スティーヴン・セガール映画一覧

スティーヴン・セガールが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「沈黙の包囲網 アジアンコネクション」のネタバレあらすじ結末

沈黙の包囲網 アジアン・コネクションの紹介:2015年アメリカ,タイ映画。アジアに拠点を置く麻薬組織のボス・シランキリ役をスティーブン・セガール氏が演じる。現代カンボジア、何もしらない二人組ジャックとサムは銀行強盗を計画し見事成功します。しかしそこにあったお金はある犯罪組織のボス、シランキリのお金でした。ジャックとサムはシランキリの手から逃げ切れるのか?
監督:ダニエル・ジリーリ 出演:スティーヴン・セガール(ガン・シランキリ)、ジョン・エドワード・リー(ジャック)、バイロン・ギブソン(サム)、ピム・ブビア(アヴァロン)、サハジャック・ブーンタナキット(ニラン・カタナ)、ほか

「撃鉄 ワルシャワの標的」のネタバレあらすじ結末

撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的の紹介:2003年アメリカ映画。撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的の紹介:2003年アメリカ映画。ヨーロッパを舞台にとある小包を運ぶ依頼を受けるジョナサン。彼は凄腕の諜報員だった。小包をめぐって様々な思惑が交差する。いったい小包の中身は?張り巡らされる陰謀をスティーヴン・セガール氏演じるジョナサンが叩き潰す。
監督:マイケル・オブロウィッツ 出演:スティーヴン・セガール(ジョナサン・コールド)、マックス・ライアン(デュノワ)、アンナ=ルイーズ・ブロウマン(メレディス・エイカン)、ジェフリー・ピアース(弟ショーン)、シャーマン・オーガスタス(CIAに雇われた男ミムズ)、ハリー・ヴァン・ゴーカム(小包の受取人ヴァン・エイカン)、ゲイリー・レイモンド(CIAの上官オリファント)ほか

「沈黙の逆襲」のネタバレあらすじ結末

沈黙の逆襲の紹介:2009年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙』シリーズの1作品であるこの作品では、セガール扮する凄腕のロス市警刑事が、依頼人から保護を要請された女性を守りながらマフィア一味に立ち向かっていく姿を描いています。
監督:キオニ・ワックスマン 出演者:スティーヴン・セガール(ローランド・サリンジャー)、アーロン・シヴァー(メイソン)、リーズル・カーステンス(ニキータ・ウェルズ)、ステフ・デュヴァル(コナー・ウェルズ)、ルース・レインズ(ジェイソン・クロス)ほか

「沈黙の脱獄」のネタバレあらすじ結末

沈黙の脱獄の紹介:2005年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙』シリーズの1作品となるクライム・アクションです。陰謀に巻き込まれて投獄されたセガール演じる元盗賊が、自分を罠にはめた人物に復讐するために刑務所からの脱獄を決意します。
監督:ドン・E・ファンルロイ 出演者:スティーヴン・セガール(ハーラン・バンクス)、アンソニー・“トレッチ”・クリス(アイス・クール)、サラ・バクストン(レイチェル・ノウルズ)、マリ・モロウ(ジェイダ)、ニック・マンキューゾ(サンダーズ)、ロバート・ミアノ(ブルーノ)、ケヴィン・タイ(マックス・スティーヴンス)ほか

「エンドオブアガン 沈黙の銃弾」のネタバレあらすじ結末

エンド・オブ・ア・ガン 沈黙の銃弾の紹介:2016年アメリカ映画。「沈黙」シリーズでお馴染みのスティーブン・セガール氏が主役をつとめるアクション映画。アメリカ映画ながらフランスのパリを舞台にセガール氏演じるマイケル・デッカーは偶然、遭遇した厄介事から麻薬組織との抗争にまで発展する事件に巻き込まれていく。セガール氏独特の雰囲気が映画を盛り上げています。
監督:キオニ・ワックスマン 出演:スティーヴン・セガール(マイケル・デッカー)、フローリン・ピエルジク・Jr(ゲージ)、ジェイド・ユウェン(リサ)、ジョナサン・ローゼンタール(ルック)、クラウディア・ブレオント(組織の弁護士役)、ovidiu・nicullescu(ジャン)、アレクサンドル・グエン(ピーウィー)ほか

「沈黙の鎮魂歌」のネタバレあらすじ結末

スティーヴン・セガール 沈黙の鎮魂歌の紹介:2009年アメリカ,カナダ映画。スティーヴン・セガールのライフワークともいえる“沈黙”シリーズの一作品となる本作品は、セガール扮する元ロシアンマフィアが元妻を殺して娘に重傷を負わせた者たちに復讐していく姿を描いています。
監督:ジェフ・F・キング 出演者:スティーヴン・セガール(ルスラン・ドラチェフ)、ローラ・メネル(レニー・ドラチェフ)、イゴール・ジジキン(ミカエル・アブラモフ)、ドミトリー・チェポヴェツキー(ステファン・アブラモフ)、ロバート・ウィスデン(テリー・ゴールドスタイン)ほか

「刑事ニコ/法の死角」のネタバレあらすじ結末

刑事ニコ/法の死角の紹介:1988年アメリカ映画。『沈黙シリーズ』でおなじみスティーヴン・セガールの記念すべき映画初主演作です。麻薬事件を追う元CIA工作員の刑事が組織の腐敗を知り、法で裁けない巨悪に立ち向かいます。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演者:スティーヴン・セガール(ニコ・トスカーニ)、パム・グリア(ドロレス・ジャクソン)、シャロン・ストーン(サラ・トスカーニ)、チェルシー・ロス(ネルソン・フォックス)、ヘンリー・シルヴァ(カート・ゼーガン)ほか

「沈黙の陰謀」のネタバレあらすじ結末

沈黙の陰謀の紹介:1998年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の「沈黙」シリーズの一作品となるアクション作品です。元CIA研究者だった町医者が新型ウイルスをばら撒こうとする過激派と死闘を繰り広げます。
監督:ディーン・セムラー 出演者:スティーヴン・セガール(ウェズリー・マクラーレン)、ホイットニー・イエロー・ローブ(アン・ホワイト・クラウド)、L・Q・ジョーンズ(フランク)、カミーラ・ベル(ホリー・マクラーレン)、ゲイラード・サーテイン(フロイド・チショルム)ほか

「沈黙の追撃」のネタバレあらすじ結末

沈黙の追撃の紹介:2005年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の「沈黙」シリーズの一作品となるアクション作品です。巨大犯罪組織によってマインドコントロールを施された捕虜たちを巡り、歴戦の元エリート軍人が仲間たちと共に陰謀に立ち向かいます。
監督:アンソニー・ヒコックス 出演者:スティーヴン・セガール(クリス・コーディー)、ヴィニー・ジョーンズ(ヘンリー)、クリスティーン・アダムス(スーザン・チャペル)、ウィリアム・ホープ(フレッチャー)、ニック・ブリンブル(アドリアン・レイダー)ほか

「沈黙の標的」のネタバレあらすじ結末

沈黙の標的の紹介:2003年アメリカ映画。スティーヴン・セガールの代名詞「沈黙」シリーズのひとつである当作品は、セガール扮する元盗賊の考古学者が、愛する妻の命を奪った中国の裏社会に戦いを挑みます。
監督:マイケル・オブロウィッツ 出演者:スティーヴン・セガール(ロバート・バーンズ)、コーリイ・ジョンソン(エド・グレイ)、ミシェル・ゴー(トミー・リン)、チョーイ・ケン・ペー(ウォン・ダイ)、ほか

「グリマーマン」のネタバレあらすじ結末

グリマーマンの紹介:1996年アメリカ映画。ロサンゼルスで連続して発生した猟奇殺人事件を模倣した事件とその裏側の陰謀を追う、元CIA特殊工作員という過去を持つ刑事とその相棒の闘いを描いたアクションサスペンスです。
監督:ジョン・グレイ 出演者:スティーヴン・セガール(ジャック・コール)、キーナン・アイヴォリー・ウェイアンズ(ジム・キャンベル)、ボブ・ガントン(フランク・デベレル)、ブライアン・コックス(ミスター・スミス)、ジョン・M・ジャクソン(ドナルド・カニンガム)ほか

「沈黙のステルス」のネタバレあらすじ結末

沈黙のステルスの紹介:2007年イギリス,アメリカ,ルーマニア映画。スティーヴン・セガールの代名詞「沈黙」シリーズであるスカイ・アクション作品です。アメリカの最新鋭ステルス戦闘機を巡って、セガール演じる凄腕パイロットとテロリストが死闘を繰り広げます。
監督:ミヒャエル・ケウシュ 出演者:スティーヴン・セガール(ジョン・サンズ)、スティーブ・トゥーサン(ラッチャー大佐)、アンガス・マッキネス(トム・バーンズ大将)、マーク・ベーズリー(リチャード・“リック”・ジャニック大佐)、シエラ・ペイトン(ジェシカ)ほか

「沈黙の奪還」のネタバレあらすじ結末

沈黙の奪還の紹介:2006年アメリカ映画。スティーヴン・セガールの代名詞「沈黙」シリーズのひとつであるアクション作品です。元CIAエージェントにして今は実業家の主人公が滞在先のルーマニアで一人娘を誘拐され、国家間の陰謀に巻き込まれながらも娘を救うため闘います。
監督:ミヒャエル・ケウシュ 出演者:スティーヴン・セガール(ジャック・フォスター)、エヴァ・ホープ(アーニャ)、スカイ・ベネット(アマンダ・フォスター)、イメルダ・スタウントン(コクラン大使)、ヴィンセント・リオッタ(ハリー)ほか

「奪還 DAKKAN アルカトラズ」のネタバレあらすじ結末

奪還 DAKKAN アルカトラズの紹介:2002年アメリカ映画。「沈黙シリーズ」でおなじみの“無敵オヤジ”ことスティーヴン・セガール主演の監獄アクションです。難攻不落の刑務所アルカトラズに潜入捜査に入ったFBI捜査官が、死刑囚が隠した金塊の在り処を巡って武装集団と壮絶な死闘に挑みます。
監督:ドン・マイケル・ポール 出演者:スティーヴン・セガール(サーシャ・ペトロシェビッチ)、モリス・チェストナット(ワン)、ジャ・ルール(ニコラス・“ニック”・フレイジャー)、ニア・ピープルズ(シックス)、ブルース・ウェイツ(レスター・マッケンナ)ほか

「エグゼクティブ・デシジョン」のネタバレあらすじ結末

エグゼクティブ・デシジョンの紹介:1996年アメリカ映画。化学兵器を搭載した航空機が、テロリスト達にハイジャックされた。アメリカ合衆国政府は、選りすぐりのメンバーを集め、テロリストから航空機を奪還する作戦を取ろうとする。政府の特殊部隊は、テロリストから航空機を奪還できるか?
監督:スチュアート・ベアード 出演:カート・ラッセル(フィル・デイヴィッド・グラント)、ハル・ベリー(ジーン)、スティーブン・セガール(トラヴィス中佐)、デヴィッド・スーシェ(ナジ・ハッサン)、オリヴァー・プラット(デニス・ケイヒル)、ほか

1 2
TOP↑