渡辺大知映画一覧

渡辺大知が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「僕の好きな女の子」のネタバレあらすじ結末

僕の好きな女の子の紹介:2019年日本映画。お笑い芸人ながらも小説家の才能も発揮し脚光を浴びた又吉直樹が手掛けた原作を元に映画化された作品。好きな人になかなか好きだと言えずにいる奥手の主人公加藤の恋愛模様を微笑ましく描いています。純粋すぎる加藤の態度にヤキモキしながらつい顛末を見守ってしまいます。
監督:玉田真也 出演:渡辺大知(加藤)、奈緒(美帆)、荻原みのり(加藤の後輩)、仲野太賀(美帆の彼氏)、朝倉あき、ほか

「ノイズ」のネタバレあらすじ結末

ノイズの紹介:2022年日本映画。筒井哲也による漫画『ノイズ【noise】』を、映画『デスノート』以来15年ぶりの共演となる藤原竜也と松山ケンイチのダブル主演で映画化したサスペンスドラマです。架空の島・猪狩島を舞台に、殺人を犯した3人の男と事件を追う刑事、その一件をきっかけに揺れ動く島民たちの姿を描きます。
監督:廣木隆一 出演者:藤原竜也(泉圭太)、松山ケンイチ(田辺純)、神木隆之介(守屋真一郎)、黒木華(泉加奈)、伊藤歩(青木千尋)、渡辺大知(小御坂睦雄/鈴木睦雄)、酒向芳(横田昭一)、菜葉菜(横田洋子)、迫田孝也(野毛二郎)、鶴田真由(守屋仁美)、波岡一喜(酒井義昭)、大石吾朗(山下伸介)、諏訪太朗(鈴木賢治)、飯島莉央(泉恵里奈)、光山叶倭(中学生時代の泉圭太)、山田日向(中学生時代の田辺純)、丸山真亜弥(中学生時代の泉加奈)、寺島進(岡崎正)、余貴美子(庄司華江)、柄本明(横田庄吉)、永瀬正敏(畠山努)ほか

「太陽の子」のネタバレあらすじ結末

映画 太陽の子の紹介:2021年日本, アメリカ映画。太平洋戦争末期を舞台に、極秘裏に日本の原爆開発に携わった若き科学者たちが時代に翻弄されていく姿を描いた青春群像劇として2020年にテレビ放送されたドラマ『太陽の子』。本作はドラマ版の作・演出を手掛けた黒崎博がメガホンを執り、テレビドラマ版とは異なる視点と結末を加えた劇場版として広島原爆投下から76年目の2021年8月6日に劇場公開されました。
監督:黒崎博 出演者:柳楽優弥(石村修)、有村架純(朝倉世津)、三浦春馬(石村裕之)、イッセー尾形(澤村)、山本晋也(朝倉清三)、ピーター・ストーメア(アルベルト・アインシュタインの声)、三浦誠己(木戸貴一)、宇野祥平(岡野真三)、尾上寛之(清田薫)、渡辺大知(花岡喜一)、葉山奨之(堀田茂太郎)、奥野瑛太(村井正史)、土居志央梨(澤村はな)、國村隼(荒勝文策)、田中裕子(石村フミ)ほか

「彼女が好きなものは」のネタバレあらすじ結末

彼女が好きなものはの紹介:2021年日本映画。普通の男女としてつき合い始める【ゲイ】の男子と【BL好き】の女子の物語。原作は、2016年に発表された浅原ナオトのWEB小説「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」。2019年に「腐女子、うっかりゲイに告る。」のタイトルでテレビドラマ化もされている。ゲイであることを隠して“普通”の幸せを模索する男子高校生・純を演じるのは、NEXT国宝級イケメン1位にも選ばれた神尾楓珠。BLを好みながらも自分の恋人がゲイだという現実に戸惑う女子高生・紗枝を、『ひらいて』など主演作目白押しの山田杏奈が演じる。
監督・脚本: 草野翔吾 原作: 浅原ナオト キャスト:神尾楓珠(安藤純)、山田杏奈(三浦紗枝)、前田旺志郎(高岡亮平)、三浦獠太(小野雄介)、池田朱那(今宮くるみ)、渡辺大知(近藤隼人)、三浦透子(佐倉奈緒)、磯村勇斗(Mr.ファーレンハイト)、山口紗弥加(安藤みづき)、今井翼(佐々木誠)ほか

「わたしは光をにぎっている」のネタバレあらすじ結末

わたしは光をにぎっているの紹介:2019年日本映画。『四月の永い夢』の中川龍太郎監督が、主演に松本穂香を迎えて製作したヒューマンドラマです。再開発の波に揺れる東京・葛飾の商店街を舞台に、銭湯で働く主人公の女性が閉店を前にある決断をする過程が描かれます。
監督:中川龍太郎 出演者:松本穂香(宮川澪)、渡辺大知(緒方銀次)、徳永えり(島村美琴)、吉村界人(新井稔仁)、忍成修吾(井関夕)、光石研(三沢京介)、樫山文枝(宮川久仁子)、小川あん(ジャスミン)、長屋和彰(スーパーの店長)、松本妃代(石田妃菜)、小林萌夏(上野七海)、桜まゆみ(銭湯の常連客)ほか

「ブルーアワーにぶっ飛ばす」のネタバレあらすじ結末

ブルーアワーにぶっ飛ばすの紹介:2019年日本映画。CMディレクターとして働く砂田夕佳は、祖母の見舞いに実家に帰ることになり、友人のあさ美を連れて行きます。実家の家族と田舎が嫌いな夕佳がよそよそしい態度をとる中、あさ美は自由奔放に馴染んでいました。しばらくぶりに見る変わり果てた祖母を見た夕佳に、心の変化が見え始め…という、周りの事を考えず自我をつき通すキャリアウーマンが、友人と家族の間で本当の自分をさらけ出していく様を描いた作品です。
監督:箱田優子 出演者:夏帆(砂田夕佳)、シム・ウンギョン(清浦あさ美)、でんでん(砂田浩一)、南果歩(砂田俊子)、渡辺大知(玉田篤)、黒田大輔(砂田澄夫)、嶋田久作(大御所俳優)、ユースケ・サンタマリア(冨樫晃)ほか

「見えない目撃者」のネタバレあらすじ結末

見えない目撃者の紹介:2019年日本映画。2011年に公開された韓国映画『ブラインド』のリメイク作品で、2015年に中国でもリメイクされた作品の日本リメイク版となるR15指定のサスペンス・スリラー作品です。事故により弟を亡くし、自らも視力を失った元警察官候補生の女性が目撃者の男と共に若い女性らを狙った連続誘拐事件の謎に迫っていきます。
監督:森淳一 出演者:吉岡里帆(浜中なつめ)、高杉真宙(国崎春馬)、大倉孝二(吉野直樹)、浅香航大(日下部翔)、酒向芳(高橋修作)、松大航也(浜中大樹)、國村隼(平山隆)、渡辺大知(横山司)、栁俊太郎(桐野圭一)、松田美由紀(浜中満代)、田口トモロヲ(木村友一)ほか

「体操しようよ」のネタバレあらすじ結末

体操しようよの紹介:2018年日本映画。妻に先立たれ、一人娘と暮らす道太郎は、真面目一筋で38年間勤め上げた会社を定年退職。そしてラジオ体操仲間の藤澤のぞみに魅かれ、一緒に体操をし始めますが、娘は道太郎から離れようとします。のぞみと娘のはざまで揺れ動く中年男の恋を描いたドラマです。
監督:菊地健雄 出演者:草刈正雄(佐野道太郎)、木村文乃(佐野弓子)、きたろう(神田義彦)、渡辺大知(馬場薫)、徳井優(木島正幸)、平泉成(並木晋)、和久井映見(藤澤のぞみ)ほか

「ギャングース」のネタバレあらすじ結末

ギャングースの紹介:2018年日本映画。鈴木大介によるノンフィクション書籍「家のない少年たち」を原作に、肥谷圭介が漫画化した同名コミックを実写映画化した青春犯罪ムービーです。生きることに精一杯な3人の若者の姿を通して、若者の貧困問題、特殊詐欺を行う犯罪営利組織(カンパニー)の実態、裏社会の縮図が浮き彫りになっていきます。
監督:入江悠 出演者:高杉真宙(斉藤恵吾(サイケ))、加藤諒(神童一樹(カズキ))、渡辺大知(黒猫チェルシー)(武藤武夫(タケオ))、林遣都(高田)、伊東蒼(ヒカリ)、山本舞香(ユキ)、芦那すみれ(サクラ)、勝矢(川合)、般若(班目)、菅原健(真鍋)、斉藤祥太(海老名兄弟)、斉藤慶太(海老名兄弟)、金子ノブアキ(加藤)、篠田麻里子(アゲハ)、MIYAVI(安達)ほか

「ここは退屈迎えに来て」のネタバレあらすじ結末

ここは退屈迎えに来ての紹介:2018年日本映画。山内マリコの同名小説を橋本愛と門脇麦のダブル主演で映画化した作品です。地方都市に住む二人の女性と一人の男性の馴れ初めを周囲の人々の時を超えた群像劇と共に描き上げた切ない青春ドラマです。
監督:廣木隆一 出演者:橋本愛(「私」)、門脇麦(「あたし」)、成田凌(椎名くん)、渡辺大知(新保くん)、岸井ゆきの(山下南)、内田理央(森繁あかね)、柳ゆり菜(サツキ)、瀧内公美(まなみ先生)、亀田侑樹(遠藤)、片山友希(なっちゃん)、木崎絹子(椎名朝子)、マキタスポーツ(皆川光司)、村上淳(須賀さん)ほか

「寝ても覚めても」のネタバレあらすじ結末

寝ても覚めてもの紹介:2018年日本映画。麦(バク)は予測不能の自由人。3年後に出会った亮平は優しい、気遣いの人。朝子が愛した二人の男は全く違う人なのに同じ顔だった。朝子のリアクションがスリリングなラブストーリー。『ハッピーアワー』が数々の映画賞に輝いた濱口竜介監督が柴崎友香の小説を映画化。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品された。
監督:濱口竜介 出演者:東出昌大(丸子亮平/鳥居麦)、唐田えりか(泉谷朝子)、瀬戸康史(串橋耕介)、山下リオ(鈴木マヤ)、伊藤沙莉(島春代)、渡辺大知(岡崎伸行)、仲本工事(平川)、田中美佐子(岡崎栄子)その他

「色即ぜねれいしょん」のネタバレあらすじ結末

色即ぜねれいしょん(しきそくぜねれいしょん)の紹介:2008年日本映画。みうらじゅんの小説を役者としても活躍する田口トモロヲ監督が映画化した作品。「黒猫チェルシー」の渡辺大知をはじめ、「くるり」の岸田繁他ミュージシャン陣の出演が話題を呼びました。
監督:田口トモロヲ 出演:渡辺大知(乾純)、峯田和伸(ヒゲゴジラ)、岸田繁(ヒッピー)、堀ちえみ(おかん)、リリー・フランキー(おとん)、臼田あさ美(オリーブ)、石橋杏奈(足立恭子)、大杉漣(医師)、宮藤官九郎(恭子の父)、木村祐一(池山の父)、塩見三省(法然高校 教師)、ほか

「大人ドロップ」のネタバレあらすじ結末

大人ドロップの紹介:2013年日本映画。樋口直哉の同名小説を映画化した青春ドラマです。4人の男女の高校生が恋愛を経験するうちに悩みもがきながらも大人に成長していくひと夏の過程を、池松壮亮と橋本愛のダブル主演で描きます。
監督:飯塚健 出演者:池松壮亮(浅井由)、橋本愛(入江杏)、前野朋哉(岡田始)、小林涼子(野中春)、渡辺大知(辻本裕也)ほか

「勝手にふるえてろ」のネタバレあらすじ結末

勝手にふるえてろの紹介:2017年日本映画。芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を映画化したラブコメディです。映画初主演となる松岡茉優扮する恋愛経験がなく妄想癖のあるOLが二人の男の間で揺れ動くさまを描いています。
監督:大九明子 出演者:松岡茉優(江藤良香)、北村匠海(一宮/イチ)、渡辺大知(霧島/ニ)、石橋杏奈(月島来留美)、古舘寛治(釣りおじさん)、片桐はいり(オカリナ)、趣里(金髪店員)、前野朋哉(最寄り駅の駅員)ほか

キーワードから探す

TOP↑