Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

豊川悦司映画一覧

豊川悦司が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「散り椿」のネタバレあらすじ結末

散り椿の紹介:2018年日本映画。葉室麟の同名時代小説を、日本を代表するキャメラマン・木村大作が自身3作目となるメガホンを執り、『雨あがる』『蜩ノ記』を監督した小泉堯史が脚本を手掛けて映画化した時代劇です。架空の藩・扇野藩を追われた剣の達人が妻の死を機に故郷に舞い戻り、自分が追われるきっかけとなった藩の不正の真実に迫っていきます。モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリを受賞しています。
監督:木村大作 出演者:岡田准一(瓜生新兵衛)、西島秀俊(榊原采女)、黒木華(坂下里美)、池松壮亮(坂下藤吾)、麻生久美子(瓜生篠)、緒形直人(篠原三右衛門)、新井浩文(宇野十蔵)、柳楽優弥(平山十五郎)、芳根京子(篠原美鈴)、駿河太郎(坂下源之進)、渡辺大(千賀谷政家)、石橋蓮司(田中屋惣兵衛)、富司純子(榊原滋野)、奥田瑛二(石田玄蕃)、豊川悦司(ナレーション)ほか

「undo アンドゥー」のネタバレあらすじ結末

undo “アンドゥー”の紹介:1994年日本映画。ひたすら何かを縛り続ける強迫性緊縛症候群にかかった妻と彼女を助けようとする夫の物語。しかし狂い続ける妻に最後に夫ができたことは縛るということだけでした。1995年のベルリン国際映画祭でフォーラム部門NETPACを受賞しました。
監督:岩井俊二 出演:山口智子(妻 萌実)、豊川悦司(夫 由起夫)、田口トモロヲ(精神科医)、ほか

「やわらかい生活」のネタバレあらすじ結末

やわらかい生活の紹介:2005年日本映画。芥川賞作家絲山秋子の小説「イッツ・オンリー・トーク」を題材にした作品。蒲田へ引っ越してきた35歳無職の独身女性優子が様々な事情を抱える男達と出会い、奇妙な交流を重ねていく様が描かれた異色の恋愛映画です。
監督:廣木隆一 出演者:寺島しのぶ(橘優子)、豊川悦司(橘祥一)、松岡俊介(本間)、田口トモロヲ(Kさん)、妻夫木聡(安田昇)、大森南朋(バッハ)、柄本明(橘昭夫)ほか

「パンク侍、斬られて候」のネタバレあらすじ結末

パンク侍、斬られて候の紹介:2018年日本映画。「狂い咲きサンダーロード」等で知られる鬼才、石井岳流(当時は石井聰亙)監督。原作は数々の受賞歴がある小説家であり音楽活動や役者もこなす才人、町田康。脚本は言わずと知れた宮藤官九郎。このメンツだけでも凄いのに、主役級の俳優を惜しげもなく使い、しかも全員が振り切った演技でぶつかり合う、強烈にブッ飛んだ映画が出来てしまいました。主演は、作品ごとに全く違った顔をみせる綾野剛。長い刀を振り回す殺陣シーンは綾野剛史上最高にかっこいいです!
監督:石井岳龍 脚本:宮藤官九郎 キャスト: 綾野剛(掛十之進)、北川景子(ろん)、東出昌大(黒和直仁)、染谷将太(幕暮孫兵衛)、浅野忠信(茶山半郎)、永瀬正敏(大臼延珍)、國村隼(大浦主膳)、豊川悦司(内藤帯刀)ほか

「石内尋常高等小学校 花は散れども」のネタバレあらすじ結末

石内尋常高等小学校 花は散れどもの紹介:2008年日本映画。東京で脚本家をしている男が30年ぶりに恩師や同級生と再会し、交流を深めていく中で生き方を模索していく人間ドラマ。新藤兼人監督が95歳という高齢でメガホンを取ったことで話題になりました。
監督:新藤兼人 出演者:柄本明(市川 義夫)、豊川悦司(山崎 良人)、六平直政(森山 三吉)、川上麻衣子(市川 道子)、大竹しのぶ(藤川 みどり)、大杉漣、原田大二郎、吉村実子、ほか

「春を背負って」のネタバレあらすじ結末

春を背負っての紹介:2014年日本映画。笹本稜平の同名小説を、日本を代表するカメラマン・木村大作が自身2作目の監督作品として映画化した山岳ドラマです。立山連峰を舞台に、東京でトレーダーをしていた主人公が、山小屋を経営していた父の死をきっかけに故郷に戻り、父の後を継ごうとするのですが…。撮影は一切CGに頼らず、丸1年かけて実際に立山連峰の四季折々を撮影しています。
監督:木村大作 出演者:松山ケンイチ(長嶺亨)、小林薫(長嶺勇夫)、檀ふみ(長嶺菫)、蒼井優(高澤愛)、豊川悦司(多田悟郎)、新井浩文(中川聡史)、池松壮亮(須永幸一)、仲村トオル(朝倉隆史)ほか

「のみとり侍」のネタバレあらすじ結末

のみとり侍(蚤とり侍)の紹介:2018年日本映画。徳川家治、老中田沼意次の時代に賄賂が横行し、お金になることは何でも許されていた。そんなある日、長岡藩のエリート侍小林は歌の会に出ていたのだが藩主牧野忠精の作品が盗作であると正直に言ってしまう。みんなのいる前で恥をかかされた忠精は逆ギレして「猫の蚤とりになって無様に暮らせ。」と左遷されてしまう。生真面目な小林は猫の蚤取りをするものと思って蚤取りの親分甚兵衛とその妻お鈴に会いに下町に行くと何か勘違いされて貧乏長屋を紹介されてそこで暮らすようになる。猫の蚤取りとは名ばかりで実際はセフレの仕事だった。
監督:鶴橋康夫 出演:阿部寛(小林寛之進)、寺島しのぶ(おみね/千鶴)、豊川悦司(清兵衛)、斎藤工(佐伯友之介)、風間杜夫(甚兵衛)、大竹しのぶ(お鈴)、前田敦子(おちえ)、松重豊(牧野備前守忠精)、桂文枝(田沼意次)、ほか

「ラプラスの魔女」のネタバレあらすじ結末

ラプラスの魔女の紹介:2018年日本映画。奇妙な連続死亡事件をきっかけに、大学教授たちがその事件の調査を進め、真相をあぶり出していく。原作は東野圭吾。ラプラスの魔女で累計部数が28万部を超えた大人気作品で、これを実写映画化したものです。嵐の櫻井翔が4年ぶりに主演を務めるサイエンス殺人ミステリー。
監督:三池崇史 出演:櫻井翔(青江修介)、広瀬すず(羽原円華)、福士蒼汰(甘粕謙人)、志田未来(奥西哲子)、佐藤江梨子(水城千佐都)、玉木宏(中岡祐二)、高嶋政伸(武尾徹)、檀れい(羽原美奈)、リリー・フランキー(羽原全太朗)、豊川悦司(甘粕才生)、ほか

「必死剣 鳥刺し」のネタバレあらすじ結末

必死剣 鳥刺しの紹介:2010年日本映画。壮絶で悲哀と怨念に満ちた殺陣シーンを見逃すな!「たそがれ清兵衛」で知られる藤沢周平の秀作。
監督:平山秀幸 出演:豊川悦司(兼見三左エ門)、池脇千鶴(里尾)、吉川晃司(帯屋隼人正)、戸田菜穂(睦江)、村上淳(右京太夫)、関めぐみ(連子)、小日向文世(保科十内)、岸部一徳(津田民部)、ほか

「人類資金」のネタバレあらすじ結末

人類資金の紹介:2013年日本映画。『亡国のイージス』(2005年)の映画化でもタッグを組んだ福井晴敏原作、阪本順治監督の映画です。「10兆円で世界のルールは変えられるか?」といくキャッチコピーで、戦後GHQに接収された旧日本軍の秘密資金で、数々の詐欺事件の話題となった「M資金」をめぐる人間模様を描いた社会派エコノミック・サスペンス映画です。
監督:阪本順治 原作:福井晴敏 出演:佐藤浩市(真舟雄一)、香取慎吾(“M”)、森山未來(石優樹)、観月ありさ(高遠美由紀)、石橋蓮司(北村刑事)、豊川悦司(ハリー遠藤)、寺島進(酒田忠)、三浦誠己(辻井)、
オダギリジョー(鵠沼英司)、ほか

「レイクサイド マーダーケース」のネタバレあらすじ結末

レイクサイド マーダーケースの紹介:2004年日本映画。愛情とエゴが複雑に絡み合うミステリー作品。湖畔の別荘で行われる勉強合宿に参加した3組の親子。そこに並木俊介の愛人高階英里子が突然現れた。彼女はその夜に殺害され、犯行を自供したのは並木の妻美菜子だった。他の親達は子どもの受験に影響を及ぼさないようにと、事件の隠蔽を図る。原作は東野圭吾の小説『レイクサイド』。
監督:青山真治 原作:東野圭吾 出演者:役所広司(並木俊介)、薬師丸ひろ子(並木美菜子)、柄本明(藤間智晴)、眞野裕子(高階英里子)、豊川悦司(津久見勝)ほか

「3-4X10月」のネタバレあらすじ結末

3-4X10月(さんたいよんえっくすじゅうがつ)の紹介:1990年日本映画。ガソリンスタンドで働く雅樹が、ヤクザと洗車の事でトラブルになり、殴り返したことで、周りの人たちを巻き込んだ騒動になってしまいます。そして雅樹はヤクザに復讐
するため沖縄へ銃を仕入れに向かいました。北野武監督二作目です。ラストは意味ありげで、妄想、夢、ループなどと色々な見方がとれます。
監督:北野武 出演者:小野昌彦(雅樹)、石田ゆり子(サヤカ)、井口薫仁(隆志)、飯塚実(和男)、芦川誠(朗)、小沢仁志(金井)、青木隆彦(三郎)、鈴木浩(拓也)、松尾憲造(直人)、井手博士(ハジメ)、芹沢名人(マコト)、ビートたけし(上原)ほか

「ハサミ男」のネタバレあらすじ結末

ハサミ男の紹介:2004年日本映画。女子高生二人が相次いでハサミを突き刺された状態で殺されました。マスコミはハサミ男と名付け事件を報道しました。一方、犯人である安永と知夏は自分たち以外にハサミ男が殺した死体が目の前にあることに疑問を持ち始めます。
監督:池田敏春 出演:豊川悦司(安永)、麻生久美子(知夏)、阿部寛(堀之内)、斎藤歩(日高)、樋口浩二(磯部)、ほか

「犬と私の10の約束」のネタバレあらすじ結末

犬と私の10の約束の紹介:2008年日本映画。足が靴下を履いているように白いのでソックスと名付けられた子犬のゴールデンレトリバーは、飼い主のあかりと共に一日を生きていく。「犬の十戒」をモチーフにしている。
監督:本木克英 出演:田中麗奈(斉藤あかり)、加瀬亮(星進)、福田麻由子(斉藤あかり(子ども時代))、池脇千鶴(井上ゆうこ )、高島礼子(斉藤芙美子)、豊川悦司(斉藤祐市)、ほか

「居酒屋ゆうれい」のネタバレあらすじ結末

居酒屋ゆうれいの紹介:1994年日本映画。横浜で居酒屋「かづさ屋」を営む壮太郎は、病床の妻のしず子が余命いくばくもないことから自宅に連れ帰り看病していた。しず子は自分が死んだらすぐに新しい女と結婚するんだろうと壮太郎に迫ります。壮太郎は、一生、他の女といっしょにならないから安心しろとしず子に約束します。もし約束を破って女と結婚したら必ずあの世から戻ってきて化けてやると言い残し、翌朝亡くなります。しかし、約束を破り、壮太郎は他の女と結婚しました。それから、しず子の幽霊が壮太郎の前に現れるようになり騒動がおきます。
監督:渡邊孝好 出演:萩原健一(壮太郎)、山口智子(里子)、室井滋(しず子)、三宅裕司(辰夫)、西島秀俊(幸一)、ほか

1 2 3
TOP↑