菅田将暉映画一覧

菅田将暉が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーエターナル」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダーW(ダブル)RETURNS 仮面ライダーエターナルの紹介:2011年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第11作『仮面ライダーW(ダブル)』のスピンオフ第2弾です。本作は映画『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』に登場した最強の敵・仮面ライダーエターナルこと大道克己を主人公とし、彼がなぜ悪のライダーとなったのかを描いていきます。ロックバンド「SOPHIA」の松岡充が再び大道克己を演じ、主題歌もSOPHIAが担当しています。ゲストヒロインに『侍戦隊シンケンジャー』の高梨臨を迎え、歴代『スーパー戦隊シリーズ』出演者たちがゲスト出演しています。
監督:坂本浩一 出演者:松岡充(大道克己/仮面ライダーエターナル)、高梨臨(ミーナ)、須藤元気(泉京水)、八代みなせ(羽原レイカ)、出合正幸(芦原賢)、中村浩二(堂本剛三)、コン・テユ(加頭順/エターナル・レッドフレア/ユートピア・ドーパント)、竹岡常吉(田端)、富田翔(ロイド)、人見早苗(シオン)、袴田裕幸(リキ)、大月秀幸(チョウさん)、緑川静香(ノンコ)、春田純一(ドクター・プロスペクト/アイズ・ドーパント)、杉本彩(プロフェッサー・マリア)、山本ひかる(照井亜樹子)、桐山漣(左翔太郎/仮面ライダーW)、菅田将暉(フィリップ/仮面ライダーW/大道克己(少年時代))ほか

「仮面ライダーW RETURNS 仮面ライダーアクセル」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダーW(ダブル)RETURNS 仮面ライダーアクセルの紹介:2011年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第11作『仮面ライダーW(ダブル)』のスピンオフ第1弾です。テレビシリーズ最終回および『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』(2010年)の後の“風都”を舞台に、『W』の“2号ライダー”である仮面ライダーアクセルこと照井竜がスリ常習犯の女が絡んだ事件に巻き込まれていく過程を描きます。ゲストヒロインに『仮面ライダービルド』『ウルトラマンギンガS』の滝裕可里、ゲスト悪役に本作が遺作となった田中実を迎えています。
監督:坂本浩一 出演者:木ノ本嶺浩(照井竜/仮面ライダーアクセル)、山本ひかる(照井亜樹子)、滝裕可里(葛木葵)、俊藤光利(大野幸弘)、中川真吾(真倉俊)、長澤奈央(リリィ白銀)、山野史人(フランク白銀)、山本康平(マサル)、野口雅弘(先生)、諏訪太朗(葵の父)、下園愛弓(女用心棒)、なだぎ武(刃野幹夫)、田中実(相模広志/コマンダー・ドーパント)、桐山漣(左翔太郎/仮面ライダーW)、菅田将暉(フィリップ/仮面ライダーW)ほか

「タロウのバカ」のネタバレあらすじ結末

タロウのバカの紹介:2019年日本映画。『セトウツミ』『光』『日日是好日』などを手がけた大森立嗣監督が20年にわたって構想を温め続けてきたオリジナル脚本を映像化した衝撃の青春ドラマです。社会の底辺に生きる三人の若者を通じて現代の日本社会の裏側に潜む暴力や犯罪、社会問題などを炙り出しながら「自由」「絶望」「青春」「友情」「焦燥」「刹那」「希望」を描き出していきます。。
監督:大森立嗣 出演者:YOSHI(タロウ)、菅田将暉(エージ)、仲野太賀(スギオ)、奥野瑛太(吉岡)、豊田エリー(恵子)、植田紗々(洋子)、國村隼(小田)ほか

「アルキメデスの大戦」のネタバレあらすじ結末

アルキメデスの大戦の紹介:2019年日本映画。2020年東京オリンピック開閉会式の演出を担当することが決まっている山崎貴監督。子どもの頃から戦艦大和や零戦が好きだったと語る監督は、「永遠の0」で零戦の悲劇を、そして本作で戦艦大和の壮絶な最期の瞬間を、得意のVFXを駆使して描き出した。戦艦大和の建造を阻止しようと奔走する若き数学者を、今最も注目されている若手俳優・菅田将暉が演じ、数式を板書しながらの長ゼリフの熱演に、共演したベテラン俳優陣が賛辞を送っている。
原作:三田紀房「アルキメデスの大戦」(ヤングマガジン) 監督:山崎貴 キャスト:菅田将暉(櫂直)、舘ひろし(山本五十六)、柄本佑(田中正二郎)、浜辺美波(尾崎鏡子)、笑福亭鶴瓶(大里清)、小林克也(大角岑生)、小日向文世(宇野積蔵)、國村隼(永野修身)、橋爪功(嶋田繁太郎)、田中泯(平山忠道)ほか

「生きてるだけで、愛。」のネタバレあらすじ結末

生きてるだけで、愛。の紹介:2018年日本映画。芥川賞錯覚・本谷有希子の同名小説を映画化したラブストーリーです。同棲を始めてから3年になる鬱がちで引きこもりの女性と出版社で働く男。そんなある日、男の元恋人が現れ、男と復縁しようと画策しますが・・・。
監督:関根光才 出演者:趣里(寧子)、菅田将暉(津奈木)、田中哲司(村田)、西田尚美(真紀)、松重豊(磯山)、石橋静河(美里)、織田梨沙(莉奈)、仲里依紗(安堂)ほか

「共喰い」のネタバレあらすじ結末

共喰いの紹介:2013年日本映画。田中慎弥の芥川賞受賞作を菅田将暉主演で映画化した作品です。昭和時代末期の山口県下関の小さな町を舞台に、性と暴力に狂う父と同じ血を持つことに葛藤する高校生の姿を描きます。
監督:青山真治 出演者:菅田将暉(篠垣遠馬)、木下美咲(会田千種)、光石研(篠垣円)、篠原友希子(琴子)、田中裕子(篠垣仁子)、岸部一徳(刑事)、淵上泰史(若い刑事)、宍倉暁子(アパートの女)ほか

「銀魂2 掟は破るためにこそある」のネタバレあらすじ結末

銀魂2 掟は破るためにこそある の紹介:2018年日本映画。空知英秋による人気コミック「銀魂」を福田雄一監督が映画化したヒット作の第2弾。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーが展開される。家賃も払えないほど追い詰められた万次屋の3人はアルバイトする事になるが、国をも揺るがすような大事態へと発展していく。主役の銀時を前作に引き続き小栗旬が演じる。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、三浦春馬(伊東鴨太郎)、窪田正孝(河上万斉)、吉沢亮(沖田総悟)、勝地涼(徳川茂茂)、夏菜(猿飛あやめ)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、ムロツヨシ(平賀源外)、キムラ緑子(お登勢)、佐藤二朗(キャバクラ店長)、堤真一(松平片栗虎)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

「あゝ、荒野 後篇」のネタバレあらすじ結末

あゝ、荒野 後篇の紹介:2017年日本映画。寺山修司の遺した唯一の同名長編小説を二部作として映画化した作品の後編です。時代設定を2021~22年とし、生まれも育ちも違う二人の若きボクサーの宿命の対決を軸に描いた青春ドラマです。主題歌を人気ロックバンド『BRAHMAN』が手掛けたことで話題を集めました。
監督:岸善幸 出演者:菅田将暉(沢村新次/新宿新次)、ヤン・イクチュン(二木建二/バリカン健二)、ユースケ・サンタマリア(片目(堀口))、木下あかり(曽根芳子)、山田裕貴(山本裕二)ほか

「となりの怪物くん」のネタバレあらすじ結末

となりの怪物くんの紹介:2018年日本映画。菅田将暉と土屋太鳳のW主演によるコメディタッチの学園ラブストーリー。累計610万部の発行部数を誇る、ろびこ原作の人気マンガ「となりの怪物くん」を、月川翔監督(「君の膵臓をたべたい」等)が実写映画化。問題児の怪物・ハルと、勉強一筋の冷血少女・雫。友達もいなかった二人が出会ったことから始まる、不器用な青春ラブストーリー。
監督:月川翔 出演:菅田将暉(吉田春 / ハル)、土屋太鳳(水谷雫)、古川雄輝(吉田優山)、山田裕貴(山口賢二)、池田エライザ(夏目あさ子)、浜辺美波(大島千づる)、佐野岳(佐々原宗平)、佐野史郎(吉田泰造)、速水もこみち(三沢満善)、ほか

「チョコリエッタ」のネタバレあらすじ結末

チョコリエッタの紹介:2014年日本映画。幼い頃交通事故で母親を亡くし、その後心のよりどころだった飼い犬も死んでしまい、完全に心を閉ざした少女が、映研の先輩と親しくするうちに徐々に変化していくという青春ドラマです。名作といわれるフェリーニの『道』のシーンが挿入され、『道』へのオマージュも感じさせる2時間40分の長い作品です。
監督:風間志織 出演者:森川葵(宮永知世子)、菅田将暉(正岡正宗)、市川実和子(宮永香世子)、村上淳(宮永周一)、須藤温子(宮永霧湖)ほか

「火花(2017年)」のネタバレあらすじ結末

火花の紹介:2017年日本映画。芥川賞を受賞したお笑い芸人ピースの又吉直樹原作の小説「火花」を実写映画化。監督もお笑い芸人の板尾創路が務める。漫才の世界へ飛び込んだが一向に売れる気配のないお笑い芸人の徳永と、型破りな漫才でカリスマ的存在の神谷との10年間を描く。主演の徳永を菅田将暉、神谷を桐谷健太が演じる。2016年には林遣都主演でNetflixでドラマ化された作品。
監督:板尾創路 出演:菅田将暉(徳永)、桐谷健太(神谷)、木村文乃(真樹)、川谷修士(山下)、三浦誠己(大林)、加藤諒(鹿谷)、ほか

「あゝ、荒野 前篇」のネタバレあらすじ結末

あゝ、荒野 前篇の紹介:2017年日本映画。寺山修司、唯一の長編小説を、『帝一の國』の菅田将暉と『息もできない』のヤン・イクチュンのダブル主演で実写映画化する2部作の前編。ボクシングを通して、人間模様や社会の様を描きます。第41回日本アカデミー賞では主演の菅田将暉が本作で最優秀主演男優賞を受賞した。
監督:岸善幸 出演:菅田将暉(沢村新次/新宿新次)、ヤン・イクチュン(二木建二/バリカン建二)、木下あかり(曽根芳子)、モロ師岡(二木建夫)、高橋和也(宮本太一)、今野杏南(西口恵子)、山田裕貴(山田裕二)

「王様とボク」のネタバレあらすじ結末

王様とボクの紹介:2012年日本映画。やまだないと原作の同名漫画を原作者自身の共同脚本で映画化した作品です。事故で12年の間昏睡状態に陥り、中身がまだ6歳のまま目覚めた青年が、友人たちとの触れ合いを通じて葛藤する姿を描いています。
監督:前田哲 出演者:菅田将暉(モリオ)、松坂桃李(ミキヒコ)、相葉裕樹(トモナリ)、二階堂ふみ(キエ)、中河内雅貴(ジュン)ほか

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のネタバレあらすじ結末

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の紹介:2017年日本映画。アニメ版の本作は現代風のアレンジを取り入れ再構築されている。元々は「If もしも」というテレビドラマで企画され、1995年に「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」というタイトルで実写映画化された作品。ある海辺の町の夏休み、中学生の男女が主人公で、時間が巻き戻され、1日が何度も繰り返される様子を描く。
監督:新房昭之、武内宣之 声優:広瀬すず(及川なずな)、菅田将暉(島田典道)、宮野真守(安曇祐介)、浅沼晋太郎(純一)、豊永利行(和弘)、梶裕貴(稔)、ほか

「明烏(アケガラス)」のネタバレあらすじ結末

明烏 あけがらすの紹介:2015年日本映画。一千万の借金を追ったホストアキラが借金返済のため周りの人間を巻き込み奮闘するコメディ映画です。、アキラは様々な手段を使って借金返済を試みるがどれも失敗します。とうとう借金返済のリミット翌朝6時になり覚悟を決めるアキラでしたが、ラストは意外な結末が待っていました。
監督:福田雄一 出演者:菅田将暉(ナオキ)、城田優(アオイ)、若葉竜也(ノリオ)、吉岡里帆(山本明子)、ムロツヨシ(アキラ)、新井浩文(山崎)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑