アンソニー・ホプキンス映画一覧

アンソニー・ホプキンスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「マイティ・ソー バトルロイヤル」のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソー バトルロイヤルの紹介:2017年アメリカ映画。オーディンの死と共にソーの前に現れたのは死の女神ヘラ。彼女はソーを辺境の地へと追いやり同時にアスガルドを支配するため侵略を開始する。アスガルド支配は始まりに過ぎない、彼女の目的は全宇宙の支配である。マーベルシネマティックユニバースから人気シリーズ「マイティ・ソー」の第3弾。本作に登場する最強の敵ヘラ役にはケイト・ブランシェットが起用されている。
監督:タイカ・ワイティティ 出演:クリス・ヘムズワース(ソー)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ケイト・ブランシェット(ヘラ)、イドリス・エルバ(ヘイムダル)、ジェフ・ゴールドブラム(グランドマスター)、テッサ・トンプソン(ヴァルキリー)、カール・アーバン(スカージ)、浅野忠信(ホーガン)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、ほか

「ノア 約束の舟」のネタバレあらすじ結末

ノア 約束の舟の紹介:2014年アメリカ映画。旧約聖書の重要なエピソードのひとつ「ノアの方舟」を壮大なスケールで映画化したスペクタクル作品です。神の啓示を受け、方舟作りに邁進するノアが、家族への愛と自らの使命との間で苦悩する姿を描いています。
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演者:ラッセル・クロウ(ノア)、ジェニファー・コネリー(ナーマ)、エマ・ワトソン(イラ)、ローガン・ラーマン(ハム)、アンソニー・ホプキンス(メトシェラ)ほか

「日の名残り」のネタバレあらすじ結末

日の名残りの紹介:1993年イギリス映画。2017年のノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの同名小説を映画化。第一次世界大戦と第二次世界大戦の狭間で、淡い恋に揺れ動く執事の哀切を描く。アメリカ人の富豪に仕える老執事スティーブンスは、人手不足に悩んでいた。かつて共に働いた有能な女中頭ケントンから手紙を受け取った彼は、彼女に職場復帰を促すため休暇を得て旅に出る。その道すがら、スティーブンスは主人に忠実であり過ぎたために生まれた過ちと、失った愛の可能性を確認していくのだった。
監督:ジェームズ・アイヴォリー 出演者:アンソニー・ホプキンス(ジェームズ・スティーブンス)、エマ・トンプソン(ミス・ケントン)、ジェームズ・フォックス(ダーリントン卿)、クリストファー・リーヴ(ルイス)、ピーター・ヴォーン(ウィリアム・スティーブンス)ほか

「ブラック・ファイル 野心の代償」のネタバレあらすじ結末

ブラック・ファイル 野心の代償の紹介:2015年アメリカ映画。莫大な利益の裏側で薬害問題に揺れる巨大製薬会社の不正を暴こうとする野心家の若手弁護士が、次々と周囲の人々の様々な思惑に飲み込まれていく姿を描いたサスペンスです。
監督:シンタロウ・シモサワ 出演者:ジョシュ・デュアメル(ベン・ケイヒル)、アリス・イヴ(シャーロット・ケイヒル)、イ・ビョンホン(謎の男)、アル・パチーノ(チャールズ・エイブラムス)、アンソニー・ホプキンス(アーサー・デニング)ほか

「アウトバーン」のネタバレあらすじ結末

アウトバーンの紹介:2016年イギリス,ドイツ映画。ドイツにやって来たアメリカ人の天才自動車泥棒が、現地で恋に落ちた難病を抱える女性の治療費を稼ぐために裏社会の大物からコカインを積んだトラックを強奪しようと暗躍するカーアクション・サスペンスです。
監督:エラン・クリ―ヴィー 出演者:ニコラス・ホルト(ケイシー)、フェリシエィ・ジョーンズ(ジュリエット)、マーワン・ケンザリ(マティアス)、ベン・キングズレー(ゲラン)、アンソニー・ホプキンス(ハーゲン・カール)ほか

「チャーリング・クロス街84番地」のネタバレあらすじ結末

チャーリング・クロス街84番地の紹介:1986年アメリカ映画。ニューヨークに住む女流作家と、ロンドンの古書店主。英文学の古書を通じて、距離を超えた友情を、長年に渡って育んでいく過程を、二人の書簡を通して描かれていく物語です。
監督:デヴィッド・ジョーンズ 出演:アン・バンクロフト(ヘレーヌ)、アンソニー・ホプキンス(フランク)、ジュディ・デンチ(ノーラ)、ほか

「冬のライオン」のネタバレあらすじ結末

冬のライオンの紹介:1968年イギリス映画。イングランド国王・ヘンリー2世と王妃エレノア。ある年のクリスマスの出来事を通して、家族の間の、権力者であるが故の悲しくも滑稽な人間関係を描いています。
監督:アンソニー・ハーヴェイ 出演: ピーター・オトゥール(ヘンリー)、キャサリン・ヘプバーン(エレノア)、アンソニー・ホプキンス(リチャード)、ほか

「トランスフォーマー/最後の騎士王」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマー/最後の騎士王(さいごのきしおう)の紹介:2017年アメリカ映画。日本発のおもちゃを原作とした人気映画シリーズ、トランスフォーマー5作目。最後の騎士王のテーマはトランスフォーマーが地球に来る目的。地球にトランスフォーマー達がやってきてから幾年が経ち、騒動も沈静化してきたかに見えた。しかし今だ次々と飛来する彼らの仲間、その目的は謎だった。その頃遥か宇宙の彼方では地球を去ったオプティマスが自身の創造主へと接近していた。しかしそれは再び地球に危機をもたらすことになる。
監督:マイケル・ベイ 出演:マーク・ウォールバーグ(ケイド・イェーガー)、ローラ・ハドック(ヴィヴィアン・ウェンブリー)、イザベラ・モナー(イザベラ)、スタンリー・トゥッチ(マーリン)、アンソニー・ホプキンス(エドマンド・バートン)、ピーター・カレン(オプティマス・プライム)、エリク・アーダール(バンブルビー)、ジョン・グッドマン(ハウンド)、渡辺謙(ドリフト)、ほか

「9デイズ」のネタバレあらすじ結末

9デイズの紹介:2002年アメリカ映画。小型核爆弾の取引に潜入していたCIA諜報員のケヴィンは、爆弾の横取りを狙う武装集団に襲撃され命を落としてしまう。彼の相棒だった諜報員オークスは取引を成功させるため、ジェイク・ヘイズというケヴィンそっくりの男に話を持ちかける…。
監督:ジョエル・シューマカー 出演:アンソニー・ホプキンス(ゲイロード・オークス)、クリス・ロック(ジェイク・ヘイズ / ケヴィン・ポープ)、ピーター・ストーメア(アドリク・ヴァス)、ケリー・ワシントン(ジュリー)、ガブリエル・マクト(シール)、ほか

「ザ・ライト エクソシストの真実」のネタバレあらすじ結末

ザ・ライト エクソシストの真実の紹介:2011年アメリカ映画。主演は「羊たちの沈黙」「ハンニバル」などのアンソニー・ホプキンスが努め、悪魔祓い、エクソシストをテーマとした実話がもとになっているサスペンスホラー映画。若い神学生が悪魔の脅威を目の当たりにしたことにより、エクソシストになるまでを描く。
監督:ミカエル・ハフストローム 出演:アンソニー・ホプキンス(ルーカス神父)、コリン・オドナヒュー(マイケル・コヴァック)、アリシー・ブラガ(アンジェリーナ)、キアラン・ハインズ(ザビエル神父)、トビー・ジョーンズ(マシュー神父)、ルトガー・ハウアー(イシュトヴァン・コヴァック)、ほか

「白いカラス」のネタバレあらすじ結末

白いカラスの紹介:2003年アメリカ映画。人種差別、DV、年の差などのに対する周囲の偏見や障害をテーマにしたヒューマンドラマ。ピュリッツァー賞作家のフィリップ・ロスのベストセラー小説を映画化。
監督:ロバート・ベントン 出演:アンソニー・ホプキンス(コールマン・シルク教授)、ニコール・キッドマン(フォーニア・ファーリー)、エド・ハリス(レスター・ファーリー)、ゲイリー・シニーズ(ネイサン・ザッカーマン)、ほか

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

プルーフ・オブ・マイ・ライフの紹介:2005年アメリカ映画。舞台劇「プルーフ/証明」の映画化作品で、天才数学者の父親をもち同じく数学を学んで育ったキャサリン。精神を病みながらも数学の証明をしようとする父を看病していましたが彼はなくなってしまいます。そして教え子であったハルは、彼の机から数学の歴史に残るであろう証明を見つけます。
監督:ジョン・マッデン 出演者:グウィネス・パルトロー(キャサリン)、アンソニー・ホプキンス(ロバート)、ジェイク・ジレンホール(ハル)、ホープ・デイヴィス(クレア)ほか

「グリンチ」のネタバレあらすじ結末

グリンチの紹介:2000年アメリカ映画。海外で著名な絵本作家、ドクター・スースが1957年に発表した「いじわるグリンチのクリスマス」が原題。アカデミー賞でメイク・アップ賞を獲得したファンタジーした作品。
監督:ロン・ハワード 出演:ジム・キャリー(グリンチ)、ジェフリー・タンバー(メイ・フー市長)、クリスティーン・バランスキー(マーサ・メイ・フーヴィエ)、モリー・シャノン(ベティ・ルー・フー)、アンソニー・ホプキンス(ナレーション)、ほか

「エレファント・マン」のネタバレあらすじ結末

エレファント・マンの紹介:1980年アメリカ,イギリス映画。自主映画「イレイザーヘッド」によって注目を浴びたデヴィッド・リンチが初めて商業作品として監督した名作。アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞などにノミネート。リンチの名前を一般に知らしめた。
監督:デヴィッド・リンチ 出演:ジョン・ハート(ジョン・メリック)、アンソニー・ホプキンス(フレデリック・トリーブス)、アン・バンクロフト、ジョン・ギールグッド、ウェンディ・ヒラー、ほか

「ジャガーノート」のネタバレあらすじ結末

ジャガーノートの紹介:1974年イギリス映画。赤青どちらの線を切るべきか。映画の爆弾処理でよく見る場面だが、その元祖と言われているサスペンスドラマ。リチャード・レスター監督がいつものギャグ描写を最小限にとどめ、息詰まるサスペンスを盛り上げている。
監督:リチャード・レスター 出演:リチャード・ハリス(ファロン)、オマー・シャリフ(ブルネル船長)、シャーリー・ナイト(バニスター夫人)、アンソニー・ホプキンス(マクレオド警部)、イアン・ホルム(ポーター専務)、ほか

1 2
TOP↑