ウィレム・デフォー映画一覧

ウィレム・デフォーが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「誰よりも狙われた男」のネタバレあらすじ結末

誰よりも狙われた男の紹介:2013年アメリカ,イギリス,ドイツ映画。ドイツの諜報機関に所属するギュンター・バッハマンはイスラム過激派として指名手配されている密航者を、重要な情報提供者を得るために利用する。全ては「世界を平和にする」ためだった。ジョン・ル・カレ原作の、ハンブルクを舞台とするほろ苦い結末のスパイ映画。主演のフィリップ・シーモア・ホフマンの生前にプレミア公開されたが、一般劇場公開は彼の没後になった。
監督:アントン・コービン 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン(ギュンター・バッハマン)、レイチェル・マクアダムス(アナベル・リヒター)、ウィレム・デフォー(トミー・ブルー)、グリゴリー・ドブリギン (イッサ・カルポフ)、ホマユン・エルシャディ(アブドゥラ博士)、ニーナ・ホス(イルナ・フライ)、ダニエル・ブリュール(マキシミリアン)、ロビン・ライト(マーサ・サリヴァン)そのほか

「7月4日に生まれて」のネタバレあらすじ結末

7月4日に生まれての紹介:1989年アメリカ映画。国のために命をかけて戦うことに迷いがなかったロニーでしたが、ベトナム戦争を経験して車椅子生活を余技なくされます。アメリカに帰ってくると、反戦デモが繰り広げられており、ベトナム戦争は意味のないものとの意見が飛び交います。正しいと信じて命を懸けて戦ってきたものを否定されたロニーは、精神的にひどく落ち込みます。帰還兵としてロニーはベトナム戦争とどのように向き合っていくかが描かれている作品です。監督は「プラトーン」を手がけたオリバー・ストーン。主演には「トップガン」を始めとする多くの有名作品に出ているトム・クルーズ。スパイダーマンのゴブリン役で名を馳せたウィレム・デフォーなど豪華メンバーで構成された話題作です。
監督:オリバー・ストーン 出演:トム・クルーズ(ロニー)、ウィレム・デフォー(チャーリー)、キーラ・セジウィック(ドナ)、マイケル・コンポターロ(ウィルソン)、キャロライン・カバ(ロニーの母)、ほか

「ポップスター」のネタバレあらすじ結末

ポップスターの紹介:2018年アメリカ映画。銃による犯罪が続くアメリカ。十代の少女セレステは銃撃されるものの奇跡的に助かります。セレステは銃撃事件から立ち直り、歌手として成功しますが、やがて酒に溺れ人生は崩壊します。彼女はマネージャー、姉や娘にも当たり散らしますが、彼らはセレステを見捨てず暖かく励まします。『ポップスター』は、ナタリー・ポートマン主演で、十代の少女セレステの悩みと、成人してもトラブル続きの彼女が悩みを乗り越え、観客を魅了する姿を描いています。
監督:ブラディ・コーベット 出演:ナタリー・ポートマン(セレステ)、ジュード・ロウ(マネージャー)、ステイシー・マーティン(エレノア)、ラフィー・キャシディ(少女時代のセレステ/セレステの娘アルビー)、ウィレム・デフォー(ナレーション)、ジェニファー・イーリー、ほか

「マクマホン・ファイル」のネタバレあらすじ結末

マクマホン・ファイルの紹介:2020年アメリカ映画。記者のエレナ・マクマホンは、アメリカ政府の陰謀を暴くべく奮闘しますが、上からの圧力により思うようにいきません。そんな中、父親リチャードの仕事を引き受けることで陰謀を暴こうともがきます。主演は『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアン・ハサウェイ。『永遠の門 ゴッホの見た未来』で高い評価を得たウィレム・デフォーを父親役に向かえ、豪華俳優人が揃っている映画です。
監督:ディー・リース 出演:アン・ハサウェイ(エレナ・マクマホン)、ベン・アフレック(トリート・モリソン)、ウィレム・デフォー(リチャード・マクマホン)、ロージー・ペレス(アルマ)、エディ・ガテギ(ジョーンズ)、トビー・ジョーンズ(ポール)、カルロス・リール(エッパーソン)、ほか

「イグジステンズ」のネタバレあらすじ結末

イグジステンズの紹介:1999年カナダ,イギリス映画。バーチャルリアリティゲームの世界で繰り広げられる予測不能な戦いを描いたSFホラー。脊椎に穴を開け、コードを人体に直接繋ぐことでバーチャルリアリティゲームをプレイするようになった世界。天才ゲームデザイナーのアレグラは、最新ゲーム「イグジステンズ」の発表イベントに参加した。しかしそこにゲームに反感を持つ「現実主義者(リアリスト)」が現れ、アレグラは命を狙われる。会場警備をしていたテッドに助けられた彼女は、イグジステンズに異常がないか調べるためゲームの世界にダイブする。
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演者:ジェニファー・ジェイソン・リー(アレグラ・ゲラー)、ジュード・ロウ(テッド・パイクル)、イアン・ホルム(キリ・ビヌカー)、ウィレム・デフォー(ガス)、クリストファー・エクルストン(ウィトルド・レヴィ)ほか

「マザーレス・ブルックリン」のネタバレあらすじ結末

マザーレス・ブルックリンの紹介:2019年アメリカ映画。1950年代のニューヨーク。障害を抱えながらも驚異的な記憶力を持つ私立探偵のライオネルは、ボスであり唯一の友人でもあるフランク・ミナが目の前で殺害され、事件の真相を追っていく。ハーレムのジャズクラブやブルックリンのスラム街などを、わずかな手がかりと天性の勘を頼りに捜査していくと、ある黒幕にたどり着く。原作は1999年にジョナサン・レサムが発表したミステリー小説。約19年ぶりに監督を務めたエドワード・ノートンは、監督のほか脚本、製作、主演も兼任している。
監督:エドワード・ノートン 出演:エドワード・ノートン(ライオネル・エスログ)、ブルース・ウィリス(フランク・ミナ)、ググ・バサ=ロー(ローラ・ローズ)、ボビー・カナヴェイル(トニー・ヴェルモンテ)、チェリー・ジョーンズ(ギャビー・ホロウィッツ)、マイケル・ケネス・ウィリアムズ(ウィントン・マルサリス)、レスリー・マン(ジュリア・ミナ)、イーサン・サプリー(ギルバート・コニー)、ダラス・ロバーツ(ダニー・ファントル)、ジョシュ・パイス(ウィリアム・リバーマン)、ロバート・ウィズダム(ビリー・ローズ)、フィッシャー・スティーヴンス(ルー)、アレック・ボールドウィン(モーゼス)、ウィレム・デフォー(ポール・ランドルフ)ほか

「永遠の門 ゴッホの見た未来」のネタバレあらすじ結末

永遠の門 ゴッホの見た未来の紹介:2018年イギリス,フランス,アメリカ映画。「ひまわり」などの名作で知られるゴッホ(1853年ー1890年)、意外にもその名と名作の多くは生前は知られることがありませんでした。また、その名作の多くは37歳で亡くなる前の数年間で描かれています。彼の生涯はどうすれば素晴らしい絵を描くことができるかという悩みの多い人生でした。『永遠の門 ゴッホの見た未来』はゴッホの死ぬ前の数年間、自然と人間を題材に悩みながら後世に評価されることになった名作を誕生させた日々を描いています。また、自殺と言われる彼の謎の多い死についても新たな解釈で描いています。
監督:ジュリアン・シュナーベル 出演:ウィレム・デフォー(フィンセント・ファン・ゴッホ)、ルパート・フレンド(テオ・ファン・ゴッホ)、マッツ・ミケルセン(聖職者)、マチュー・アマルリック(ポール・ガシェ医師)、エマニュエル・セニエ(ジヌー夫人)、オスカー・アイザック(ポール・ゴーギャン)、ほか

「アニマル・ファクトリー」のネタバレあらすじ結末

アニマル・ファクトリーの紹介:2000年アメリカ映画。エドワード・ファーロングを主演に迎えて映画化、暴力や差別が横行するアニマル・ファクトリー(刑務所)が舞台となる。米国の作家エドワード・バンカーが自身の体験も交えて執筆した小説「The Animal Factory」を映画化した犯罪ドラマです。暴力が支配する刑務所に収監された若者が囚人たちを束ねる男と奇妙な友情を育み、やがて一緒に刑務所から脱獄しようと試みますが…。
監督:スティーヴ・ブシェミ 出演者:エドワード・ファーロング(ロン・デッカー)、ウィレム・デフォー(アール・コペン)、ミッキー・ローク(ジャン)、シーモア・カッセル (シーマン)、スティーヴ・ブシェミ(ホスパック)ほか

「ドッグ・イート・ドッグ」のネタバレあらすじ結末

ドッグ・イート・ドッグの紹介:2016年アメリカ映画。刑務所で知り合い、仲良くなったトロイ、ディーゼル、マットの中年男3人は、出所後、金を稼ぐために裏の仕事を始めました。そして赤ん坊をさらうだけで高額の報酬が貰える仕事で、男女二人を射殺してしまった事により、3人の雲行きはおかしくなっていきます・・という内容のバイオレンスアクションです。
監督:ポール・シュレイダー 出演者:ニコラス・ケイジ(トロイ)、ウィレム・デフォー(マッド・ドッグ)、クリストファー・マシュー・クック(ディーゼル)、オマー・ドージー(ムーンマン)、ポール・シュレイダー(エル・グレコ)、ルイーザ・クラウゼ(ゾーイ)、メリッサ・ボローナ(リナ)、レイ・ガジェゴス(チェペ)ほか

「アクアマン」のネタバレあらすじ結末

アクアマンの紹介:2018年アメリカ映画。アトランティス王国の血を引きながら、人間として育てられたアーサー。母であるアトランナ女王が海に戻ったあとは、バルコからアトランティス人としての教育を受け海底人の能力や戦い方を学んだ。ある日突如海から現れたメラから、海底王国が人類の征服を狙い侵略しようとしていることを告げられる。規格外のパワーをそなえアクアマンとして戦いに臨む。豪華キャストによる魅力的なキャラクターと迫力満点の映像世界も見逃せない。
監督:ジェームズ・ワン 出演:ジェイソン・モモア(アーサー・カーリー/アクアマン)、アンバー・ハード(メラ)、ウィレム・デフォー(バルコ)、パトリック・ウィルソン(オーム王)、ドルフ・ラングレン(ネレウス王)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世(デイビッド・ケイン/ブラックマンタ)、ルディ・リン(マーク)、テムエラ・モリソン(トム・カリー)、ニコール・キッドマン(アトランナ女王)、ほか

「ラストキリング 狼たちの銃弾」のネタバレあらすじ結末

ラスト・キリング 狼たちの銃弾の紹介:2012年アメリカ映画。刑務所を出所する男に、恩師だった人物からある暗殺依頼が届く。過去に大きな心の傷を負った男にとって、それは過酷すぎる任務だった。スティーヴン・ドーフ、ミッシェル・モナハン、ウィレム・デフォーという、3大ハリウッド・スターが共演を果たしたバイオレンス・アクション。シュールで幻想的な映像があとを引く異色作。さらにミッシェル・モナハン演じる、少女の面影を残すファム・ファタール的美女が強烈な印象を残す。
監督:デヴィッド・ジェイコブソン 出演者:スティーヴン・ドーフ(チャーリー・ランキン)、ミシェル・モナハン(フローレンス)、ウィレム・デフォー(ブッダ)、タラ・バック(標的の愛人)、ロバート・ラサード(オーネイ・コラル)、ケリー・ロッサル(暗殺ターゲット)、サミー・ジャック(チャーリーの少年時代)ほか

「コントロール」のネタバレあらすじ結末

コントロールの紹介:2004年アメリカ映画。狂暴な凶悪犯の死刑執行が始まり、薬品の投与が行われました。死亡したと思われた凶悪犯は生きており、新薬の実験台にされることになりました。ここから博士と凶悪犯攻防が始まり、やがて二人は・・・という内容のサスペンス映画です。
監督:ティム・ハンター 出演者:レイ・リオッタ(リー・レイ・オリヴァー)、ウィレム・デフォー(マイケル・コープランド博士)、ミシェル・ロドリゲス(テレサ)、スティーヴン・レイ(アーロ・ペナー博士 )、ポリー・ウォーカー(バーバラ・コープランド)、キャスリーン・ロバートソン(エデン・ロス)、ティム・ディケイ(ビル・カプート)ほか

「仮面の真実」のネタバレあらすじ結末

仮面の真実の紹介:2003年イギリス,スペイン映画。中世イギリスを舞台に、罪を犯して逃走中の元神父が偶然出会った旅回りの劇団に潜り込み、立ち寄った村で起こった殺人事件を題材に芝居を打ったことから、事件の裏側に壮大な陰謀が隠されていたことが明らかになっていく過程を描いたミステリー・サスペンスです。
監督:ポール・マクギガン 出演者:ポール・ベタニー(ニコラス)、マリアン・アギレラ(ニコラスの恋人)、サイモン・マクバーニー(スティーブン)、トム・ハーディ(ストロウ)、ブライアン・コックス(トビアス)、ウィレム・デフォー(マーティン)、ジーナ・マッキー(サラ)ほか

「ライフ・アクアティック」のネタバレあらすじ結末

ライフ・アクアティックの紹介:2005年アメリカ映画。ウェス・アンダーソン監督がポップでスタイリッシュに人間ドラマを描いた本作品は、ビル・マーレイ扮する落ち目の海洋ドキュメンタリー監督が航海を通して様々な人間関係によって変わって行く姿が見所です。
監督:ウェス・アンダーソン 出演:ビル・マーレイ(スティーヴ・ズィスー)、オーウェン・ウィルソン(ネッド・プリンプトン)、ケイト・ブランシェット(ジェーン・ウィンスレット・リチャードソン)、アンジェリカ・ヒューストン(エレノア・ズィスー)、ウィレム・デフォー(クラウス・ダイムラー)、ほか

「セブン・シスターズ」のネタバレあらすじ結末

セブン・シスターズの紹介:2016年イギリス,アメリカ,フランス,ベルギー映画。7人がシェアしたのは、たった一人の人生…。人口爆発により一人っ子政策が施行されている近未来を舞台に、極秘裏に育てられた7つ子が一人の人間に成りすまし、政策を強行する国家に対峙する姿を描いたSF作品です。一人で7つ子を演じ切った主演ノオミ・ラパスの演技にも注目です。
監督:トミー・ウィルコラ 出演者:ノオミ・ラパス(カレン・セットマン(マンデー/チューズデー/ウェンズデー/サースデー/フライデー/サタデー/サンデー)(7役))、グレン・クローズ(ニコレット・ケイマン)、ウィレム・デフォー(テレンス・セットマン)、マーワン・ケンザリ(エイドリアン・ノレス)、クリスティアン・ルーベック(ジョー)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑