/仮面ライダーゼロノス・ベガフォーム)、杉田智和(キバットバットⅢ世)、緑川光(ネガタロス/仮面ライダーネガ電王)ほか

「特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー」のネタバレあらすじ結末

特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIEの紹介:2012年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第36作『特命戦隊ゴーバスターズ』と第35作『海賊戦隊ゴーカイジャー』がコラボレーションした『スーパー戦隊VSシリーズ』の一作品です。宇宙で最も強大な力が手に入るといわれる“幻のレンジャーキー”を巡り、ゴーカイジャー・ゴーバスターズ・それぞれの敵組織が激しく激突します。なお、本作には第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』がテレビ放映開始に先駆けて先行登場しています。
監督:柴﨑貴行 出演者:鈴木勝大(桜田ヒロム/レッドバスター)、小澤亮太(キャプテン・マーベラス/ゴーカイレッド)、馬場良馬(岩崎リュウジ/ブルーバスター)、小宮有紗(宇佐見ヨーコ/イエローバスター)、松本寛也(陣マサト/ビートバスター)、山田裕貴(ジョー・ギブケン/ゴーカイブルー)、市道真央(ルカ・ミルフィ/ゴーカイイエロー)、清水一希(ドン・ドッゴイヤー(ハカセ)/ゴーカイグリーン)、小池唯(アイム・ド・ファミーユ/ゴーカイピンク)、池田純矢(伊狩鎧/ゴーカイシルバー)、藤原啓治(チダ・ニック)、玄田哲章(ゴリサキ・バナナ)、鈴木達央(ウサダ・レタス)、中村悠一(ビート・J・スタッグ/スタッグバスター/ワレドナイヤー)、榊英雄(黒木タケシ)、西平風香(仲村ミホ)、高橋直人(森下トオル)、陳内将(エンター/エンター・ユナイト)、水崎綾女(エスケイプ/エスケイプ・エボルブ)、細貝圭(バスコ・タ・ジョロキア)、田村ゆかり(ナビィ)、夏居瑠奈(志葉薫)、櫻井孝宏(ジェラシット)、津久井教生(ヤツデンワニ)、土師孝也(バッカス・ギル)、竜星涼(キョウリュウレッド)、斉藤秀翼(キョウリュウブラック)、金城大和(キョウリュウブルー)、塩野瑛久(キョウリュウグリーン)、今野鮎莉(キョウリュウピンク)ほか

1 2 3 4 5 9

キーワードから探す

TOP↑