内田理央映画一覧

内田理央が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「仮面病棟」のネタバレあらすじ結末

仮面病棟の紹介:2020年日本映画。知念実希人による原作の映像化作品。先輩医師から一夜だけの当直を任され二つ返事で了承した速水は、ピエロと重症患者という思わぬ来訪者に遭遇する。怪我人を治療しているうちに己のかつての姿がフラッシュバックされ、患者もまた過去の光景が自らに投影されていく。不可解な言動とその姿を露わにする謎のピエロ。果たしてその目的とは、病棟全体がミステリー劇場と化し沈黙と慌ただしさが織り成すも、当直日から既に一夜が明けようとしていた。
監督:木村ひさし 出演:坂口健太郎(速水秀悟)、永野芽郁(川崎瞳)、内田理央(佐々木香)、江口のりこ(東野良子)、朝倉あき(菜緒)、小野武彦(国平義央)、鈴木浩介(金本)、大谷亮平(小堺司)、高嶋政伸(田所三郎)、ほか

「トモダチゲーム 劇場版FINAL」のネタバレあらすじ結末

トモダチゲーム 劇場版FINALの紹介:2017年日本映画。『トモダチゲーム』を勝ち抜いたCチームの友一と天智は、次のゲーム『友情かくれんぼ』を5人メンバーのKチームと争う事になります。2人vs5人で人数が足らない事から、運営はマリアという女子をCチームに送り込みます。そして森で隠れた相手チームのメンバーを見つけるゲームが始まりました…という内容の前作『トモダチゲーム』の続編です。前作とはつながりはあるものの、前作を見ていなくても理解できる内容になっています。
監督:永江二朗 出演者:吉沢亮(片切友一)、内田理央(沢良宜志法)、山田裕貴(美笠天智)、浦上晟周(紫宮京)、シルクロード(鬼瓦百太郎)、財木琢磨(柱谷千聖)、町山博彦(丹羽万里)、加藤明子(玉井レイコ)、大倉士門(四部誠)、根本凪(心木ゆとり)、上野優華(水瀬マリア)、天月-あまつき-(マナブくん)、久保田悠来(東條レン)、ほか

「血まみれスケバンチェーンソー」のネタバレあらすじ結末

血まみれスケバンチェーンソーの紹介:2016年日本映画。うぐいす学園でスケバンをはるギーコは、チェーンソーを持って登校し、暴れまくっていました。元いじめられっ子のネロは、ネロ様と崇められ、生徒達を改造して人間兵器にしていました。ネロの最終目標はギーコでした。ネロに恨まれる覚えのないギーコは、訳のわからないままネロを追い詰めました・・という内容のコメディスプラッター映画です。
監督:山口ヒロキ 出演者:内田理央(鋸村ギーコ)、山地まり(碧井ネロ)、佐藤聖羅(爆谷さゆり)、玉城裕規(怨憎)、奥田佳弥子(仙崎)ほか

「劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD」のネタバレあらすじ結末

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~の紹介:2019年日本映画。2018年TVシリーズで世間の話題をさらった「おっさんずラブ」。大ヒットドラマの後日譚が満を持して映画化された。女性にはモテないが、職場の男性陣から想いを寄せられる主人公春田に、この作品で大ブレイクした田中圭。その春田と晴れてカップルとなる後輩牧に林遣都。そして、春田に恋して離婚までしてしまう上司の黒澤に吉田鋼太郎。おなじみの三人に、今度は沢村一樹と志尊淳が加わり、スケールアップしたラブ・バトルロワイヤルが繰り広げられる。
監督:瑠東東一郎 キャスト:田中圭(春田創一)、林遣都(牧凌太)、吉田鋼太郎(黒澤武蔵)、沢村一樹(狸穴迅)、志尊淳(山田正義<ジャスティス>)、眞島秀和(武川政宗)、金子大地(栗林歌麻呂)、大塚寧々(西園寺蝶子)、伊藤修子(瀬川舞香)、児嶋一哉(荒井鉄平)、内田理央(荒井ちず)ほか

「あのコの、トリコ。」のネタバレあらすじ結末

あのコの、トリコ。の紹介:2018年日本映画。白石ユキ原作の同名コミックを“国宝級イケメン”吉沢亮の主演で実写映画化したラブストーリーで、芸能界を舞台に、スーパースターを夢見てきた幼馴染の男女3人が三角関係を繰り広げます。共演者には『仮面ライダービルド』の水上剣星、『仮面ライダージオウ』の大幡しえり、『仮面ライダードライブ』の内田理央、“ピコ太郎”のプロデューサーである古坂大魔王らが名を連ねています。
監督:宮脇亮 出演者:吉沢亮(鈴木頼)、新木優子(立花雫)、杉野遥亮(東條昴)、水上剣星(酒井)、大幡しえり(咲)、内田理央(山田華)、古坂大魔王(奥井広道)、高島礼子(時田可奈江)、岸谷五朗(近藤啓)ほか

「N.Y.マックスマン」のネタバレあらすじ結末

N.Y.マックスマンの紹介:2017年日本映画。『仮面ライダー』『スーパー戦隊』シリーズなど日本を代表する特撮作品シリーズに出演してきた豪華キャストで贈るアクションコメディシリーズ第3作です。今作は主演に『仮面ライダードライブ』の稲葉友を迎え、初代・2代目と歴代3人の“マックスマン”が登場します。
監督:増田哲英 出演者:稲葉友(ヒロ・マックス)、山谷花純(海東果穂)、千葉雄大(谷口正義)、山本美月(辻村祐子)、竜星涼(谷口英雄)、内田理央(五十嵐梨奈)、久保田悠来(神田隆俊)、青木玄徳(福原真)、丸山敦史(島崎英二)、松島庄汰(堀北海斗)、村上幸平(城ヶ島毅)、なだぎ武(津村徹)、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)(島内健吾)、ケンドーコバヤシ(堤貴之)、大和田伸也(海東剛史)ほか

「ここは退屈迎えに来て」のネタバレあらすじ結末

ここは退屈迎えに来ての紹介:2018年日本映画。山内マリコの同名小説を橋本愛と門脇麦のダブル主演で映画化した作品です。地方都市に住む二人の女性と一人の男性の馴れ初めを周囲の人々の時を超えた群像劇と共に描き上げた切ない青春ドラマです。
監督:廣木隆一 出演者:橋本愛(「私」)、門脇麦(「あたし」)、成田凌(椎名くん)、渡辺大知(新保くん)、岸井ゆきの(山下南)、内田理央(森繁あかね)、柳ゆり菜(サツキ)、瀧内公美(まなみ先生)、亀田侑樹(遠藤)、片山友希(なっちゃん)、木崎絹子(椎名朝子)、マキタスポーツ(皆川光司)、村上淳(須賀さん)ほか

「ドライブ&鎧武MOVIE大戦フルスロットル」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットルの紹介:2014年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第16作の『仮面ライダードライブ』と第15作『仮面ライダー鎧武』が共演する作品です。それぞれ強敵との死闘を経たドライブと鎧武が手を組み、地球を機械化しようと目論む機械生命体と対決します。
監督:柴﨑貴行 出演者:竹内涼真(泊進ノ介/仮面ライダードライブ(声))、佐野岳(葛葉紘汰/始まりの男/仮面ライダー鎧武(声))、内田理央(詩島霧子)、上遠野太洸(チェイス/魔進チェイサー(声))、小林豊(駆紋戒斗/仮面ライダーバロン(声))、高杉真宙(呉島光実/仮面ライダー龍玄(声))、志田友美(高司舞/始まりの女)、久保田悠来(呉島貴虎/仮面ライダー斬月(声)/仮面ライダー斬月・真(声))、綾部祐二(ゾルーク東条/仮面ライダールパン(声)/サイバロイドZZZ(声))ほか

「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」のネタバレあらすじ結末

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号の紹介:2015年日本映画。『仮面ライダーシリーズ』の原作者・石ノ森章太郎が構造を練りながらも実現しなかった幻のライダー『仮面ライダー3号』を初めて映像化した作品です。『平成仮面ライダーシリーズ』第16作の『仮面ライダードライブ』を軸に、悪の秘密結社ショッカーによって歴史が改変された世界を描きます。ゲストとして『スーパー戦隊シリーズ』第39作の『手裏剣戦隊ニンニンジャー』が登場します。
監督:柴﨑貴行 出演者:竹内涼真(泊進ノ介 /仮面ライダードライブ(声))、中村優一(桜井侑斗/仮面ライダーゼロノス(声))、稲葉友(詩島剛/仮面ライダーマッハ(声))、内田理央(詩島霧子)、半田健人(乾巧/仮面ライダーファイズ(声))、天野浩成(橘朔也/仮面ライダーギャレン(声))、倉田てつを(南光太郎/仮面ライダーBLACK(声)/仮面ライダーBLACK RX(声))、西川俊介(伊賀崎天晴/アカニンジャー(声))、高田延彦(ブラック将軍/ヒルカメレオン(声))、井手らっきょ(立花藤兵衛)、及川光博(黒井響一郎/仮面ライダー3号(声))ほか

「Bros.マックスマン」のネタバレあらすじ結末

Bros.マックスマンの紹介:2016年日本映画。ヒーローアクションコメディ「Mr.マックスマン」の続編。主役の竜星涼、千葉雄大をはじめ、内田理央、要潤、松島庄汰など、戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズなどの特撮出演者が数多く参加している。兄の部屋で見つけた隕石のかけらを使ってスーパーヒーローに変身する能力を得たマックスマンこと谷口正義の弟・英雄だったが…。
監督:増田哲英 出演:竜星涼(谷口英雄)、内田理央(五十嵐梨奈)、千葉雄大(谷口正義)、山本美月(辻村祐子)、要潤(谷口真一郎)、ケンドーコバヤシ(堤貴之)、なだぎ武(津村徹)、大和田伸也(海東剛史)、久保田悠来(神田隆俊)、松島庄汰(堀北海斗)、丸山敦史(島崎英二)、髙橋裕二郎(ユーリ)ほか

「仮面ライダードライブ サプライズフューチャー」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャーの紹介:2015年日本映画。未来に、希望はあるのか…仮面ライダードライブは、人類を滅ぼす<悪魔>だった…。平成仮面ライダーシリーズ第16作の劇場版で、歴代ライダーの象徴であるバイクには乗らずに自動車に乗る異色のライダー・仮面ライダードライブ=泊進ノ介と、未来からやってきた彼の息子が世界を揺るがす陰謀に立ち向かっていきます。
監督:柴﨑貴行 出演者:竹内涼真(泊進ノ介/仮面ライダードライブ(声)/仮面ライダー超デッドヒートドライブ(声))、内田理央(詩島霧子)、上遠野太洸(チェイス/仮面ライダーチェイサー(声))、稲葉友(詩島剛/仮面ライダーマッハ(声))、新田真剣佑(泊エイジ/スパイダー型ロイミュード108人間態(二役)/仮面ライダーダークドライブ(声))、柳沢慎吾(古葉進次)、片岡鶴太郎(本願寺純)ほか

「Mr.マックスマン」のネタバレあらすじ結末

Mr.マックスマンの紹介:2015年日本映画。いつも失敗してばかりのダメなテレビアナウンサーが、偶然手にした不思議な力でスーパーヒーローに変身、父の死の真相を探るため戦う姿を描いた特撮コメディ作品です。『天装戦隊ゴセイジャー』でブレイクした主演・千葉雄大をはじめ、歴代の仮面ライダー・スーパー戦隊出演者やスタッフが数多く参加しています。
監督:増田哲英 出演者:千葉雄大(谷口正義)、山本美月(辻村祐子)、要潤(谷口真一郎)、高田延彦(深大寺亮)、大和田伸也(海東剛史)ほか

「トモダチゲーム 劇場版」のネタバレあらすじ結末

トモダチゲーム 劇場版の紹介:2017年日本映画。高校の修学旅行費用200万円が盗まれ、片切友一ら5人の男女の親友の中に犯人がいるという事になり、『トモダチゲーム』に参加しました。2,000万円の借金を課せられゲームをクリアすれば借金ゼロになるというゲームでした。人気アニメの映画化です。
監督:永江二朗 出演:吉沢亮(片切友一)、内田理央(沢良宜志法)、山田裕貴(美笠天智)、大倉士門(四部誠)、根本凪(心木ゆとり)、ほか

キーワードから探す

TOP↑