須賀健太映画一覧

須賀健太が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「パーフェクトワールド 君といる奇跡」のネタバレあらすじ結末

パーフェクトワールド 君といる奇跡の紹介:2018年日本映画。東京でインテリアコーディネーターの勉強をしながら建築会社で働く川奈つぐみ。ある日、高校の頃に想いを寄せていた鮎川樹先輩に再会する。彼は大学三年の時に交通事故に遭い体に障害を抱えていた。障害に対してどう対応したらいいのか、どう向き合えばいいのか戸惑いながらも真摯に向き合っていこうとするつぐみに、少しづつ心を開いていく樹だったが…。1日1日を大切に生きていこうとする素晴らしい恋愛物語。
監督:柴山健次 出演:岩田剛典(鮎川樹)、杉咲花(川奈つぐみ)、須賀健太(是枝洋貴)、芦名星(長沢葵)、マギー(渡辺剛)、大政絢(雪村美姫)、伊藤かずえ(川奈咲子)、小市慢太郎(川奈元久)、財前直見(鮎川文乃)、ほか

「死にぞこないの青」のネタバレあらすじ結末

死にぞこないの青の紹介:2007年日本映画。担任となった教師からいじめられるようになった少年に、ある日傷だらけの少女の姿が見えはじめます。少女は一体何者なのか、そして教師が自分をいじめる理由は何なのか。いじめの標的とされてしまった少年の孤独な闘いがスリリングに描かれていきます。
監督:安達正軌 出演者:須賀健太(マサオ)、谷村美月(アオ)、城田優(羽田先生)、入山法子(羽田の妹)、瓜生美咲(マサオの同級生)、博多華丸(マサオの父親)、坂井真紀(マサオの母親)、柏原崇、ほか

「花田少年史」のネタバレあらすじ結末

花田少年史 幽霊と秘密のトンネルの紹介:2006年日本映画。トラックがトンネル内で女子高生の幽霊に遭遇し、その結果出口で、花田一路という少年を撥ねてしまいました。その日以来一路には幽霊が見え、幽霊と話せるようになりました・・・・という内容のオカルトファンタジー映画です。
監督:水田伸生 出演者:須賀健太(花田一路)、篠原涼子(花田寿枝)、西村雅彦(花田大路郎)、北村一輝(沢井真彦)、安藤希/幼少期:吉田里琴(香取聖子)、杉本哲太(村上猛)、もたいまさこ(吉川のばあちゃん)、中島ひろ子(村上美代子)、松田昂大(村上壮太)、小林隆(市村和夫)、大平奈津美(花田徳子)、鬼頭歌乃(市村桂)ほか

「獣道」のネタバレあらすじ結末

獣道の紹介:2017年日本,イギリス映画。不良グループ中で知り合った愛衣という女の子と、愛衣に恋する同じ不良グループの亮太の二人の恋物語と、二人を取り巻く若者たちの人間模様を描いたヤンキーと呼ばれる
若者たちの生きざまを綴った青春ドラマです。
監督:内田英治 出演者:伊藤沙莉(志摩愛衣)、須賀健太(作間亮太)、アントニー(北川堅太)、吉村界人(三重野佑二)、でんでん(喜田久弥)、冨手麻妙(マナミ)、松本花奈(三田夕夏)、マシューチョジック(ラヴィ)、韓英恵(向島玲花)ほか

「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」のネタバレあらすじ結末

ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYSの紹介:2016年日本映画。リチャード・ウー&すぎむらしんいちの漫画「ディアスポリス 異邦警察」の「ダーティ・イエロー・ボーイズ」篇を映画化した作品で、テレビドラマ版の主演を務めた松田翔太が引き続き主人公を演じています。約15万人の密入国者たちが東京に作り上げた“裏都庁”を舞台に、この地域で唯一の警察と犯罪組織との死闘を描きます。
監督:熊切和嘉 出演者:松田翔太(久保塚早紀)、浜野謙太(鈴木博隆)、須賀健太(周)、NOZOMU(林)、安藤サクラ(夢子)、柳沢慎吾(阿)、真木蔵人(伊佐久直人)ほか

「ダブルミンツ」のネタバレあらすじ結末

ダブルミンツの紹介:2017年日本映画。同姓同名の男性二人が高校時代以来再会しました。システムエンジニアのサラリーマンとヤクザの組員になった二人が殺した女を埋めたことにより、一気に距離が縮まり、やがて愛し合うようになるというボーイズラブの作品です。
監督:内田英治 出演者:淵上泰史(壱河光夫)、田中俊介(市川光央)、須賀健太(高校時代の市川光央)、川籠石駿平(高校時代の壱河光夫)、冨手麻妙(麻美)ほか

「不安の種」のネタバレあらすじ結末

不安の種の紹介:2013年日本映画。バイク事故で壁にへばりついた誠二に助けてくれと声をかけられらたバイク便屋の巧。助けようとすると怪現象が起こり始め一方の誠二はこの町に来た当時の事を思い出し始めました・・というホラーコミックの映画化です。時系列がバラバラで難解な作品です。
監督:長江俊和 出演者:石橋杏奈(鹿野陽子)、須賀健太(畑野誠二)、浅香航大(乾巧)、岩井志麻子(陽子の母)、津田寛治(陽子の父)ほか

「雨鱒の川」のネタバレあらすじ結末

雨鱒の川(あめますのかわ)の紹介:2003年日本映画。川上健一による小説「雨鱒の川」を原作とする映画。自然豊かな北海道を舞台に、釣りと絵を描くことが好きな少年と耳の聞こえない少女との初恋とその行く末を描いています。少女はその少年とだけは言葉はなくても心を通わせることができます。前半は少年、少女時代を、後半は青年期を描いています。二人は家の事情で周囲から認められない恋となり離れ離れになってしまいますが、少年、少女時代の絆が二人をまた結びつけます。
監督:磯村一路 出演者:玉木宏(加藤心平)、綾瀬はるか(高倉小百合)、須賀健太(心平幼少期)、志田未来(小百合幼少期)、川島英蔵(松岡俊介)、伊藤歩(井上美香)、阿部寛(高倉士郎)ほか

「バースデーカード」のネタバレあらすじ結末

バースデーカードの紹介:2016年日本映画。亡くなった母が生前に書いたバースデーカードが毎年娘に届く。バースデーカードを通して母娘の深い絆を描く人間ドラマ。普通の女の子が1人の女性として成長し幸せを掴むまでの過程描いています。
監督:吉田康弘 出演:橋本愛(鈴木紀子(17-25歳))、ユースケ・サンタマリア(鈴木宗一郎)、須賀健太(鈴木正男)、中村蒼(立石純)、木村多江(石井沙織)、谷原章介(谷原章介)、洞口依子(美津代)、宮崎あおい(鈴木芳恵)、ほか

「青鬼」のネタバレあらすじ結末

青鬼の紹介:2014年日本映画。人気フリーホラーゲーム「青鬼」の実写映画版。不気味な家に閉じ込められた高校生達。彼らは全身真っ青の化物に襲われ家中を逃げ惑うが、次々餌食になっていく。少年少女の恐怖と葛藤、そして勇気を描いたパニックホラー。
監督:小林大介 出演者:入山杏奈(堀川杏奈)、須賀健太(シュン)、聖也(ヒロシ)、陳内将(卓郎)、古畑星夏(美香)、尾関陸(タケシ)ほか

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 三丁目の夕日’64の紹介:2011年日本映画。東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々の様子が描かれているALWAYS 三丁目の夕日の劇場版第3作目です。東京オリンピックの年を舞台に登場人物の成長を描いています。第1作目では子供として描かれていた世代が成長し、青年となったり花嫁として成長したりと感慨深い内容となっています。また「親子」が一つのテーマとなっており、子の成長を見守る親の姿、この旅立ちを見送る親の姿が表現されています。また、全シリーズを通して、昭和の世界感が美しく描かれているため、その背景を見るだけでも価値のある作品と言えます。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)、三浦友和(宅間史郎)ほか

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 続・三丁目の夕日(オールウェイズ 続・三丁目の夕日)の紹介:2007年日本映画。オールウェイズ第一作目に次ぐ東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々のその後の様子が描かれています。それぞれに前作より成長した登場人物の活き活きとした暮らしぶりにふれることができます。前回建設中だった東京タワーが完成し、クライマックスでは登場人物たちが東京タワーから景色を眺める様子を見ることができます。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)ほか

「ALWAYS 三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 三丁目の夕日(オールウェイズ 三丁目の夕日)の紹介:2005年日本映画。昭和33年の東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々の人情に溢れた人間関係と新しい時代へ向かって前進していこうという人々の心意気をあたたかく描いています。建設中の東京タワーが時代の移り変わりを象徴するような存在で背景に映し出されているのが特徴的です。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)ほか

TOP↑