臼田あさ美映画一覧

臼田あさ美が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「蜜蜂と遠雷」のネタバレあらすじ結末

蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)の紹介:2019年日本映画。原作は、2017年に直木賞と本屋大賞W受賞という快挙を成し遂げた恩田陸の同名小説。映像化不可能といわれた508ページの大作を、『愚行録』で知られる石川慶監督が2時間の脚本にまとめ、まるで聴衆として国際ピアノコンクールを聞きにきているかのような緊張感のある映画に仕立て上げた。主演は、『勝手にふるえてろ』や『万引き家族』などでその演技力を高く評価されている松岡茉優。かつて天才少女と呼ばれたピアニストの復活を、セリフの少ない表情のみで表現するその演技は一見の価値あり。
監督:石川慶 出演:松岡茉優(栄伝亜夜)、松坂桃李(高島明石)、森崎ウィン(マサル・カルロス・レヴィ・アナトール)、鈴鹿央士(風間塵)、臼田あさ美(高島満智子)、ブルゾンちえみ(仁科雅美)、福島リラ(ジェニファ・チャン)、眞島秀和(ピアノ修理職人の男)、片桐はいり(コンクール会場のクローク係)、光石研(菱沼忠明)、平田満(田久保寛)、アンジェイ・ヒラ(ナサニエル・シルヴァーバーグ)、斉藤由貴(嵯峨三枝子)、鹿賀丈史(小野寺昌幸)、ほか

「桜並木の満開の下に」のネタバレあらすじ結末

桜並木の満開の下に の紹介:2012年日本映画。事故の加害者と被害者が、葛藤しながらも惹かれていく姿を描いたロマンス&ドラマ作品。小さな町工場に勤める栞は、同僚の研次と慎ましくも幸せな結婚生活を送っていた。しかし研次が出張先で事故死してしまう。加害者は同じ工場で働く青年、工だった。栞は工からの謝罪を受け入れず強く拒絶するが、必死に償おうとする彼の姿に少しずつ惹かれていく。
監督:舩橋淳 出演者:臼田あさ美(佐生栞)、三浦貴大(森工)、高橋洋(佐生研次)、松本まりか(翔子)、三浦力(戸高卓)、小澤雄志(隅田)、テイ龍進(周さん)、張天翔(李さん)、ほか

「この胸いっぱいの愛を」のネタバレあらすじ結末

この胸いっぱいの愛をの紹介:2005年日本映画。青年が仕事に向かったはずの先には20年前の世界がありました。そこで自分が後悔していたことを一つずつ清算していきます。そんな中衝撃的な事実が発覚するのでした。子供時代の自分と共に愛する人を救うため立ち向かう青年の物語。
監督:塩田明彦 出演:伊藤英明(鈴谷比呂志)、ミムラ(青木和美)、勝地涼(布川輝良)、宮藤官九郎(臼井光男)、吉行和子(鈴谷椿)、愛川欽也(青木保)、富岡涼(ヒロ)、臼田あさ美(布川靖代)、坂口理恵(ハル)、ダンカン(ヤクザの兄貴)、金聖響(間宮浩介)、古手川祐子(吉原園子)、中村勘三郎(花を愛する男)、倍賞千恵子(角田朋恵)、ほか

「終わった人」のネタバレあらすじ結末

終わった人の紹介:2017年日本映画。今まで仕事一筋だった壮介が定年退職となり、毎日愚痴ばかり言って過ごす。これからの余生をどのように過ごせばいいのかわからず妻の千草や娘に愛想をつかされながらも自らの第二の人生を試行錯誤しながら家族や友人達とのつながりを通して確立していく。誰もが人生の転機を迎えたときに考えさせられるテーマをコメディ化している。舘ひろしが扮する壮介が情けないやら背中を押してあげたくなったりの面白くてちょっと切ない物語。
監督:中田秀夫 出演:舘ひろし(田代壮介)、黒木瞳(田代千草)、広末涼子(浜田久里)、臼田あさ美(山崎道子)、今井翼(鈴木直人)、ベンガル(工藤元一)、清水ミチコ(山下正美)、温水洋一(山下良夫)、高畑淳子(桜田美雪)、ほか

「色即ぜねれいしょん」のネタバレあらすじ結末

色即ぜねれいしょん(しきそくぜねれいしょん)の紹介:2008年日本映画。みうらじゅんの小説を役者としても活躍する田口トモロヲ監督が映画化した作品。「黒猫チェルシー」の渡辺大知をはじめ、「くるり」の岸田繁他ミュージシャン陣の出演が話題を呼びました。
監督:田口トモロヲ 出演:渡辺大知(乾純)、峯田和伸(ヒゲゴジラ)、岸田繁(ヒッピー)、堀ちえみ(おかん)、リリー・フランキー(おとん)、臼田あさ美(オリーブ)、石橋杏奈(足立恭子)、大杉漣(医師)、宮藤官九郎(恭子の父)、木村祐一(池山の父)、塩見三省(法然高校 教師)、ほか

「南瓜とマヨネーズ」のネタバレあらすじ結末

南瓜とマヨネーズ(かぼちゃとマヨネーズ)の紹介:2017年日本映画。魚喃キリコの同名コミックを実写映画化した青春恋愛ドラマです。ミュージシャンを夢見る今の恋人と、偶然再会した奔放で女たらしの元恋人との間で揺れるキャバクラ嬢の女心を描きます。
監督:冨永昌敬 出演者:臼田あさ美(ツチダ)、太賀(せいいち)、オダギリジョー(ハギオ)、光石研(安原)、浅香航大(田中)ほか

「honey ハニー」のネタバレあらすじ結末

honey ハニーの紹介:2018年日本映画。原作は目黒あむの週刊マーガレットコミックスで連載された大人気コミック「honey」で、漫画が実写化されたものです。今年4月、CDデビューしたばかりの”king&prince”の平野紫耀が映画初主演を勤める注目を浴びている作品。胸キュン青春ラブストーリー。
監督:神徳幸治 出演:平野紫耀(鬼瀬大雅)、平祐奈(木暮奈緒)、横浜流星(三咲渉)、水谷果穂(矢代かよ)、浅川梨奈(西垣雅)、佐野岳(権瓦郁巳)、臼田あさ美(南野葵)、中山忍(鬼瀬香緒里)、高橋優(木暮宗介)、ほか

「マメシバ一郎 3D」のネタバレあらすじ結末

マメシバ一郎 3Dの紹介:2011年日本映画。2009年放映のテレビドラマ・劇場版『幼獣マメシバ』の続編となる映画です。前作品でアルゼンチンを旅し帰郷した中年でニートの芝二郎(演:佐藤二朗)とマメシバ犬「一郎」との心のふれあいを描いたハートフルドラマです。キャッチコピーは「働かざるもの、食うべからず。37歳児、芝二郎。明日はどっちだ?」です。
監督:亀井亨 出演:佐藤二朗(芝二郎)、臼田あさ美(園子マユ)、高橋洋(財部陽介)、高橋直純(市村景虎)、三上市朗(鶴牧登)、ほか

「愚行録」のネタバレあらすじ結末

愚行録(ぐこうろく)の紹介:2016年日本映画。妹が逮捕されまだ気持ちの整理がつかない田中は自身の仕事に打ち込むことでなんとか気持ちを紛らわせようとしていた。来月でちょうど1年になる未解決事件の調査。週刊誌の記者として働く田中はその事件を再度調べるため被害者の近辺を探り始める。そして調査を続けるうちに次第に被害者の素顔が浮き彫りにされていく。石川慶監督の長編デビュー作。原作は直木賞の候補にもなった貫井徳郎「愚行録」。
監督:石川慶 出演:妻夫木聡(田中武志)、満島ひかり(田中光子)、小出恵介(田向浩樹)、臼田あさ美(宮村淳子)、市川由衣(稲村恵美)、松本若菜(夏原友季恵)、中村倫也(尾形孝之)、ほか

「鈴木先生」のネタバレあらすじ結末

鈴木先生の紹介:2012年日本映画。武富健治の漫画を原作とした映画。原作漫画は2007年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しており、2011年にはテレビ東京でTVドラマ化され、第49回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞(2012年)、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞(2011年)などを受賞し、高い評価を受けたので、2013年、劇場版が制作されました。主演の長谷川博己はこの作品が映画初主演作となりました。キャッチコピーは「常識を打ち破れ、世界は変わる」で、ちょっと妄想癖のある鈴木先生が独自の教育理論で、学校で起きる問題を解決していく様子を描いている作品です。
監督:河合勇人 出演:長谷川博己(鈴木先生)、臼田あさ美(鈴木麻美)、土屋太鳳(小川蘇美(2-A))、北村匠海(出水正(2-A))、ほか

「真夜中の弥次さん喜多さん」のネタバレあらすじ結末

真夜中の弥次さん喜多さんの紹介:2005年日本映画。脚本家であり俳優の宮藤官九郎初映画監督作品です。歌あり、ダンスあり、色恋ありの普通の時代劇とは違った一種独特の映画です。弥次さん喜多さんが活躍する、時代考証は度外視したシュールな時代劇で、エンターテイメントなコメディー作品として見る作品です。
監督:工藤官九郎 出演:長瀬智也(栃面屋弥次郎兵衛 )、中村七之助(食客喜多八 )、阿部サダヲ(金々)、小池栄子(お初)、柄本佑(呑多々)、生瀬勝久(瓦版男)、寺島進(岡引)ほか

「恋空」のネタバレあらすじ結末

恋空(こいぞら)の紹介:2007年日本映画。あの時出会わなければ、何事もなく過ぎるはずだった高校生活。一生一緒にいたいと決めたけれど、そう思った時には遅かった…。忘れることのできない恋を描いた物語。恋空は携帯Webサイトに掲載された小説が評判になり書籍化、そして映画化されました。女子高校生があらゆる壁を乗り越えながら、一人の男性を愛し続ける物語で、展開にスピード感があり、見ている方は終始はらはらさせられる展開になっています。恋空は多くの女子高生が波を流した映画とも言われています。
監督:今井夏木 出演:新垣結衣(田原美嘉)、三浦春馬(桜井弘樹 / ヒロ)、小出恵介(福原優)、香里奈(ミナコ)、臼田あさ美(咲)、中村蒼(ノゾム)、波瑠(亜矢)、深田あき(田原さおり)、山本龍二(桜井博一)、麻生祐未(桜井明美)、高橋ジョージ(田原勝治)、浅野ゆう子(田原安江)、ほか

「キツツキと雨」のネタバレあらすじ結末

キツツキと雨の紹介:2012年日本映画。映画の撮影のために山村へとやって来た若手映画監督が木こりと出会い、木こりが撮影に協力していくことでそれぞれの成長を描いた物語となっています。沖田修一が監督を務め、2012年に公開された作品で、主演を務めた役所広司は本作で第8回ドバイ国際映画祭最優秀男優賞を受賞しています。
監督:沖田修一 出演:役所広司(岸克彦)、小栗旬(田辺幸一)、古舘寛治(鳥居)、嶋田久作(篠田)、高良健吾(岸浩一)、臼田あさ美(麻生珠恵)、山崎努(羽場敬二郎)、伊武雅刀(石丸)、ほか

TOP↑