Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

菅田将暉映画一覧

菅田将暉が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「銀魂2 掟は破るためにこそある」のネタバレあらすじ結末

銀魂2 掟は破るためにこそある の紹介:2018年日本映画。空知英秋による人気コミックを福田雄一監督が映画化したヒット作の第2弾。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーが展開される。家賃も払えないほど追い詰められた万次屋の3人はアルバイトする事になるが、国をも揺るがすような大事態へと発展していく。主役の銀時を前作に引き続き小栗旬が演じる。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、三浦春馬(伊東鴨太郎)、窪田正孝(河上万斉)、吉沢亮(沖田総悟)、勝地涼(徳川茂茂)、夏菜(猿飛あやめ)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、ムロツヨシ(平賀源外)、キムラ緑子(お登勢)、佐藤二朗(キャバクラ店長)、堤真一(松平片栗虎)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

「あゝ、荒野 後篇」のネタバレあらすじ結末

あゝ、荒野 後篇の紹介:2017年日本映画。寺山修司の遺した唯一の同名長編小説を二部作として映画化した作品の後編です。時代設定を2021~22年とし、生まれも育ちも違う二人の若きボクサーの宿命の対決を軸に描いた青春ドラマです。主題歌を人気ロックバンド『BRAHMAN』が手掛けたことで話題を集めました。
監督:岸善幸 出演者:菅田将暉(沢村新次/新宿新次)、ヤン・イクチュン(二木建二/バリカン健二)、ユースケ・サンタマリア(片目(堀口))、木下あかり(曽根芳子)、山田裕貴(山本裕二)ほか

「となりの怪物くん」のネタバレあらすじ結末

となりの怪物くんの紹介:2018年日本映画。「となりの怪物くん」は、菅田将暉と土屋太鳳のW主演によるコメディタッチの学園ラブストーリーです。累計610万部の発行部数を誇る、ろびこ原作の人気マンガ「となりの怪物くん」を、月川翔監督(「君の膵臓をたべたい」等)が実写映画化。問題児の『怪物』・春と勉強一筋の冷血少女・雫。友達もいなかった二人が出会ったことから始まる不器用な青春ストーリー。
監督:月川翔 出演:菅田将暉(吉田春)、土屋太鳳(水谷雫)、古川雄輝(吉田優山)、山田裕貴(山口賢二)、池田エライザ(夏目あさ子)、浜辺美波(大島千づる)、佐野岳(佐々原宗平)、佐野史郎(吉田泰造)、速水もこみち(三沢満善)、ほか

「チョコリエッタ」のネタバレあらすじ結末

チョコリエッタの紹介:2014年日本映画。幼い頃交通事故で母親を亡くし、その後心のよりどころだった飼い犬も死んでしまい、完全に心を閉ざした少女が、映研の先輩と親しくするうちに徐々に変化していくという青春ドラマです。名作といわれるフェリーニの『道』のシーンが挿入され、『道』へのオマージュも感じさせる2時間40分の長い作品です。
監督:風間志織 出演者:森川葵(宮永知世子)、菅田将暉(正岡正宗)、市川実和子(宮永香世子)、村上淳(宮永周一)、須藤温子(宮永霧湖)ほか

「火花(2017年)」のネタバレあらすじ結末

火花の紹介:2017年日本映画。芥川賞を受賞したお笑い芸人ピースの又吉直樹原作の小説「火花」を実写映画化。監督もお笑い芸人の板尾創路が務める。漫才の世界へ飛び込んだが一向に売れる気配のないお笑い芸人の徳永と、型破りな漫才でカリスマ的存在の神谷との10年間を描く。主演の徳永を菅田将暉、神谷を桐谷健太が演じる。2016年には林遣都主演でNetflixでドラマ化された作品。
監督:板尾創路 出演:菅田将暉(徳永)、桐谷健太(神谷)、木村文乃(真樹)、川谷修士(山下)、三浦誠己(大林)、加藤諒(鹿谷)、ほか

「あゝ、荒野 前篇」のネタバレあらすじ結末

あゝ、荒野 前篇の紹介:2017年日本映画。寺山修司、唯一の長編小説を、『帝一の國』の菅田将暉と『息もできない』のヤン・イクチュンのダブル主演で実写映画化する2部作の前編。ボクシングを通して、人間模様や社会の様を描きます。第41回日本アカデミー賞では主演の菅田将暉が本作で最優秀主演男優賞を受賞した。
監督:岸善幸 出演:菅田将暉(沢村新次/新宿新次)、ヤン・イクチュン(二木建二/バリカン建二)、木下あかり(曽根芳子)、モロ師岡(二木建夫)、高橋和也(宮本太一)、今野杏南(西口恵子)、山田裕貴(山田裕二)

「王様とボク」のネタバレあらすじ結末

王様とボクの紹介:2012年日本映画。やまだないと原作の同名漫画を原作者自身の共同脚本で映画化した作品です。事故で12年の間昏睡状態に陥り、中身がまだ6歳のまま目覚めた青年が、友人たちとの触れ合いを通じて葛藤する姿を描いています。
監督:前田哲 出演者:菅田将暉(モリオ)、松坂桃李(ミキヒコ)、相葉裕樹(トモナリ)、二階堂ふみ(キエ)、中河内雅貴(ジュン)ほか

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のネタバレあらすじ結末

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の紹介:2017年日本映画。アニメ版の本作は現代風のアレンジを取り入れ再構築されている。元々は「If もしも」というテレビドラマで企画され、1995年に「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」というタイトルで実写映画化された作品。ある海辺の町の夏休み、中学生の男女が主人公で、時間が巻き戻され、1日が何度も繰り返される様子を描く。
監督:新房昭之、武内宣之 声優:広瀬すず(及川なずな)、菅田将暉(島田典道)、宮野真守(安曇祐介)、浅沼晋太郎(純一)、豊永利行(和弘)、梶裕貴(稔)、ほか

「明烏(アケガラス)」のネタバレあらすじ結末

明烏 あけがらすの紹介:2015年日本映画。一千万の借金を追ったホストアキラが借金返済のため周りの人間を巻き込み奮闘するコメディ映画です。、アキラは様々な手段を使って借金返済を試みるがどれも失敗します。とうとう借金返済のリミット翌朝6時になり覚悟を決めるアキラでしたが、ラストは意外な結末が待っていました。
監督:福田雄一 出演者:菅田将暉(ナオキ)、城田優(アオイ)、若葉竜也(ノリオ)、吉岡里帆(山本明子)、ムロツヨシ(アキラ)、新井浩文(山崎)、ほか

「帝一の國」のネタバレあらすじ結末

帝一の國(ていいちのくに)の紹介:2017年日本映画。映画「帝一の國」は、古屋兎丸のマンガを原作とした実写映画化作品。国内屈指の名門校と言われる海帝高校で、将来の入閣が約束されるという生徒会長の座をめぐって勃発する激しいバトルをコメディ満載で描く。菅田将暉主演で、イケメン俳優6人を揃えた話題作。菅田将暉がネジの外れた情熱的な男子生徒・赤場帝一を演じます。「帝一の國」は映画公開に合わせてスピンオフドラマの『帝一の國~学生街の喫茶店~』が放送されました。
監督:永井聡 出演:菅田将暉(赤場帝一)、野村周平(東郷菊馬)、竹内涼真(大鷹弾)、間宮祥太朗(氷室ローランド)、志尊淳(榊原光明)、千葉雄大(森園億人)、永野芽郁(白鳥美美子)、ほか

「銀魂」のネタバレあらすじ結末

銀魂(ぎんたま)の紹介:2017年日本映画。週刊少年ジャンプの大人気漫画「銀魂」初の実写映画化。カブト狩りから戻った銀時達を待っていたのは桂の連れであるエリザベス。彼(?)が言うには桂が突如姿を消してしまったということだった。その時同時に銀時宛てにある依頼が入る。刀鍛冶の村田からの依頼であり盗まれた妖刀「紅桜」を取り戻してほしいとのこと。その頃街には辻斬りが横行しておりかぶき町によからぬ風が吹き荒れていた。監督は「勇者ヨシヒコ」でお馴染みの福田雄一が務め、笑って泣ける最高のエンターテインメントが誕生する。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、新井浩文(岡田似蔵)、吉沢亮(沖田総悟)、早見あかり(村田鉄子)、ムロツヨシ(平賀源外)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、山田孝之(エリザベス)、山寺宏一(吉田松陽)、佐藤二朗(武市変平太)、菜々緒(来島また子)、安田顕(村田鉄矢)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

「溺れるナイフ」のネタバレあらすじ結末

溺れるナイフの紹介:2016年日本映画。ジョージ朝倉の人気コミック「溺れるナイフ」を映画化したラブストーリー。ある日望月夏芽は浮雲町という田舎に引っ越してきた。東京でモデルをしていた夏芽は刺激がなく退屈だった。そんな時鳥居のある立ち入り禁止の海で泳いでいる青年、長谷川航一朗と出会う。クラスメイトはモデルが来たと盛り上がったが航一朗だけは冷たくあしらった。夏芽はそんな航一朗に惹かれていく。そして二人は付き合うようになるが悲しい事件が起きてしまうのだった。
監督:山戸結希 出演:小松菜奈(望月夏芽)、菅田将暉(長谷川航一朗)、重岡大毅(大友勝利)、上白石萌音(松永カナ)、志磨遼平(広能晶吾)、斉藤陽一郎(望月直樹)、嶺豪一(蓮目匠)ほか

「闇金ウシジマくん Part2」のネタバレあらすじ結末

闇金ウシジマくん Part2の紹介:2014年日本映画。ある日マサル達は暴走族総長愛沢のバイクを盗み壊してしまう。ボコボコにされ闇金丑嶋の会社へと連れて来られる。慰謝料、治療費として200万マサルに貸せと言う。命乞いをしマサルは丑嶋の元で働くことになった。ギャンブルやホストにハマる女が丑嶋の元を訪れる。藤枝彩香もその一人だった。ホスト麗をナンバーワンにするためにお金が必要だった。借金を背負わされるマサル、闇金犀原にすぐにでも借金を返済しないとまずい愛沢。次第に二人は手を組み金を手に入れるため事件を起こす。
監督:山口雅俊 出演:山田孝之(丑嶋馨)、綾野剛(戌亥)、菅田将暉(加賀マサル)、木南晴夏(愛沢の妻・明美)、門脇麦(藤枝彩香)、中尾明慶(愛沢浩司)、窪田正孝(神咲麗(レイ))、本仮屋ユイカ(ユキミ)、柳楽優弥(蝦沼(エビヌマ))、ほか

「セトウツミ」のネタバレあらすじ結末

セトウツミの紹介:2016年日本映画。原作者・此元和津也による、大阪の高校生2人が川辺でただ会話劇を繰り広げるだけの漫画を映画化。監督は、「まほろ駅前多田便利軒」などを手がける大森立詞。出演者は、今旬の俳優、菅田将暉・池松壮亮がダブル主演を努めます。
監督:大森立詞 出演:池松壮亮(内海想)、菅田将暉(瀬戸小吉)、中条あやみ(樫村一期)、成田瑛基(鳴山)

「高校デビュー」のネタバレあらすじ結末

高校デビューの紹介:2010年日本映画。「高校デビュー」は別冊マーガレットで連載されていた河原和音原作の漫画「高校デビュー」を原作とした映画。中学生まで部活中心の生活をしていた少女が、高校デビューをして素敵な彼氏と出会い、充実した高校生活を目指していきます。この作品にブレイク前の菅田将暉が出演しています。脇役ながら存在感があります。
監督:英勉 出演者:大野いと(長嶋晴菜)、溝端淳平(小宮山ヨウ)、菅田将暉(田村史也)、逢沢りな(小宮山麻美)、古川雄輝(浅岡唯)、宮澤佐江(高橋真巳)、ほか

1 2 3
TOP↑