「イカとクジラ」のネタバレあらすじ結末

2017/10/12掲載

イカとクジラの紹介:2005年アメリカ映画。一流作家だった過去を持つ、不器用で口の悪い父親。売れっ子作家で、性生活が自由すぎる母親。そんなとんでもない両親にふりまわされる、思春期の青年の苦悩と成長。会話の中に文学やロックや映画のネタを織り込み、オフ・ビートに仕上げたユニークなヒューマン・ドラマ。監督のバームバックマン自身が高校時代に体験した、両親の離婚を描いた作品といわれている。「ソーシャル・ネットワーク」(2010)のジェシー・アイゼンバーグが、初々しい高校生を演じている。
監督:ノア・バームバックマン 出演:ジェフ・ダニエルズ(バーナード・バークマン)、ローラ・リニー(ジョーン・バークマン)、ジェシー・アイゼンバーグ(ウォルト・バークマン)、オーウェン・クライン(フランク・バークマン)、ウィリアム・ボールドウィン(アイヴァン)、アンナ・パキン(リリー)、ヘイリー・ファイファー(ソフィー)ほか

「おやすみなさいを言いたくて」のネタバレあらすじ結末

2017/10/12掲載

おやすみなさいを言いたくての紹介:2013年ノルウェー,アイルランド,スウェーデン映画。危険な紛争地域で取材を続ける報道写真家の女性が、夫や娘たちとの愛を大切に思う気持ちと、抑えきれない強い正義感からくる使命との間で葛藤する姿を描く。
監督:エリック・ポッペ 出演:ジュリエット・ビノシュ(レベッカ)、ニコライ・コスター=ワルドー(マーカス)、ローリン・キャニー(ステフ)、アドリアンナ・クラマー・カーティス(リサ)、マリア・ドイル・ケネディ(テレサ)、ラリー・マレン・Jr(トム)、ほか

「ビフォア・サンセット」のネタバレあらすじ結末

2017/10/12掲載

ビフォア・サンセットの紹介:2004年アメリカ映画。9年前、ウィーンで運命的な出会いを果たしたジェシーとセリーヌ。その一夜の出来事をジェシーが本に書いたことで、再会を果たします。二人の想いは、あの時のままなのか?新たな展開が訪れます。
監督:リチャード・リンクレイター 出演:イーサン・ホーク(ジェシー)、ジュリー・デルピー(セリーヌ)、ヴァーノン・ドブチェフ、ルイーズ・レモワン・トレス、ロドルフ・ポリー、ほか

「スーパー・チューズデー 正義を売った日」のネタバレあらすじ結末

2017/10/12掲載

スーパー・チューズデー 正義を売った日の紹介:2011年アメリカ映画。アメリカ大統領選、民主党代表候補のモリスの選挙戦は正念場を迎え、対するプルマン議員との接戦を繰り広げていた。ある日、敵陣営リーダーからスカウトを受けた広報官スティーヴン。そんな中、若く美しい女性モリーに出会い2人は深い関係になります。が、彼女の携帯にモリスからの着信。彼女は以前1度モリスと関係を持ち、その時の子供を妊娠していたのです。アメリカ大統領予備選挙の舞台裏をスキャンダラスに描く政治サスペンス。
監督:ジョージ・クルーニー 出演:ライアン・ゴズリング(スティーヴン・マイヤーズ)、ジョージ・クルーニー(マイク・モリス知事)、フィリップ・シーモア・ホフマン(ポール・ザラ)、ポール・ジアマッティ(トム・ダフィー)、マリサ・トメイ(アイダ・ホロウィッチ)、ジェフリー・ライト(トンプソン上院議員)、ほか

「極道の妻たち」のネタバレあらすじ結末

2017/10/11掲載

極道の妻(おんな)たちの紹介:1986年日本映画。家田荘子のルポルタージュを原作に、ヤクザの世界を女性の視点から描いた人気シリーズの第1作です。暴力団の抗争に巻き込まれていく二人の女性を描いています。
監督:五社英雄 出演者:岩下志麻(粟津環)、かたせ梨乃(池真琴)、成田三樹夫(小磯明正)、世良公則(杉田潔志)、藤間紫(堂本絹江)ほか

「13ラブ30 サーティンラブサーティ」のネタバレあらすじ結末

2017/10/11掲載

13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティの紹介:2004年アメリカ映画。13歳の誕生日を迎えたジェナは大人の女性に憧れており早く30歳になりたいと願っていました。誕生日パーティーに幼馴染のマットから手作りドールハウスをもらい願いの叶う粉をふりかけてもらいました。その後目覚めた彼女は30歳、雑誌記者の敏腕編集者として順風満帆な生活をしていた。理想と現実のギャップに戸惑いながらも本当に大切なものを見つけていく様子を描く。
監督:ゲイリー・ウィニック 出演:ジェニファー・ガーナー(ジェナ)、マーク・ラファロ(マット)、ジュディ・グリア(ルーシー)、アンディ・サーキス(リチャード)、キャシー・ベイカー(ビバリー)、ほか

「釣りバカ日誌5」のネタバレあらすじ結末

2017/10/11掲載

釣りバカ日誌5の紹介:1992年日本映画。ハマちゃんの愛児 鯉太郎はもう少しで一歳。一人で動き回り目が離せません。そんな時ハマちゃんの母が上京。鯉太郎を母に預けて、みち子さんは同窓会に出かけます。ところが母がぎっくり腰になってしまい、ハマちゃんは鯉太郎をつれて会社に行くはめに。そこで、鯉太郎が行方不明になり、会社中が大騒ぎ。ハマちゃんは騒ぎの責任を取り、丹後半島のスッポン養殖場の係に転勤。ハマちゃんは、この丹後半島でみち子さんと鯉太郎と生活することを決断するが、寂しくなるスーさんはどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、中本賢(太田八郎)、戸川純(恵)、乙羽信子(浜崎たき)ほか

「釣りバカ日誌4」のネタバレあらすじ結末

2017/10/11掲載

釣りバカ日誌4の紹介:1991年日本映画。ハマちゃんの所属する営業三課長にスーさんの甥・宇佐美和彦が配属されてきた。なんと、彼は仕事よりも釣りと家庭を大事にするハマちゃんに憧れます。そんな和彦が釣り船のはっちゃんの妹 町子と恋仲になり、かけおちしてしまう。ハマちゃんが連れ戻しに和歌山に、その後をスーさんが追います。みち子さんも出産が近づいている、さてどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、谷啓(佐々木和男)、尾美としのり(宇佐美和彦)、佐野量子(太田町子)、ほか

「釣りバカ日誌3」のネタバレあらすじ結末

2017/10/11掲載

釣りバカ日誌3の紹介:1990年日本映画。スーさんは、子どもが出きないと元気りのないハマちゃんを誘って伊豆の上伊豆町星ヶ浦に釣りにやってきた。そこで、先導さんから同船を求められて乗り込んだ女性が雪子でした。彼女の釣りの腕に関心したことから仲良くなる。なんと雪子、はスーさんの昔の恋人の娘だった。雪子はスーさんが本当の父親ではないかと思っています。ハマちゃんとみち子さんも、疑ってスーさんに攻め寄ります。真相はどうなのか、浜崎家に、あかちゃんは誕生するのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(みち子)、谷啓(佐々木課長)、五月みどり(雪子)、戸川純(恵)、ほか

「釣りバカ日誌2」のネタバレあらすじ結末

2017/10/11掲載

釣りバカ日誌2の紹介:1989年日本映画。スーさんが失踪した。奥さんから頼まれてハマちゃんは愛知県渥美半島に探しに行きます。浜辺で心臓発作を起こしたスーさんは、旅行中の女性に助けられます。二人がホテルの一室でいるところをハマちゃんに見られてしまう。とっさにスーさんは、彼女を自分の娘だと嘘をつきます。このう嘘が会社を巻き込む騒動になります。ハマちゃんとスーさんの友情はどうなるのか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之助)、石田えり(浜崎みち子)、原田美枝子(間宮弥生)、谷啓(佐々木課長)、ほか

「釣りバカ日誌」のネタバレあらすじ結末

2017/10/11掲載

釣りバカ日誌の紹介:1988年日本映画。釣りバカ日誌シリーズ1作目。鈴木建設の高松始点から東京本社に転勤して来た浜崎伝助ことハマちゃんは、仕事や出世にまるで興味がない万年平社員。愛妻美智子さんと釣りをなによりも大事にしています。転勤初日から遅刻するありさまです。ひょんなことから、寂しそうな初老の男性と知り合い、釣りの師弟関係を結びますが、その老人はハマちゃんの勤める鈴木建設の社長・鈴木一之助・スーさんだった。そんなことはつい知らず、ハマちゃんとスーさんはとの友情が深まります。しかし、会社で二人が出会い、お互いのことを知ります。さて二人の友情はどうなるのでしょうか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之肋)、石田えり(浜崎みち子)、山瀬まみ(久美子)、谷啓(佐々木和男)、ほか

「アナベル 死霊館の人形」のネタバレあらすじ結末

2017/10/11掲載

アナベル 死霊館の人形の紹介:2014年アメリカ映画。「呪いの人形」アナベルの物語で、実在の心霊研究家夫婦が体験した不吉な出来事を描いた映画「死霊館」に登場したアナベル人形をメインにしたスピンオフ作品。アナベルを手に入れた夫妻が遭遇する戦慄の恐怖と、アナベル人形誕生の秘密が描かれる。
監督:ジョン・R・レオネッティ 出演:アナベル・ウォ―リス(ミア・フォーム)、ウォード・フォートン(ジョン・フォーム)。トニー・アメンドーラ(ペレズ神父)、アルフレ・ウッダード(エブリン)、ケリー・オマリー(シャロン・ヒギンズ)ほか

「APPLESEED アップルシード」のネタバレあらすじ結末

2017/10/10掲載

APPLESEED アップルシードの紹介:2004年日本映画。近未来の地球、世界大戦で荒廃した廃墟で女性兵士デュナンは戦闘サイボーグ集団に襲われる。それを助けたのは世界の管理、復興を行っている都市、オリュンポスに所属するヒトミという女性と特殊部隊ESWAT、そして所属するサイボーグであり、デュナンとは旧知であり消息不明なっていたブリアレオスだった。彼等はデュナンをオリュンポスに連れ帰り、都市の一員として迎え入れるが、それは人類存亡に関する陰謀の始まりだった。士郎正宗原作の漫画を、3DCGで再アニメ化したSFアクション映画。
監督:荒牧伸志 声優:小林愛(デュナン)、小杉十郎太(ブリアレオス)、松岡由貴(ヒトミ)、小山茉美(アテナ)、藤本譲(ウラノス)、子安武人(ハデス)、仲木隆司、松岡文雄、永田博丈、桑垣紀彦、金子由之、西川幾雄、小山武宏(七賢老)

「パニック・マーケット3D」のネタバレあらすじ結末

2017/10/10掲載

パニック・マーケット3Dの紹介:2012年オーストラリア,シンガポール映画。街を襲った大地震と大津波によって水没したスーパーに店内に閉じ込められた従業員と客が侵入してきたサメに脱出を阻まれます。サメと格闘しながら逃げ出す方法探り・・・という話です。劇場では3D映像で見ることができたパニックホラー映画です。
監督:キンブル・レンドール 出演者:ゼイビア・サミュエル(ジョシュ)、シャーニ・ビンソン(ティナ)、ジュリアン・マクマホン(ドイル)、フィービー・トンキン(ジェイミー)、マーティン・サックス(トッド)ほか

「スイス・アーミー・マン」のネタバレあらすじ結末

2017/10/10掲載

スイス・アーミー・マンの紹介:2016年スウェーデン,アメリカ映画。無人島にたったひとりで遭難した青年・ハンクが、自ら命を絶とうとしたときに見つけたのは、流れ着いた死体でした。その死体からはガスが出ており、ハンクはその浮力を利用して島から脱出し、生き残るためにその死体を駆使して救助を待ちますが、その死体と意外な関係が築かれていきます。
監督:ダニエル・シュナイナート、ダニエル・クワン 出演:ポール・ダノ(ハンク)、ダニエル・ラドクリフ(メニー)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(サラ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 319
TOP↑