スティーヴン・セガール映画一覧

スティーヴン・セガールが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「沈黙の粛清」のネタバレあらすじ結末

沈黙の粛清の紹介:2016年アメリカ映画。このオヤジ、無双!――。スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第41作となるクライムアクション作品です。セガールは本作では製作総指揮も兼任、セガール演じる主人公の闇の仕置き人、彼を捕らえようとするFBI捜査官、主人公に部下を殺されて復讐に燃えるマフィアのボスといった三つ巴の血みどろの抗争が描かれていきます。
監督:マイケル・ウィニック 出演者:スティーヴン・セガール(ロバート・サイクス)、クレイグ・シェイファー(ウィリアム・ポーター)、ルイス・マンディロア(ジェームズ・ピーターソン)、ジェームズ・ルッソ(ヴィンセント・ロマノ)、ヘレナ・マットソン(ケリー・グリーン)、マイケル・フリン(コネリー警部)、グリフ・ファースト(ジェリー・サイモン)、ラファエル・ペタルディ(カルロス)、R・D・コール(ランドルフ市長)ほか

「沈黙の鉄槌」のネタバレあらすじ結末

沈黙の鉄槌の紹介:2019年アメリカ映画。今度のオヤジはキレるとヤバい! スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第48作となるクライム・アクション作品です。息子を殺された元刑事が犯人を追い続けるうちに、事件の裏で暗躍する壮大な陰謀に巻き込まれていきます。
監督:ジェームズ・カレン・ブレザック 出演者:スティーヴン・セガール(オーガスティノ・“フィン”・アデア)、DMX(レイ・マンス)、ジョニー・メスナー(フランク・ウィルソン)、ザック・ウォード(デズモンド・パッカード)、ビル・コッブス(スウィリー)、ランディー・シャラチ(フィッチニー)、パトリック・キルパトリック(テランス)、チェスター・ラッシング(チャンス・ウィルソン)、サクソン・シャービノ(シャルロット・ベイルズ)、キム・デロンギ(アシュレイ・ミレット)、ジェフ・M・ヒル(バーリガン)、ショーン・カナン(デラハント)、ユリア・クラス(カリーナ)、ケン・ガリート(エド)ほか

「沈黙の鉄拳」のネタバレあらすじ結末

沈黙の鉄拳の紹介:2009年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第18作となる本作はセガール自ら製作総指揮を務め、『沈黙の逆襲』などでタッグを組んできたキオニ・ワックスマン監督がメガホンを執りました。セガール演じる元特殊部隊員が些細なことをきっかけに中国マフィア、悪徳警官、ロシアン・マフィア、中国人軍人らの抗争に巻き込まれていく様を描きます。
監督:キオニ・ワックスマン 出演者:スティーヴン・セガール(シェーン・ダニエルズ)、マーライナ・マー(ティア)、ジェシー・ハッチ(セルゲイ)、ヴィタリー・クラチェンコ(ヴラッド)、バイロン・マン(大佐)、テリー・チェン(チェン)、ジェリー・ワッサーマン(リッチー)、バイロン・ローソン(マオ)、エイダン・ディー(ホリー)、ロビン・ニールセン(マルコフ)、マイク・ドブド(クラーク)、ヴィンセント・チェン(クワン)、ショーン・C・オア(サンチェス)、ダン・リズート(スカー)、ロビー・ニールセン(マルコフ)、ジャネッタ・アントニオ(ジャネット)ほか

「沈黙の大陸」のネタバレあらすじ結末

沈黙の大陸の紹介:2017年中国映画。最強VS最凶――。スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第45作となるアクション・サスペンスです。本作はセガールとボクシング界のレジェンドであるマイク・タイソンがまさかの共演を果たし、北アフリカを舞台に通信インフラ整備の利権を巡って暗躍する男たちの姿が描かれていきます。
監督:タン・ピン 出演者:スティーヴン・セガール(ラウダー)、マイク・タイソン(カバ)、リー・トンシュエ(ヤン・ジェン)、ジャニケ・アスケヴォルド(スザンナ)、エリック・エブアニー(アサイド)、リー・アイ(ルアン・リン)、ワン・ジーチァン(ゼン・ミン)、クロヴィス・フーアン(マイケル)ほか

「沈黙のアフガン」のネタバレあらすじ結末

沈黙のアフガンの紹介:2016年アメリカ映画。最強のオヤジ、戦場降臨―――。スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第43作となる本作はアメリカ軍とタリバンが戦っていた2010年のアフガニスタンの山岳地帯を舞台に、敵兵に包囲されたアメリカ軍のベテラン狙撃手と彼を救出に向かう戦友たちの戦いを描いた戦争アクション作品です。
監督:フレッド・オーレン・レイ 出演者:スティーヴン・セガール(ジェイク・チャンドラー)、ティム・アベル(ヴィック・モスビー)、ロブ・ヴァン・ダム(ヴァスケス)、デイル・ダイ(ジャクソン中佐)、シャーリーン・アモイア(ジャネット・コンラッド)、ダニエル・ブッコ(リッチ)、ジェイソン=シェーン・スコット(タイラー)、スコット・トーマス・レイノルズ(ジェニングス)、アンソニー・バターズ(バシール)、ジェラルド・ウェッブ(マーカス)、シャーリー・ナシミ(アブドゥル・アバド)ほか

「沈黙の傭兵」のネタバレあらすじ結末

沈黙の傭兵の紹介:2006年アメリカ映画。スティーヴン・セガールの主演映画シリーズ『沈黙シリーズ』の通算11作目となるアクション作品です。セガール演じる歴戦の凄腕傭兵はアメリカCIAが仕組んだ軍事行動で親友を失い、さらには親友の家族を盾に危険な任務を迫られることに…。
監督:ドン・E・ファンルロイ 出演者:スティーヴン・セガール(ジョン・シーガー)、ジャクリーン・ロード(マキシン・バーノル)、ロジャー・グーンヴァー・スミス(アンソニー・チャペル)、ルーク・ゴス(ジョン・ドレシャム)、マイケル・ケネス・ウィリアムズ(サミュエル・ケイ)、エイドリアン・ギャレイ(ブルドッグ)、ラングレー・カークウッド(クルーガー)、レスリー=アン・ダウン(ニュースキャスター)ほか

「ICHIGEKI 一撃」のネタバレあらすじ結末

ICHIGEKI 一撃の紹介:2004年アメリカ映画。スティーヴン・セガールが製作総指揮と主演を務めたアクション作品で、セガール主演の『沈黙シリーズ』にはカウントされていない作品です。元CIAの凄腕エージェントである主人公(セガール)が孤独な少女との出会いを機に国際的な人身売買組織との対決に身を投じていきます。本国アメリカでは劇場公開はされず、オリジナルビデオ作品としてリリースされました。
監督:レオン・ポーチ 出演者:スティーヴン・セガール(ウィリアム・ランシング)、アイダ・ノヴァクスカ(イレーナ・モラウスカ)、マット・シュルツ(ファイザル)、アグニェシュカ・ヴァグネル(カーシャ・ラトー)、ロビー・ギー(モートン)、クシシュトフ・ピチェンスキ(イボー)、ニック・ブリンブル(ミスター・エルギン)、ミュラー・イルマズ(アジーミー)、ヤン・プラザルスキー(ニッキー)ほか

「沈黙の要塞」のネタバレあらすじ結末

沈黙の要塞の紹介:1994年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演のアクション作品シリーズ『沈黙シリーズ』の第2作であり、セガールの監督デビュー作となった意欲作です。極寒のアラスカを舞台に、石油コンビナート火災事故に絡む巨大企業の陰謀に立ち向かう石油火災事故消化のプロフェッショナル(セガール)の闘いを環境問題も絡めて描きます。
監督:スティーヴン・セガール 出演者:スティーヴン・セガール(フォレスト・タフト)、マイケル・ケイン(マイケル・ジェニングス)、ジョアン・チェン(マー・スー)、ジョン・C・マッギンリー(マック・グルーバー)、リチャード・ハミルトン(ヒュー・パーマー)、R・リー・アーメイ(ストーン)、シャリ・シャタック(ライルズ)、ビリー・ボブ・ソーントン(ホーマー・カールトン)、マイク・スター(ビッグ・マイク)、スヴェン=オーレ・トールセン(オットー)ほか

「DENGEKI 電撃」のネタバレあらすじ結末

DENGEKI 電撃の紹介:2001年アメリカ映画。事件解決のためには街も車も破壊し、無関係の人まで巻き込む過激な刑事のボイドは、副大統領の命を守るため橋から副大統領を投げ落としたため、スラム街の15分署へ転勤を命じられます。汚職刑事の巣になっている15分署の中で一人、正義の為暴れるボイドは、麻薬密売人のラトレルの事を調べるうち、ラトレルが警察とつながっていることを知ります…という内容のスティーヴン・セガール主演のアクション映画です。
監督:アンジェイ・バートコウィアク 出演:スティーヴン・セガール(オーリン・ボイド)、DMX(ラトレル・ウォーカー)、イザイア・ワシントン(ジョージ・クラーク)、マイケル・ジェイ・ホワイト(ストラット)、ビル・デューク(ヒンジス)、ジル・ヘネシー(マルケイヒー)、トム・アーノルド(ヘンリー・ウェイン)、ブルース・マッギル(ダニエルズ)、デヴィッド・ヴァディム(モンティーニ)、エヴァ・メンデス(トリシュ)、マシュー・G・テイラー(ユーセルディンガー)、アンソニー・アンダーソン(T.K)ほか

「沈黙の断崖」のネタバレあらすじ結末

沈黙の断崖の紹介:1997年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の「沈黙」シリーズの1作品となるアクション映画です。日本では公開当時「沈黙シリーズ完結!」と謳われたものの、結局シリーズは完結することなく今日に至っています。セガールが今回演じるのはアメリカ環境保護庁の調査官であり、有毒な産業廃棄物の不法投棄を調査するうちに裏側にうごめく巨大な陰謀に立ち向かっていきます。
監督:フェリックス・エンリケス・アルカラ 出演者:スティーヴン・セガール(ジャック・タガート)、マーグ・ヘルゲンバーガー(サラ・ケロッグ)、クリス・クリストファーソン(オーリン・ハンナ)、ハリー・ディーン・スタントン(コットン)、スティーブン・ラング(アール・ケロッグ)、ブラッド・ハント(オーリン・ハンナ・ジュニア)、レヴォン・ヘルム(ボブ・グッドール)、ブルー・デッカート(チック・ラーセン)、エド・ブルース(ロイド保安官)、マーク・コリー(ハッチ)、アレックス・ハーヴェイ(シムズ)ほか

「弾突 DANTOTSU」のネタバレあらすじ結末

弾突 DANTOTSUの紹介:2008年アメリカ映画。ギャンブルに溺れ、退職した元刑事が借金の肩代わりを条件に、法で裁けない悪党を抹殺する仕事を引き受けました。そして3人目の殺害命令が下った相手は、かつて警察で金を盗んだ容疑をかけられた自分を助けてくれた同僚でした…という内容のアクション映画です。
監督:ロエル・レイネ 出演者:スティーヴン・セガール(マット)、ランス・ヘンリクセン(老人)、ポール・カルデロン(ブルー)、レネイ・エリース・ゴールズベリイ(ドレア)、ブランチャード・ライアン(リズ)、リディア・ジョーダン(ベッキー)、バーニー・マキナニー(神父)、マーク・エリオット・ウィルソン(スティーヴ)、ワス・スティーヴンス(ウィーラー刑事)、アーサー・J・ナスカレッラ(ブルーノ)、リー・ウォン(リン)ほか

「沈黙の終焉」のネタバレあらすじ結末

沈黙の終焉の紹介:2018年イギリス,ハンガリー,フィリピン映画。“史上最強オヤジ”ことスティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』の1作品にして、セガール芸能生活30周年記念作品です。セガール演じるCIAの凄腕エージェントが選りすぐりのメンバーを集めて処刑人チームを結成、部下を殺した犯罪組織に立ち向かいます。キャッチコピーは「セガール引退?!」「ここが、最後の戦場」「セガール死す?! アクションヒーローの歴史を変えた大ヒットシリーズ、遂に衝撃の決着へ!」「オヤジらぶ この男気に日本中が恋をする」「君(オヤジ)に会えてよかった」。
監督:フィリップ・マルチネス、ロス・W・クラークソン 出演者:スティーヴン・セガール(ジェイク・アレクサンダー)、ソーニャ・クーリング(ソニア・デッカー)、バイロン・ギブソン(トム・ベントン)、マイカ・ジャビア(マリア・ロペス)、ソラヤ・トレンス(アンナ・ローゼン)、ジェイ・デイ(ベン・ハリスン)、メーガン・ブラウン(ジェシカ・トンプソン)、エドアルド・コスタ(オルテッセイ)、エルデトゥヤ・バツク(トゥーヤ・アレクサンダー)ほか

「沈黙の激突」のネタバレあらすじ結末

沈黙の激突の紹介:2006年イギリス,アメリカ,ルーマニア映画。スティーヴン・セガール主演の“沈黙”シリーズの1作品である本作はセガール自ら脚本・製作を務め、SF要素も取り入れた異色作です。新薬によって驚異的な身体能力を手に入れた超人相手に、部下を殺されたセガール演じる米軍エリート部隊の司令官が死闘を挑みます。
監督:ミヒャエル・ケウシュ 出演者:スティーヴン・セガール(マーシャル・ローソン)、リサ・ラヴブランド(ティア)、デヴィッド・ケネディ(ドウェイン)、アダム・クローズデル(アルーン)、エマニュエル・バーヴュ(ランバート刑事)、マイケル・カーター(モーガン海軍大尉)、イリアナ・ラザリウック(クイーン)ほか

「沈黙の戦艦」のネタバレあらすじ結末

沈黙の戦艦の紹介:1992年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演作『沈黙』シリーズの記念すべき第1作です。退役を控える実在のアメリカ海軍の戦艦ミズーリが元CIAエージェント(トミー・リー・ジョーンズ)率いるテロリスト集団に襲撃され、元特殊部隊隊員のコック(セガール)はその秘められた格闘能力を活かしてテロ集団に立ち向かいます。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演者:スティーヴン・セガール(ケーシー・ライバック)、トミー・リー・ジョーンズ(ウィリアム・ストラニクス)、ゲイリー・ビジー(クリル中佐)、エリカ・エレニアック(ジョーダン・テート)、コルム・ミーニイ(ドーマー)、パトリック・オニール(アダムス艦長)、ニック・マンキューソ(トム・ブレーカー)ほか

「暴走特急」のネタバレあらすじ結末

沈黙シリーズ第3弾/暴走特急の紹介:1995年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演作『沈黙』シリーズ第3作であり、第1作『沈黙の戦艦』の続編となるアクション作品です。CIAが極秘開発した人工衛星を巡ってアメリカ大陸横断特急列車がテロ集団に占拠され、第1作の主人公である元特殊部隊員のコックが野望を阻止するため再び立ち上がります。
監督:ジェフ・マーフィー 出演者:スティーヴン・セガール(ケイシー・ライバック)、エリック・ボゴシアン(トラヴィス・デイン)、キャサリン・ハイグル(サラ・ライバック)、モリス・チェストナット(ボビー・ザックス)、エヴェレット・マッギル(マーカス・ペン)、ニック・マンキューゾ(トム・ブレーカー)、アンディ・ロマーノ(ベイツ提督)、カートウッド・スミス(スタンリー・クーパー将軍)、デイル・ダイ(ガーザ大佐)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑