Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヴィヴィアン・リー映画一覧

ヴィヴィアン・リーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「哀愁」のネタバレあらすじ結末

哀愁の紹介:1940年アメリカ映画。「風と共に去りぬ」のヴィヴィアン・リーと「クォ・ヴァディス」のロバート・テイラーが共演した戦争メロドラマ。戦時下で出会ったイギリス人将校と踊り子の恋模様がドラマチックに綴られた作品です。1953年制作の日本映画「君の名は」に登場する数寄屋橋は本作に登場するウォータールー橋を元にしていると言われています。
監督:マーヴィン・ルロイ 出演者:ヴィヴィアン・リー(マイラ・レスター)、ロバート・テイラー(ロイ・クローニン)、ヴァージニア・フィールド(キティ)、ルシル・ワトソン(マーガレット・クローニン)、マリア・オースペンスカヤ(マダム・キーロワ)、ほか

「マリリン 7日間の恋」のネタバレあらすじ結末

マリリン 7日間の恋の紹介:2011年イギリス,アメリカ映画。伝説の大女優マリリン・モンロー主演の映画『王子と踊子』(1957年)で助監督を務めたコリン・クラークによる同作の制作舞台裏を描いた2冊の著作を基に映画化した作品で、マリリンの秘められた恋を描いています。
監督:サイモン・カーティス 出演者:ミシェル・ウィリアムズ(マリリン・モンロー)、ケネス・ブラナー(ローレンス・オリヴィエ)、エディ・レッドメイン(コリン・クラーク)、ドミニク・クーパー(ミルトン・H・グリーン)、ジュリア・オーモンド(ヴィヴィアン・リー)ほか

「風と共に去りぬ」のネタバレあらすじ結末

風と共に去りぬの紹介:1939年アメリカ映画。1939年に製作され、アカデミー賞主演女優賞を始め10部門に輝いた不朽の名作。大富豪の令嬢スカーレット・オハラが、愛や戦争に翻弄(ほんろう)されながらも、力強く生き抜く姿を描く。
監督:ヴィクター・フレミング 原作:マーガレット・ミッチェル 出演:ヴィヴィアン・リー(スカーレット・オハラ)、クラーク・ゲイブル(レット・バトラー)、レスリー・ハワード(アシュレイ・ウィルクス)、オリヴィア・デ・ハヴィランド(メラニー・ハミルトン)、トーマス・ミッチェル(ジェラルド・オハラ)、バーバラ・オニール(エレン・オハラ)、ほか

「欲望という名の電車」のネタバレあらすじ結末

欲望という名の電車の紹介:1951年アメリカ映画。テネシー・ウィリアムズの名作戯曲を原作者自身の脚本により映画化。初演の演出を担当したエリア・カザンが監督にあたっている。やはり初演でもスタンリーを演じたマーロン・ブランドがその強烈な個性を発揮。一躍スターとなった。
監督:エリア・カザン 出演:ヴィヴィアン・リー(ブランチ)、マーロン・ブランド(スタンリー)、キム・ハンター、カール・マルデン、ルディ・ボンド、ほか

TOP↑