高杉真宙映画一覧

高杉真宙が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」のネタバレあらすじ結末

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレットの紹介:2021年日本映画。シリーズ累計620万部もの発行部数を誇る、原作:河本ほむら、作画:尚村透による大人気漫画『賭ケグルイ』を原作とする実写映像化シリーズの劇場版第2作です。主人公・蛇喰夢子を演じる浜辺美波をはじめメインキャストは2018年と2019年の2期にわたるテレビドラマ版、劇場版第1作『映画 賭ケグルイ』に続いての続投となり、本作は前作同様に河本ほむら完全監修による完全オリジナルストーリーとなります。ギャンブルに支配された名門学園を舞台に、最強の“賭ケグルイ(賭け狂い)”である蛇喰が、アイドルグループ「ジャニーズWEST」の藤井流星が扮する最強ヴィランを相手に自らの命を賭けたデスゲームに挑んでいきます。
監督:英勉 出演者:浜辺美波(蛇喰夢子)、藤井流星(視鬼神真玄)、高杉真宙(鈴井涼太)、森川葵(早乙女芽亜里)、中村ゆりか(五十嵐清華)、柳美稀(生志摩妄)、松村沙友理(夢見弖ユメミ)、岡本夏美(西洞院百合子)、三戸なつめ(黄泉月るな)、松田るか(皇伊月)、池田エライザ(桃喰綺羅莉)、小野寺晃良(新渡戸九)、武田智加(北小路呼子)、中川大志(討嶋)、生田絵梨花(三春滝咲良)、長井短(聚楽幸子)、田中圭(賭場二郎)ほか

「バイプレイヤーズ」のネタバレあらすじ結末

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~の紹介:2021年日本映画。ドラマや映画などの名脇役をメインに据え、これまで3シリーズに渡って放映されてきた「バイプレイヤーズ」の初の劇場版作品です。監督はドラマシリーズからの続投となる松居大悟が務め、ドラマシリーズのレギュラーである田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一らが顔を揃えました。本作では総勢100名ものの豪華な名脇役俳優陣が出演、そのほとんどが本人役を演じています。
監督:松居大悟 出演:田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、勝村政信、渡辺いっけい、近藤芳正、津田寛治、西村まさ彦、本宮泰風、菅田俊、小沢仁志、岸井ゆきの、でんでん、北香那、木村多江、北村一輝、有村架純、天海祐希、役所広司、ほか

「笑顔の向こうに」のネタバレあらすじ結末

笑顔の向こうにの紹介:2019年日本映画。日本歯科医師協会の全面協力を得て、歯科医療の現場で働く若者の姿をリアルに描いた作品。新人技工士として働き始めた腕に自信がある主人公大地が、その自信を見事に砕かれながらも、もがき成長していく青春ストーリーです。
監督:榎本二郎 出演:高杉真宙(大地)、安田聖愛(真夏)、辻本祐樹、西方凌、濱田英里、ayanonono、木村祐一、池田鉄洋、佐藤藍子、聡太郎、阿部祐二、大平サブロー、中山秀征、秋吉久美子、松原智恵子、ほか

「前田建設ファンタジー営業部」のネタバレあらすじ結末

前田建設ファンタジー営業部の紹介:2020年日本映画。2003年、前田建設工業株式会社のWebサイトで立ち上がったコンテンツ「前田建設ファンタジー営業部」。アニメやゲームなど、空想世界に登場する構造物を実際に作ったらいくらかかるのか?真面目に考え見積もりを出すこの企画は話題を呼び、書籍化・舞台化された。その立ち上げから世間に認知されるまでのエピソードをハイテンションで映画化したのは、若手俳優を生かした作品を多く手掛ける英勉監督。そして脚本は、舞台も手掛けたヨーロッパ企画主宰の上田誠。ちなみに本作で広報部員近田を演じる本多力もヨーロッパ企画所属の役者である。
監督:英勉 脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)出演:高杉真宙(ドイ)、上地雄輔(ベッショ)、岸井ゆきの(エモト)、本多力(チカダ)、町田啓太(ヤマダ)、六角精児(フワ)、小木博明(アサガワ)、ほか

「世界でいちばん長い写真」のネタバレあらすじ結末

世界でいちばん長い写真の紹介:2018年日本映画。『武士道シックスティーン』『ストロベリーナイト』などの誉田哲也が実話を基に執筆した同名小説を映画化した青春ドラマ映画です。愛知県・知多半島を舞台に現地でロケを敢行、引っ込み思案で自分に自信が持てないでいる写真部員の主人公が360度撮影できるパノラマカメラを手にしたことから人生を大きく変えていく様子を描いていきます。
監督:草野翔吾 出演者:高杉真宙(内藤宏伸)、武田梨奈(竹中温子)、松本穂香(三好奈々恵)、水野勝(小出智也)、黒崎レイナ(安藤エリカ)、吉沢悠(宮本賢一)、小松政夫(竹中芳郎)ほか

「見えない目撃者」のネタバレあらすじ結末

見えない目撃者の紹介:2019年日本映画。2011年に公開された韓国映画『ブラインド』のリメイク作品で、2015年に中国でもリメイクされた作品の日本リメイク版となるR15指定のサスペンス・スリラー作品です。事故により弟を亡くし、自らも視力を失った元警察官候補生の女性が目撃者の男と共に若い女性らを狙った連続誘拐事件の謎に迫っていきます。
監督:森淳一 出演者:吉岡里帆(浜中なつめ)、高杉真宙(国崎春馬)、大倉孝二(吉野直樹)、浅香航大(日下部翔)、酒向芳(高橋修作)、松大航也(浜中大樹)、國村隼(平山隆)、渡辺大知(横山司)、栁俊太郎(桐野圭一)、松田美由紀(浜中満代)、田口トモロヲ(木村友一)ほか

「賭ケグルイ」のネタバレあらすじ結末

映画 賭ケグルイの紹介:2019年日本映画。ギャンブルに支配された学園を舞台に、ミステリアスな女子高生ギャンブラーが、大金と自身の人生を賭けて様々なバトルを繰り広げる。原作は、シリーズ累計500万部突破の人気コミック。「君の膵臓をたべたい」で注目を集めた浜辺美波のほか、高杉真宙、森川葵、宮沢氷魚など話題の若手俳優が出演。
監督:英勉 出演:浜辺美波(蛇喰夢子)、高杉真宙(鈴井涼太)、宮沢氷魚(村雨天音)、福原遥(歩火樹絵里)、伊藤万理華(犬八十夢)、松田るか(皇伊月)、岡本夏美(西洞院百合子)、柳美稀(生志摩妄)、松村沙友理(夢見弖ユメミ)、小野寺晃良(新渡戸九)、池田エライザ(桃喰綺羅莉)、中村ゆりか(五十嵐清華)、三戸なつめ(黄泉月るな)、矢本悠馬(木渡潤)、森川葵(早乙女芽亜里)、ほか

「想影」のネタバレあらすじ結末

想影(おもかげ)の紹介:2016年日本映画。「女による女のためのR-18文学賞」の最終選考候補作となった野村実来の同名小説を、数々の話題作に引っ張りだこの高杉真宙主演で映画化した短編ラブストーリーです。主人公の幼なじみが結婚するという話を聞いたヒロインは、10年越しに伝えられなかった想いを伝えようとするのですが…。
監督:加藤慶吾 出演者:高杉真宙(栄大輔・少年時代)、松原菜野花(中村由美・少女時代)、細田善彦(栄大輔・大人時代)、三瓶美菜(中村由美・大人時代)、日高七海(由美の同級生)ほか

「十二人の死にたい子どもたち」のネタバレあらすじ結末

十二人の死にたい子どもたちの紹介:2018年日本映画。集団安楽死を望んで廃病院に集まった少年少女12人が死体を見つける。死体は何者なのか、自殺?他殺?殺人犯がこの12人の中にいるのか。疑心暗鬼に陥りながら、12人の死にたい理由が明かされていく。直木賞の候補になったことでも知られる「十二人の死にたい子どもたち」は、様々なジャンルの作品を生み出すことで知られる作家 冲方丁初のサスペンス。その傑作小説を「SPEC」シリーズや「人魚の眠る家」の記憶も新しい堤幸彦監督がメガホンをとり、当代きっての若手俳優たちによる息つく暇もない密室劇に仕立て上げた。ここ数年の活躍もめざましいイケメン俳優たち、美少女の面影残る女優たちの濃密な演技バトルが繰り広げられ、特に5台のカメラによる40分の長回しシーンは圧巻。
監督:堤幸彦 原作:冲方丁 キャスト:高杉真宙(サトシ – 1番)、渕野右登(ケンイチ – 2番)、古川琴音(ミツエ – 3番)、橋本環奈(リョウコ – 4番)、新田真剣佑(シンジロウ – 5番)、黒島結菜(メイコ – 6番)、杉咲花(アンリ – 7番)、萩原利久(タカヒロ – 8番)、北村匠海(ノブオ – 9番)、坂東龍汰(セイゴ – 10番)、吉川愛(マイ – 11番)、竹内愛紗(ユキ – 12番)、とまん(ユウキ – 0番)、ほか

「ギャングース」のネタバレあらすじ結末

ギャングースの紹介:2018年日本映画。鈴木大介によるノンフィクション書籍「家のない少年たち」を原作に、肥谷圭介が漫画化した同名コミックを実写映画化した青春犯罪ムービーです。生きることに精一杯な3人の若者の姿を通して、若者の貧困問題、特殊詐欺を行う犯罪営利組織(カンパニー)の実態、裏社会の縮図が浮き彫りになっていきます。
監督:入江悠 出演者:高杉真宙(斉藤恵吾(サイケ))、加藤諒(神童一樹(カズキ))、渡辺大知(黒猫チェルシー)(武藤武夫(タケオ))、林遣都(高田)、伊東蒼(ヒカリ)、山本舞香(ユキ)、芦那すみれ(サクラ)、勝矢(川合)、般若(班目)、菅原健(真鍋)、斉藤祥太(海老名兄弟)、斉藤慶太(海老名兄弟)、金子ノブアキ(加藤)、篠田麻里子(アゲハ)、MIYAVI(安達)ほか

「鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦の紹介:2013年日本映画。『平成仮面ライダー』シリーズの第15作『仮面ライダー鎧武』と第14作の『仮面ライダーウィザード』が共演する作品です。ある目的のために旅を続けるウィザード、パラレルワールドの戦国時代に迷い込んだ鎧武、二人のライダーの前に強大な敵が立ちはだかります。
監督:田﨑竜太 出演者:佐野岳(葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武)、白石隼也(操真晴人/仮面ライダーウィザード)、小林豊(駆紋戒斗/仮面ライダーバロン)、高杉真宙(呉島光実/仮面ライダー龍玄)、志田友美(高司舞/始まりの女)、久保田悠来(呉島貴虎/仮面ライダー斬月)、山口智充(DJサガラ)、奥仲麻琴(コヨミ/白い魔法使い)、永瀬匡(仁藤攻介/仮面ライダービースト)、戸塚純貴(奈良瞬平)、高山侑子(大門凜子)、小倉久寛(輪島繁)、敦士(大須賀/オーガ)、上田眞央(ランマル)、JOY(イエヤス)ほか

「君の膵臓をたべたい(アニメ版)」のネタバレあらすじ結末

君の膵臓をたべたいの紹介:2018年日本映画。2017年に実写映画も公開された住野よるのデビュー作『君の膵臓をたべたい』が待望の劇場版アニメ化。主人公「僕」は、映画やテレビドラマなどで注目される若手実力派俳優の高杉真宙が声優を務める。難しい役どころの桜良には、アニメや吹き替えで活躍中の人気声優Lynn。監督はスタジオヴォルンの牛嶋新一郎。初監督作とは思えない巧みな演出と美しい映像で珠玉の作品が出来上がった。人気上昇中のバンド“sumika”が3曲を提供しているのも話題となっている。
監督・脚本:牛嶋新一郎 声優: 高杉真宙(「僕」、志賀春樹)、Lynn(山内桜良)、藤井ゆきよ(恭子)、内田雄馬(隆弘)、福島潤(ガム君)、田中敦子(「僕」の母)、三木眞一郎(「僕」の父)、和久井映見(桜良の母)ほか

「仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!の紹介:2014年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第15作にして、“戦国武将”と“フルーツ”をモチーフに数多くのライダーたちがしのぎを削り合う“ライダー戦国時代”をテーマにした『仮面ライダー鎧武』。テレビシリーズの集大成となる今回はゲスト悪役に歌舞伎俳優の片岡愛之助を迎え、サッカーJリーグの全面協力のもと、テレビシリーズとは異なるパラレルワールドに迷い込んだ主人公・葛葉紘汰の闘いを描きます。
監督:金田治 出演者:佐野岳(葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武(声)/闇の紘汰/仮面ライダー鎧武・闇(声) )、小林豊(駆紋戒斗/仮面ライダーバロン(声))、高杉真宙(呉島光実/仮面ライダー龍玄(声))、志田友美(高司舞)、久保田悠来(呉島貴虎/仮面ライダー斬月・真(声))、松田岳(ザック/仮面ライダーナックル(声))、百瀬朔(ペコ/仮面ライダー黒影・真(声))、白又敦(初瀬亮二/仮面ライダー黒影(声))、松田凌(城乃内秀保/仮面ライダーグリドン(声) )、青木玄徳(戦極凌馬/仮面ライダーデューク(声))、中山雅史(本人役)、山口智充(DJサガラ)、片岡愛之助(コウガネ/仮面ライダーマルス(声))ほか

「君が君で君だ」のネタバレあらすじ結末

君が君で君だの紹介:2018年日本映画。好きになった女性のために、自らを捨てて彼女が憧れる人物(尾崎豊、ブラッド・ピット、坂本龍馬)にそれぞれなりきった3人の男の10年間に及ぶ愛の軌跡と結末を描いた異色のラブストーリーです。
監督:松居大悟 出演者:池松壮亮(尾崎豊になりきる男)、キム・コッピ(ソン)、満島真之介(ブラッド・ピットになりきる男)、大倉孝二(坂本龍馬になりきる男)、高杉真宙(宗太)、向井理(友枝)、YOU(星野)ほか

「虹色デイズ」のネタバレあらすじ結末

虹色デイズの紹介:2018年日本映画。水野美波の同名人気コミックを、佐藤令於(GENERATIONS)・中川大志・高杉真宙・横浜流星といった4人の若手実力派俳優のカルテット主演で実写映画化した青春ドラマです。性格も趣味も異なる4人の仲良し高校生が、恋や友情、将来への不安などを通じて成長していく姿を描いています。
監督:飯塚健 出演者:佐藤玲於(羽柴夏樹)、中川大志(松永智也)、高杉真宙(直江剛)、横浜流星(片倉恵一)、吉川愛(小早川杏奈)、恒松裕里(筒井まり)、堀田真由(浅井幸子)、坂東希(千葉黎子)、山田裕貴(筒井昌臣)、滝藤賢一(田渕先生)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑