Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

山本美月映画一覧

山本美月が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「ザ・ファブル」のネタバレあらすじ結末

ザ・ファブルの紹介:2019年日本映画。都市伝説にもなっているファブル。六秒で人を殺すことができるという殺人のプロ。彼はある日、ボスから1年間、一般社会に埋没して普通に生活するように言われる。妹のヨウコと大阪で普通の暮らしをするはずだったが…。普通の暮らしがよくわからず、戸惑うことばかり。そんななか、一人の男が出所してやっかいなことを始め、巻き込まれそうになる。ボスとの「人を殺してはいけない。もし殺したら、お前を殺す。」というミッションを守ることができるだろうか、ハラハラドキドキしながらのアクロバットや拳銃を交えてのハードな闘いが行われるのである。
監督:江口カン 原作:南勝久 出演:岡田准一(ファブル/佐藤明 アキラ)、木村文乃(佐藤ヨウコ)、山本美月(清水ミサキ)、福士蒼汰(フード)、柳楽優弥(小島)、向井理(砂川)、南出凌嘉(幼少期のファブル)、加藤虎ノ介(風間)、好井まさお(貝沼)、木村了(コード)、井之脇海(黒塩 / クロ)、藤森慎吾(河合ユウキ)、宮川大輔(ジャッカル富岡)、佐藤二朗(田高田)、光石研(浜田)、安田顕(海老原)、佐藤浩市(ボス)、ほか

「N.Y.マックスマン」のネタバレあらすじ結末

N.Y.マックスマンの紹介:2017年日本映画。『仮面ライダー』『スーパー戦隊』シリーズなど日本を代表する特撮作品シリーズに出演してきた豪華キャストで贈るアクションコメディシリーズ第3作です。今作は主演に『仮面ライダードライブ』の稲葉友を迎え、初代・2代目と歴代3人の“マックスマン”が登場します。
監督:増田哲英 出演者:稲葉友(ヒロ・マックス)、山谷花純(海東果穂)、千葉雄大(谷口正義)、山本美月(辻村祐子)、竜星涼(谷口英雄)、内田理央(五十嵐梨奈)、久保田悠来(神田隆俊)、青木玄徳(福原真)、丸山敦史(島崎英二)、松島庄汰(堀北海斗)、村上幸平(城ヶ島毅)、なだぎ武(津村徹)、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)(島内健吾)、ケンドーコバヤシ(堤貴之)、大和田伸也(海東剛史)ほか

「Bros.マックスマン」のネタバレあらすじ結末

Bros.マックスマンの紹介:2016年日本映画。ヒーローアクションコメディ「Mr.マックスマン」の続編。主役の竜星涼、千葉雄大をはじめ、内田理央、要潤、松島庄汰など、戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズなどの特撮出演者が数多く参加している。兄の部屋で見つけた隕石のかけらを使ってスーパーヒーローに変身する能力を得たマックスマンこと谷口正義の弟・英雄だったが…。
監督:増田哲英 出演:竜星涼(谷口英雄)、内田理央(五十嵐梨奈)、千葉雄大(谷口正義)、山本美月(辻村祐子)、要潤(谷口真一郎)、ケンドーコバヤシ(堤貴之)、なだぎ武(津村徹)、大和田伸也(海東剛史)、久保田悠来(神田隆俊)、松島庄汰(堀北海斗)、丸山敦史(島崎英二)、髙橋裕二郎(ユーリ)ほか

「友罪」のネタバレあらすじ結末

友罪の紹介:2017年日本映画。小さな町工場に就職した元雑誌記者。そこで知り合った男は世間を震撼させた少年殺人者だった…。薬丸岳の同名小説を原作とする、それぞれの周囲の人間模様も含めて〝贖罪“とは何かを問いかける人間ドラマです。
監督:瀬々敬久 出演者:生田斗真(益田純一)、瑛太(鈴木秀人/青柳健太郎)、夏帆(藤沢美代子)、山本美月(杉本清美)、富田靖子(白石弥生)、奥野瑛太(清水)、飯田芳(内海)、忍成修吾(達也)、佐藤浩市(山内修司)、ほか

「去年の冬、きみと別れ」のネタバレあらすじ結末

去年の冬、きみと別れの紹介:2018年日本映画。芥川賞作家、中村文則の同名サスペンス小説を映画化。不可解な焼死事件を調べるフリーライター耶雲恭介は、容疑者の奇才写真家、木原坂雄大と接触ていくうちに、衝撃の事実へと辿り着いていく。主演は「HiGH&LOW」シリーズ、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」等で注目を集める三代目J Soul Brothersの岩田剛典が務める。
監督:瀧本智行 出演:岩田剛典(耶雲恭介)、山本美月(松田百合子)、斎藤工(木原坂雄大)、浅見れいな(木原坂朱里)、土村芳(吉岡亜希子)、北村一輝(小林良樹)、ほか

「Mr.マックスマン」のネタバレあらすじ結末

Mr.マックスマンの紹介:2015年日本映画。いつも失敗してばかりのダメなテレビアナウンサーが、偶然手にした不思議な力でスーパーヒーローに変身、父の死の真相を探るため戦う姿を描いた特撮コメディ作品です。『天装戦隊ゴセイジャー』でブレイクした主演・千葉雄大をはじめ、歴代の仮面ライダー・スーパー戦隊出演者やスタッフが数多く参加しています。
監督:増田哲英 出演者:千葉雄大(谷口正義)、山本美月(辻村祐子)、要潤(谷口真一郎)、高田延彦(深大寺亮)、大和田伸也(海東剛史)ほか

「ピーチガール」のネタバレあらすじ結末

ピーチガールの紹介:2017年日本映画。「ピーチガール」は少女漫画を原作とした実写化映画。見た目がガングロギャルなため、そのように普段は振舞っていますが、実は内面は全く違う性格で、本当の自分をさらけ出せずに日々を過ごしてきた主人公が恋をしたり、友情を育んだりして本当の自分を取り戻す物語。
監督:神徳幸治 出演:山本美月(安達もも)、伊野尾慧(岡安浬(カイリ))、真剣佑(東寺ヶ森一矢(とーじ))、永野芽郁(柏木沙絵)、本仮屋ユイカ(安芸操)、ほか

「東京難民」のネタバレあらすじ結末

東京難民の紹介:2013年日本映画。福澤徹三の同名小説を映画化した社会派ドラマです。学費を滞納した一人の若者が危険なバイトや裏社会と関わりを持つ姿を通して、現代社会が抱える闇に迫ります。
監督:佐々部清 出演者:中村蒼(時枝修)、大塚千弘(北条茜)、青柳翔(順矢)、山本美月(川辺瑠衣)、金子ノブアキ(児玉篤志)ほか

「近キョリ恋愛」のネタバレあらすじ結末

近キョリ恋愛の紹介:2014年日本映画。みきもと凜の漫画「近キョリ恋愛」を「君に届け」の熊澤尚人監督が映画化したもので、プライドの高い英語教師と、優等生ながら英語だけが唯一苦手な女子高生の禁断の恋を描いた学園ラブストーリーです。
監督:熊澤尚人 出演者:山下智久(櫻井ハルカ)、小松菜奈(枢木ゆに)、小瀧望(的場竜)、山本美月(名波菊子)、水川あさみ(滝沢美麗)ほか

「桐島、部活やめるってよ」のネタバレあらすじ結末

桐島、部活やめるってよの紹介:2012年日本映画。日本アカデミー賞を多数受賞した作品。バレー部のスター・桐島が部活をやめることをきっかけに、高校生の日常の変化が時間軸を交差しながら描かれる。
監督: 吉田大八 出演: 神木隆之介(前田涼介)、橋本愛(東原かすみ)、東出昌大(菊池宏樹)、山本美月(飯田理沙)、松岡茉優(野崎沙菜)、清水くるみ(宮部実果)、大後寿々花(沢島亜矢)、太賀(小泉)、落合モトキ(寺島)、浅香航大(友弘)

「女子ーズ」のネタバレあらすじ結末

女子ーズ(じょしーず)の紹介:2014年日本映画。地球の平和を守るため、ひょんなことから戦闘員として結成させられた5人の女の子たち「女子―ズ」が、恋に仕事に翻弄されながらも、邪悪な怪人達と戦う様子をゆるーく描いたアクション・コメディ。
監督:福田雄一 出演者:桐谷美玲(女子・レッド/赤木直子)、藤井美菜(女子・ブルー/青田美佳)、高畑充希(女子・イエロー/黄川田ゆり)、有村架純(女子・グリーン/緑山かのこ)、山本美月(女子・ネイビー/紺野すみれ)、大東駿介(成瀬輝彦)、安田顕(皆川)、岡田義徳(課長)、ほか

「黒執事」のネタバレあらすじ結末

黒執事の紹介:2014年日本映画。枢やな原作の漫画「黒執事」を映画化。テレビでアニメーション化もされました。映画では設定を変えてオリジナルストーリーとなっています。両親のかたきを討つために悪魔と契約を結んだ主人公の話です。その悪魔は忠実な主人公の執事として日頃は職務を全うしています。両親のかたきが討てたらその魂を悪魔に捧げることになっています。その悪魔であり執事である「黒執事」の役を、水嶋ヒロが演じています。一風変わった癖のある美しさを携えており、この映画の世界感にはよく嵌っています。
監督:大谷健太郎、さとうけいいち 出演者:水嶋ヒロ(セバスチャン)、剛力彩芽(幻蜂清玄 / 汐璃)、優香(若槻華恵)、山本美月(リン)、岸谷五朗(猫磨実篤)ほか

「絶叫学級」のネタバレあらすじ結末

絶叫学級の紹介:2013年日本映画。学校に伝わる都市伝説である「黄泉」の話を聞き願い事をする加奈だったのだが、黄泉の都市伝説では願いと引き換えに大事なものを失ってしまう。というものだった。誰よりも可愛くなりたい!と願う加奈に暗い陰が忍び寄っていた。
監督:佐藤徹也 出演:川口春奈(荒樹加奈)、広瀬アリス(高見沢リオ)、松岡茉優(香取絵莉花)、栗原類(後藤アキラ)、山本美月(黄泉)、ほか

「少女」のネタバレあらすじ結末

映画「少女」の紹介:2016年日本映画。幼い頃からの親友同士の由紀と敦子。二人は共に女学校に通いその日々を暮らしていた。ある日由紀は以前から書いていた小説を完成させる。しかしふと目を離した隙に紛失、数日後一人の教師が新人賞を受賞したとして発表した小説がまさしく由紀の書いた小説だった。その頃一人の生徒が新たに学校に転校してくる。彼女は由紀と敦子に囁く。親友の死を見てしまった。それが少女達の心に火をつけた。原作者は「告白」で数々の賞を受賞した湊かなえ。
監督:三島有紀子 出演:本田翼(桜井由紀)、山本美月(草野敦子)、真剣佑(牧瀬光)、佐藤玲(滝沢紫織)、児嶋一哉(小倉一)、稲垣吾郎(高雄孝夫)、ほか

「男子高校生の日常」のネタバレあらすじ結末

男子高校生の日常の紹介:2013年日本映画。女子に免疫の無い男子高校生達が、合同文化祭を機に女子と交流しようと頑張る姿を描く。彼らの涙ぐましい努力はなかなか実を結ばない。それでも毎日を楽しく生きる男子高校生達の脱力系青春コメディ。
監督:松居大悟 出演者:菅田将暉(タダクニ)、野村周平(ヨシタケ)、吉沢亮(ヒデノリ)、岡本杏理(りんご)、山本美月(ヤナギン)ほか

1 2
TOP↑