仲野太賀映画一覧

仲野太賀(旧芸名・太賀)が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「魔法遣いに大切なこと」のネタバレあらすじ結末

魔法遣いに大切なことの紹介:2008年日本映画。山田典枝が原案の青春ファンタジー。一人前の魔法遣いを目指す少女・ソラの恋と成長を描く。監督は『櫻の園 -さくらのその-』の中原俊。主人公のソラを演じるのは12代目リハウスガールの山下リオ。相手役は岡田将生が演じる。
監督:中原俊 出演:山下リオ(鈴木ソラ)、岡田将生(緑川豪太)、田中哲司(原誠一郎)、木野花(白石沙織)、緑友利恵(浅葱ほのみ)、太賀(黒田浩二)、斎藤歩(ソラの父)、山本浩司(藍本栄之進)、水橋研二(森下魔法士)、水島かおり(豪太の母)、清水ゆみ(桃園風音)、秋本渚(権田澪奈)、曽我彩音(小学生のソラ)、村山謙太(権田紫苑)、草村礼子(赤池菊子)、鶴見辰吾(権田伊佐男)、余貴美子(川田女史)、永作博美(ソラの母)、ほか

「静かな雨」のネタバレあらすじ結末

静かな雨の紹介:2019年日本映画。直木賞作家の宮下奈緒のデビュー作品を映画化した作品。事故による後遺症で記憶を一日しか維持できなくなったこよみと、彼女を愛する主人公の行助がおだやかに過ごすも、少しずつ疲弊し、ぶつかる二人の行方を描いています。
監督:中川龍太郎 出演:仲野太賀(行助)、衛藤美彩(こよみ)、三浦透子(斉藤真理)、坂東龍汰(男子高校生 木村)、古舘寛治(医者)、川瀬陽太(パチンコ屋の店長)、河瀬直美(こよみの母)、萩原聖人(牧原貴志)、村上淳(酔っ払いの親父)、でんでん(教授)、ほか

「バッテリー」のネタバレあらすじ結末

バッテリーの紹介:2006年日本映画。あさのあつこの大ヒット小説を原作とする実写映画化。ピッチャーとして天才的な能力を持つ主人公の少年・巧が相棒の捕手・豪を得て、その才能を遺憾なく発揮していき、いくつかの困難を乗り越え、成長していく姿を描いています。
監督:滝田洋二郎 出演:林遣都(原田巧)、山田健太(永倉豪)、鎗田晟裕(原田青波)、蓮佛美沙子(矢島繭)、天海祐希(原田真紀子)、岸谷五朗(原田広)、萩原聖人(戸村真)、上原美佐(小野薫子)、濱田マリ(永倉節子)、米谷真一(沢口文人)、太賀(東谷啓太)、菅原文太(井岡洋三)、ほか

「僕の好きな女の子」のネタバレあらすじ結末

僕の好きな女の子の紹介:2019年日本映画。お笑い芸人ながらも小説家の才能も発揮し脚光を浴びた又吉直樹が手掛けた原作を元に映画化された作品。好きな人になかなか好きだと言えずにいる奥手の主人公加藤の恋愛模様を微笑ましく描いています。純粋すぎる加藤の態度にヤキモキしながらつい顛末を見守ってしまいます。
監督:玉田真也 出演:渡辺大知(加藤)、奈緒(美帆)、荻原みのり(加藤の後輩)、仲野太賀(美帆の彼氏)、朝倉あき、ほか

「海を駆ける」のネタバレあらすじ結末

海を駆けるの紹介:2018年日本,フランス,インドネシア映画。インドネシアのアチュ海岸に流れ着いた日本人男性ラウを、NPO法人で働く貴子は引きとります。やがて貴子と息子のタカシや友人のクリスとイルマ、そして姪のサチコ達は、ラウの不思議な力に巻き込まれていくのでした。『文學界』に掲載された深田晃司の『海を駆ける』を自ら映画化したもので、結末までわかる小説に対し、映画の方は謎が残されたまま終わります。小説ではラウは死を導く人として描かれ、倒れた貴子は死んでいます。
監督:深田晃司 出演者:ディーン・フジオカ(ラウ)、太賀(タカシ)、阿部純子(サチコ)、アディパティ・ドルケン(クリス)、セカール・サリ(イルマ)、鶴田真由(貴子)ほか

「あの頃。」のネタバレあらすじ結末

あの頃。の紹介:2020年日本映画。音楽グループ「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシスト、「神聖かまってちゃん」のマネージャー、漫画家など多彩な活動を展開する劔樹人の自伝的青春コミックエッセイ『あの頃。 男子かしまし物語』を今泉力哉監督が映画化した青春映画です。松坂桃李が若き日の劔樹人を演じ、2000年代初め頃を舞台に「ハロー!プロジェクト(ハロプロ)」のアイドルに魅せられた劔とオタク仲間たちの青春の日々を描きます。
監督:今泉力哉 出演者:松坂桃李(劔樹人)、仲野太賀(コズミン)、山中崇(ロビ)、若葉竜也(西野)、芹澤興人(ナカウチ)、コカドケンタロウ(イトウ)、大下ヒロト(アール)、木口健太(佐伯)、中田青渚(靖子)、片山友希(奈緒)、山﨑夢羽(松浦亜弥)、西田尚美(馬場)ほか

「今日から俺は!!劇場版」のネタバレあらすじ結末

今日から俺は!!劇場版の紹介:2020年日本映画。1990年代にアニメ化やVシネマ化され、2018年にテレビドラマがリバイバルヒットした西森博之原作の漫画『今日から俺は!!』の劇場版作品です。本作は原作の「北根壊高校編」を映像化し、テレビドラマ版のキャスト・スタッフが再集結しています。本作はコロナ禍にあって興行収入53億円を超え、2020年度の日本国内公開作品で『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(興行収入374億円)に次ぐヒット作となりました。
監督:福田雄一 出演者:賀来賢人(三橋貴志)、伊藤健太郎(伊藤真司)、清野菜名(赤坂理子)、橋本環奈(早川京子)、仲野太賀(今井勝俊)、矢本悠馬(谷川安夫)、若月佑美(川崎明美)、柾木玲弥(佐川直也)、鈴木伸之(片桐智司)、磯村勇斗(相良猛)、じろう(坂本先生)、長谷川忍(反町先生)、猪塚健太(水谷先生)、愛原実花(山口先生)、ムロツヨシ(椋木先生)、瀬奈じゅん(三橋愛美)、佐藤二朗(赤坂哲夫)、吉田鋼太郎(三橋一郎)、泉澤祐希(森川悟)、山本舞香(森川涼子)、柳楽優弥(柳鋭次)、栄信(大嶽重弘)ほか

「すばらしき世界」のネタバレあらすじ結末

すばらしき世界の紹介:2020年日本映画。直木賞作家の佐木隆三が実在の人物をモデルに書き上げた小説『身分帳』を原案とし、これまで『夢売るふたり』『永い言い訳』など数々のオリジナル作品を手がけてきた西川美和監督が自身初の小説原案作品として自ら脚本も兼任して映画化したヒューマンドラマです。西川監督が長年共演を望んでいた役所広司が主演を務め、人生の大半を刑務所で過ごし、出所した元殺人犯の主人公が人生をやり直そうともがく姿を描きます。
監督:西川美和 出演者:役所広司(三上正夫)、仲野太賀(津乃田龍太郎)、橋爪功(庄司勉)、梶芽衣子(庄司敦子)、六角精児(松本良介)、北村有起哉(井口久俊)、白竜(下稲葉明雅)、キムラ緑子(下稲葉マス子)、長澤まさみ(吉澤遥)、安田成美(西尾久美子)ほか

「生きちゃった」のネタバレあらすじ結末

生きちゃったの紹介:2020年日本映画。映画製作の原点回帰をテーマにアジア各国の映画監督が集結したプロジェクト「原点回帰。至上の愛」の一環として制作された作品です。本作は「本心を伝えることの怖さ」をテーマに、高校時代からの友人である三人の男女がそれぞれの複雑な感情を隠した先に待ち受ける悲劇を描きます。
監督:石井裕也 出演者:仲野太賀(山田厚久)、大島優子(山田奈津美)、若葉竜也(武田)、パク・ジョンボク(山田透)、毎熊克哉(洋介)、太田結乃(山田鈴)、柳生みゆ(飯村早智子)、TOBI(レ・ロマネスク / 本人役)、MIYA(レ・ロマネスク / 本人役)、芹澤興人(刑事)、北村有起哉(人殺しの男)、原日出子(杉田美幸)、鶴見辰吾(田代)、伊佐山ひろ子(山田花子)、嶋田久作(山田十郎)ほか

「泣く子はいねぇが」のネタバレあらすじ結末

泣く子はいねぇがの紹介:2020年日本映画。秋田県・男鹿半島を舞台に、ユネスコの無形文化遺産や国の重要無形民俗文化財に指定される伝統行事「なまはげ」をモチーフにしたヒューマンドラマです。子供が生まれながらも父の自覚がなく大人になりきれない主人公の男が葛藤しながらも成長していく姿を描きます。
監督:佐藤快磨 出演者:仲野太賀(後藤たすく)、吉岡里帆(桜庭(後藤)ことね)、寛一郎(志波亮介)、山中崇(後藤悠馬)、余貴美子(後藤せつ子)、柳葉敏郎(夏井康夫)ほか

「感染列島」のネタバレあらすじ結末

感染列島の紹介:2008年日本映画。フィリピンで発生した新型インフルエンザにより、日本の養鶏場で鳥インフルエンザが発生、やがてヒトへの感染が発症し死亡します。感染は一気に広がり政府は非常事態宣言を出します。1人目の感染者を見抜けなかった医師の松岡は、WHOの医師で大学時代の教師助手だった栄子と共に、感染を止めるために病院で処置に追われる日々が続きましたが、栄子の強引なやり方には病院内で反発を生む結果となり…というウィルス感染をテーマにしたパニック映画です。
監督:瀬々敬久 出演者:妻夫木聡(松岡剛)、檀れい(小林栄子)、国仲涼子(三田多佳子)、田中裕二(三田英輔)、池脇千鶴(真鍋麻美)、竹山隆範(鈴木浩介)、佐藤浩市(安藤一馬)、金田明夫(高山良三)、光石研(神倉章介)、キムラ緑子(池畑実和)、藤竜也(仁志稔)、太賀(本橋研一)ほか

「町田くんの世界」のネタバレあらすじ結末

町田くんの世界の紹介:2018年日本映画。第20回手塚治虫文化賞新生賞を受賞した安藤ゆきの同名漫画を『舟を編む』などの石井裕也監督が映画化した青春ストーリーです。勉強も運動も苦手で不器用、それでも周りの人々から愛される心優しい少年の姿を描きます。共に映画初主演となる細田佳央太と関水渚がダブル主演を務め、脇を岩田剛典、高畑充希、前田敦子、仲野太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子といった豪華俳優陣が固めています。
監督:石井裕也 出演者:細田佳央太(町田一)、関水渚(猪原奈々)、岩田剛典(氷室雄)、高畑充希(高嶋さくら)、前田敦子(栄りら)、仲野太賀(西野亮太)、池松壮亮(吉高洋平)、戸田恵梨香(吉高葵)、佐藤浩市(日野)、北村有起哉(町田あゆた)、松嶋菜々子(町田百香)ほか

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」のネタバレあらすじ結末

母さんがどんなに僕を嫌いでもの紹介:2018年日本映画。小説家・漫画家・エッセイストの歌川たいじが自らの体験を基に執筆した同名コミックエッセイを映画化したヒューマンドラマです。幼少期から母に虐待を受けてきた主人公が仲間たちとの交流を経て母と真正面から向き合おうとする姿を描いていきます。
監督:御法川修 出演者:仲野太賀(歌川タイジ)、吉田羊(歌川光子)、森崎ウィン(キミツ)、白石隼也(大将)、秋月三佳(カナ)、小山春朋(歌川タイジ(少年時代))、斉藤陽一郎(タイジの父)、おかやまはじめ(ばあちゃんの弟)、木野花(ばあちゃん)ほか

「タロウのバカ」のネタバレあらすじ結末

タロウのバカの紹介:2019年日本映画。『セトウツミ』『光』『日日是好日』などを手がけた大森立嗣監督が20年にわたって構想を温め続けてきたオリジナル脚本を映像化した衝撃の青春ドラマです。社会の底辺に生きる三人の若者を通じて現代の日本社会の裏側に潜む暴力や犯罪、社会問題などを炙り出しながら「自由」「絶望」「青春」「友情」「焦燥」「刹那」「希望」を描き出していきます。。
監督:大森立嗣 出演者:YOSHI(タロウ)、菅田将暉(エージ)、仲野太賀(スギオ)、奥野瑛太(吉岡)、豊田エリー(恵子)、植田紗々(洋子)、國村隼(小田)ほか

「RISE UP ライズアップ」のネタバレあらすじ結末

RISE UP ライズアップの紹介:2009年日本映画。パラグライダーに熱中する高校生と、失明した少女との出会いと交流を描いた青春ラブストーリー作品。ある日、高校生の航がパラグライダーを楽しんでいると、突然目の前に盲目のルイが現れます。ルイは航たちとのふれあいを通して、立ち直るきっかけを見出していきますが、残酷な事実が判明し…。
監督:中島良 出演:林遣都(津屋崎航)、山下リオ(柳沢ルイ)、太賀(梶裕哉)、中林大樹(星野淳平)、嶋尾康史(小笠原忍)、青木崇高(柳沢誠一郎)、ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑