寺島しのぶ映画一覧

寺島しのぶが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「R100」のネタバレあらすじ結末

R100の紹介:2013年日本映画。変態的なMの貴文が、SMクラブの『ボンデージ』に入会したのをきっかけに、Sの女王様が家族にまで危害を加えだしたため、『ボンデージ』と対決するという内容の、松本人志が監督したコメディファンタジー作品です。映画祭では最低の評価だったものの、興行収入はまずまずという珍作です。
監督:松本人志 出演者:大森南朋(片山貴文)、大地真央(声の女王様)、寺島しのぶ(女王様)、片桐はいり(丸呑みの女王様)、冨永愛(女王様)、佐藤江梨子(女王様)、渡辺直美(唾液の女王様)、前田吟(杉浦喜一郎)、YOU(片山節子)、西本晴紀(片山嵐)、松本人志(警察官)、松尾スズキ(支配人)、渡部篤郎(岸谷)、ほか

「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」のネタバレあらすじ結末

約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯の紹介:2012年日本映画。1961年に起きた名張毒ぶどう酒事件において死刑判決を受けた男、奥西勝。無実を訴え続けた奥西と彼を信じ冤罪を証明しようとする弁護団や支援者の半世紀に及ぶ闘いの記録を再現ドラマを交えながら描く社会派ドキュメンタリー。無実を訴え続けた死刑囚を演じた仲代達矢、息子の無実を信じ続けた母を演じた樹木希林の名演が光ります。
監督:齊藤潤一 出演者:仲代達矢(奥西勝)、樹木希林(奥西タツノ)、山本太郎(青年期の奥西勝)、天野鎮雄(川村富左吉)、寺島しのぶ(ナレーション)、ほか

「オー・ルーシー!」のネタバレあらすじ結末

オー・ルーシー!の紹介:2017年日本,アメリカ映画。43歳の独身節子が、ひょんなことをきっかけに英会話教室に通って、教師のジョンに恋をします。その恋をきっかけに単調な毎日を送っていた節子の行動や感情が一変し暴走します。カンヌ映画祭で短編映画として出品した作品を長編にリメイクした作品です。
監督:平柳敦子 出演:寺島しのぶ(節子/ルーシー)、南果歩(綾子)、忽那汐里(美花)、役所広司(小森/トム)、ジョシュ・ハートネット(ジョン)ほか

「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」のネタバレあらすじ結末

すーちゃん まいちゃん さわ子さんの紹介:2012年日本映画。田ミリの人気四コマ漫画「すーちゃん」シリーズ待望の映画化作品。すーちゃん、まいちゃん、さわ子さんの3人は十数年の付き合いになる女友達。3人ともそれぞれ、将来への不安や悩みを抱えながらも、日々の仕事や生活を送っている。柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶの3人が、何気ない日常を送る3人の女性を好演。
監督:御法川修 出演:柴咲コウ(すーちゃん・森本好子)、真木よう子(まいちゃん・岡村まい子)、寺島しのぶ(さわ子さん・林さわ子)、染谷将太(千葉恒輔)、井浦新(中田誠一郎)、木野花(カフェのオーナー)、ほか

「11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち」のネタバレあらすじ結末

11・25自決の日 三島由紀夫と若者たちの紹介:2011年日本映画。安保闘争や学生運動に揺れる1960年代の激動の日本において、祖国防衛のため楯の会を結成した作家三島由紀夫と若者達。彼らを駆り立てた思想とは何だったのか。社会に衝撃を与えた三島事件を題材にした、鬼才若松孝二監督によるセンセーショナルな社会派ドラマです。
監督:若松孝二 出演者:井浦新(三島由紀夫)、満島真之介(森田必勝)、寺島しのぶ(平岡瑤子)、岩間天嗣(古賀浩靖)、永岡佑(小賀正義)、渋川清彦(持丸博)ほか

「止められるか、俺たちを」のネタバレあらすじ結末

止められるか、俺たちをの紹介:2018年日本映画。2012年に他界した映画監督の若松孝二が遺した「若松プロダクション」の再始動第1弾として制作された伝記映画です。1960~70年代、新しいジャンルの映画作りに情熱を燃やした若松幸二と仲間たちの情熱の日々を、実在した女性助監督・吉積めぐみの視点から描きます。監督は若松プロ出身の白石和彌が、脚本は同じく若松プロ出身の井上淳一が手掛け、若松孝二役の井浦新を始め過去の若松作品に出演していた俳優陣が参加しています。
監督:白石和彌 出演者:門脇麦(吉積めぐみ)、井浦新(若松孝二)、山本浩司(足立正生)、岡部尚(沖島勲)、大西信満(大和屋竺)、タモト清嵐(秋山道男)、毎熊克哉(小水一男)、伊島空(高間賢治)、外山将平(福間健二)、藤原季節(荒井晴彦)、上川周作(斎藤博)、柴田鷹雄(磯貝一)、西本竜樹(伊東英男)、満島真之介(ミキサー助手福ちゃん)、渋川清彦(松田政男)、音尾琢真(赤塚不二夫)、高岡蒼佑(大島渚)、高良健吾(吉澤健)、奥田瑛二(葛井欣士郎)、寺島しのぶ(前田のママ)、吉澤健(カプリコンマスター)ほか

「シェル・コレクター」のネタバレあらすじ結末

シェル・コレクターの紹介:2016年日本,アメリカ映画。アメリカの作家アンソニー・ドーアの小説「シェル・コレクター/貝を集める人」を題材にした作品。沖縄の離島を舞台に奇病を治癒する貝を見つけ出した貝類学者が辿る奇妙な運命をファンタジーを交えて描いていきます。盲目の貝類学者という難しい役どころをリリーフランキーが熱演しています。
監督:坪田義史 出演者:リリー・フランキー(貝類学者)、池松壮亮(光)、普久原明(弓場宗治)、新垣正弘(清吉)、ジム・スターク(ジム)、瀬名波孝子(おばあ)、城間やよい(屋敷の女)、内田周作(眼科医)、橋本愛(弓場嶌子)、寺島しのぶ(山岡いづみ)、ほか

「やわらかい生活」のネタバレあらすじ結末

やわらかい生活の紹介:2005年日本映画。芥川賞作家絲山秋子の小説「イッツ・オンリー・トーク」を題材にした作品。蒲田へ引っ越してきた35歳無職の独身女性優子が様々な事情を抱える男達と出会い、奇妙な交流を重ねていく様が描かれた異色の恋愛映画です。
監督:廣木隆一 出演者:寺島しのぶ(橘優子)、豊川悦司(橘祥一)、松岡俊介(本間)、田口トモロヲ(Kさん)、妻夫木聡(安田昇)、大森南朋(バッハ)、柄本明(橘昭夫)ほか

「キャタピラー」のネタバレあらすじ結末

キャタピラーの紹介:2010年日本映画。戦争で四肢を失い帰還した夫とその妻の暮らしを通して、戦争の悲惨さを描き出した人間ドラマです。作品は海外でも高く評価され、2010年ベルリン国際映画祭において妻のシゲ子役を演じた寺島しのぶが最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞しました。
監督:若松孝二 出演者:寺島しのぶ(黒川シゲ子)、大西信満(黒川久蔵)、吉澤健(黒川健蔵)、河原さぶ(村長)、篠原勝之(クマ)、ほか

「のみとり侍」のネタバレあらすじ結末

のみとり侍(蚤とり侍)の紹介:2018年日本映画。徳川家治、老中田沼意次の時代に賄賂が横行し、お金になることは何でも許されていた。そんなある日、長岡藩のエリート侍小林は歌の会に出ていたのだが藩主牧野忠精の作品が盗作であると正直に言ってしまう。みんなのいる前で恥をかかされた忠精は逆ギレして「猫の蚤とりになって無様に暮らせ。」と左遷されてしまう。生真面目な小林は猫の蚤取りをするものと思って蚤取りの親分甚兵衛とその妻お鈴に会いに下町に行くと何か勘違いされて貧乏長屋を紹介されてそこで暮らすようになる。猫の蚤取りとは名ばかりで実際はセフレの仕事だった。
監督:鶴橋康夫 出演:阿部寛(小林寛之進)、寺島しのぶ(おみね/千鶴)、豊川悦司(清兵衛)、斎藤工(佐伯友之介)、風間杜夫(甚兵衛)、大竹しのぶ(お鈴)、前田敦子(おちえ)、松重豊(牧野備前守忠精)、桂文枝(田沼意次)、ほか

「幼な子われらに生まれ」のネタバレあらすじ結末

幼な子われらに生まれの紹介:2017年日本映画。重松清の同名小説「幼な子われらに生まれ」を、かねてから映画化の約束をしていた荒井晴彦の脚本により映画化したヒューマンドラマです。子連れ再婚したバツイチ同士の夫婦とその前の家族との心の葛藤を描きます。
監督:三島有紀子 出演者:浅野忠信(田中信)、田中麗奈(田中奈苗)、宮藤官九郎(沢田)、寺島しのぶ(友佳)、南沙良(薫)、鎌田らい樹、新井美羽、水澤紳吾、池田成志、ほか

「愛の流刑地」のネタバレあらすじ結末

愛の流刑地の紹介:2006年日本映画。気の乗らない大学講師などをしている村尾菊治は処女作の恋愛小説のヒットで有名になったが、今は作品に恵まれず、以前のようなヒット作を出そうと、日々悶々としていた。そんな時に、友人から紹介された、人妻の入江冬香の清楚で慎ましやかでありながら、凛とした性格に、心を奪われてしまい、逢瀬を重ねる。菊治は彼女から新しい小説の意欲の高ぶりを感じ、冬香は彼から女としてのエクスタシーを目覚めさせられる。しかし、その情熱は究極の結末へと進む…。渡辺純一の恋愛小説。
監督:鶴橋康夫 出演:豊川悦司(村尾菊治)、寺島しのぶ(入江冬香)、長谷川京子(織部美雪)、仲村トオル(入江徹)、佐藤浩市(脇田俊正)、陣内孝則(北岡文弥)、ほか

「蜩ノ記(ひぐらしのき)」のネタバレあらすじ結末

蜩ノ記(ひぐらしのき)の紹介:2013年日本映画。葉室麟の同名小説の映画化作品です。江戸時代、ある事件で10年後の切腹と家譜の編纂を命じられた男が、若い侍との出会いを機に事件の真相に迫る時代劇です。
監督:小泉堯史 出演者:役所広司(戸田秋谷)、岡田准一(壇野庄三郎)、堀北真希(戸田薫)、原田美枝子(戸田織江)、寺島しのぶ(松吟院)ほか

「日本の悲劇」のネタバレあらすじ結末

日本の悲劇の紹介:2012年日本映画。2010年に東京で起こった年金不正受給事件をモチーフに、社会から見捨てられ追い詰められた父と子の葛藤を描いた社会派ドラマです。
監督:小林政広 出演者:仲代達矢(村井不二男)、北村一輝(村井義男)、寺島しのぶ(村井とも子)、大森暁美(村井良子)ほか

「ぼくのおじさん」のネタバレあらすじ結末

ぼくのおじさんの紹介:2016年日本映画。北杜夫の同名小説を映画化したもので、兄夫婦の家に居候している変わり者の「おじさん」と甥っ子のハートフルコメディです。お見合いで知り合った女性に一目惚れしたおじさんは、甥とともに彼女のいるハワイに向かうのですが…。
監督:山下敦弘 出演者:松田龍平(おじさん)、大西利空(春山雪男)、真木よう子(稲葉エリー)、戸次重幸(青木伸介)、寺島しのぶ(春山節子)、宮藤官九郎(春山定男)ほか

1 2
TOP↑