アンソニー・ホプキンス映画一覧

アンソニー・ホプキンスが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「チャーリング・クロス街84番地」のネタバレあらすじ結末

チャーリング・クロス街84番地の紹介:1986年アメリカ映画。ニューヨークに住む女流作家と、ロンドンの古書店主。英文学の古書を通じて、距離を超えた友情を、長年に渡って育んでいく過程を、二人の書簡を通して描かれていく物語です。
監督:デヴィッド・ジョーンズ 出演:アン・バンクロフト(ヘレーヌ)、アンソニー・ホプキンス(フランク)、ジュディ・デンチ(ノーラ)、ほか

「冬のライオン」のネタバレあらすじ結末

冬のライオンの紹介:1968年イギリス映画。イングランド国王・ヘンリー2世と王妃エレノア。ある年のクリスマスの出来事を通して、家族の間の、権力者であるが故の悲しくも滑稽な人間関係を描いています。
監督:アンソニー・ハーヴェイ 出演: ピーター・オトゥール(ヘンリー)、キャサリン・ヘプバーン(エレノア)、アンソニー・ホプキンス(リチャード)、ほか

「トランスフォーマー/最後の騎士王」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマー/最後の騎士王(さいごのきしおう)の紹介:2017年アメリカ映画。日本発のおもちゃを原作とした人気映画シリーズ、トランスフォーマー5作目。最後の騎士王のテーマはトランスフォーマーが地球に来る目的。地球にトランスフォーマー達がやってきてから幾年が経ち、騒動も沈静化してきたかに見えた。しかし今だ次々と飛来する彼らの仲間、その目的は謎だった。その頃遥か宇宙の彼方では地球を去ったオプティマスが自身の創造主へと接近していた。しかしそれは再び地球に危機をもたらすことになる。
監督:マイケル・ベイ 出演:マーク・ウォールバーグ(ケイド・イェーガー)、ローラ・ハドック(ヴィヴィアン・ウェンブリー)、イザベラ・モナー(イザベラ)、スタンリー・トゥッチ(マーリン)、アンソニー・ホプキンス(エドマンド・バートン)、ピーター・カレン(オプティマス・プライム)、エリク・アーダール(バンブルビー)、ジョン・グッドマン(ハウンド)、渡辺謙(ドリフト)、ほか

「9デイズ」のネタバレあらすじ結末

9デイズの紹介:2002年アメリカ映画。小型核爆弾の取引に潜入していたCIA諜報員のケヴィンは、爆弾の横取りを狙う武装集団に襲撃され命を落としてしまう。彼の相棒だった諜報員オークスは取引を成功させるため、ジェイク・ヘイズというケヴィンそっくりの男に話を持ちかける…。
監督:ジョエル・シューマカー 出演:アンソニー・ホプキンス(ゲイロード・オークス)、クリス・ロック(ジェイク・ヘイズ / ケヴィン・ポープ)、ピーター・ストーメア(アドリク・ヴァス)、ケリー・ワシントン(ジュリー)、ガブリエル・マクト(シール)、ほか

「ザ・ライト エクソシストの真実」のネタバレあらすじ結末

ザ・ライト エクソシストの真実の紹介:2011年アメリカ映画。主演は「羊たちの沈黙」「ハンニバル」などのアンソニー・ホプキンスが努め、悪魔祓い、エクソシストをテーマとした実話がもとになっているサスペンスホラー映画。若い神学生が悪魔の脅威を目の当たりにしたことにより、エクソシストになるまでを描く。
監督:ミカエル・ハフストローム 出演:アンソニー・ホプキンス(ルーカス神父)、コリン・オドナヒュー(マイケル・コヴァック)、アリシー・ブラガ(アンジェリーナ)、キアラン・ハインズ(ザビエル神父)、トビー・ジョーンズ(マシュー神父)、ルトガー・ハウアー(イシュトヴァン・コヴァック)、ほか

「白いカラス」のネタバレあらすじ結末

白いカラスの紹介:2003年アメリカ映画。人種差別、DV、年の差などのに対する周囲の偏見や障害をテーマにしたヒューマンドラマ。ピュリッツァー賞作家のフィリップ・ロスのベストセラー小説を映画化。
監督:ロバート・ベントン 出演:アンソニー・ホプキンス(コールマン・シルク教授)、ニコール・キッドマン(フォーニア・ファーリー)、エド・ハリス(レスター・ファーリー)、ゲイリー・シニーズ(ネイサン・ザッカーマン)、ほか

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のネタバレあらすじ結末

プルーフ・オブ・マイ・ライフの紹介:2005年アメリカ映画。舞台劇「プルーフ/証明」の映画化作品で、天才数学者の父親をもち同じく数学を学んで育ったキャサリン。精神を病みながらも数学の証明をしようとする父を看病していましたが彼はなくなってしまいます。そして教え子であったハルは、彼の机から数学の歴史に残るであろう証明を見つけます。
監督:ジョン・マッデン 出演者:グウィネス・パルトロー(キャサリン)、アンソニー・ホプキンス(ロバート)、ジェイク・ジレンホール(ハル)、ホープ・デイヴィス(クレア)ほか

「グリンチ」のネタバレあらすじ結末

グリンチの紹介:2000年アメリカ映画。海外で著名な絵本作家、ドクター・スースが1957年に発表した「いじわるグリンチのクリスマス」が原題。アカデミー賞でメイク・アップ賞を獲得したファンタジーした作品。
監督:ロン・ハワード 出演:ジム・キャリー(グリンチ)、ジェフリー・タンバー(メイ・フー市長)、クリスティーン・バランスキー(マーサ・メイ・フーヴィエ)、モリー・シャノン(ベティ・ルー・フー)、アンソニー・ホプキンス(ナレーション)、ほか

「エレファント・マン」のネタバレあらすじ結末

エレファント・マンの紹介:1980年アメリカ,イギリス映画。自主映画「イレイザーヘッド」によって注目を浴びたデヴィッド・リンチが初めて商業作品として監督した名作。アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞などにノミネート。リンチの名前を一般に知らしめた。
監督:デヴィッド・リンチ 出演:ジョン・ハート(ジョン・メリック)、アンソニー・ホプキンス(フレデリック・トリーブス)、アン・バンクロフト、ジョン・ギールグッド、ウェンディ・ヒラー、ほか

「ジャガーノート」のネタバレあらすじ結末

ジャガーノートの紹介:1974年イギリス映画。赤青どちらの線を切るべきか。映画の爆弾処理でよく見る場面だが、その元祖と言われているサスペンスドラマ。リチャード・レスター監督がいつものギャグ描写を最小限にとどめ、息詰まるサスペンスを盛り上げている。
監督:リチャード・レスター 出演:リチャード・ハリス(ファロン)、オマー・シャリフ(ブルネル船長)、シャーリー・ナイト(バニスター夫人)、アンソニー・ホプキンス(マクレオド警部)、イアン・ホルム(ポーター専務)、ほか

「REDリターンズ」のネタバレあらすじ結末

REDリターンズの紹介:2013年アメリカ映画。映画『RED/レッド』の続編。今回のREDリターンズではアンソニー・ホプキンス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、イ・ビョンホンも参加した豪華キャストで贈る。元CIA凄腕工作員のフランクは平穏な引退生活を望んでいるのだが、彼の恋人で一般人のサラは、在り来たりの日常ではなく、スリルと冒険に満ちた非日常を求めていた。そんなある日、昔の仲間であるマーヴィンがフランクの危機を知らせに来る。過去、アメリカが極秘に進めていた兵器計画が突然ネットに公表され、それを巡りまたもフランクに古い因縁が襲いかかってくる。
監督:ディーン・パリソット 出演:ブルース・ウィリス(フランク・モーゼス)、ジョン・マルコヴィッチ(マーヴィン・ボックス)、メアリー=ルイーズ・パーカー(サラ・ロス)、イ・ビョンホン(ハン・チョバイ)、アンソニー・ホプキンス(エドワード・ベイリー)、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(カーチャ・ペトロビッチ)、ほか

「ジョー・ブラックをよろしく」のネタバレあらすじ結末

ジョー・ブラックをよろしくの紹介:1998年アメリカ映画。1934年の映画『明日なき抱擁』のリメイク版です。人間界に興味を抱いた死神は、人間の青年の姿を借りて現れます。ジョー・ブラックと名乗ることになった死神は、人間の女性と恋に落ちます。第19回ゴールデンラズベリー賞最低リメイク及び続編賞にノミネートされています。
監督:マーティン・ブレスト 出演者:ブラッド・ピット(ジョー・ブラック/コーヒーショップの青年)、アンソニー・ホプキンス(ウィリアム“ビル”・パリッシュ)、クレア・フォーラニ(スーザン・パリッシュ)、ジェイク・ウェバー(ドリュー)、マーシャ・ゲイ・ハーデン(アリソン・パリッシュ)ほか

「ドラキュラ」のネタバレあらすじ結末

ドラキュラの紹介:1992年アメリカ映画。最愛の妻エリザベートを亡くしたドラクルは、神を憎み吸血鬼と変貌します。400年後、彼は亡き妻と瓜二つのミナという女性に会います。ブラム・ストーカーの『吸血鬼ドラキュラ』を原作とし、監督は「ゴッドファーザー」シリーズの巨匠F・F・コッポラです。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演者:ゲーリー・オールドマン (ドラキュラ伯爵)、ウィノナ・ライダー(ミナ/エリザベータ)、アンソニー・ホプキンス(ヘルシング教授)、キアヌ・リーヴス(ジョナサン)、リチャード・E・グラント(ジャック・セワード)ほか

「マスク・オブ・ゾロ」のネタバレあらすじ結末

マスク・オブ・ゾロの紹介:1998年アメリカ映画。伝説の映画、マスクオブゾロは怪傑ゾロを再映画化した作品で、今作では革命に揺れるメキシコを舞台にカリフォルニアをわが物にしようとする独裁者とゾロとの闘いが描かれます。
監督 :マーティン・キャンベル 出演:アントニオ・バンデラス(アレハンドロ/ゾロ)、アンソニー・ホプキンス(ディエゴ/ゾロ)、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ(エレナ)、スチュアート・ウィルソン(モンテロ)、マット・レッシャー(ハリソン・ラヴ)、ヴィクター・リヴァース(ホアキン)ほか

「ヒッチコック」のネタバレあらすじ結末

ヒッチコックの紹介:2012年アメリカ映画。世界的な映画監督、アルフレッド・ヒッチコックが手がけたサスペンス映画「サイコ」の舞台裏を描く。「サイコ」の制作を中心軸として、人間ヒッチコックの情熱や苦悩、そして妻アルマとの衝突と愛を紡いだ作品。原作はスティーヴン・レベロ著『アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ』である。
監督:サーシャ・ガヴァシ 出演者:アンソニー・ホプキンス(アルフレッド・ヒッチコック)、ヘレン・ミレン(アルマ・レヴィル)、スカーレット・ヨハンソン(ジャネット・リー)、ジェシカ・ビール(ヴェラ・マイルズ)、ダニー・ヒューストン(ウィッドフィールド・クック)ほか

1 2
TOP↑