Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

竹中直人映画一覧

竹中直人が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「三文役者」のネタバレあらすじ結末

三文役者の紹介:2000年日本映画。日本を代表する名バイプレーヤー、殿山泰司の破天荒な役者人生を描いた人間ドラマ。二人の女性に愛され、映画に命を捧げた一人の男の不器用な生き様を、盟友の新藤兼人監督がユーモアとペーソスを込めて描いた作品です。
監督:新藤兼人 出演者:竹中直人(タイちゃん)、荻野目慶子(キミエ)、吉田日出子(アサ子)、乙羽信子(オカジ)、桂南光(キミエの父)

「一命」のネタバレあらすじ結末

一命の紹介:2011年日本映画。1962年公開の「切腹」をタイトルを変えて市川海老蔵主演でリメイクした作品。第64回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。貧乏な暮らしを強いられながらも、愛する人と一緒に歩んでいくことを決意した2人の侍の生きざまを描く。
監督三池崇史 出演:市川海老蔵(津雲半四郎)、瑛太(千々岩求女)、満島ひかり(美穂)、竹中直人(田尻)、青木崇高(沢潟彦九郎)、新井浩文(松崎隼人正)、波岡一喜(川辺右馬助)、役所広司(斎藤勘解由)、ほか

「舞妓はレディ」のネタバレあらすじ結末

舞妓はレディの紹介:2014年日本映画。訛りのきつい少女が一人前の舞妓になるべく奮闘する姿を描いた作品。歌は吹き替えなしで出演者が生歌を披露している。
監督:周防正行 出演:上白石萌音(西郷春子)、長谷川博己(京野法嗣)、富司純子(小島千春)、田畑智子(百春)、草刈民代(里春)、渡辺えり(豆春)、竹中直人(富さん)、ほか

「風の色」のネタバレあらすじ結末

風の色の紹介:2017年日本映画。北海道と東京を舞台に、瓜二つの2組の男女が紡ぐファンタジックなラブストーリー。涼は自分の彼女が突然いなくなって呆然としていたが、ある日彼女との思い出の品を手掛かりに彼女の痕跡をたどり、北海道へと行く。そこで彼女とそっくりな女性に出会う。その女性も元彼にそっくりな涼に驚く。涼は戸惑いながらも彼女を受け入れるものの、だんだん本当の自分自身を受け入れてもらいたくなり、彼女の元彼に対して、嫉妬してしまうようになり、苦しむようになる。
監督:クァク・ジェヨン 出演:古川雄輝(涼/隆)、藤井武美(川口ゆり/最上亜矢)、石井智也(川口竜馬)、袴田吉彦(渡辺清文医師)、小市慢太郎(橋田)、中田喜子(川口かなえ)、竹中直人(「フーディーニ」マスター)、ほか

「くちづけ(2013年)」のネタバレあらすじ結末

くちづけの紹介:2013年日本映画。宅間孝行脚本の舞台劇を映画化した作品で、余命宣告をされた父と、心の成長が止まった娘の愛情を描いた人間ドラマです。
監督:堤幸彦 出演者:貫地谷しほり(阿波野マコ)、竹中直人(阿波野幸助/愛情いっぽん)、宅間孝行(うーやん)、田畑智子(宇都宮智子)、橋本愛(国村はるか)ほか

「千年の恋 ひかる源氏物語」のネタバレあらすじ結末

千年の恋 ひかる源氏物語の紹介:2001年日本映画。東映創立50周年を記念して作られた作品。ひかる源氏の物語ですが、作者である紫式部を主人公とし、話しを進めていきます。紫式部は吉永さゆりが演じており、ひかる源氏を女性でありながら天海祐希が演じています。話しの節目に松田聖子が歌を歌いながら登場するのが変わった演出です。
監督:堀川とんこう 出演者:吉永小百合(紫式部)、天海祐希(光源氏)、常盤貴子(紫の上)、高島礼子(藤壺中宮/桐壺更衣)、かたせ梨乃(大后)、森光子(清少納言)、ほか

「金メダル男」のネタバレあらすじ結末

金メダル男の紹介:2016年日本映画。ウッチャンナンチャンの内村光良が2011年に上演した一人舞台『東京オリンピック生まれの男』をベースに自ら監督・脚本・主演を務めて映画化した作品で、あらゆるもの全てで“一等賞”を目指した男の半生を描いています。
監督:内村光良 出演者:内村光良(秋田泉一)、知念侑李(若き日の秋田泉一)、木村多江(亀谷頼子)、ムロツヨシ(村田俊太郎)、土屋太鳳(横井みどり)、平泉成(秋田留一)、宮崎美子(秋田房江)、笑福亭鶴瓶(難波寅太)ほか

「あずみ」のネタバレあらすじ結末

あずみの紹介:2003年日本映画。原作は、小山ゆうの同名漫画。2005年には、続編「あずみ2 Death or Love」が公開されました。時は戦国時代。秀吉亡き後、家康が勢力を拡大。天下取りの障害となっているのは、豊臣家の存続を図ろうとする、浅野長政や加藤清正らです。小幡月斎に育てられた孤児達の暗殺集団が、彼らの首を獲るべく密かに動き出します。
監督:北村龍平 出演者:上戸彩(あずみ)、小橋賢児(ひゅうが)、成宮寛貴(うきは)、金子貴俊(あまぎ)、石垣佑磨(ながら)、オダギリジョー(最上美女丸)、岡本綾(やえ)、北村一輝(井上勘兵衛)、竹中直人(加藤清正)、原田芳雄(小幡月斎)

「スカイ・クロラ」のネタバレあらすじ結末

スカイ・クロラ The Sky Crawlersの紹介:2008年日本映画。原作は、森博嗣のベストセラー「スカイ・クロラ」他、全6冊のシリーズ。思春期の姿のまま、永遠に生きることを宿命づけられた子ども達「キルドレ」。他者に殺されることでのみ、死を得られる特別な体で、戦闘機のパイロットとして空へ。無情に繰り返される同じような毎日の中で、それでも懸命に生き、誰かを愛し、運命を変えようとする子ども達の姿を描く物語です。ヴェネチア国際映画祭でデジタル賞を受賞した、臨場感あふれる3DCG映像にも注目です。
監督:押井守 出演者:菊地凛子(草薙水素)、加瀬亮(函南優一)、谷原章介(土岐野尚史)、栗山千明(三ツ矢碧)、竹中直人(マスター)、ひし美ゆり子(ユリ)、榊原良子(笹倉永久)

「イノセンス」のネタバレあらすじ結末

イノセンスの紹介:2004年日本映画。劇場版「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」のラストで、草薙素子が失踪してから3年後の2032年。政府直属機関・公安9課で起こる新たな事件を描いた作品です。少女の姿に作られた愛玩用アンドロイドが突然暴走し、持ち主を惨殺する事件が相次ぎます。公安9課の刑事、バトーとトグサが捜査を開始。暴走事故の背後にある、巨大な組織犯罪の真相に迫っていきます。第25回日本SF大賞受賞。第57回カンヌ映画祭コンペティション部門で上映されました。
監督:押井守 声優:大塚明夫(バトー)、山寺宏一(トグサ)、田中敦子(草薙素子)、大木民夫(荒巻大輔)、仲野裕(イシカワ)、榊原良子(ハラウェイ)、竹中直人(キム)

「ヒルコ 妖怪ハンター」のネタバレあらすじ結末

ヒルコ 妖怪ハンターの紹介:1991年日本映画。考古学者・稗田礼二郎の元に、妻・あかねの兄、八部高史からとんでもないものが見つかったと書かれた手紙が届く。稗田は八部の息子・まさおと共に、八部が見つけた古墳の秘密を暴こうとするがヒルコに転化した月島が、二人に襲い掛かってくる。
監督:塚本晋也 出演者:沢田研二(稗田礼二郎)、工藤正貴(八部まさお)、上野めぐみ(月島令子)、竹中直人(八部高史)、室田日出男(用務員)ほか

「エイトレンジャー2」のネタバレあらすじ結末

エイトレンジャー2の紹介:2014年日本映画。エイトレンジャーとダーククルセイドとの闘いから5年が経った2040年、大鶴市長が進める「ゼロ・プロジェクト」によって犯罪発生率は0%という記録を達成し、エイトレンジャー達は街の救世主として祭り上げられ、裕福な生活をするようになっていました。しかしその中には渋沢(レッド)の姿はなく、犯罪発生率0%の陰で行方不明事件が多発していました。前作「エイトレンジャー」の続編でヒロインは前田敦子さんが担当しています。
監督:堤幸彦 出演:渋谷すばる(渋沢薫・レッド)、横山裕(横峯誠・ブラック)、村上信五(村岡雄貴・ナス)、丸山隆平(丸之内正悟・オレンジ)、安田章大(安原俊・ブルー)、錦戸亮(錦野徹朗(イエロー)、大倉忠義(大川良介・グリーン)、前田敦子(西郷純)、ベッキー(鬼頭桃子)、ほか

「グミ・チョコレート・パイン」のネタバレあらすじ結末

グミ・チョコレート・パインの紹介:2007年日本映画。大槻ケンヂの同名小説を盟友ケラリーノ・サンドロヴィッチが映画化した作品です。冴えない高校生がアンダーグラウンドなロックや憧れの同級生との出会いなどを経験していくストーリーです。
監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演者:石田卓也(大橋賢三)、黒川芽以(山口美甘子)、森岡龍(川本良也(カワボン))、金井勇太(小久保多久夫(タクオ))、大森南朋(現在の大橋賢三)ほか

「怪談新耳袋 劇場版」のネタバレあらすじ結末

怪談新耳袋 劇場版の紹介:2004年日本映画。恐怖の連鎖を描く複数の監督が手掛けたオムニバスホラー劇場。
出演者:竹中直人(上司)、林泰文(警備員スタッフ)、峰大輔(補助警備員)、坂井真紀(朋美)、坂上香織(朋美の同僚)、佐藤康恵(朋美の後輩)、高岡早紀(女)、大沢樹生(女の元恋人)、井上晴美(幼児の母)、北村一輝(幽霊の男)、内野謙太(高校生1)、上條誠(高校生2)、曽根英樹(やすひろ)、小野寺昭(やすひろの伯父)、鳥丸せつこ(ひさおの母)、堀北真希(由加里)

「ペコロスの母に会いに行く」のネタバレあらすじ結末

ペコロスの母に会いに行くの紹介:2013年日本映画。認知症の母と介護に奮闘する息子の日常を描いたコメディ&ヒューマン・ドラマ。母の症状は少しずつ悪化するが、家族は「ボケるとも悪か事ばかりじゃなかかもしれん」と前向きに認知症と向き合っていく。監督は「男はつらいよ フーテンの寅(1970年)」等で知られる森﨑東。岩松了とダブル主演を務めた赤木春恵が世界最高齢の映画初主演女優としてギネス世界記録に認定された。原作は岡野雄一の同名コミックエッセイ。
監督:森﨑東 出演者:岩松了(岡野ゆういち)、赤木春恵(岡野みつえ)、原田貴和子(若き日のみつえ)、加瀬亮(岡野さとる)、竹中直人(本田)ほか

1 2 3
TOP↑