Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トビー・マグワイア映画一覧

トビー・マグワイアが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「地球は女で回ってる」のネタバレあらすじ結末

地球は女で回ってるの紹介:1997年アメリカ映画。作家のハリーは表彰される予定の大学に向かうが、私生活を晒した半自伝的小説のせいで彼を取り巻く女性たちは怒り爆発。ハリーが作った小説のストーリー(フィクション)とハリーの実生活(現実)がごちゃ混ぜに描かれている。またこの作品自体も半自伝的な作品でもある。豪華な出演陣にも注目。
監督:ウディ・アレン 出演者:ウディ・アレン、ビリー・クリスタル、デミ・ムーア、ロビン・ウィリアムズ、トビー・マグワイア、スタンリー・トゥッチ、ほか

「さらば、ベルリン」のネタバレあらすじ結末

さらば、ベルリンの紹介:2006年アメリカ映画。『オーシャンズ』シリーズでタッグを組んできたジョージ・クルーニーとスティーブン・ソダーバーグ監督が贈る歴史ミステリーです。第二次世界大戦終戦後のドイツ・ベルリンを舞台に、ポツダム会談の裏で動く国家間の陰謀に遭遇するアメリカ人記者の姿を、全編モノクロという往年のノワール映画風に描いています。
監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演者:ジョージ・クルーニー(ヤコブ・“ジェイク”・ゲイスメール)、ケイト・ブランシェット(レーナ・ブラント)、トビー・マグワイア(パトリック・タリー)、ボー・ブリッジス(ミュラー大佐)、トニー・カラン(ダニー)、クリスチャン・オリヴァー(エミール・ブラント)ほか

「ボス・ベイビー」のネタバレあらすじ結末

ボス・ベイビーの紹介:2017年アメリカ映画。アメリカは愛犬社会で、犬は赤ちゃんのように愛されています。ティムは7歳の少年、パパとママと幸せに暮らし、いろいろなキャラクターに変身できます。ある日、弟として生まれた見かけは赤ちゃんでも年上のボスのように振る舞うボス・ベイビーが誕生、そこにはペット会社とベイビー会社の熾烈なライバル戦争がありました。激しい企業競争のためティムのパパとママは危険にさらされます。二人を救おうとするティムはどうなるのでしょうか?『ボス・ベイビー』は赤ちゃんと少年を主人公にしたかなり笑える映画です。
監督:トム・マクグラス 声優:ボス・ベイビー(ムロツヨシ)、ティム(芳根京子)、パパ(石田明)、ママ(乙葉)、フランシス(山寺宏一)、他

「ラスベガスをやっつけろ」のネタバレあらすじ結末

ラスベガスをやっつけろの紹介:1998年アメリカ映画。ハンター・S・トンプソンの小説「Fear and Loathing in Las Vegas」を映画化した作品で、1970年代初頭のアメリカ・ラスベガスを舞台に、酒とドラッグに溺れるジャーナリストとその弁護士が巻き起こす破天荒な騒動を描きます。
監督:テリー・ギリアム 出演者:ジョニー・デップ(ラウル・デューク)、ベニチオ・デル・トロ(ドクター・ゴンゾー)、トビー・マグワイア(ヒッチハッカー)、エレン・バーキン(ウェイトレス)、キャメロン・ディアス(テレビリポーター)ほか

「エンパイアレコード」のネタバレあらすじ結末

エンパイア レコードの紹介:1995年アメリカ映画。老舗レコード店“エンパイアレコード”の買収騒ぎをめぐって、雇われ店長と超個性的な店員たちが巻き起こす大騒動を描いた青春コメディ。
監督:アラン・モイル 出演:リヴ・タイラー(コリー)、アンソニー・ラパリア(ジョー)、マックスウェル・コールフィールド、デビ・メイザー、ジョニー・ホイットワース、トビー・マグワイア、ほか

「ボーイズ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

ボーイズ・ライフの紹介:1993年アメリカ映画。原作者、トビアス・ウルフの自伝小説を映画化。1950年代のアメリカを舞台に暴力的な継父のもとで苦しみ耐えながらも成長していく少年の姿を描く。出演者はトバイアス・ウルフの幼少期をデビューしたてのレオナルド・ディカプリオが演じ、義理の父親役に名優、ロバート・デ・ニーロが努めています。
監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ 出演:レオナルド・ディカプリオ(トバイアス・“トビー”・ウルフ)、ロバート・デ・ニーロ(ドワイト)、エレン・バーキン(キャロライン)、トビー・マグワイア(チャック)ほか

「完全なるチェックメイト」のネタバレあらすじ結末

完全なるチェックメイトの紹介:2015年アメリカ映画。世界が東西に分断された冷戦時代。1972年、ソ連が誇るチェスの世界チャンピオン、ボリス・スパスキーの前に、幼い時からチェスの天才と呼ばれてきた若きプレイヤー、ボビー・フィッシャーが現れた。全世界が注目する対局を前にして、想像を絶するプレッシャーが彼の精神状態を破壊していく。チェスの名を借りた、アメリカのプロパガンダに利用される青年の悲劇と狂気を描く。「ラスト・サムライ」「ジャック・リ―チャ―」のエドワード・ズウィック監督作品。
監督:エドワード・ズウィック 出演:トビー・マグワイア(ボビー・フィッシャー)、リーヴ・シュレイバー(ボリス・スパスキー)、マイケル・スタールバーグ(ポール・マーシャル)、ピーター・サースガード(ビル・ロンバーディ)ほか

「マイ・ブラザー」のネタバレあらすじ結末

マイ・ブラザーの紹介:2009年アメリカ映画。アメリカ軍、大尉の家族おもいなサムは、あるひアフガニスタンへの派遣を命じられます。そんな正義感の強いサムと正反対の弟のトミーは刑務所から出世しますが、サムの戦死が家族に伝えられます。トミーになにかと世話を焼いていたサムの家族のために、トミーは心機一転手助けをしはじめますが、ある日戦死とされたサムが、まったくの別人のようになって帰還します。
監督:ジム・シェリダン 出演者:トビー・マグワイア(サム・ケイヒル)、ジェイク・ギレンホール(トミー・ケイヒル)、ナタリー・ポートマン(グレース・ケイヒル)ほか

「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」のネタバレあらすじ結末

トロピック・サンダー/史上最低の作戦の紹介:2008年アメリカ映画。ある映画の撮影のためわがまま放題な豪華俳優陣を無理やりジャングルの奥地へと連れてきた監督。半ば強引にいざ撮影を開始したところで監督が地雷を踏み吹っ飛んでしまう。それも演出だと考える主演俳優であるタグはそのまま撮影を続行。しかしそこは謎のアジア人の集団がいる麻薬の密造所だった。コメディー俳優ベン・スティラーが主演と監督を務めるアクション・コメディ。
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー(タグ・スピードマン)、ジャック・ブラック(ジェフ・ポートノイ)、ロバート・ダウニー・Jr(カーク・ラザラス)、ブランドン・T・ジャクソン(アルパ・チーノ)、ジェイ・バルシェル(ケヴィン・サンダスキー)、ダニー・マクブライド(コディ)、ほか

「あのころ僕らは」のネタバレあらすじ結末

あのころ僕らはの紹介:2000年アメリカ映画。作品自体は1995年に作成されたものが、2000年になってようやく日の目を見たという作品で、スターとなる前のレオナルドディカプリオなどが出演しています。
監督:R・D・ロブ 出演:レオナルド・ディカプリオ(デレク)、トビー・マグワイア(イアン)、アンバー・ベンソン(エイミー)、スコット・ブルーム(ブラッド)ほか

「ワンダー・ボーイズ」のネタバレあらすじ結末

ワンダー・ボーイズの紹介:2000年アメリカ映画。大学教授でもあり、さらに作家として成功した男がどのようにスランプを乗り越えていくかを描いたストーリーで、ユーモラスな表現がされています。
監督:カーティス・ハンソン 出演:マイケル・ダグラス、トビー・マグワイア、ロバート・ダウニー・Jr、フランシス・マクドーマンド、ケイティ・ホームズほか

「華麗なるギャツビー」のネタバレあらすじ結末

華麗なるギャツビーの紹介:2012年アメリカ映画。第66回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映された。誰もが偉大と言い、みんなの憧れだったギャツビーが本当に欲しかったのは他でもないただ彼女の愛だけだった。
監督:バズ・ラーマン 出演者:レオナルド・ディカプリオ(ジェイ・ギャツビー)、トビー・マグワイア(ニック・キャラウェイ)、キャリー・マリガン(デイジー・ブキャナン)、ジョエル・エドガートン(トム・ブキャナン )、 アイラ・フィッシャー(マートル・ウィルソン)ほか

「サイダーハウス・ルール」のネタバレあらすじ結末

サイダーハウス・ルールの紹介:1999年アメリカ映画。助演のマイケルケイン、そして脚本がアカデミー賞を受賞した感動的な物語で、ある孤児院の院長と孤児院を出たいと願うある青年の交流を描きます。
監督:ラッセ・ハルストレム 出演:トビー・マグワイア(ホーマー・ウェルズ)、シャーリーズ・セロン(キャンディ・ケンドール)、マイケル・ケイン(ウィルバー・ラーチ医師)、デルロイ・リンドー(ミスター・ローズ)、ポール・ラッド(ウォリー・ワージントン)ほか

「スパイダーマン3」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン3の紹介:2007年アメリカ映画。月日が経ちスパイダーマンは市民にとって、無くてならない存在へそして人気者へと変わっていた。大学にもちゃんと行き成績はいつもトップ、MJとの交際も上手く行き全てが順風満帆であった。しかしある出来事が切っ掛けで全ての歯車が狂い始める。
監督:サム・ライミ 出演者:トビー・マグワイア(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、キルステン・ダンスト(メリー・ジェーン・ワトソン(MJ))、ジェームズ・フランコ(ハリー・オズボーン)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(フリント・マルコ/サンドマン)、トファー・グレイス(エディ・ブロック/ヴェノム)、ブライス・ダラス・ハワード(グウェン・ステイシー)、ジェームズ・クロムウェル(ジョージ・ステイシー)、ローズマリー・ハリス(メイ・パーカー)、ほか

「スパイダーマン2」のネタバレあらすじ結末

映画スパイダーマン2の紹介:2004年アメリカ映画。ピーターはメリージェーンを今でも密かに思いながら、スパイダーマンの使命を全うしていた。そんなある日、スパイダーマンに異変が起き継続不可能な状態に陥る。しかし新たな敵が現れ再び、スパイダーマンのコスチュームを着る事となる。
監督:サム・ライミ 出演者:トビー・マグワイア、キルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコ、アルフレッド・モリーナ、ローズマリー・ハリスほか

1 2
TOP↑