特撮映画一覧

特撮映画のネタバレあらすじ一覧です。ゴジラなどの怪獣映画や、戦隊ヒーローや仮面ライダーなどの映画のおすすめ映画を紹介しています。

「ゴジラVSキングギドラ」のネタバレあらすじ結末

ゴジラVSキングギドラの紹介:1991年日本映画。23世紀から日本の未来を守る為に1992年に来た人間たちの指示通り、ゴジラに進化する恐竜を移動させた寺沢らでしたが、計画が狂い、キングギドラが現れ、ゴジラも出現し、決闘を始め首都東京へと向かい始めました・・・という内容です。映画の中には、実際に起った出来事や、実在のコメンテイターなどを登場させリアル感を引き出しています。
監督:大森一樹 (本編)、川北紘一 (特撮) 出演者:中川安奈(エミー・カノー)、豊原功補(寺沢健一郎)、小高恵美(三枝未希)、原田貴和子(森村千晶)、小林昭二(土橋竜三)、佐々木勝彦(真崎洋典)、チャック・ウィルソン(ウィルソン)、山村聡(林田)、矢追純一(ゲストコメンテーター)、ケント・ギルバート(アメリカ海軍大佐)、ロバート・スコット・フィールド(M11)、西岡徳馬(藤尾猛彦)、土屋嘉男(新堂靖明)、上田耕一(池畑益吉)ほか

「仮面戦隊ゴライダー」のネタバレあらすじ結末

仮面戦隊ゴライダーの紹介:年アメリカ映画。仮面ライダーシリーズ生誕45周年記念企画の一環として、2017年公開の映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』の登場キャラクター『仮面戦隊ゴライダー』をメインに据えて描いたスピンオフ作品。平成仮面ライダーシリーズ第18作目『仮面ライダーエグゼイド』の第23話と第24話の間に起こった出来事を描き、これまで過去のライダー作品の中で死んでいった、もしくは人ならざる存在となったライダーたちがオリジナルキャストで再登場、謎の戦隊・ゴライダーを巡る争いに巻き込まれていきます。
出演:飯島寛騎(宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド)、小林豊(駆紋戒斗/仮面ライダーバロン)、椿隆之(剣崎一真/仮面ライダーブレイド)、小野塚勇人(九条貴利矢/仮面ライダーレーザー)、樋口隆則(木野薫/アナザーアギト)、佃井皆美(湊耀子/仮面ライダーマリカ)、瀬戸利樹(鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ)、松本享恭(仮面ライダースナイプ)、松田るか(仮野明日那/ポッピーピポパポ)、岩永徹也(檀黎斗/仮面ライダーゲンム)ほか

「仮面ライダーフォーゼ みんなで宇宙キターッ!」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!の紹介:2012年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第13作『仮面ライダーフォーゼ』の劇場版であり、同じく石ノ森章太郎の作品である『宇宙鉄人キョーダイン』とのコラボレーション作品です。テレビシリーズの第38話と39話の間に起こった出来事を描いており、本格的に念願の宇宙進出を果たそうとする『仮面ライダー部』の前に人類殲滅を狙う悪の宇宙鉄人兄妹が立ちはだかります。
監督:坂本浩一 出演者:福士蒼汰(如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼ)、高橋龍輝(歌星賢吾)、清水富美加(城島ユウキ)、吉沢亮(朔田流星/仮面ライダーメテオ)、坂田梨香子(風城美羽)、冨森ジャスティン(大文字隼)、志保(野座間友子)、土屋シオン(JK(ジェイク)/神宮海蔵)、天野浩成(速水公平/リブラ・ゾディアーツ)、横山一敏(立神吼/レオ・ゾディアーツ)、田中卓志(大杉忠太)、山根良顕(小松種夫)、原幹恵(インガ・ブリンク)、岡田浩暉(冴葉晴海/グランダイン)、木下あゆ美(白山静/スカイダイン)、西田健(ブリンク博士)、白石隼也(仮面ライダーウィザード)、鶴見辰吾(我望光明)ほか

「ガールズ・イン・トラブル」のネタバレあらすじ結末

ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZEROの紹介:2017年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』と『メタルヒーローシリーズ』が融合した新シリーズ『スペース・スクワッド』の第2作で、第1作『ギャバンVSデカレンジャー』の前日譚にあたる作品です。なぜか謎の留置場に幽閉された特捜戦隊デカレンジャーのヒロイン二人と宇宙刑事の相棒の女性刑事たちが謎の怪人と戦い殺され、そして生き返るという謎のループから逃れるため闘いを挑みます。
監督:坂本浩一 出演者:木下あゆ美(日渡茉莉花(ジャスミン)/デカイエロー)、菊地美香(胡堂小梅(ウメコ)/デカピンク(声))、森田涼花(シェリー)、桃瀬美咲(シシー)、川本まゆ(タミー)、佃井皆美(マキ)、人見早苗(ビビアン)、原幹恵(紅牙)、遊井亮子(ソフィ)、富沢美智恵(ヘルバイラ(声))ほか

「鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦の紹介:2013年日本映画。『平成仮面ライダー』シリーズの第15作『仮面ライダー鎧武』と第14作の『仮面ライダーウィザード』が共演する作品です。ある目的のために旅を続けるウィザード、パラレルワールドの戦国時代に迷い込んだ鎧武、二人のライダーの前に強大な敵が立ちはだかります。
監督:田﨑竜太 出演者:佐野岳(葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武)、白石隼也(操真晴人/仮面ライダーウィザード)、小林豊(駆紋戒斗/仮面ライダーバロン)、高杉真宙(呉島光実/仮面ライダー龍玄)、志田友美(高司舞/始まりの女)、久保田悠来(呉島貴虎/仮面ライダー斬月)、山口智充(DJサガラ)、奥仲麻琴(コヨミ/白い魔法使い)、永瀬匡(仁藤攻介/仮面ライダービースト)、戸塚純貴(奈良瞬平)、高山侑子(大門凜子)、小倉久寛(輪島繁)、敦士(大須賀/オーガ)、上田眞央(ランマル)、JOY(イエヤス)ほか

「ゼイラム2」のネタバレあらすじ結末

ゼイラム2の紹介:1994年日本映画。イリアはカマライトという盗まれた希少品を奪還すべく、地球に来ていた。古い馴染みであるフジクロと共にカマライトの奪還を無難にこなしたイリアであるが、その彼女にはもう一つの依頼が舞い込んでいた。それは新型戦闘ロボットのテストなのだが、それには極秘にゼイラムが搭載されていた。意識を封じられ地球に送られてゼイラムだが、不測の事態で封印が解かれ暴走を開始する。そこに偶然見かけ、居合わせてしまった鉄平と神谷も巻き込まれ、再びゼイラムとの死闘が開始される。雨宮慶太が贈るSFアクション映画の第2作目。
監督:雨宮慶太 出演者:森山裕子(イリア)、螢雪次郎(神谷)、井田州彦(鉄平)、井上和彦(ボブ)、吉田瑞穂(ヤヌキ/ゼイラムユニット)、フジクロ(サブ)。カヌート(栗原敏)、ほか

「ゼイラム」のネタバレあらすじ結末

ゼイラムの紹介:1991年日本映画。ある惑星で、ゼイラムという凶暴な生命体が脱走し地球へと向かう。それを追い、捜索者イリアとボブが地球に先回りし亜空間ゾーンを組み上げ罠を張るが、そこに運悪く現れた地球人の電気工事作業員、神谷と鉄平が巻き込まれてしまう。生命体に寄生し、宿主を強化、分身を作る能力を持つ凶悪なゼイラムと、イリアに神谷と鉄平の3人が挑む、雨宮監督のSFアクション映画。
監督:雨宮慶太 出演者:森山裕子(イリア)、螢雪次郎(神谷)、井田州彦(鉄平)、半田雅和(ボブ)、吉田瑞穂(ゼイラムユニット)、ほか

「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」のネタバレあらすじ結末

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘の紹介:1966年日本映画。遭難した漁船に乗っていた兄を探すために良太は遊び人二人と、銀行強盗と知り合いになり、盗んだヨットで太平洋に繰り出しました。やがてエビラに襲われ漂着した島は『赤い竹』という集団が棲みつく怪しい島だという事がわかりました・・・という内容のゴジラシリーズ7作目です。
監督:福田純(本編)、円谷英二(特撮)、有川貞昌(特撮補佐) 出演者:宝田明(吉村)、水野久美(ダヨ)、平田昭彦(竜尉隊長)、田崎潤(基地司令官)、砂塚秀夫(仁田)、当銀長太郎(市野)、伊吹徹(彌太)、渡辺徹(良太)ほか

「仮面ライダーウィザードinマジックランド」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダーウィザード in マジックランドの紹介:2013年日本映画。平成仮面ライダーシリーズ第14作『仮面ライダーウィザード』の劇場版です。魔法使いの国に迷い込んでしまったウィザードこと操真晴人は、この国の裏側でうごめく壮大な陰謀に巻き込まれていきます。
監督:中澤祥次郎 出演者:白石隼也(操真晴人/仮面ライダーウィザード)、奥仲麻琴(コヨミ)、永瀬匡(仁藤攻介/仮面ライダービースト)、戸塚純貴(奈良瞬平)、高山侑子(大門凜子)、忍成修吾(マヤ大王)、小倉久寛(輪島繁)、陣内孝則(オーマ大臣/ドレイク/仮面ライダーソーサラー)ほか

「仮面ライダーオーズWONDERFUL将軍と21のコアメダル」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダルの紹介:2011年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第12作『仮面ライダーOOO(オーズ)』の劇場版にして仮面ライダーシリーズ生誕40周年記念作品、そして時代劇『暴れん坊将軍』とのコラボレーション作品です。復活した錬金術師によって江戸時代に飛ばされたオーズこと火野映司と相棒・アンク。そこでは貧乏旗本に成りすまして街に出ていた江戸幕府八代将軍・徳川吉宗の姿が…。
監督:柴﨑貴行 出演者:渡部秀(火野映司/仮面ライダーオーズ/仮面ライダーバース)、三浦涼介(アンク)、高田里穂(泉比奈)、岩永洋昭(伊達明/仮面ライダーバース)、君嶋麻耶(後藤慎太郎)、有末麻祐子(里中エリカ)、神尾佑(真木清人)、甲斐まり恵(白石知世子)、酒井美紀(若葉五月/ガラ)、荻野可鈴(ベル)、根岸泰樹(若葉駿)、福士蒼汰(如月弦太朗/仮面ライダーフォーゼ)、宇梶剛士(鴻上光生)、松平健(徳川吉宗/徳田新之助)ほか

「獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョオブミュージック」のネタバレあらすじ結末

劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージックの紹介:2013年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』の単独劇場版です。タイトル通り戦隊シリーズ初となるミュージカル仕立てで贈る今回は、超人気アイドルを宿敵デーボス軍から守ろうとするキョウリュウジャーと悪の戦士・デスリュウジャーとの闘いを描いています。
監督:坂本浩一 出演者:竜星涼(桐生ダイゴ(キング)/キョウリュウレッド)、斉藤秀翼(イアン・ヨークランド/キョウリュウブラック)、金城大和(有働ノブハル / ノッさん/キョウリュウブルー )、塩野瑛久(立風館ソウジ/キョウリュウグリーン)、今野鮎莉(アミィ結月/キョウリュウピンク)、丸山敦史(空蝉丸(ウッチー)/キョウリュウゴールド)、中村静香(天野美琴/Meeko)、宮野真守(獰猛の戦騎D /デスリュウジャー)ほか

「特命戦隊ゴーバスターズ 東京エネタワーを守れ!」のネタバレあらすじ結末

特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!の紹介:2012年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第36作『特命戦隊ゴーバスターズ』の単独劇場版です。今回は東京タワーの全面協力のもと、新世代エネルギー“エネトロン”を巡ってゴーバスターズと宿敵ヴァグラスが火花を散らします。
監督:柴﨑貴行 出演者:鈴木勝大(桜田ヒロム/レッドバスター)、馬場良馬(岩崎リュウジ/ブルーバスター)、小宮有紗(宇佐見ヨーコ/イエローバスター)、松本寛也(陣マサト/ビートバスター)、榊英雄(黒木タケシ)、陳内将(エンター)ほか 声の出演:藤原啓治(チダ・ニック)、玄田哲章(ゴリサキ・バナナ)、鈴木達央(ウサダ・レタス)、中村悠一(ビート・J・スタッグ/スタッグバスター)、辻希美(エネたん)ほか

「海賊戦隊ゴーカイジャー 空飛ぶ幽霊船」のネタバレあらすじ結末

海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船の紹介:2011年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第35作記念作品である『海賊戦隊ゴーカイジャー』の単独劇場版です。地球上空に突如現れた、どんな願いも一つだけかなえる秘宝を巡ってゴーカイジャーと謎の幽霊船船長、そして歴代戦隊と対決してきた強敵が大乱戦を繰り広げます。ゲストとして2018年に10年ぶりの新作が公開される第32作『炎神戦隊ゴーオンジャー』の“G3プリンセス”が登場します。
監督:渡辺勝也 出演者:小澤亮太(キャプテン・マーベラス/ゴーカイレッド)、山田裕貴(ジョー・ギブケン/ゴーカイブルー)、市道真央(ルカ・ミルフィ/ゴーカイイエロー)、清水一希(ドン・ドッゴイヤー(ハカセ)/ゴーカイグリーン)、小池唯(アイム・ド・ファミーユ/ゴーカイピンク)、池田純矢(伊狩鎧/ゴーカイシルバー)ほか

「キカイダー REBOOT」のネタバレあらすじ結末

キカイダー REBOOTの紹介:2014年日本映画。石ノ森章太郎原作の特撮ドラマ『人造人間キカイダー』(1972年~1973年放映)を新たな解釈で再構築(リブート)した作品です。人間の“良心”を植え付けられた人造人間キカイダーと、人造人間の技術を軍事利用しようとする勢力、そして宿敵ハカイダーとの闘いを描きます。『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』の入江甚儀を主演に迎え、初代キカイダーを演じた伴大介も特別出演しています。
監督:下山天 出演者:入江甚儀(ジロー/キカイダー(声))、佐津川愛美(光明寺ミツコ)、高橋メアリージュン(マリ)、長嶋一茂(光明寺信彦)、鶴見辰吾(ギルバート神崎/ハカイダー(声))、石橋蓮司(田部慎之介)、本田博太郎(本田宗五郎)、原田龍二(服部半平)、伴大介(前野究治郎)ほか

「烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー」のネタバレあらすじ結末

烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIEの紹介:2015年日本映画。『スーパー戦隊シリーズ』第38作の『烈車戦隊トッキュウジャー』と第37作『獣電戦隊キョウリュウジャー』が共演する作品です。キョウリュウジャーの宿敵・デーボス軍の創造主デビウスがトッキュウジャーの宿敵・シャドーラインと手を組み、両戦隊に襲い掛かります。第39作『手裏剣戦隊ニンニンジャー』も放送開始に先駆けてゲスト参戦しています。
監督:渡辺勝也 出演者:志尊淳(ライト/トッキュウ1号)、竜星涼(桐生ダイゴ/キング/キョウリュウレッド)、平牧仁(トカッチ/トッキュウ2号)、小島梨里杏(ミオ/トッキュウ3号)、横浜流星(ヒカリ/トッキュウ4号)、森高愛(カグラ/トッキュウ5号)、長濱慎(虹野明/トッキュウ6号)、斉藤秀翼(イアン・ヨークランド/キョウリュウブラック)、金城大和(有働ノブハル/ノッさん/キョウリュウブルー)、塩野瑛久(立風館ソウジ/キョウリュウグリーン)、今野鮎莉(アミィ結月/キョウリュウピンク)ほか

1 2 3 4 5
TOP↑