Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トム・ヒドルストン映画一覧

トム・ヒドルストンが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エンドゲームの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気スーパーヒーローたちが一堂に集結した一大英雄巨編『アベンジャーズ』シリーズ第4作にして完結編であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ第22作目であるSFアクション超大作です。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、サノスによって人類の半分の命が失われた世界のその後を描いており、生き残ったヒーローたちが力を合わせ、仲間や愛する人達を救うため、最後の決戦に挑む。本作品は2019年公開の全ての映画作品の中でも最重要作品であり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUシリーズの集大成にしてグランドフィナーレを飾るに相応しい作品に仕上がっています。なお、本作は『アイアンマン』シリーズおよび初代『キャプテン・アメリカ』シリーズの完結編ともなっています。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー」のネタバレあらすじ結末

ザ・マペッツ2/ワールド・ツアーの紹介:2014年アメリカ映画。人間と操り人形“マペット”が共存する世界を描いた、ディズニーのミュージカルコメディ映画『マペット』シリーズの通算8作目、リブート版の第2弾です。凶悪なマペットが刑務所を脱獄、ワールドツアーに出ていた“ザ・マペッツ”の面々はとんでもない陰謀に巻き込まれていきます。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターがこぞってカメオ出演しています。
監督:ジェームズ・ボビン 出演者:リッキー・ジャーヴェイス(ドミニク・バジー)、タイ・バーレル(ジャン・ピエール・ナポレオン)、ティナ・フェイ(ナディア)、トム・ヒドルストン(囚人)、クロエ・グレース・モレッツ(新聞紙配りの少女)、セリーヌ・ディオン(ミス・ピギーのフェアリーゴッドマザー)、レディー・ガガ(本人役)ほか

「アベンジャーズ3/インフィニティ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの紹介:2018年アメリカ映画。人類を守るために、最強ヒーローたちが集結した究極のチーム、アベンジャーズ。今回の敵は絶大なるパワーで銀河に破滅と恐怖をもたらそうとするサノス。宇宙に散らばる究極の力を持つ石、インフィニティ・ストーンを集め宇宙を支配しようとする。6つのストーン全てを手にした者は無限大の力が与えられることとなる。サノスを倒すために、アベンジャーズに加え、銀河一の落ちこぼれチーム”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”、魔術を操るドクター・ストレンジ、そしてワカンダの王ブラックパンサーが集結。アベンジャーズの究極の戦いが始まる。2008年の『アイアンマン』公開以来、18本のヒーロー映画を展開してきたマーベルの記念すべき10周年目の作品。
監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 出演:ロバート・ダウニーJr.(アイアンマン/トニー・スターク )、クリス・ヘムズワース(ソー)、 マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ/スティーヴン・ストレンジ)、ドン・チードル(ウォーマシン/ジェームズ・ローズ)、トム・ホランド(アイアン・スパイダー/ピーター・パーカー)、チャドウィック・ボーズマン(ブラック・パンサー/ティ・チャラ)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ)、アンソニー・マッキー(ファルコン/サム・ウィルソン)、クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)ほか

「アイ・ソー・ザ・ライト」のネタバレあらすじ結末

アイ・ソー・ザ・ライトの紹介:2015年アメリカ映画。1940年代~1950年代にかけて活躍した伝説のカントリーシンガー、ハンク・ウィリアムズのわずか29年の生涯を、彼の愛と苦悩、光と影を交えて描いた伝記ドラマです。主演のトム・ヒドルストン自らハンク・ウィリアムズの遺した楽曲たちを歌い上げています。
監督:マーク・エイブラハム 出演者:トム・ヒドルストン(ハンク・ウィリアムズ)、エリザベス・オルセン(オードリー・ウィリアムズ/オードリー・マエ・シェパード)、チェリー・ジョーンズ(ジェシー・リリーベル・”リリー”・スキッパー・ウィリアムズ)、ブラッドリー・ウィットフォード(フレッド・ローズ)、マディー・ハッソン(ビリー・ジーン・ジョーンズ)、レン・シュミット(ボビー・ジェット)ほか

「マイティ・ソー バトルロイヤル」のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソー バトルロイヤルの紹介:2017年アメリカ映画。オーディンの死と共にソーの前に現れたのは死の女神ヘラ。彼女はソーを辺境の地へと追いやり同時にアスガルドを支配するため侵略を開始する。アスガルド支配は始まりに過ぎない、彼女の目的は全宇宙の支配である。マーベルシネマティックユニバースから人気シリーズ「マイティ・ソー」の第3弾。本作に登場する最強の敵ヘラ役にはケイト・ブランシェットが起用されている。
監督:タイカ・ワイティティ 出演:クリス・ヘムズワース(ソー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)、イドリス・エルバ(ヘイムダル)、ジェフ・ゴールドブラム(グランドマスター)、テッサ・トンプソン(ヴァルキリー)、カール・アーバン(スカージ)、浅野忠信(ホーガン)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、ほか

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」のネタバレあらすじ結末

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴの紹介:2013年アメリカ,イギリス,ドイツ映画。何世紀もの時を経て現代に生き、人を襲わずスタイリッシュに暮らしていたヴァンパイアのカップルがたどる愛と葛藤の異色ラブストーリー。
監督:ジム・ジャームッシュ 出演:ティルダ・スウィントン(イヴ)、トム・ヒドルストン(アダム)、ミア・ワシコウスカ(エヴァ)、アントン・イェルチン(イアン)、ジョン・ハート(マーロウ)、ほか

「ハイ・ライズ」のネタバレあらすじ結末

ハイ・ライズの紹介:2016年イギリス映画。トム・ヒドルストン(「アベンジャーズ」)ほか、英国が誇る豪華俳優陣が大集結! 巨匠J・G・バラードの名作SF小説を完全映画化。真新しいタワーマンションへ入居した、医師のロバート。しかし整然と管理されているように見えたタワーの均衡は崩れ、次第に狂っていく。
監督:ベン・ウィートリー 出演者:トム・ヒドルストン(ロバート・ラング)、ジェレミー・アイアンズ(アンソニー・ロイヤル)、シエナ・ミラー(シャーロット・メルヴィル)、ルーク・エヴァンス(リチャード・ワイルダー)ほか

「キングコング 髑髏島の巨神」のネタバレあらすじ結末

キングコング:髑髏島の巨神(どくろとうのきょじん)の紹介:2017年アメリカ映画。優秀なイギリス兵だったジェームズ・コンラッドは、大金をオファーされて米軍と共に未知の島へと行くことになる。彼がその島で見たものは巨大な猿、キングコングであった。キングコングの襲撃を受けた一行だったが、その島にいるモンスターはキングコングだけではなかった。日本好きなジョーダン・ボート=ロバーツ監督は、この映画の中で日本のキャラクターをオマージュしたものを数々登場させています。例えば、千と千尋の神隠しに登場する「カオナシ」に似たモンスターが出てきたり、キングコングのサイズ感は日本のゲーム「ワンダと巨像」に登場する巨人のサイズ感だと同じだと言われています。
監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ 出演:トム・ヒドルストン(ジェームズ・コンラッド)、サミュエル・L・ジャクソン(プレストン・パッカード)、ジョン・グッドマン(ビル・ランダ)、ブリー・ラーソン(メイソン・ウィーバー)、トビー・ケベル(ジャック・チャップマン)、コーリー・ホーキンズ(ヒューストン・ブルックス)、ジョン・C・ライリー(ハンク・マーロウ)、MIYAVI(グンペイ・イカリ)、ほか

「クリムゾン・ピーク」のネタバレあらすじ結末

クリムゾン・ピークの紹介:2015年アメリカ映画。ゴシックホラー映画を得意とする監督、ギレルモデルトロ監督が制作したミステリー調のゴシックホラー映画で、屋敷に住む住人の謎が描かれます。
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:ミア・ワシコウスカ(イーディス・カッシング)、ジェシカ・チャステイン(ルシール・シャープ)、トム・ヒドルストン(トーマス・シャープ)、チャーリー・ハナム(アラン・マクマイケル)、ほか

「ミッドナイト・イン・パリ」のネタバレあらすじ結末

ミッドナイト・イン・パリの紹介:2011年スペイン,アメリカ映画。ハリウッドで脚本家をしているギルは婚約者イネズとその両親とパリへ旅行に来ました。憧れの地に来たギルはパリの魅力に惹きつけられ夜に散歩に出かけると、1920年代のパリへタイムスリップしてしまいました。現代の世界的に有名な偉人たちとお酒を共にし、ダンスを踊ったり素敵な女性に出会ったり。不思議な出会いを繰り返していくギルが行き着くところとは…。
監督:ウディ・アレン 出演者:キャシー・ベイツ(ガートルード・スタイン)、エイドリアン・ブロディ(サルバドール・ダリ)、マリオン・コティヤール(アドリアナ)、レイチェル・マクアダムス(イネズ)、マイケル・シーン(ポール)、オーウェン・ウィルソン(ギル)、ほか

「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソー/ダーク・ワールドの紹介:2013年アメリカ作品。マーベル・コミックのキャラクターであり後に“アベンジャーズ”の一員でもある“ソー”の戦いを描いたシリーズ第2弾にして「マーベル・シネマティック・ユニバース」第8弾です。「アベンジャーズ」(2012年公開)の戦いから1年後を舞台に、ソーは銀河の支配を目論むダークエルフとの死闘に挑みます。
監督:アラン・テイラー 出演者:クリス・ヘムズワース(ソー)、ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター)、トム・ヒドルストン(ロキ)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、クリストファー・エクルストン(マレキス)ほか

「マイティ・ソー」のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソーの紹介:2011年アメリカ映画。マーベル・コミックのキャラクターであり後に“アベンジャーズ”の一員となる“ソー”の戦いを描いたシリーズ第1弾にして「マーベル・シネマティック・ユニバース」第4弾です。神失格の烙印を押されて地球に追われた神の子ソーが強大な力を宿したハンマー“ムジョルニア”を手に闘いを繰り広げます。
監督:ケネス・ブラナー 出演者:クリス・ヘムズワース(ソー)、ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター)、トム・ヒドルストン(ロキ)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、浅野忠信(ホーガン)ほか

「アベンジャーズ」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズの紹介:2012年アメリカ映画。人知を超えたエネルギーを持つコズミック・キューブを研究する国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.だが、それを狙う者達と手を組んだロキに奪取されてしまう。長官ヒューリーは、それを奪還する為に世界中に特殊能力を持った者、ヒーロー達を招集し、ロキとその背後にいる侵略者に挑む。アベンジャーズ1作目。マーベル・シネマティック・ユニバースとしては6作目になり、前作までのヒーロー達が一同に会する豪華アクション映画。
監督:ジョス・ウェドン 出演者:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク(アイアンマン))、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャーズ(キャプテン・アメリカ))、マーク・ラファロ(ブルース・バナー(ハルク))、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ))、ジェレミー・レナー(クリント・バートン(ホークアイ))、ほか

TOP↑