竹野内豊映画一覧

竹野内豊が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」のネタバレあらすじ結末

ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~の紹介:2017年日本映画。「おくりびと」でアカデミー賞外国語映画賞に輝いた滝田洋二郎監督による感動作。作中に登場する豪華な料理の数々は、料理界の重鎮・服部幸慶氏が全面協力しています。1930年代の満州国で天皇の料理番によって生み出された幻のレシピの謎を、絶対味覚=麒麟の舌を持つ天才料理人が追います。
監督:滝田洋二郎 出演:二宮和也(佐々木充)、西島秀俊(山形直太朗)、綾野剛(柳沢健)、宮崎あおい(山形千鶴)、西畑大吾(鎌田正太郎)、竹野内豊(三宅太蔵)、ほか

「孤狼の血」のネタバレあらすじ結末

孤狼の血の紹介:2017年日本映画。孤狼の血の紹介:柚月裕子の同名小説を「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が映画化。昭和の広島を舞台に、ヤクザ撲滅に命を燃やすベテラン刑事、大上と新人の日岡の奮闘が描かれる。
監督:白石和彌 原作:柚月裕子 出演:役所広司(大上章吾)、松坂桃李(日岡秀一)、真木よう子(高木里佳子)、音尾琢真(吉田滋)、駿河太郎(上早稲二郎)、中村倫也(永川恭二)、阿部純子(岡田桃子)、滝藤賢一(嵯峨大輔)、伊吹吾郎(尾谷憲次)、MEGUMI(上早稲潤子)、中村獅童(高坂隆文)、竹野内豊(野崎康介)、ピエール瀧(瀧井銀次)、石橋蓮司(五十子正平)、江口洋介(一之瀬守孝)ほか

「彼女がその名を知らない鳥たち」のネタバレあらすじ結末

彼女がその名を知らない鳥たちの紹介:2017年日本映画。沼田まほかる原作の同名小説「彼女がその名を知らない鳥たち」を映画化した衝撃のミステリーサスペンス作品です。何の取り柄もない下品な男と同棲しながらも既婚者との不倫に走る女。失踪した元恋人を巡って女の衝撃の過去が明らかになります。第41回日本アカデミー賞で、主演の蒼井優は本作「彼女がその名を知らない鳥たち」で最優秀主演女優賞を受賞した。
監督:白石和彌 出演者:蒼井優(北原十和子)、阿部サダヲ(佐野陣治)、松坂桃李(水島真)、村川絵梨(國枝カヨ)、竹野内豊(黒崎俊一)ほか

「大木家のたのしい旅行」のネタバレあらすじ結末

大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇の紹介:2010年日本映画。新婚なのに、倦怠期の夫婦のような咲と信義、新居に越したと同時に消えた炊飯ジャーを追って、地獄の新婚旅行に出発します。一筋縄では行かない地獄の住人たちとの出会いに、咲と信義の関係性は徐々に変わっていきます。
監督:本田隆一 出演者:竹野内豊(大木信義)、水川あさみ(大木咲)、樹木希林(占い師の女)、片桐はいり(但馬)、荒川良々(いいじま)、橋本愛(ヨシコ)、でんでん(赤い人)、ほか

「人生の約束」のネタバレあらすじ結末

人生の約束の紹介:2015年日本映画。「池中玄太80キロ」などのテレビドラマを手掛けてきた石橋冠監督が初めて手掛けた劇場作品です。仕事一筋に生きてきた男が親友の死を機に、親友の故郷・富山の曳山祭の危機を救おうと立ち上がる中で、失ってきた大切なものを取り戻そうとする過程が描かれています。
監督:石橋冠 出演者:竹野内豊(中原祐馬)、江口洋介(渡辺哲也)、西田敏行(西村玄太郎)、松坂桃李(沢井卓也)、ビートたけし(岩瀬厚一郎)ほか

「at Home アットホーム」のネタバレあらすじ結末

at Home アットホームの紹介:2014年日本映画。平凡で幸せな家庭に見える5人家族の森山家は、実は血が繋がっておらず、父親は空き巣泥棒、母親は結婚詐欺師、長男はパスポートなどの偽造を行っていた。壮絶な人生の中で居場所を求めて出会った5人の絆を描いたヒューマン・ドラマ。
監督:蝶野博 出演者:竹野内豊(森山 和彦)、松雪泰子(森山 皐月)、坂口健太郎(森山 淳)、黒島結菜(森山 明日香)、池田優斗(森山 隆史)ほか

「シンゴジラ」のネタバレあらすじ結末

シンゴジラの紹介:2016年日本映画。シンゴジラは日本版ゴジラとしては12年ぶりの映画化作品で、ゴジラシリーズ第29作目。ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。
監督:庵野秀明(総監督) 樋口真嗣(監督・特技監督) 出演:矢口蘭堂(長谷川博己) 赤坂秀樹(竹野内豊) カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ) 大河内清次(大杉漣) 東竜太(柄本明) 志村祐介(高良健吾)ほか

「謝罪の王様」のネタバレあらすじ結末

謝罪の王様の紹介:2013年日本映画。宮藤官九郎脚本のコメディ映画です。「謝罪師」を生業とする主人公が様々な問題を解決していくストーリーです。幾つかの章に分かれて物語は進んでいきますが、いずれも何かしら関係する要素があり、一つ一つの伏線が回収されていくような展開になっています。
監督:水田伸生 出演: 阿部サダヲ(黒島譲)、井上真央(倉持典子)、竹野内豊(箕輪正臣)、岡田将生(沼田卓也)、尾野真千子(宇部美咲)、荒川良々(和田耕作)、濱田岳(ワクバル)、松本利夫(船木)、高橋克実(南部哲郎)、松雪泰子(壇乃はる香)、ほか

「さまよう刃」のネタバレあらすじ結末

さまよう刃の紹介:2009年日本映画。東野圭吾の小説を原作とする犯罪映画。最愛の娘を少年に殺された父親の復讐する姿を通して、法と正義のあり方を問う社会派作品。被害者遺族の心情がリアルに描かれており、少年法について深く考えさせられる作品となっています。
監督:益子昌一 出演者:寺尾聰(長峰)、竹野内豊(織部)、伊東四朗(真野)、岡田亮輔(菅野)ほか

「冷静と情熱のあいだ」のネタバレあらすじ結末

「冷静と情熱のあいだ」の紹介。2001年日本映画。この映画は原作を江國香織と辻仁成がそれぞれ女性からの視点・男性からの視点を小説にまとめられています。これを映画化したものです。阿形順正役を竹野内豊・あおい役をケリーチャンがダブル主演です。またサブ出演に当時役者としては無名のユースケサンタマリアと篠原涼子が起用されています。10年後の再会約束をした男女が、その後別れてしまい、別の生活や恋人を持つが、ずっと約束を大事に思い、10年後にイタリアで再会する恋愛物語。
監督: 中江 功  出演:竹野内豊(阿形順正)、ケリー・チャン(あおい)、ユースケサンタマリア(崇)、篠原涼子(芽実)、椎名桔平ほか。

TOP↑