ジョージ・ルーカス監督映画一覧

ジョージ・ルーカス監督・製作映画のネタバレあらすじ一覧です。ジョージ・ルーカス監督のおすすめ映画、人気映画や最新作まで、ジョージ・ルーカス監督作品の一覧です。

「ラビリンス/魔王の迷宮」のネタバレあらすじ結末

ラビリンス/魔王の迷宮の紹介:1986年アメリカ映画。全編ジム・ヘンソンによるマペットとデヴィッド・ボウイの曲で繰り広げられるファンタジー。物語好きの少女が弟を連れ去った魔王ジャレスの元へ、弟を取り戻す冒険に出る。
監督ジム・ヘンソン、ピーター・マクドナルド、ジミー・デイヴィス 出演:デヴィッド・ボウイ(ジャレス)、ジェニファー・コネリー(サラ)、シェリー・トンプソン(継母)、ほか

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」のネタバレあらすじ結末

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国の紹介:2008年アメリカ映画。ソ連はインディを使い、アメリカが秘匿していたオーパーツ、クリスタル・スカルを奪取する。その責任を取らされ大学を追われた彼の所に一人の青年がやってくる。彼はインディに母親の危機を救ってくれと頼んでくるが、その母親とは、かつての恋人マリオンだった。そしてその危機にも、ソ連とクリスタル・スカルが関わっていた。ジョーンズのアクションが止まらない大人気ファンタジーアクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第4弾。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ)、シャイア・ラブーフ(マット・ウィリアムズ)、レイ・ウィンストン(ジョージ・マクヘイル)、カレン・アレン(マリオン・レイヴンウッド)、ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)、ほか

「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」のネタバレあらすじ結末

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦の紹介:1989年アメリカ映画。考古学者インディに、父親で同じ考古学者のヘンリーが、学術調査中に行方不明になった事が知らされる。それを知らせきた大富豪にして支援者ドノヴァンは、ヘンリーの捜索と彼が生涯を掛けた、かのキリストの聖杯に関する調査を引き継ぐよう依頼してくる。ナチスの影が見え隠れする中、インディは十字軍のごとく聖杯探索に挑む。ヘンリー役にショーン・コネリーが抜擢された大人気考古学アクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第3弾。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ)、ショーン・コネリー(ヘンリー・ジョーンズ教授)、デンホルム・エリオット(マーカス・ブロディ)、アリソン・ドゥーディ(エルザ・シュナイダー)、ジョン・リス=デイヴィス(サラー)、ジュリアン・グローヴァー(ウォルター・ドノヴァン)、リヴァー・フェニックス(若き日のインディ・ジョーンズ)、ほか

「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」のネタバレあらすじ結末

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説の紹介:1984年アメリカ映画。考古学者インディ・ジョーンズは、危険な相手との取引に失敗し、その末にインドの山奥に降り立つ。彼はそこで出会った村人達に、奪われた彫像と攫われた子供達を救って欲しいと懇願され、ある宮殿へ乗り込む。そこは、シヴァの秘宝を悪用した邪教徒の巣窟となっていて、インディはその秘宝と子供達を守る為に奮戦する。東京ディズニーシーでもお馴染みのトロッコシーンは圧巻、大人気考古学アクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第2弾。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演者:インディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)、ウィリー・スコット(ケイト・キャプショー)、ショート・ラウンド(キー・ホイ・クァン)、モラ・ラム(アムリーシュ・プリー)ほか

「雨のなかの女」のネタバレあらすじ結末

雨のなかの女の紹介:1969年アメリカ映画。当時29歳のコッポラ監督が即興的な演出を交え、全編ロケーションで撮影したロード・ムービー。一部の批評家の絶賛を浴びた。また、メイキングのドキュメンタリーをジョージ・ルーカスが撮影。両監督の長年の交友のきっかけともなった。
監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:シャーリー・ナイト(ナタリー)、ジェームズ・カーン(ジミー・キルギャノン)、ロバート・デュヴァル(ゴードン)、マーヤ・ジメット(ロザリー)ほか

「ローグワン/スターウォーズストーリー」のネタバレあらすじ結末

ローグワン/スターウォーズストーリーの紹介:2016年アメリカ映画。「希望は死なない」。スターウォーズシリーズのサイドストーリーで、エピソード4の10分前までの物語。いうなれば、エピソード3.9。ディズニーがスターウォーズの権利を取得したことで、今後、サーガ本編とスピンオフ作品がそれぞれが隔年で毎年スターウォーズ映画が公開されることになりました。その外伝の第1弾作品です。
監督:ギャレス・エドワーズ 出演:フェリシティ・ジョーンズ(ジン・アーソ)、ディエゴ・ルナ(キャシアン・アンドー)、ベン・メンデルソーン(オーソン・クレニック)、ドニー・イェン(チアルート・イムウェ)、マッツ・ミケルセン(ゲイリン・アーソ)、アラン・テュディック(K-2SO)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(ダース・ベイダー)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)ほか

「スターウォーズ/フォースの覚醒」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ /フォースの覚醒(エピソード7)の紹介。2015年アメリカ映画。スターウォーズ7番目の物語で新3部作の始まりの作品。スターウォーズシリーズ前作の公開から10年ぶりとなる今作はエピソード6から30年後の世界が舞台となる。ジェダイに倒されたベイダー卿に代わって銀河の平和の脅威となっているファースト・オーダーとは?
監督:J・J・エイブラムス キャスト:デイジー・リドリー(レイ)、ジョン・ボヤーガ(フィン)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア姫)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2-D2)、ピーター・メイヒューマーク(チューバッカ)、ハミル(ルーク)ほか

「スターウォーズ4 新たなる希望」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード4 新たなる希望の紹介:1977年アメリカ映画。スターウォーズシリーズ1作目で最初に公開されたスターウォーズです。時系列ではスターウォーズ4(エピソード4)番目です。かつて銀河を統一していた共和国が崩壊し、新たに誕生した「銀河帝国」により圧力的に支配されている世界。自由を求め結集された反乱同盟軍と、共和国時代に存在していた「ジェダイの騎士」の末裔であるルーク・スカイウォーカーが、銀河帝国に戦いを挑んでいく。
監督:ジョージ・ルーカス 出演: マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)、ハリソン・フォード(ハン・ソロ)、キャリー・フィッシャー(レイア)、アレック・ギネス(オビ=ワン・ケノービ)、ピーター・カッシング(モフ・ターキン)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、ケニー・ベイカー(R2D2)、ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、デヴィッド・プラウズ(ダース・ベイダー)ほか

「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の紹介:2005年アメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズ6作目の実写版作品。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズ3番目の時系列で、新三部作の完結編。この作品はカンヌ国際映画祭でも上映され、スターウォーズシリーズの集大成として作成された。アナキン・スカイウォーカーがダークサイドにおちる悲劇、ダース・ベイダーの誕生と銀河帝国の成立を描いて、大ヒットを記録します。
監督:ジョージ・ルーカス 出演: ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、サミュエル・L・ジャクソンほか

「スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃の紹介:2002年アメリカ映画。『スターウォーズ』シリーズ5作目の実写版作品。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズ2番目の時系列で、今作は共和国に緊張が走る原因と、アナキンとパドメの禁断の恋や、クローン大戦を描いています。シリーズ中一番興行成績の低い作品として知られています。
監督:ジョージ・ルーカス 出演: ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、ペルニラ・アウグストほか

「スターウォーズ エピソード1/ファントムメナス」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード1/ファントムメナスの紹介:1999年アメリカ映画。『スターウォーズ』シリーズ4作目の実写版作品。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズ1番目の時系列で、今作は全ての物語の始まりを描いており、ダース・ベイダー(アナキン・スカイウォーカー)の少年時代を中心としたエピソード。社会現象となるほど世界中が熱狂の渦に巻き込まれました。
監督:ジョージ・ルーカス 出演:リーアム・ニーソン、ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ジェイク・ロイド、イアン・マクダーミドほか

「スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還の紹介:1983年アメリカ映画。『スターウォーズ』シリーズ3作目の実写版作品。SFブームを巻き起こしたスターウォーズ6番目の時系列。スターウォーズの旧三部作の完結編となり、本作ではついにダースベイダーとルークの父と子の関係性に焦点が深く当てられます。アカデミー賞特別業績賞を受賞しました。当初の副題は『ジェダイの復讐』で、後に『ジェダイの帰還』に変更された。1997年に最新のCG技術でシーンの差替えがされた『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐 特別篇』が公開。
監督:リチャード・マーカンド 製作総指揮:ジョージ・ルーカス 出演: マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アンソニー・ダニエルズ、ビリー・ディー・ウィリアムズ、イアン・マクダーミドほか

「スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード5/帝国の逆襲の紹介:1980年アメリカ映画。『スターウォーズ』シリーズ2作目の実写版作品。SFブームを巻き起こしたスターウォーズ5番目の時系列。当時では珍しいCG技術を使って戦闘シーン等を撮影した映画で、さらに今作ではアカデミー賞音響賞を受賞しています。また、世界ポスターを日本人が担当しているという珍しい展開となっています。1997年に最新のCG技術でシーンの差替えがされた『スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇』が公開されている。
監督:アーヴィン・カーシュナー 製作総指揮:ジョージ・ルーカス 出演: マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アンソニー・ダニエルズ、ビリー・ディー・ウィリアムズほか

「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」のネタバレあらすじ結末

スターウォーズ エピソード4/新たなる希望(STAR WARS EPISODE Ⅳ:A NEW HOPE)の紹介:1977年アメリカ映画。スターウォーズシリーズ1作目の実写版作品で公開当時のタイトルは「スターウォーズ」。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズ4番目の時系列。1977年に公開された画期的なSF映画で、当時はマニアックとして捉えられていたSFジャンルを一気に娯楽大作として昇華させた功績が非常に大きい作品です。1997年に最新のCG技術でシーンの差替えがされた『スターウォーズ 特別篇』が公開されている。
監督:ジョージ・ルーカス 出演: マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アレック・ギネス、ピーター・カッシングほか

TOP↑