Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スティーヴン・セガール映画一覧

スティーヴン・セガールが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「沈黙の終焉」のネタバレあらすじ結末

沈黙の終焉の紹介:2018年イギリス,ハンガリー,フィリピン映画。“史上最強オヤジ”ことスティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』の1作品にして、セガール芸能生活30周年記念作品です。セガール演じるCIAの凄腕エージェントが選りすぐりのメンバーを集めて処刑人チームを結成、部下を殺した犯罪組織に立ち向かいます。キャッチコピーは「セガール引退?!」「ここが、最後の戦場」「セガール死す?! アクションヒーローの歴史を変えた大ヒットシリーズ、遂に衝撃の決着へ!」「オヤジらぶ この男気に日本中が恋をする」「君(オヤジ)に会えてよかった」。
監督:フィリップ・マルチネス、ロス・W・クラークソン 出演者:スティーヴン・セガール(ジェイク・アレクサンダー)、ソーニャ・クーリング(ソニア・デッカー)、バイロン・ギブソン(トム・ベントン)、マイカ・ジャビア(マリア・ロペス)、ソラヤ・トレンス(アンナ・ローゼン)、ジェイ・デイ(ベン・ハリスン)、メーガン・ブラウン(ジェシカ・トンプソン)、エドアルド・コスタ(オルテッセイ)、エルデトゥヤ・バツク(トゥーヤ・アレクサンダー)ほか

「沈黙の激突」のネタバレあらすじ結末

沈黙の激突の紹介:2006年イギリス,アメリカ,ルーマニア映画。スティーヴン・セガール主演の“沈黙”シリーズの1作品である本作はセガール自ら脚本・製作を務め、SF要素も取り入れた異色作です。新薬によって驚異的な身体能力を手に入れた超人相手に、部下を殺されたセガール演じる米軍エリート部隊の司令官が死闘を挑みます。
監督:ミヒャエル・ケウシュ 出演者:スティーヴン・セガール(マーシャル・ローソン)、リサ・ラヴブランド(ティア)、デヴィッド・ケネディ(ドウェイン)、アダム・クローズデル(アルーン)、エマニュエル・バーヴュ(ランバート刑事)、マイケル・カーター(モーガン海軍大尉)、イリアナ・ラザリウック(クイーン)ほか

「沈黙の戦艦」のネタバレあらすじ結末

沈黙の戦艦の紹介:1992年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演作『沈黙』シリーズの記念すべき第1作です。退役を控える実在のアメリカ海軍の戦艦ミズーリが元CIAエージェント(トミー・リー・ジョーンズ)率いるテロリスト集団に襲撃され、元特殊部隊隊員のコック(セガール)はその秘められた格闘能力を活かしてテロ集団に立ち向かいます。
監督:アンドリュー・デイヴィス 出演者:スティーヴン・セガール(ケーシー・ライバック)、トミー・リー・ジョーンズ(ウィリアム・ストラニクス)、ゲイリー・ビジー(クリル中佐)、エリカ・エレニアック(ジョーダン・テート)、コルム・ミーニイ(ドーマー)、パトリック・オニール(アダムス艦長)、ニック・マンキューソ(トム・ブレーカー)ほか

「暴走特急」のネタバレあらすじ結末

沈黙シリーズ第3弾/暴走特急の紹介:1995年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演作『沈黙』シリーズ第3作であり、第1作『沈黙の戦艦』の続編となるアクション作品です。CIAが極秘開発した人工衛星を巡ってアメリカ大陸横断特急列車がテロ集団に占拠され、第1作の主人公である元特殊部隊員のコックが野望を阻止するため再び立ち上がります。
監督:ジェフ・マーフィー 出演者:スティーヴン・セガール(ケイシー・ライバック)、エリック・ボゴシアン(トラヴィス・デイン)、キャサリン・ハイグル(サラ・ライバック)、モリス・チェストナット(ボビー・ザックス)、エヴェレット・マッギル(マーカス・ペン)、ニック・マンキューゾ(トム・ブレーカー)、アンディ・ロマーノ(ベイツ提督)、カートウッド・スミス(スタンリー・クーパー将軍)、デイル・ダイ(ガーザ大佐)ほか

「沈黙の激戦」のネタバレあらすじ結末

沈黙の激戦の紹介:2016年アメリカ映画。スティーブン・セガール氏が演じる主人公ジョン・ハーモンは殺しの専門家としてその道では有名な人物だった。彼が動くとき、それは犯罪者が死ぬとき。だが一般市民の犠牲も多いため現在は職務から外されていた。しかしそんな事情も知る政府関係者ベックから依頼が届く。その依頼とは?
監督:キオニ・ワックスマン 出演:スティーブン・セガール(ジョン・ハーモン)、ラッセル・ウォン(マシュー・シャープ)、ジェマ・ダーレンダー(ザラ)、ほか

「沈黙のテロリスト」のネタバレあらすじ結末

沈黙のテロリストの紹介:2001年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙』シリーズのひとつとなるクライム・アクション作品です。サンフランシスコに舞い戻って来た伝説の爆弾テロリストに、セガール演じる爆弾処理のプロフェッショナルと妻子を爆弾で殺された刑事が立ち向かいます。
監督:アルバート・ピュン 出演者:スティーヴン・セガール(フランク・グラス)、デニス・ホッパー(アレックス・スワン)、トム・サイズモア(レイ・ネトルズ)、ジェイミー・プレスリー(クレア・マニング)、ナズ(アート・“ファジー”・ライス)、チリ (リリー)、アイス・T(ウィンターズ)ほか

「沈黙の聖戦」のネタバレあらすじ結末

沈黙の聖戦の紹介:2003年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙』シリーズの1作品である今回は、セガール演じる元CIA捜査官の私立探偵がタイで愛娘を誘拐され、僧侶になっていた元相棒と再び手を組んで娘を取り戻すため巨悪に立ち向かう姿を描きます。
監督:チン・シウトン 出演者:スティーヴン・セガール(ジェイク・ホッパー)、バイロン・マン(スンティ)、サラ・マルクル・レイン(ジェシカ・ホッパー)、エリド・マックイーン(サラ・ウィンソープ)、モニカ・ロー(ルル)、トム・ウー(ジャンタパン将軍)ほか

「沈黙の制裁」のネタバレあらすじ結末

沈黙の制裁の紹介:2014年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演のアクション映画『沈黙』シリーズの作品のひとつで、組織から女を守る傭兵の戦いを描く。
監督:キオニ・ワックスマン 出演者:スティーヴン・セガール(ジョン・アレキサンダー)、バイロン・マン(チー)、ジョシュ・バーネット(コルト)、ビニー・ジョーンズ(ボス)、ハワード・デル(ヴァン・ホーン)、アディーナ・ステチュー(ナディア)ほか

「沈黙の報復」のネタバレあらすじ結末

沈黙の報復の紹介:2007年アメリカ映画。スティーヴン・セガールの代表作である『沈黙』シリーズの1作品である本作品は、潜入捜査官だった一人息子を何者かに殺されたセガール演じる元CIA捜査官が復讐のために立ち上がる姿を描きます。
監督:ドン・E・ファンルロイ 出演者:スティーヴン・セガール(サイモン・バリスター)、エディ・グリフィン(アーマンド・タッカー)、カーク・B・R・ウォーラー(フランク・ショウ)、カーメン・セラーノ(アリス・パーク)、リーズル・カーステンス(リンダ・バリスター)、ダニー・トレホ(エル・チヴォ)ほか

「キリング・サラザール 沈黙の作戦」のネタバレあらすじ結末

キリング・サラザール 沈黙の作戦(ミッション)の紹介:2016年アメリカ映画。東欧最大の麻薬組織のボス、ジョセフ・サラザール。彼の身を確保した麻薬取締局はアメリカへと移送しようとしていた。しかしそこで不自然な命令が空輸隊に下る。”あるホテルで彼を24時間護衛せよ”なぜすぐに移送しないのか?お馴染みスティーブン・セガール氏の拳が悪を打ち砕く。
監督:キオニ・ワックスマン 出演:スティーブン・セガール(ジョン・ハリソン)、ジョルジュ・サン・=ピエール(ブルーノ・シンクレア)、マルティーヌ・アルジャン(アマンダ・チャベス)、ダレン・E・スコット(スコニー)、マッシモ・ドブロヴィッチ(マッシモ)、ルーク・ゴス(トム・ジェンセン)、ほか

「沈黙の包囲網 アジアンコネクション」のネタバレあらすじ結末

沈黙の包囲網 アジアン・コネクションの紹介:2015年アメリカ,タイ映画。アジアに拠点を置く麻薬組織のボス・シランキリ役をスティーブン・セガール氏が演じる。現代カンボジア、何もしらない二人組ジャックとサムは銀行強盗を計画し見事成功します。しかしそこにあったお金はある犯罪組織のボス、シランキリのお金でした。ジャックとサムはシランキリの手から逃げ切れるのか?
監督:ダニエル・ジリーリ 出演:スティーヴン・セガール(ガン・シランキリ)、ジョン・エドワード・リー(ジャック)、バイロン・ギブソン(サム)、ピム・ブビア(アヴァロン)、サハジャック・ブーンタナキット(ニラン・カタナ)、ほか

「撃鉄 ワルシャワの標的」のネタバレあらすじ結末

撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的の紹介:2003年アメリカ映画。撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的の紹介:2003年アメリカ映画。ヨーロッパを舞台にとある小包を運ぶ依頼を受けるジョナサン。彼は凄腕の諜報員だった。小包をめぐって様々な思惑が交差する。いったい小包の中身は?張り巡らされる陰謀をスティーヴン・セガール氏演じるジョナサンが叩き潰す。
監督:マイケル・オブロウィッツ 出演:スティーヴン・セガール(ジョナサン・コールド)、マックス・ライアン(デュノワ)、アンナ=ルイーズ・ブロウマン(メレディス・エイカン)、ジェフリー・ピアース(弟ショーン)、シャーマン・オーガスタス(CIAに雇われた男ミムズ)、ハリー・ヴァン・ゴーカム(小包の受取人ヴァン・エイカン)、ゲイリー・レイモンド(CIAの上官オリファント)ほか

「沈黙の逆襲」のネタバレあらすじ結末

沈黙の逆襲の紹介:2009年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙』シリーズの1作品であるこの作品では、セガール扮する凄腕のロス市警刑事が、依頼人から保護を要請された女性を守りながらマフィア一味に立ち向かっていく姿を描いています。
監督:キオニ・ワックスマン 出演者:スティーヴン・セガール(ローランド・サリンジャー)、アーロン・シヴァー(メイソン)、リーズル・カーステンス(ニキータ・ウェルズ)、ステフ・デュヴァル(コナー・ウェルズ)、ルース・レインズ(ジェイソン・クロス)ほか

「沈黙の脱獄」のネタバレあらすじ結末

沈黙の脱獄の紹介:2005年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙』シリーズの1作品となるクライム・アクションです。陰謀に巻き込まれて投獄されたセガール演じる元盗賊が、自分を罠にはめた人物に復讐するために刑務所からの脱獄を決意します。
監督:ドン・E・ファンルロイ 出演者:スティーヴン・セガール(ハーラン・バンクス)、アンソニー・“トレッチ”・クリス(アイス・クール)、サラ・バクストン(レイチェル・ノウルズ)、マリ・モロウ(ジェイダ)、ニック・マンキューゾ(サンダーズ)、ロバート・ミアノ(ブルーノ)、ケヴィン・タイ(マックス・スティーヴンス)ほか

「エンドオブアガン 沈黙の銃弾」のネタバレあらすじ結末

エンド・オブ・ア・ガン 沈黙の銃弾の紹介:2016年アメリカ映画。「沈黙」シリーズでお馴染みのスティーブン・セガール氏が主役をつとめるアクション映画。アメリカ映画ながらフランスのパリを舞台にセガール氏演じるマイケル・デッカーは偶然、遭遇した厄介事から麻薬組織との抗争にまで発展する事件に巻き込まれていく。セガール氏独特の雰囲気が映画を盛り上げています。
監督:キオニ・ワックスマン 出演:スティーヴン・セガール(マイケル・デッカー)、フローリン・ピエルジク・Jr(ゲージ)、ジェイド・ユウェン(リサ)、ジョナサン・ローゼンタール(ルック)、クラウディア・ブレオント(組織の弁護士役)、ovidiu・nicullescu(ジャン)、アレクサンドル・グエン(ピーウィー)ほか

1 2
TOP↑