Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

土屋太鳳映画一覧

土屋太鳳が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「七つの会議」のネタバレあらすじ結末

七つの会議の紹介:2018年日本映画。池井戸潤原作の社会派エンターテインメント映画「空飛ぶタイヤ」に続く第2弾です。ぐうたら社員からのパワハラ告発をきっかけに社内に思わぬ波乱が巻き起こる。その先で待っていたのは巨大企業の深い闇だった…。野村萬斎、香川照之といった豪華実力派俳優が集結。会社や仕事の「正義」と、そこで働く「意義」とは何なのか、日本企業の在り方に問題提起をする「七つの会議」は、リコール隠しや内部告発をテーマにした、働く人全てに贈る究極の企業サスペンス映画です。
監督:服澤克雄 キャスト:野村萬斎(八角民夫)、香川照之(北川誠)、及川光博(原島万二)、片岡愛之助(坂戸宣彦)、音尾琢真(三沢逸郎)、藤森慎吾(新田雄介)、朝倉あき(浜本優衣)、岡田浩暉(佐野健一郎)、木下ほうか(田部)、吉田羊(淑子)、土屋太鳳(三沢奈々子)、小泉孝太郎(奈倉翔平)、溝端淳平(星野)、春風亭昇太(飯山孝実)、立川談春(江木恒彦)、勝村政信(加茂田久司)、世良公則(村西京助)、鹿賀丈史(梨田元就)、橋爪功(宮野和広)、北大路欣也(徳山郁夫)、ほか

「春待つ僕ら」のネタバレあらすじ結末

春待つ僕らの紹介:2018年日本映画。イケメンたちに囲まれた内気なヒロイン―。キュンキュンな少女マンガ満載の月刊デザートで連載中の『春待つ僕ら』。活発さを封印した土屋太鳳、憂いを含んだ複雑な表情を浮かべる北村匠海、初心者とは思えないバスケの技を見せつける小関裕太。キャスト陣の頑張りが、王道少女マンガを説得力のあるドラマへと進化させた…。主演の二人(TAOTAK)が歌う「Anniversary」も爽やかで、ラストシーンの幸福感を盛り上げるのにピッタリの楽曲となっている。
監督:平川雄一朗 キャスト:土屋太鳳(春野美月)、北村匠海(浅倉永久)、小関裕太(神山亜哉)、磯村勇斗(若宮恭介)、杉野遥亮(多田竜二)、稲葉友(宮本瑠衣)、泉里香(柏木ナナセ)、佐生雪(山田レイナ)、緒川たまき(神山ユーコ)、ほか

「累 かさね」のネタバレあらすじ結末

累 ―かさね―の紹介:2018年日本映画。松浦だるまの同盟コミックを「ストロベリーナイト」「脳内ポインズンベリー」の佐藤祐市監督が実写化。キスをする事で顔を入れ替える事が出来る不思議な口紅に人生を狂わされていく2人の女性を描く。天性の演技力を持ちながら醜い容姿の累を芳根京子、圧倒的な美貌を持つニナを土屋太鳳が演じる。
監督:佐藤祐市 出演:土屋太鳳(丹沢ニナ)、芳根京子(淵累)、浅野忠信(羽生田釿互)、横山裕(鳥合零太)、筒井真理子(淵峰世)、檀れい(淵透世)、ほか

「となりの怪物くん」のネタバレあらすじ結末

となりの怪物くんの紹介:2018年日本映画。「となりの怪物くん」は、菅田将暉と土屋太鳳のW主演によるコメディタッチの学園ラブストーリーです。累計610万部の発行部数を誇る、ろびこ原作の人気マンガ「となりの怪物くん」を、月川翔監督(「君の膵臓をたべたい」等)が実写映画化。問題児の『怪物』・春と勉強一筋の冷血少女・雫。友達もいなかった二人が出会ったことから始まる不器用な青春ストーリー。
監督:月川翔 出演:菅田将暉(吉田春)、土屋太鳳(水谷雫)、古川雄輝(吉田優山)、山田裕貴(山口賢二)、池田エライザ(夏目あさ子)、浜辺美波(大島千づる)、佐野岳(佐々原宗平)、佐野史郎(吉田泰造)、速水もこみち(三沢満善)、ほか

「トリガール!」のネタバレあらすじ結末

トリガール!の紹介:2017年日本映画。鳥人間コンテストの常連出場チームである、芝浦工業大学の人力飛行機チームをモデルにした映画です。部長の圭に一目ぼれして入部したゆきなは部類の脚力があり、犬猿の仲の坂場とコンビを組み鳥人間大会に出場するために奮闘する様子を描いた作品です。
監督:英勉 出演者:土屋太鳳(鳥山ゆきな)、間宮祥太朗(坂場大志)、高杉真宙(高橋圭)、池田エライザ(島村和美)、矢本悠馬(古沢)、前原滉(横原)、佐生雪(メガネ女子)、ナダル(アナウンサー)、羽鳥慎一(ペラ夫)、轟二郎(轟二郎似の住職)、ほか

「兄に愛されすぎて困ってます」のネタバレあらすじ結末

兄に愛されすぎて困ってますの紹介:2017年日本映画。夜神里奈の原作の少女漫画を実写映画化した青春ラブコメディです。彼氏いない歴17年の女子高生と血のつながりのない兄、彼女に近づこうとする男たちの恋愛模様をコミカルに描きます。
監督:河合勇人 出演者:土屋太鳳(橘せとか)、片寄涼太(橘はるか)、千葉雄大(芹川高嶺)、草川拓弥(美丘千秋)、杉野遥亮(芹川国光)ほか

「8年越しの花嫁」のネタバレあらすじ結末

8年越しの花嫁 奇跡の実話の紹介:2017年日本映画。中原尚志・麻衣夫妻が実体験を基にした手記『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』を映画化した王道ラブストーリーで、結婚を前にして難病に侵された女性とその婚約者の8年間に及ぶ愛と闘いの日々を描きます。
監督:瀬々敬久 出演:佐藤健(西澤尚志)、土屋太鳳(中原麻衣)、北村一輝(柴田)、浜野謙太(室田浩輔/尚志の先輩)、中村ゆり(島尾真美子/ウェディングプランナー)、堀部圭亮(和田医師)、古舘寛治(そうめん工場社長)、杉本哲太(中原浩二/麻衣の父)、薬師丸ひろ子(中原初美/麻衣の母)、ほか

「金メダル男」のネタバレあらすじ結末

金メダル男の紹介:2016年日本映画。ウッチャンナンチャンの内村光良が2011年に上演した一人舞台『東京オリンピック生まれの男』をベースに自ら監督・脚本・主演を務めて映画化した作品で、あらゆるもの全てで“一等賞”を目指した男の半生を描いています。
監督:内村光良 出演者:内村光良(秋田泉一)、知念侑李(若き日の秋田泉一)、木村多江(亀谷頼子)、ムロツヨシ(村田俊太郎)、土屋太鳳(横井みどり)、平泉成(秋田留一)、宮崎美子(秋田房江)、笑福亭鶴瓶(難波寅太)ほか

「アルカナ」のネタバレあらすじ結末

アルカナの紹介:2013年日本映画。街で起こる連続猟奇殺人事件を追う村上と中林は、捜査を続けるうちに、マキという少女を犯人として捕まえます。そして心霊捜査専門のお宮係の刑事から人間の分身が事件を起こしていると聞き、状況が一変し始めます・・・というジャパニーズホラーです。
監督:山口義高 出演:土屋太鳳(マキ/長瀬さつき)、中河内雅貴(村上謙省)、Kaito(みちる)、谷口一(鳥河学)、野口雅弘(小林宗光)、谷村美月(友近三枝子)、岸谷五朗(橋雄高)、ほか

「PとJK」のネタバレあらすじ結末

PとJKの紹介:2017年日本映画。三次マキ原作の漫画を亀梨和也(KAT-TUN)と土屋太鳳のW主演で映画化したものです。北海道函館市を舞台に、成り行きで結婚することになったイケメン警察官と女子高生が数々の困難に立ち向かいつつ絆を深めていく様子を描いています。
監督:廣木隆一 出演者:亀梨和也(佐賀野功太)、土屋太鳳(本谷歌子)、高杉真宙(大神平助)、玉城ティナ(矢口三門)、西畑大吾(永倉二郎)ほか

「赤々煉恋」のネタバレあらすじ結末

赤々煉恋(せきせきれんれん)の紹介:2013年日本映画。樹里は自殺をして浮遊霊となってしまいます。ある日、樹里のことが見える小さい女の子と遊んでいると虫男に取り憑かれた母親がその女の子を連れて自殺しようとします。果たして樹里は自殺を止めることが出来るのでしょうか。
監督:小中和哉 出演:土屋太鳳(樹里)、清水富美加(ミドリ)、吉沢亮(潤也)、有森也実(祥子)、大杉漣(虫男)、ほか

「鈴木先生」のネタバレあらすじ結末

鈴木先生の紹介:2012年日本映画。武富健治の漫画を原作とした映画。原作漫画は2007年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しており、2011年にはテレビ東京でTVドラマ化され、第49回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞(2012年)、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞(2011年)などを受賞し、高い評価を受けたので、2013年、劇場版が制作されました。主演の長谷川博己はこの作品が映画初主演作となりました。キャッチコピーは「常識を打ち破れ、世界は変わる」で、ちょっと妄想癖のある鈴木先生が独自の教育理論で、学校で起きる問題を解決していく様子を描いている作品です。
監督:河合勇人 出演:長谷川博己(鈴木先生)、臼田あさ美(鈴木麻美)、土屋太鳳(小川蘇美(2-A))、北村匠海(出水正(2-A))、ほか

「人狼ゲーム2 ビーストサイド」のネタバレあらすじ結末

人狼ゲーム(ビーストサイド)の紹介:2014年日本映画。大人気の心理ゲーム「人狼」ゲームをテーマに、高校生達が村人と人狼に分かれ、お互いを殺し合う顛末をスリリングに描いたサバイバル・サスペンス。主人公が村人を演じていた前作とは打って変わり、今度は人狼から見た目線でゲームを展開しています。
監督:熊坂出 出演:土屋太鳳(樺山由佳)、森川葵(宗像美海)、青山美郷(萬田麗子)、藤原季節(平一也)、佐久間由衣(対馬瞳)、加藤諒(小曽根正則)、ほか

「日輪の遺産」のネタバレあらすじ結末

日輪の遺産の紹介:2010年日本映画。『鉄道員』で直木賞を受賞した浅田次郎が「若書き」と評する長編小説 日輪の遺産(1993年)を原作にした映画。キャッチコピーは「いつか、この国が生まれかわるために」、「浅田文学の原点。復興に信念を貫いた4人の男と20人の少女たちの運命。」で、第2次世界大戦終戦末期に、マッカーサーの財宝を巡る極秘作戦を遂行した陸軍将校たちと20名の少女たちの運命が描かれた作品。監督は『半落ち』(2004年)などの佐々部清、脚本は『あなたへ』(2012年)などの青島武です。
監督:佐々部清 出演:堺雅人(真柴司郎/近衛第一師団・少佐)、中村獅童(望月庄造(座間五百一連隊・曹長))、福士誠治(小泉重雄/東部軍経理部・主計中尉)、森迫永依(久枝)、土屋太鳳(スーちゃん)、ミッキー・カーチス(マイケル・エツオ・イガラシ/元在日アメリカ軍司令)、ジョン・サヴェージ(ダグラス・マッカーサー/連合国軍最高司令官)、八千草薫(金原久枝)、ほか

「青空エール」のネタバレあらすじ結末

青空エールの紹介:2016年日本映画。河原和音原作の人気コミック「青空エール」を、三木孝浩監督が映画化した青春映画。吹奏楽の名門高校に憧れて入学した女子高生小野つばさと、偶然にも同じ甲子園の映像を見て憧れて入学した同級生の野球部員山田大介がお互いへの気持ちを胸に、励まし合いながら甲子園への夢を追い実現に向かってある「約束」のため、全力で高校生活を走り抜ける青春ストーリー。
監督:三木孝浩 原作:河原和音 出演者:土屋太鳳(小野つばさ)、竹内涼真(山田大介)、葉山奨之(水島亜希)、堀井新太(城戸保志)、小島藤子(春日瞳)、松井愛莉(脇田陽万里)、平祐奈(澤あかね)、山田裕貴(碓井航太)/志田未来(森優花)、上野樹里(杉村容子)ほか

1 2
TOP↑