アンソニー・ホプキンス映画一覧

「マスク・オブ・ゾロ」のネタバレあらすじ結末

マスク・オブ・ゾロの紹介:1998年アメリカ映画。伝説の映画、マスクオブゾロは怪傑ゾロを再映画化した作品で、今作では革命に揺れるメキシコを舞台にカリフォルニアをわが物にしようとする独裁者とゾロとの闘いが描かれます。
監督 :マーティン・キャンベル 出演:アントニオ・バンデラス(アレハンドロ/ゾロ)、アンソニー・ホプキンス(ディエゴ/ゾロ)、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ(エレナ)、スチュアート・ウィルソン(モンテロ)、マット・レッシャー(ハリソン・ラヴ)、ヴィクター・リヴァース(ホアキン)ほか

「ヒッチコック」のネタバレあらすじ結末

ヒッチコックの紹介:2012年アメリカ映画。世界的な映画監督、アルフレッド・ヒッチコックが手がけたサスペンス映画「サイコ」の舞台裏を描く。「サイコ」の制作を中心軸として、人間ヒッチコックの情熱や苦悩、そして妻アルマとの衝突と愛を紡いだ作品。原作はスティーヴン・レベロ著『アルフレッド・ヒッチコック&ザ・メイキング・オブ・サイコ』である。
監督:サーシャ・ガヴァシ 出演者:アンソニー・ホプキンス(アルフレッド・ヒッチコック)、ヘレン・ミレン(アルマ・レヴィル)、スカーレット・ヨハンソン(ジャネット・リー)、ジェシカ・ビール(ヴェラ・マイルズ)、ダニー・ヒューストン(ウィッドフィールド・クック)ほか

「レッド・ドラゴン」のネタバレあらすじ結末

レッド・ドラゴンの紹介:2002年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』『ハンニバル』に続く、ハンニバル・レクター博士シリーズの第3弾の映画。時系列としては、シリーズ4作目の『ハンニバル・ライジング』に次いで、2番目にあたる映画。1980年の頃のアメリカで、グレアム捜査官とレクター博士の対決を描く。
監督:ブレット・ラトナー 出演者:エドワード・ノートン(ウィル・グレアム)、アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、ハーヴェイ・カイテル(ジャック・クロフォード)、レイフ・ファインズ(フランシス・ダラハイド)、エミリー・ワトソン(リーバ・マクレーン)ほか

「ハンニバル」のネタバレあらすじ結末

ハンニバルの紹介:2001年アメリカ映画。映画『羊たちの沈黙』の続編にあたる映画。トマス・ハリスの小説の映画化。猟奇的なシーンが多く、日本公開時にはR-15指定を受けた。『羊たちの沈黙』で強烈な印象を残したハンニバル・レクター博士のその後を描く。
監督:リドリー・スコット 出演者:アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、ジュリアン・ムーア(クラリス・スターリング)、ゲイリー・オールドマン(メイスン・ヴァージャー)、レイ・リオッタ(ポール・クレンドラー)、ジャンカルロ・ジャンニーニ(パッツィ捜査官)ほか

「羊たちの沈黙」のネタバレあらすじ結末

羊たちの沈黙の紹介:1990年アメリカ映画。連続猟奇殺人犯を追うFBIの実習生と、猟奇殺人犯の囚人でありながら高い知性を持つ元精神科医の交流を描いた作品。息詰まる展開は高く評価され、アカデミー賞で各種の賞を受賞した。事件は解決に向かうのか?クラリスはトラウマを解消できるのか?レクターは自分の望みを叶えられることができるのか?ハラハラしっぱなしの名作中の名作です。
監督 :ジョナサン・デミ 出演: ジョディ・フォスター(クラリス・スターリング)、アンソニー・ホプキンス(ハンニバル・レクター)、スコット・グレン(クロフォード主任捜査官)、テッド・レヴィン(バッファロー・ビル)、アンソニー・ヒールド(チルトン医師)、ケイシー・レモンズ(マップ)、ダイアン・ベイカー(マーティン上院議員)、ブルック・スミス(キャサリン・マーティン)、フランキー・R・フェイソン(バーニー)、ロジャー・コーマン(FBI長官)ほか

「マイティ・ソー ダークワールド」のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソー/ダーク・ワールドの紹介:2013年アメリカ作品。マーベル・コミックのキャラクターであり後に“アベンジャーズ”の一員でもある“ソー”の戦いを描いたシリーズ第2弾にして「マーベル・シネマティック・ユニバース」第8弾です。「アベンジャーズ」(2012年公開)の戦いから1年後を舞台に、ソーは銀河の支配を目論むダークエルフとの死闘に挑みます。
監督:アラン・テイラー 出演者:クリス・ヘムズワース(ソー)、ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター)、トム・ヒドルストン(ロキ)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、クリストファー・エクルストン(マレキス)ほか

「マイティ・ソー」のネタバレあらすじ結末

マイティ・ソーの紹介:2011年アメリカ映画。マーベル・コミックのキャラクターであり後に“アベンジャーズ”の一員となる“ソー”の戦いを描いたシリーズ第1弾にして「マーベル・シネマティック・ユニバース」第4弾です。神失格の烙印を押されて地球に追われた神の子ソーが強大な力を宿したハンマー“ムジョルニア”を手に闘いを繰り広げます。
監督:ケネス・ブラナー 出演者:クリス・ヘムズワース(ソー)、ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター)、トム・ヒドルストン(ロキ)、アンソニー・ホプキンス(オーディン)、浅野忠信(ホーガン)ほか

「ハイネケン誘拐の代償」のネタバレあらすじ結末

ハイネケン誘拐の代償の紹介:2015年ベルギー、アメリカ、オランダ合作。ビール企業ハイネケンの経営者が誘拐された実際の事件を映画化した。素人が犯罪に手を染めるその先の代償とは?アンソニー・ホプキンス演じるハイネケン氏が誘拐犯を翻弄する。
監督:ダニエル・アルフレッドソン 出演:アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーフェンほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑