吉田羊映画一覧

吉田羊が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「マイ・ブロークン・マリコ」のネタバレあらすじ結末

マイ・ブロークン・マリコの紹介:2022年日本映画。永野芽郁がやさぐれたOLを演じ話題の『マイ・ブロークン・マリコ』。原作は第24回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞をはじめ各賞を総なめにした平庫ワカの同名マンガ。「親友の遺骨と旅に出る」物語に惚れ込んだタナダユキ監督が映画化を切望して実現した本作は、役者の熱量も生半可ではない。タバコを吸い酒を飲む姿がカッコいい永野芽郁。その親友マリコ役は実生活でも永野と仲の良い奈緒。ふたりが息のあった演技を見せている。謎の男マキオを演じる窪田正孝も秀逸。
監督:タナダユキ 原作:平庫ワカ 出演:永野芽郁(シイノトモヨ)、奈緒(イカガワマリコ)、窪田正孝(マキオ)、尾美としのり(マリコの実父)、吉田羊(タムラキョウコ)ほか

「沈黙のパレード」のネタバレあらすじ結末

沈黙のパレードの紹介:2022年日本映画。テレビドラマで人気を博した「ガリレオ」の9年ぶりとなる劇場版最新作です。天才物理学者のガリレオこと湯川がバディとなる内海刑事と共に難題に挑む姿を描いています。豪華キャストの共演も話題を呼びました。
監督:西谷弘 出演:福山雅治(湯川学)、柴咲コウ(内海薫)、北村一輝(草薙俊平)、飯尾和樹(並木祐太郎)、戸田菜穂(並木真智子)、田口浩正(戸島修作)、酒向芳(増村栄治)、岡山天音(高垣智也)、川床明日香(並木佐織)、出口夏希(並木夏美)、村上淳(蓮沼寛一)、吉田羊(宮沢麻耶)、檀れい(新倉留美)、椎名桔平(新倉直紀)、ほか

「バイプレイヤーズ」のネタバレあらすじ結末

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~の紹介:2021年日本映画。ドラマや映画などの名脇役をメインに据え、これまで3シリーズに渡って放映されてきた「バイプレイヤーズ」の初の劇場版作品です。監督はドラマシリーズからの続投となる松居大悟が務め、ドラマシリーズのレギュラーである田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一らが顔を揃えました。本作では総勢100名ものの豪華な名脇役俳優陣が出演、そのほとんどが本人役を演じています。
監督:松居大悟 出演:田口トモロヲ、松重豊、光石研、遠藤憲一、濱田岳、柄本時生、菜々緒、高杉真宙、芳根京子、勝村政信、渡辺いっけい、近藤芳正、津田寛治、西村まさ彦、本宮泰風、菅田俊、小沢仁志、岸井ゆきの、でんでん、北香那、木村多江、北村一輝、有村架純、天海祐希、役所広司、ほか

「恋とオンチの方程式」のネタバレあらすじ結末

恋とオンチの方程式の紹介:2014年日本映画。香川県を舞台に、御曹司と恋に落ちたバスガイドが音痴を克服しようと奮闘するヒューマンドラマ。監督は、『猫と電車』などの香西志帆。子どもの頃にアイドルを目指していた主人公のみどり。しかし彼女は想像を絶する音痴で…。
監督:香西志帆 出演:夏菜(山吹みどり)、平岡祐太(小川カズユキ)、黄川田将也(栗田拓人)、吉田羊(十河夏子)、大塚千弘(真庭薫子)、藤真美穂、永野宗典、諏訪雅、土佐和成、森昌子、戸田恵子、ほか

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」のネタバレあらすじ結末

母さんがどんなに僕を嫌いでもの紹介:2018年日本映画。小説家・漫画家・エッセイストの歌川たいじが自らの体験を基に執筆した同名コミックエッセイを映画化したヒューマンドラマです。幼少期から母に虐待を受けてきた主人公が仲間たちとの交流を経て母と真正面から向き合おうとする姿を描いていきます。
監督:御法川修 出演者:仲野太賀(歌川タイジ)、吉田羊(歌川光子)、森崎ウィン(キミツ)、白石隼也(大将)、秋月三佳(カナ)、小山春朋(歌川タイジ(少年時代))、斉藤陽一郎(タイジの父)、おかやまはじめ(ばあちゃんの弟)、木野花(ばあちゃん)ほか

「記憶にございません!」のネタバレあらすじ結末

記憶にございません!の紹介:2019年日本映画。舞台演出を経て、いまや日本を代表するコメディ映画監督となった三谷幸喜の長編映画第8作目。史上最低の支持率を記録する、身勝手で横暴な総理大臣・黒田啓介は市民の投石が頭に命中し、記憶を失くしてしまう。首相の記憶喪失で引き起こされる、周囲の官僚、家族、そして日本国全体を巻き込んだドタバタ喜劇。実力派俳優陣のコミカルな演技に注目。
監督:三谷幸喜 出演:中井貴一(黒田啓介)、ディーン・フジオカ(井坂) 、小池栄子(番場)、石田ゆり子(黒田聡子)、斉藤由貴(寿賀)、木村佳乃(スーザン・セントジェームス・ナリカワ)、草刈正雄(鶴丸大悟)、佐藤浩市(古郡裕)、 木村佳乃(スーザン・セントジェームス・ナリカワ)、吉田羊(山西あかね)、田中圭(大関平太郎)、濱田龍臣(黒田篤彦)、ほか

「草原の椅子」のネタバレあらすじ結末

草原の椅子の紹介:2013年日本映画。小説家である宮本輝の新聞連載小説を映画化した作品。実際に舞台となるパキスタンのフンザでロケを敢行し、主人公の娘を演じた黒木華は日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。50歳になったことを悲しむ中年のサラリーマンが、母親から虐待を受けた子どもの世話をすることになったことで、人とのつながりや自らの過ちを振り返り、再生していくヒューマンドラマである。
監督:成島出 出演者:佐藤浩市 (遠間憲太郎)、西村雅彦 (富樫重蔵)、吉瀬美智子 (篠原貴志子)、黒木華 (遠間弥生)、小池栄子(喜多川祐未)、AKIRA (鍵山) ほか

「愛を積むひと」のネタバレあらすじ結末

愛を積むひとの紹介:2015年日本映画。エドワード・ムーニー・Jr.の小説『石を積むひと』を映画化。石塀造りを通して繋がっていく人々の絆を描いたヒューマン・ドラマ。東京の町工場を畳んで北海道に引っ越した良子は、夫の篤史に家を囲む石塀を造ってくれるよう頼む。仕方なく取り掛かった篤史は次第にやり甲斐を見出し、交流の輪も広がっていった。その矢先、良子が長年患っていた心臓病のために他界してしまう。悲しみに打ちひしがれる篤史は、良子が遺した手紙に導かれ再び人生を見つめ直していくのだった。
監督:朝原雄三 出演者:佐藤浩市(小林篤史)、樋口可南子(小林良子)、北川景子(小林聡子)、野村周平(杉本徹)、杉咲花(上田紗英)、森崎博之(平間造園の親方)、佐戸井けん太(刑事)、岡田義徳(鈴原)、吉田羊(上田美智子)、柄本明(上田熊二)、ほか

「ハナレイ・ベイ」のネタバレあらすじ結末

ハナレイ・ベイの紹介:2018年日本映画。村上春樹の短編小説集『東京奇譚集』の中の1編を吉田羊主演で映画化した作品です。ハワイ・カウアイ島のハナレイ湾を舞台に、サーファーだった一人息子を失った女性が希望を見出していく過程を描いた喪失と再生の物語です。
監督:松永大司 出演者:吉田羊(サチ)、佐野玲於(タカシ)、村上虹郎(高橋)、佐藤魁(三宅)、栗原類(尾崎亮)ほか

「七つの会議」のネタバレあらすじ結末

七つの会議の紹介:2018年日本映画。池井戸潤原作の社会派エンターテインメント映画「空飛ぶタイヤ」に続く第2弾です。ぐうたら社員からのパワハラ告発をきっかけに社内に思わぬ波乱が巻き起こる。その先で待っていたのは巨大企業の深い闇だった…。野村萬斎、香川照之といった豪華実力派俳優が集結。会社や仕事の「正義」と、そこで働く「意義」とは何なのか、日本企業の在り方に問題提起をする「七つの会議」は、リコール隠しや内部告発をテーマにした、働く人全てに贈る究極の企業サスペンス映画です。
監督:服澤克雄 キャスト:野村萬斎(八角民夫)、香川照之(北川誠)、及川光博(原島万二)、片岡愛之助(坂戸宣彦)、音尾琢真(三沢逸郎)、藤森慎吾(新田雄介)、朝倉あき(浜本優衣)、岡田浩暉(佐野健一郎)、木下ほうか(田部)、吉田羊(淑子)、土屋太鳳(三沢奈々子)、小泉孝太郎(奈倉翔平)、溝端淳平(星野)、春風亭昇太(飯山孝実)、立川談春(江木恒彦)、勝村政信(加茂田久司)、世良公則(村西京助)、鹿賀丈史(梨田元就)、橋爪功(宮野和広)、北大路欣也(徳山郁夫)、ほか

「コーヒーが冷めないうちに」のネタバレあらすじ結末

コーヒーが冷めないうちにの紹介:2018年日本映画。舞台演出家・脚本化の川口俊和の舞台作品ならびに小説「コーヒーが冷めないうちに」と「この嘘がばれないうちに」を映画化したファンタジー作品です。都市伝説で過去に戻れる席があるという喫茶店、来店した人々は次々とその席で不思議な出来事を体験することになります…。
監督:塚原あゆ子 出演者:有村架純(時田数)、伊藤健太郎(新谷亮介)、波瑠(清川二美子)、林遣都(賀田多五郎)、深水元基(時田流)、松本若菜(平井久美)、薬師丸ひろ子(高竹佳代)、吉田羊(平井八絵子)、松重豊(房木康徳)、石田ゆり子(謎の女)ほか

「恋は雨上がりのように」のネタバレあらすじ結末

恋は雨上がりのように の紹介:2018年日本映画。冴えないファミリーレストランの店長に片想いする女子高生の恋模様を描く。眉月じゅん原作コミック「恋は雨上がりのように」を、「帝一の國」「世界から猫が消えたなら」の永井怜が実写化。店長を「アイアムアヒーロー」の大泉洋、女子高生を「乾き。」の小松菜奈が演じる。
監督:永井聡 キャスト:小松菜奈(橘あきら)、大泉洋(近藤正己)、清野菜名(喜屋武はるか)、磯村勇斗(加瀬亮介)、葉山奨之(吉澤タカシ)、松本穂香(西田ユイ)、山本舞香(倉田みずき)、篠原篤(大塚)、濱田マリ(久保佳代子)、戸次重幸(九条ちひろ)、吉田羊(橘ともよ)、ほか

「ラブ×ドック」のネタバレあらすじ結末

ラブ×ドックの紹介:2017年日本映画。30過ぎてからは女として生きるにしてもかわいいだけじゃダメ。仕事や恋にと色々傷つくことも多くなり頭打ちに。それでも諦めずに頑張るパティシエの剛田飛鳥は、ある日ネットで不思議な恋愛クリニック「ラブドック」を見つける。そこには遺伝子レベルでその人の恋愛傾向や恋愛体質を調べて危険な恋愛を阻止できる注射があるという。若いときとは違う恋愛でちょっとカッコ悪かったり、あせったり、疑ったり、期待したりしながらそれでも全力で幸せになろうとするラブコメディ。
監督:鈴木おさむ 出演:吉田羊(剛田飛鳥)、野村周平(花田星矢)、大久保佳代子(細谷千種)、篠原篤(権田健一)、唐田えりか(上田美咲)、川畑要(卓球バーの店長)、山田純大(飛鳥の元カレ)、音尾琢真(飛鳥の元同僚)、大鶴義丹(熱帯魚屋の店長)、成田凌(桜木美木)、広末涼子(冬木玲子)、吉田鋼太郎(淡井淳治)、玉木宏(野村俊介)、ほか

「江ノ島プリズム」のネタバレあらすじ結末

江ノ島プリズムの紹介:2013年日本映画。江の島を舞台に、10代の男女の恋と友情を描いた青春映画。親友が亡くなったのは自分のせいだと責任を感じ、何度も過去に戻り未来を変えようと奔走する主人公の修太。タイムトラベラーとなった彼が変えた未来とは?キャッチフレーズは「過去なんて、変えてやる…」で、亡くした親友の命を救うために過去を変えようと奔走する姿をみずみずしく、ハートフルに描いています。青春時代の無邪気さ、戸惑い、友情、そして淡い恋心などを映し出したSF青春ドラマです。
監督:吉田康弘 出演:福士蒼汰(城ヶ崎修太)、野村周平(木島朔)、本田翼(安藤ミチル)、未来穂香(今日子)、 大津尋葵、長部努、吉田羊、赤間麻里子、西田尚美、ほか

「HERO(2015年・木村拓哉主演)」のネタバレあらすじ結末

HEROの紹介:2015年日本映画。フジテレビ系列で放送された木村拓哉主演のTVドラマ『HERO』の劇場版第2弾です。キャッチコピーは「新たなる伝説が始まる」で、ある一人の若い女性の不審な交通死亡事故を発端に、常識にとらわれず自分の価値観で捜査をする検事・久利生公平と東京地検城西支部の個性的な仲間たちが、外交特権という高い壁に立ち向かっていく姿を軽妙なタッチで描いたサスペンス・ヒューマン映画です。この作品は、第33回ゴールデングロス賞(2015年)の日本映画部門・優秀銀賞を受賞し、出演した吉田羊は第40回報知映画賞助演女優賞しました。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(久利生公平)、北川景子(麻木千佳)、杉本哲太(田村雅史)、濱田岳(宇野大介)、正名僕蔵(井戸秀二)、吉田羊(馬場礼子)、松たか子(雨宮舞子)、佐藤浩市(松葉圭介)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑