田中偉登映画一覧

田中偉登が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「十二単衣を着た悪魔」のネタバレあらすじ結末

十二単衣を着た悪魔の紹介:2019年日本映画。内館牧子の長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」を実写映画化した作品で、本作が監督3作目となる女優・黒木瞳がメガホンを執り、ひょんなことから源氏物語の時代にタイムスリップしてしまったフリーターの青年が、光源氏の排除を狙う弘徽殿女御の元で陰陽師となっていく過程を描きます。
監督:黒木瞳 出演者:伊藤健太郎(伊藤雷/伊藤雷鳴)、三吉彩花(弘徽殿女御)、伊藤沙莉(倫子)、田中偉登(春宮)、沖門和玖(光源氏)、MIO(藤壺女御)、YAE(桐壺更衣)、手塚真生(六条御息所)、細田佳央太(伊藤水)、LiLiCo(山下元子)、村井良大(木村)、兼近大樹(責任者)、戸田菜穂(伊藤明子)、ラサール石井(右大臣)、伊勢谷友介(桐壺帝)、山村紅葉(梅命婦)、笹野高史(良喬)ほか

「銃」のネタバレあらすじ結末

銃の紹介:2018年日本映画。荒川の河川敷で男の死体を発見し、側に落ちていた拳銃を拾って持ち帰った大学生のトオル。この日以来、拳銃を持っていればこんなことが出来ると考え始めたトオルは…という内容の、拳銃を拾った事で少しずつく狂っていく青年の姿を描いた作品です。
監督:武正晴 出演者:村上虹郎(トオル)、広瀬アリス(ヨウコ)、日南響子(トースト女)、新垣里沙(隣の母親)、岡山天音(ケイスケ)、後藤淳平(警官)、中村有志(ヤマネ)、日向丈(トオルの実父)、片山萌美(トオルの実母)、リリー・フランキー(刑事)ほか

「朝が来る」のネタバレあらすじ結末

朝が来るの紹介:2020年日本映画。1997年、『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を受賞した河瀨直美監督の最新作。『家族』『故郷・奈良』にこだわり続ける河瀬が選んだ題材は、「特別養子縁組」を描いた直木賞作家・辻村深月の『朝が来る』。養子を受け入れる側の夫婦の状況と、実母の事情が前半と後半に分かれて描かれている。夫婦を演じるのは『八日目の蝉』の永作博美と『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』の井浦新。実母のひかりは是枝作品に多く出演している蒔田彩珠が繊細に演じている。
監督・脚本・撮影:河瀨直美 原作:辻村深月 キャスト:永作博美(栗原佐都子)、井浦新(栗原清和)、蒔田彩珠(片倉ひかり)、浅田美代子(浅見静恵)、佐藤令旺(栗原朝斗)、田中偉登(麻生巧)、中島ひろ子(片倉貴子)、平原テツ(片倉勝)、駒井蓮(片倉美咲)、利重剛(浜野剛)ほか

「のぼる小寺さん」のネタバレあらすじ結末

のぼる小寺さんの紹介:2020年日本映画。珈琲の同名漫画を『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の工藤遥の主演で実写映画化した青春映画です。ボルダリングに情熱を燃やす女子高生と、彼女のひたむきさに少しずつ心を揺り動かされていく周囲の人間模様を描きます。
監督:古厩智之 出演者:工藤遥(小寺)、伊藤健太郎(近藤)、鈴木仁(四条)、吉川愛(倉田梨乃)、小野花梨(田崎ありか)、両角周(益子)、田中偉登(津田)、中村里帆(烏丸梢)、小林且弥(国領)ほか

「ホットギミックガールミーツボーイ」のネタバレあらすじ結末

ホットギミック ガールミーツボーイの紹介:2019年日本映画。累計販売数450万部を超える相原実貴の少女漫画『ホットギミック』を『溺れるナイフ』の山戸結希監督が実写映画化した作品です。乃木坂46の堀未央奈が映画初主演を務め、3人の男の間で揺れ動く女子高生の恋の行方を描きます。
監督:山戸結希 出演者:堀未央奈(成田初)、清水尋也(橘亮輝)、板垣瑞生(小田切梓)、間宮祥太朗(成田凌)、桜田ひより(成田茜)、上村海成(八木すばる)、吉川愛(瑠璃)、志磨遼平(島崎)、黒沢あすか(成田志保子)、高橋和也(成田徹)、反町隆史(小田切実)、吉岡里帆(葛城リナ)ほか

「カツベン!」のネタバレあらすじ結末

カツベン!の紹介:2019年日本映画。5年ぶりとなる周防正行監督の待望の新作。まだ映画に音がなかった時代、映画に喋りを乗せて観客を沸かせた活動弁士にスポットをあて、本物の活動弁士を目指す青年の青春と恋模様、泥棒や警察をも巻き込む大騒動を描いた、コミカルで人情味あふれる極上エンターテインメント。オーディションで選ばれた成田凌と黒島結菜をはじめ、周防作品初参加の面々から常連メンバーまで、個性的なキャストが名を連ねる。
監督:周防正行 出演:成田凌(染谷俊太郎)、黒島結菜(栗原梅子)、永瀬正敏(山岡秋聲)、高良健吾(茂木貴之)、音尾琢真(安田虎夫)、山本耕史(牧野省三)、池松壮亮(二川文太郎)、竹中直人(青木富夫)、渡辺えり(青木豊子)、井上真央(橘琴江)、小日向文世(橘重蔵)、竹野内豊(木村忠義)、成河(浜本祐介)、徳井優(定夫)、田口浩正(金造)、正名僕蔵(耕吉)、森田甘路(内藤四郎)、酒井美紀(梅子の母)、ほか

「アストラル・アブノーマル鈴木さん」のネタバレあらすじ結末

アストラル・アブノーマル鈴木さんの紹介:2018年日本映画。群馬県の何もない田舎でユーチューバーをするララの破天荒な生き方を描いた作品です。2018年6月から9月にかけYoutubeに公開された『アストラル・アブノーマル鈴木さん』を劇場用に編集された話題作です。
監督:大野大輔 出演者:松本穂香(鈴木ララ/リリ)、西山繭子(久美子)、田中偉登(鈴木ルルオ/流留男)、広山詞葉(神野)、谷のばら(望月)ほか

「惡の華」のネタバレあらすじ結末

惡の華の紹介:2019年日本映画。押見修造の同名漫画を原作とし、過去にテレビアニメ化された作品を実写映画化した作品です。キャッチフレーズは「絶望の青春を突き進む、超<変態>狂騒劇の幕が上がる!」。一人の少年が出来心から取った行動を発端とする彼と彼を取り巻く女性たちとの関係を描いていきます。
監督:井口昇 出演者:伊藤健太郎(春日高男)、玉城ティナ(仲村佐和)、飯豊まりえ(常磐文)、秋田汐梨(佐伯奈々子)、坂井真紀、鶴見辰吾、高橋和也、ほか

「コーヒーが冷めないうちに」のネタバレあらすじ結末

コーヒーが冷めないうちにの紹介:2018年日本映画。舞台演出家・脚本化の川口俊和の舞台作品ならびに小説「コーヒーが冷めないうちに」と「この嘘がばれないうちに」を映画化したファンタジー作品です。都市伝説で過去に戻れる席があるという喫茶店、来店した人々は次々とその席で不思議な出来事を体験することになります…。
監督:塚原あゆ子 出演者:有村架純(時田数)、伊藤健太郎(新谷亮介)、波瑠(清川二美子)、林遣都(賀田多五郎)、深水元基(時田流)、松本若菜(平井久美)、薬師丸ひろ子(高竹佳代)、吉田羊(平井八絵子)、松重豊(房木康徳)、石田ゆり子(謎の女)ほか

「デメキン」のネタバレあらすじ結末

デメキンの紹介:2017年日本映画。お笑いコンビ『バッドボーイズ』の佐田正樹が自らの衝撃の半生を綴った自伝小説・コミックスを映画化したホンモノ青春グラフィティです。“デメキン”と呼ばれていじめられていた主人公が福岡で最大勢力を誇る暴走族の総長にまで上り詰めていく姿を描きます。
監督:山口義高 出演者:伊藤健太郎(佐田正樹)、山田裕貴(合屋厚成)、栁俊太郎(真木)、今田美桜(アキ)、髙橋里恩(マーカツ)、田中偉登(ヨージ)、福山翔大(鮫島)、三村和敬(将)、藤木修(大沼部清人)、岩永ジョーイ(ミツグ)、神永圭佑(三浦)、成田瑛基(庄野崎源太)、笠松将(蘭忠次)、黒石高大(大八誠)、坂田聡(店長)ほか

「仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!の紹介:2014年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第15作にして、“戦国武将”と“フルーツ”をモチーフに数多くのライダーたちがしのぎを削り合う“ライダー戦国時代”をテーマにした『仮面ライダー鎧武』。テレビシリーズの集大成となる今回はゲスト悪役に歌舞伎俳優の片岡愛之助を迎え、サッカーJリーグの全面協力のもと、テレビシリーズとは異なるパラレルワールドに迷い込んだ主人公・葛葉紘汰の闘いを描きます。
監督:金田治 出演者:佐野岳(葛葉紘汰/仮面ライダー鎧武(声)/闇の紘汰/仮面ライダー鎧武・闇(声) )、小林豊(駆紋戒斗/仮面ライダーバロン(声))、高杉真宙(呉島光実/仮面ライダー龍玄(声))、志田友美(高司舞)、久保田悠来(呉島貴虎/仮面ライダー斬月・真(声))、松田岳(ザック/仮面ライダーナックル(声))、百瀬朔(ペコ/仮面ライダー黒影・真(声))、白又敦(初瀬亮二/仮面ライダー黒影(声))、松田凌(城乃内秀保/仮面ライダーグリドン(声) )、青木玄徳(戦極凌馬/仮面ライダーデューク(声))、中山雅史(本人役)、山口智充(DJサガラ)、片岡愛之助(コウガネ/仮面ライダーマルス(声))ほか

「友罪」のネタバレあらすじ結末

友罪の紹介:2017年日本映画。小さな町工場に就職した元雑誌記者。そこで知り合った男は世間を震撼させた少年殺人者だった…。薬丸岳の同名小説を原作とする、それぞれの周囲の人間模様も含めて、贖罪とは何かを問いかける人間ドラマです。
監督:瀬々敬久 出演者:生田斗真(益田純一)、瑛太(鈴木秀人/青柳健太郎)、夏帆(藤沢美代子)、山本美月(杉本清美)、富田靖子(白石弥生)、奥野瑛太(清水)、飯田芳(内海)、忍成修吾(達也)、佐藤浩市(山内修司)、ほか

「孤狼の血」のネタバレあらすじ結末

孤狼の血の紹介:2017年日本映画。孤狼の血の紹介:柚月裕子の同名小説を「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督が映画化。昭和の広島を舞台に、ヤクザ撲滅に命を燃やすベテラン刑事、大上と新人の日岡の奮闘が描かれる。
監督:白石和彌 原作:柚月裕子 出演:役所広司(大上章吾)、松坂桃李(日岡秀一)、真木よう子(高木里佳子)、音尾琢真(吉田滋)、駿河太郎(上早稲二郎)、中村倫也(永川恭二)、阿部純子(岡田桃子)、滝藤賢一(嵯峨大輔)、伊吹吾郎(尾谷憲次)、MEGUMI(上早稲潤子)、中村獅童(高坂隆文)、竹野内豊(野崎康介)、ピエール瀧(瀧井銀次)、石橋蓮司(五十子正平)、江口洋介(一之瀬守孝)ほか

「宇宙兄弟」のネタバレあらすじ結末

宇宙兄弟の紹介:2012年日本映画。2012年に公開された実写映画作品。小山宙哉による同名の人気漫画を原作としており、宇宙が好きな2人の兄弟が大人になり、先に宇宙飛行士となった弟のあとを追うように兄が宇宙飛行士を目指して奮闘していく様子が描かれています。
監督:森義隆 出演:小栗旬(南波六太)、岡田将生(南波日々人)、麻生久美子(伊東せりか)、新井浩文(溝口大和)、井上芳雄(真壁ケンジ)、濱田岳(古谷やすし)、塩見三省(福田直人)、堤真一(星加正)、吹越満(鶴見徹太郎)、堀内敬子(権田原さくら)、ほか

「るろうに剣心」のネタバレあらすじ結末

るろうに剣心の紹介:2012年日本映画。週刊少年ジャンプに連載されていた漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」が原作の日本映画。シリーズ3部作で2012年に第一弾の本作「るろうに剣心」が公開された。幕末に「人斬り抜刀斎」と恐れられた若者・緋村剣心。流浪の身となった彼は、「不殺(ころさず)の誓い」を立て各地を巡る旅を続けていた。時は明治初頭。東京に流れ着いた剣心は、剣術道場を支える少女・神谷薫との出会いをきっかけに、都内で起きている辻斬りと阿片の密売を巡る騒動に巻き込まれていく。
監督:大友啓史 出演者:佐藤健(緋村剣心)、武井咲(神谷薫)、吉川晃司(鵜堂刃衛)、蒼井優(高荷恵)、青木崇高(相楽左之助)、須藤元気(戌亥番神)、田中偉登(明神弥彦)、江口洋介(斎藤一)、香川照之(武田観柳)ほか

キーワードから探す

TOP↑