広瀬すず映画一覧

広瀬すずが出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「三度目の殺人」のネタバレあらすじ結末

三度目の殺人の紹介:2017年日本映画。弁護士の重盛のもとへと来た依頼は殺人の罪で捕まった1人の男。彼は何故か罪を認めており、その上で言及を願っていた。さらに奇妙なことに会う度に供述を変えその真意は測れない。初めはあまり興味の無かった男の話、しかし次第に重盛は真実への興味を抱き始める。2013年に国内外で高い評価を得た「そして父になる」の是枝監督と福山雅治が再びタッグを組んだ日本の影に迫る本格サスペンス。第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品作。
監督:是枝裕和 出演:福山雅治(重盛朋章)、広瀬すず(山中咲江)、満島真之介(川島輝)、市川実日子(篠原一葵)、松岡依都美(服部亜紀子)、井上肇(小野稔亮)、斉藤由貴(山中美津江)、吉田鋼太郎(摂津大輔)、役所広司(三隅高司)、ほか

「怒り」のネタバレあらすじ結末

怒りの紹介:2016年日本映画。吉田修一原作小説「怒り」の映画化作品。家出して歌舞伎町の風俗で働いていた愛子はある日父親に千葉の家へと連れ戻された。数か月ぶりの地元、そこには見慣れない男がいた。それは地元の人間でさえも素性の知らない男。同時期、東京と沖縄でも素性を明かさない男が現れる。彼らは一体どこから来た何者なのか。鍵を握るのは一つの事件、八王子で起きた夫婦惨殺事件。現場に残る「怒」の文字。1年が経った今もなお犯人は捕まっていなかった。監督は2011年に同じく吉田修一原作小説「悪人」を映画化した李相日。
監督:李相日 出演:渡辺謙(槙洋平)、妻夫木聡(藤田優馬)、綾野剛(大西直人)、森山未來(田中信吾)、松山ケンイチ(田代哲也)、広瀬すず(小宮山泉)、池脇千鶴(明日香)、宮崎あおい(槙愛子)、ほか

「四月は君の嘘」のネタバレあらすじ結末

四月は君の嘘の紹介:2016年日本映画。2011年~2015年にかけて「月刊少年マガジン」で連載された漫画「四月は君の嘘」を実写映画化。「少年漫画」とされているが「少女漫画」のように描かれ男女問わず注目の作品。主人公宮園かをりがつく「美しい嘘」、その内容が明かされるラストシーンは感動、きっと誰もが涙するだろう。そんな主人公「宮園かをり」を演じるのは広瀬すず。かをりが嘘をつく相手「有馬公生」を演じるのは、数々のドラマや映画で人気の若手実力派、山﨑賢人が演じる。
監督:新城毅彦 原作:新川直司 出演者:広瀬すず(宮園かをり)、山崎賢人(有馬公生)、石井杏奈(澤部椿)、中川大志(渡亮太)、甲本雅裕(本田博太郎)、板谷由夏(瀬戸紘子)、檀れい(有馬早希)、ほか

「ちはやふる -下の句-」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる -下の句-の紹介:2016年日本映画。人気大爆発・競技かるた映画ちはやふる待望の続編。高校生で競技かるた現クイーンに君臨する若宮詩暢。それを倒すために、千早は奮闘するが…。
監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、真剣佑(綿谷新)、松岡茉優(若宮詩暢)ほか

「ちはやふる -上の句-」のネタバレあらすじ結末

ちはやふる -上の句-の紹介:2016年日本映画。競技かるた漫画の金字塔ちはやふるを、豪華キャストで映画化。広瀬すず・主演で、上の句(前編)、下の句(後編)の二部作構成の青春ドラマ。綾瀬千早と仲間たちのひたむきな夢や情熱を描く。
監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず(綾瀬千早)、野村周平(真島太一)、真剣佑(綿谷新)、上白石萌音(大江奏)ほか

「海街diary」のネタバレあらすじ結末

海街diary(海街ダイアリー)の紹介:2015年日本映画。吉田秋生のベストセラーコミック「海街diary」を実写映画化。14年前に家を出ていった父が残した娘すず。鎌倉に暮らす3姉妹は父と母が家を出て行ってから祖母と3人で暮らしてきたが、父の葬式でもう一人の妹すずに出会う。そして3人ではなく4人になった姉妹の新たな生活が始まり、家族の絆を深めていく姿を描く。
監督:是枝裕和 出演:綾瀬はるか(香田幸)、長澤まさみ(香田佳乃)、夏帆(香田千佳)、広瀬すず(浅野すず)、ほか

「バケモノの子」のネタバレあらすじ結末

映画バケモノの子の紹介:2015年日本映画。バケモノの子は「おおかみこどもの雨と雪」から3年ぶりに細田守監督が送り出すオリジナル長編アニメ。バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。一人ぼっちの少年九太は迷い込んだバケモノの世界で一人ぼっちのバケモノ熊徹の弟子になる。人間とバケモノの心の交流を描く成長物語。
監督:細田守 声の出演:役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、山路和弘、リリー・フランキー、大泉洋

「バケモノの子(2015年)」のネタバレあらすじ結末

映画バケモノの子の紹介:2015年日本映画。バケモノの子は「おおかみこどもの雨と雪」から3年ぶりに細田守監督が送り出すオリジナル長編アニメ。バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。身寄りがなくなった少年が街をさまよっているとバケモノの世界に迷い込んでしまった。バケモノの世界で弟子を探していた嫌われ者のバケモノは渋々人間を弟子し、弟子と共にバケモノも成長していく。
監督:細田守 声優:役所広司(熊徹)、宮崎あおい(九太・少年期/蓮)、染谷将太(九太・青年期)、広瀬すず(楓)、山路和弘(猪王山)ほか

「バケモノの子(細田守監督)」のネタバレあらすじ結末

バケモノの子の紹介:2015年日本アニメ映画。「おおかみこどもの雨と雪」から3年ぶりに細田守監督が送り出すオリジナル長編アニメ。バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。身寄りがなくなった少年が街をさまよっているとバケモノの世界に迷い込んでしまった。バケモノの世界で弟子を探していた嫌われ者のバケモノは渋々人間を弟子し、弟子と共にバケモノも成長していく。
監督:細田守 声優:役所広司(熊徹)、宮崎あおい(九太・少年期)、染谷将太(九太・青年期)、広瀬すず(楓)、山路和弘(猪王山)ほか

TOP↑