竹中直人映画一覧

竹中直人が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「しあわせのマスカット」のネタバレあらすじ結末

しあわせのマスカットの紹介:2020年日本映画。岡山県を拠点とする和菓子メーカー「宗家 源吉兆庵」の全面協力で製作されたヒューマンドラマです。岡山の名産物であるぶどうを使った和菓子に魅せられたドジで明るい女性が、夢を叶えるために奮闘する姿が描かれます。第8回東宝シンデレラオーディションでグランプリを受賞した福本莉子が初主演を務め、脇を竹中直人や長谷川初範などのベテランや『機界戦隊ゼンカイジャー』の森日菜美などの若手が固めています。
監督:吉田秋生 出演者:福本莉子(相馬春奈)、竹中直人(秋吉伸介)、中河内雅貴(屋敷達也)、ヨシダ朝(緑川祐二)、宝積由香(川本百合恵)、大島蓉子(板橋政恵)、佐野泰臣(今西大輔)、ボブ鈴木(工場長)、本仮屋ユイカ(相馬雪絵)、田中要次(秋山守)、森日菜美(矢島祐美子)、大久保聡美(尾崎奈緒)、村瀬美穂(金澤こころ)、土居裕子(秋吉みよし)、長内美那子(太田綾子)、長谷川初範(田岡社長)ほか

「ゾッキ」のネタバレあらすじ結末

ゾッキの紹介:2020年日本映画。漫画家・大橋裕之の初期短編集の中から選りすぐられたエピソードを、俳優の竹中直人、山田孝之、斎藤工(『齊藤工』名義)がエピソードごとにメガホンを執って実写映画化したコメディ群像劇です。全てのロケを大橋裕之の出身地である愛知県蒲郡市で行い、それぞれに秘密を抱えた人々が織り成す人間模様を描いていきます。ちなみにタイトルの「ゾッキ」とは「ひとまとめ」「寄せ集め」を意味しています。
監督:竹中直人、山田孝之、齊藤工 出演者:吉岡里帆(前島りょうこ)、鈴木福(伊藤)、満島真之介(旅人)、柳ゆり菜(若い女)、南沙良(松原京子)、安藤政信(道場の師範代)、ピエール瀧(漁師の定男)、森優作(牧田)、九条ジョー(伴くん)、木竜麻生(本田さん)、倖田來未(足立の女房)、竹原ピストル(マサルの父)、潤浩(マサル)、松井玲奈(幽霊のような女)、渡辺佑太朗(二十代のマサル)、石坂浩二(りょうこの祖父)、松田龍平(藤村)、國村隼(漁師のヤスさん)、板垣李光人(コンビニ店員)ほか

「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」のネタバレあらすじ結末

きまじめ楽隊のぼんやり戦争の紹介:2020年日本映画。朝9時から夕方5時まで毎日規則正しく戦争している二つの町を舞台に、音楽隊への異動を命じられた真面目な兵士の顛末を周囲の一風変わった人々も交えてシュールに描いたヒューマンドラマです。第21回東京フィルメックスで審査員特別賞を受賞、第50回ロッテルダム国際映画祭ハーバー部門の正式出品作品となっています。
監督:池田暁 出演者:前原滉(露木)、今野浩喜(藤間)、中島広稀(三戸)、清水尚弥(平一)、橋本マナミ(春子)、矢部太郎(仁科)、片桐はいり(城子)、嶋田久作(板橋)、きたろう(伊達)、竹中直人(大木)、石橋蓮司(夏目)ほか

「夜がまた来る」のネタバレあらすじ結末

夜がまた来るの紹介:1994年日本映画。ヤクザの組に麻薬の潜入捜査をしていた刑事が何者かに殺されました。残された妻の名美は、ヤクザ達にレイプされ、夫は汚職警官として犯罪者扱いされます。名美はヤクザに復讐しようとしますが、名美を助けるヤクザが現れ…という内容のバイオレンスアクション映画です。
監督:石井隆 出演者:夏川結衣(土屋名美)、根津甚八(村木哲郎)、寺田農(池島政信)、椎名桔平(柴田一哉)、永島敏行(土屋満)ほか

「燃えよデブゴン/TOKYO MISSION」のネタバレあらすじ結末

燃えよデブゴン/TOKYO MISSIONの紹介:2020年香港映画。サモハン・キンポーの往年の名シリーズ「燃えよデブゴン」をドニー・イェン主演、舞台を東京に移してリブートした作品。全てが上手くいかなくて自暴自棄になり激太りしてしまった熱血警官が名誉挽回すべく大奮闘する話です。
監督:谷垣健治 出演:ドニー・イェン(チュウ・フクロン)、テレサ・モウ(フォンワー)、ニキ・チョウ(ソン・ホーイ)、ウォン・ジン(シウサー)、竹中直人(遠藤警部)、丞威(島倉)、渡辺哲(東野太郎)、葉山豪(山本勇二)、バービー(築地の人魚)、ジェシカ・ジャン(マギー)、ルイス・チョン(ファン警視)、ほか

「完全なる飼育」のネタバレあらすじ結末

完全なる飼育の紹介:1999年日本映画。実際に起きた『女子高生誘拐飼育事件』を題材に映画化。女子高生を誘拐して監禁・飼育する男の屈折した愛を描く。ジョギング中に誘拐された女子高生の邦子。犯人である貞義の部屋で目を覚ました邦子は手足を縛られた状態でした。通常なら気の狂いそうな状況の中、少しづつ貞義の見え隠れする優しさに気づいた邦子は、貞義との生活に安らぎを感じやがて結ばれていく。しかしそんな生活も長くは続きませんでした。
監督:和田勉 出演:竹中直人(貞義)、小島聖(邦子)、泉谷しげる(川又)、北村一輝(津田)、渡辺えりこ(咲子)、塚本晋也(森山)、ほか

「完全なる飼育 etude」のネタバレあらすじ結末

完全なる飼育 etudeの紹介:2020年日本映画。ノンフィクション作家・松田美智子の「女子高校生誘拐飼育事件」を原作とするエロティックドラマのシリーズ第9弾です。これまで男が女を「飼育」してきた歴代シリーズ作とはうって変わり、今回は女が男を「飼育」するという衝撃作となっています。元宝塚の月船さららと『仮面ライダーセイバー』の市川知宏がダブル主演を務め、シリーズの常連である竹中直人も出演しています。
監督:加藤卓哉 出演者:月船さらら(小泉彩乃)、市川知宏(篠田葵)、金野美穂(大原早苗)、寺中寿之(落合茂)、永井すみれ(今村直子)、松井るな、竹中直人(後藤田義政)ほか

「25 NIJYU-GO」のネタバレあらすじ結末

25 NIJYU-GO(にじゅうご)の紹介:2014年日本映画。 公務員の九十九が横領した62億円のうち残った25億円を奪おうと、悪徳刑事の桜井とヤクザの田神組、半グレの武蔵連合、そしてクラブのママの恭子が争奪戦を繰り広げる、ハチャメチャアクション映画です。東映がVシネマ25周年に発表した作品で、Vシネマのそうそうたるメンバーが登場しています。
監督:鹿島勤 出演者:哀川翔(桜井慎太郎)、寺島進(日影光一)、温水洋一(九十九信夫)、小沢仁志(田神龍一)、小沢和義(田神一虎)、本宮泰風(多賀谷)、竹中直人(ジョニー・ウォン)、大杉漣(高見沢彰)、嶋田久作(大久保正義)、笹野高史(元大偉)ほか

「シュアリー・サムデイ」のネタバレあらすじ結末

シュアリー・サムデイの紹介:2010年日本映画。人気実力派俳優小栗旬が初めてメガホンを取った作品。退屈な日々を過ごしていた高校生達がその退屈を解消すべく行った出来事がとんでもない事件を引き起こし泥沼に引き込まれてしまいます。ドン底から這い上がろうともがく少年達の青春ストーリー。
監督:小栗旬 出演:小出恵介(喜志巧)、勝地涼(真鍋京平)、綾野剛(岩崎秀人)、鈴木亮平(後藤和生)、ムロツヨシ(北村雄喜)、小西真奈美(葉月美沙)、モト冬樹(北村雄一郎)、原日出子(北村美和子)、遠藤憲一(飯島)、山口祥行(五味)、高橋光臣(須賀)、須賀貴匡(坂口)、高橋努(体育教師)、笹野高史(教頭)、井上真央(後藤翔子)、阿部力(若杉)、大竹しのぶ(弁当屋の店長)、妻夫木聡(警官A)、小栗旬(警官B)、上戸彩(上戸彩)、横田栄司(宮城祐)、竹中直人(喜志建夫)、岡村隆史(やっさん)、吉田鋼太郎(亀頭)、ほか

「戦闘少女 血の鉄仮面伝説」のネタバレあらすじ結末

戦闘少女 血の鉄仮面伝説の紹介:2010年日本映画。16歳の誕生日を迎えた凛は、自分が人間ではなく『ヒルコ』であることを知ります。乗り込んできた武装警察に、ヒルコである父と人間の母を殺された凛は町を逃れます。そしてヒルコのリーダー如月に助けられ、ヒルコの戦闘少女として鍛え上げられ…という内容のコメディスプラッター映画です。人体切断、顔面崩壊、首チョンパなどの血しぶきシーン満載の作品で、3人の監督がそれぞれの章を担当しています。
監督:井口昇、西村喜廣、坂口拓 出演者:杉本有美(凛)、高山侑子(玲)、森田涼花(佳恵)、坂口拓(如月)、いとうまい子(凛の母)、津田寛治(凜の父)、竹中直人(小清水)ほか

「TARO! MOMOTARO IN TROUBLE」のネタバレあらすじ結末

TARO!MOMOTARO IN TROUBLE(タロウ モモタロウ イン トラブル)の紹介:1991年日本映画。別題は「TARO! TOKYO魔界大戦」。桃太郎伝説をモチーフに、蘇った鬼と戦う少年の勇姿を描くアクション作品。ロック・スターを夢見る太郎は、怪しい芸能事務所にスカウトされ謎の信号音を聞かされた。それ以来、太郎は信号音を聞く度にトランス状態に陥ってしまい、謎の言語を発するようになる。一方街では新興宗教団体「信輝会」が勢力を増していた。信輝会は人類以前に存在していた「鬼」を蘇らせようと暗躍する。そしてその鍵は、桃太郎の血筋である太郎が握っていたのだった。
監督:石井てるよし 出演:藤原秀樹(太郎)、三浦洋一(紀本 / TVディレクター)、竹中直人(ローカイ大佐 / 信輝会会長)、小野みゆき(恵)、谷啓(宝伝)ほか

「どすこい!すけひら」のネタバレあらすじ結末

どすこい!すけひらの紹介:2019年日本映画。食べるのが好きなぽっちゃり太った綾音が、事故で意識を失い目覚めるとスレンダー美人に変身し、人気アイドルに告白されるという内容の、たむら純子による人気コミックの実写映画化です。主演の女性アイドルグループ・KARAの元メンバー知英が、特殊メイクで太った体を披露し話題になりました。
監督:宮脇亮 出演:知英(綾音)、草川拓弥(湊拓巳)、金子大地(馬渕隼人)、松井愛莉(藤代あい)、パンツェッタ・ジローラモ(イタリア人医師)、りゅうちぇる(フレッド・ミラー)、竹中直人(横濱健二)ほか

「サムライマラソン」のネタバレあらすじ結末

サムライマラソンの紹介:2018年日本映画。江戸時代に行われた「安政遠足」を題材にした土橋章弘の原作「幕末マラソン侍」を映画化したのが本作です。監督はバーナード・ローズが手がけています。国際的なスタッフに、豪華日本人キャストが参加した意欲作になっています。
監督:バーナード・ローズ 出演:佐藤健(唐沢甚内)、小松菜奈(雪姫)、森山未來(辻村平九朗)、染谷将太(上杉広之進)、竹中直人(栗田又衛門)、豊川悦司(五百鬼裕虎)、長谷川博己(板倉勝明)、中川大志、門脇麦、ほか

「キャッチ ア ウェーブ」のネタバレあらすじ結末

キャッチ ア ウェーブの紹介:2006年日本映画。豊田和真の同名小説を、2020年に急逝した三浦春馬の映画初主演作として映画化した青春ドラマです。湘南の海を舞台に、サーフィン、淡い恋、そしてライバルとの勝負に情熱を燃やす高校生たちのひと夏の物語を描きます。
監督:高橋伸之 出演者:三浦春馬(佐々木大洋)、加藤ローサ(ジュリア)、木村了(小林誠人)、濱田岳(田口浩輔)、竹中直人(デューク川原)、三船力也(ニック)、坂口憲二(マーク)ほか

「ファンシイダンス」のネタバレあらすじ結末

ファンシイダンスの紹介:1989年日本映画。シブがき隊を解散して俳優に挑んだモックンこと本木雅弘の映画初主演が本作です。実際に頭を剃り上げ、坊主という難しい役柄を見事に演じきりました。今や名の知れた周防監督の一般向けに見せる最初の作品でもありました。
監督:周防正行 出演:本木雅弘(塩野陽平)、鈴木保奈美(赤石真朱)、大沢健(塩野郁生)、彦摩呂(笹木英峻)、田口浩正(信田珍来)、近田和正(慈安)、渡浩行(良好)、ポール・シルバーマン(洋西)、竹中直人(北川光輝)、ほか

1 2 3 4 5

キーワードから探す

TOP↑