高橋一生映画一覧

高橋一生が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ロマンスドール」のネタバレあらすじ結末

ロマンスドールの紹介:2019年日本映画。『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』などのタナダユキが、2009年の自身の同名小説を実写映画化。互いに秘密を抱えた夫婦が、愛と結婚生活を見つめ直していく様子を描く。
監督:タナダユキ 出演:高橋一生(北村哲雄)、蒼井優(北村(小沢)園子)、きたろう(相川金次)、渡辺えり(田代まりあ)、浜野謙太(両角)、三浦透子(ひろ子)、ピエール瀧(久保田薫)、大倉孝二(原田)、ほか

「九月の恋と出会うまで」のネタバレあらすじ結末

九月の恋と出会うまでの紹介:2019年日本映画。2018年9月、新しいマンションに引っ越してきた志織は、エアコンの穴から1年後の平野だという男性から話しかけられました。平野という男性は現在も向かいの棟に住んでいて、1年後の平野は、今の平野を尾行して報告してほしいと言いました。未来の出来事がすべて当たることから、1年後の平野を信じた志織は、尾行を始めました。9月27日も尾行していた午後3時、強盗が部屋に侵入して志織がいたら殺されたかもしれない状況があったことを知り、現在の平野に相談したあと、二人は誰が1年後の平野なのかを探し始めました…という内容のミステリータイプのラブストーリーです。
監督:山本透 出演者:高橋一生(平野進)、川口春奈(北村志織)、浜野謙太(倉)、中村優子(祖父江)、川栄李奈(香穂)、古舘佑太郎(森秋真一)、ミッキー・カーチス(権藤)ほか

「引っ越し大名!」のネタバレあらすじ結末

引っ越し大名!の紹介:2019年日本映画。大名のお引越しは国の一大事?!引き籠り藩士が知恵を凝らし、一大事業に着手する、引っ越しエンターテインメント。何度も引っ越しをさせられたという実在の大名・松平直矩の話をもとに、遠方への莫大な費用がかかる引っ越しを、知恵や工夫で何とか乗り切ろうとする姫路藩士たちの奮闘する様子を描く。
監督:犬童一心 出演:星野源(片桐春之介)、高橋一生(鷹村源右衛門)、高畑充希(於蘭)、飯尾和樹(高橋四郎)、和田聰宏(田中衆三郎)、岡山天音(和泉屋新吉)、向井理(柳沢吉保)、小澤征悦(山里一郎太)、濱田岳(中西監物)、西村まさ彦(藤原修蔵)、松重豊(本村三右衛門)、及川光博(松平直矩)、ほか

「リミット・オブ・スリーピング ビューティ」のネタバレあらすじ結末

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティの紹介:2017年日本映画。女優を夢見て家出したアキはサーカス小屋のオーナーのカイトに拾われ、愛し合うようになりました。しかしカイトが死んだ今、マジシャンの仕事を手伝いながらアキは現実と、妄想の区別が出来ない生活をしているという内容の映画です。現実と夢想が入り組んで、どこが現実でどこが妄想か迷ってしまうほど難解な部分があり、このことが逆に話題性をよんでいるともいえます。
監督:二宮健 出演者:桜井ユキ(オリアアキ)、古畑新之(ブッチ)、佐々木一平(リュウ)、新川將人(サイトウ)、阿部純子(マリア)、木村知貴(フク)、高橋一生(カイト)、山谷初男(マスター)、ほか

「blank13」のネタバレあらすじ結末

blank13(ブランク13)の紹介:2017年日本映画。放送作家・はしもとこうじの実体験に基づくエピソードを俳優・斎藤工が“齊藤工”名義で自身初の長編作品として監督を務めたヒューマンドラマです。多額の借金を抱え、まだ幼い兄弟と母を残して失踪した父。13年後に再会した時には父は既に病魔に蝕まれており・・・。
監督:齊藤工 出演者:高橋一生(松田コウジ)、斎藤工(松田ヨシユキ)、神野三鈴(松田洋子)、松岡茉優(西田サオリ)、佐藤二朗(岡宗太郎)、村上淳(多田マサシ)、リリー・フランキー(松田雅人)ほか

「億男」のネタバレあらすじ結末

億男(おくおとこ)の紹介:2018年日本映画。兄の残した3,000万円の借金の返済に追われ、昼は図書館司書、夜はパン工場勤務と生活に追われる一男。そのため家族もバラバラで妻と娘とは別居状態。ある日、そんな一男が3億円の宝くじに当選するという夢のような出来事が起こりますが、それに困惑する一男は親友・九十九に相談を持ち掛けます。羽目を外してバカ騒ぎした一男と九十九でしたが、翌朝3億円と共に九十九の姿は消えていました。九十九の消息を探す一男が、次第に本当のお金の価値を見出していくという、お金エンターテイメント作品です。プロデューサーとしも活躍している川村元気の著書で2015年「本屋大賞」にノミネートされ、累計発行部数66万部を超えた「億男」の原作を「ハゲタカ」「るろうに剣心」の大友啓史監督がメガホンを取り映画化。主演は「るろうに剣心」で大友監督とタッグを組んだ佐藤健、その親友を高橋一生が演じ、そのほかに藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、池田エライザなど豪華キャストが脇を固める。
監督:大友啓史 出演:佐藤健(一男)、高橋一生(九十九)、黒木華(万佐子)、北村一輝(百瀬)、藤原竜也(千住)、沢尻エリカ(十和子)、池田エライザ(あきら)ほか

「空飛ぶタイヤ」のネタバレあらすじ結末

空飛ぶタイヤの紹介:2018年日本映画。大ヒットドラマ『半沢直樹』や『下町ロケット』の作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説の映画化。ある日突然起こったトレーラー事故により、整備不良を疑われた小さな運送会社の社長がそのトレーラーの生産者である財閥系の巨大自動車メーカーに戦いを挑む物語。主演にTOKIOの長瀬智也を迎え、ディーン・フジオカ、高橋一生と豪華キャストが集結。三菱自動車のリコール隠し事件を本作のモデルとしている。
監督:本木克英 出演:長瀬智也(赤松徳郎)、ディーン・フジオカ(沢田悠太)、高橋一生(井崎一亮)、深田恭子(赤松史絵)、寺脇康文(高幡真治)、小池栄子(榎本優子)、ムロツヨシ(小牧重道)、中村蒼(杉本元)、柄本明(野村征治)、佐々木蔵之介(相沢寛久)、六角精児(谷山耕次)、升毅(巻田三郎)、笹野高史(宮代直吉)、岸部一徳(狩野威)、ほか

「嘘を愛する女」のネタバレあらすじ結末

嘘を愛する女の紹介:2018年日本映画。第一回「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」でグランプリを受賞した企画を長澤まさみ、高橋一生、吉田鋼太郎ら豪華キャストで実写映画化。愛する人の存在が全て嘘だったという事実を知った女性が、嘘の中にある真実を探求するラブサスペンス。
監督:中江和仁 出演:長澤まさみ(川原由加利)、高橋一生(小出桔平)、DAIGO(木村)、川栄李奈(心葉)、吉田鋼太郎(海原匠)、ほか

「キル・ビル」のネタバレあらすじ結末

キル・ビルの紹介:2003年アメリカ映画。クエンティン・タランティーノ監督がユマ・サーマンをヒロインに迎えて贈るアクション・エンタテインメント大作。結婚式の日、昔のボスに襲撃され何もかも失った女暗殺者の復讐の旅を、壮絶なバイオレンス描写とB級アクション作品のオマージュを込めて描くアクション映画。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ユマ・サーマン(ザ・ブライド/“ブラック・マンバ”)、デヴィッド・キャラダイン(ビル)、ダリル・ハンナ(エル・ドライバー/“カリフォルニア・マウンテン・スネーク”)、ルーシー・リュー(オーレン・イシイ/“コットンマウス”)、千葉真一(服部半蔵)、栗山千明(ゴーゴー夕張)、ほか

「3月のライオン 後編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 後編の紹介:2017年日本映画。3月のライオン前編の続編。中学生にしてプロ棋士になった桐山零。家族との確執はいまだ綺麗に無くなったわけではなかったが確実に前に進みつつあった。しかしある時零が身を寄せていた家族のひなたが学校でいじめに合っているのが発覚。同時期に零は将棋のトーナメント師子王戦が始まろうとしていた。自身の腕を磨きながらひなたを守ろうと躍進する。しかし零の熱血は暴走を始めてしまう。原作者羽海野チカの同名人気コミックの実写化後編。監督は実写映画「るろうに剣心」の大友啓史。
監督:大友啓史 出演:神木隆之介(桐山零)、有村架純(幸田香子)、倉科カナ(川本あかり)、染谷将太(二海堂晴信)、佐々木蔵之介(島田開)、加瀬亮(宗谷冬司)、伊藤英明(後藤正宗)、ほか

「3月のライオン 前編」のネタバレあらすじ結末

3月のライオン 前編の紹介:2017年日本映画。「3月のライオン」は羽海野チカの漫画を原作にした映画。将棋を題材とした漫画で、プロ棋士である青年が最初は孤独だったものの、いろいろな人と関わりを持つことによって成長していく物語。原作漫画はとても評価が高く、漫画大賞他数々の賞を受賞。また先行してNHKでアニメ化されている。映画はストーリーがテンポ良く運び、原作やアニメの世界観に近いものがあります。この話は主人公だけでなく、周囲の人物達の生き様や心情を良く描いているのが特徴です。内容は素晴らしく、心を揺さぶられる作品です。
監督:大友啓史 出演者:神木隆之介(桐山零)、有村架純(香田香子)、豊川悦司(幸田柾近)、倉科カナ(川本あかり)、清原果耶(川本ひなた)、染谷将太(二階堂晴信)、島田開(佐々木蔵之介)、伊藤英明(後藤政宗)、ほか

「おもひでぽろぽろ」のネタバレあらすじ結末

おもひでぽろぽろの紹介:1991年日本映画。スタジオジブリ作品。田舎暮らしに憧れる東京育ちの女性が、田舎の農家にホームステイをする中で、自分の幼い頃の記憶を回想し、未来への一歩を踏み出そうとする物語。原作の漫画をスタジオジブリがアニメーション作品として製作。2016年には北米にて英語吹替版が公開され、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」で知られるデイジー・リドリーが主役を演じた。
監督:高畑勲 声の出演:今井美樹(タエ子)、柳葉敏郎(トシオ)、本名陽子(小学5年生のタエ子) ほか

「ホワイトアウト」のネタバレあらすじ結末

ホワイトアウトの紹介:2000年日本映画。日本最大の貯水量を誇るダムの作業員・富樫は、同僚の吉岡と向かった遭難者の救出の途中で吹雪と霧で作り出された世界「ホワイトアウト」に遭遇し、吉岡を死なせてしまう。2ヵ月後、富樫はテロリストによるダムジャック事件に巻き込まれる。ダムの爆破で脅迫し50億円を政府に要求するテロリストたち。かろうじて難を逃れた富樫は、仲間と住民を守るため単身、テロリストに闘いを挑むのだが…。
監督:若松節朗 出演:織田裕二(富樫輝男)、松嶋菜々子(平川千晶)、佐藤浩市(宇津木雅彦)、石黒賢(吉岡和志)、吹越満(笠原義人)、ほか

「シンゴジラ」のネタバレあらすじ結末

シンゴジラの紹介:2016年日本映画。シンゴジラは日本版ゴジラとしては12年ぶりの映画化作品で、ゴジラシリーズ第29作目。ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。
監督:庵野秀明(総監督) 樋口真嗣(監督・特技監督) 出演:矢口蘭堂(長谷川博己) 赤坂秀樹(竹野内豊) カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ) 大河内清次(大杉漣) 東竜太(柄本明) 志村祐介(高良健吾)ほか

「デトロイト・メタル・シティ」のネタバレあらすじ結末

デトロイト・メタル・シティの紹介:2008年日本映画。漫画が原作の映画です。フレンチポップなどを好む主人公が自分の趣味趣向とは真逆のヘビーメタルで才能を発揮し、スターになってしまう物語です。自分の性格とは真逆の分野で才能を発揮してしまったために、そのギャップに主人公は苦しめられますが、その様子がとてもコミカルに描かれているため、映画を見ている方は大爆笑をしてしまいます。主人公のバンドが演奏する曲の歌詞が過激で、主人公の想いとは真逆のことを表現しているため、見ている方は主人公を憐れに感じてしまう程です。

1 2

キーワードから探す

TOP↑